スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!

スリム型パソコンおすすめモデル

省スペース性の高さで人気のスリム型パソコン(スリム型デスクトップPC)の選び方や、おすすめモデルを詳しく解説します。コンパクトで高性能なパソコンを探している方は、ぜひ参考にしてください。

失敗しないスリム型パソコンの選び方

まずは、スリム型パソコンの特徴と選び方について解説します。すでに把握されている方は、おすすめスリム型パソコンのラインナップからご覧ください。

おすすめスリム型パソコンを見る

スリム型パソコンとは

スリム型パソコンとは、文字どおり本体がスリムなデスクトップパソコンのことを指します。「スリムタワー型」と呼ばれることもありますが、当サイトではわかりやすく「スリム型パソコン」もしくは「スリム型デスクトップPC」と表現しています。

スリム型パソコンはパソコンとしての高い性能と標準的な機能を備えながらも、ほかのデスクトップPCに比べて省スペース性が高い点が特徴です。設置スペースが小さくても、性能に妥協したくない人に向いています。

デスクトップPCの分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
機能の多さ:◎
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
機能の多さ:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
機能の多さ:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
機能の多さ:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

スリム型パソコンには厳密な定義は存在しませんが、多くの機種には以下の特徴が見られます。この特徴に多く当てはまるものなら、スリム型パソコンと呼んでも差し支えないでしょう。

スリム型パソコンの一般的な特徴

  • 本体の幅が10cm以内
  • 重量は8kg以下
  • 光学ドライブ搭載
  • 拡張スロット(PCI Express)搭載

スリム型パソコンの大きさ

スリム型パソコンは本体の幅が狭いのが特徴ですが、高さと奥行きの平均値はそれぞれ30cm以上です。省スペースではあるものの、多少の奥行きが必要である点に注意してください。

スリム型パソコンの平均サイズ

スリム型パソコンの平均サイズ

設置イメージ

23.8インチの液晶ディスプレイと組み合わせた設置イメージ

設置イメージ

設置イメージ その2 ※液晶ディスプレイは23.8インチ

CPU性能

スリム型パソコンでは、標準的なデスクトップ向けCPUが使われています。本体がスリムだからと言って、CPU性能が劣るわけではありません。

一般的に、CPUはCore i7 > Core i5 > Core i3 > Pentium > Celeronの順で高性能です。もっとも性能が高いCore i7であればひととおりの作業をストレスなくこなせますが、ネット閲覧や動画視聴、事務作業などにはそこまで必要ありません。高度な作業ならCore i7、標準的な使い方ならCore i5、軽めの作業であればCore i3やCeleronを選ぶといいでしょう。

スリム型パソコンで使われるCPUの性能比較

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8700
1419
Core i7-7700
852
Core i5-8400 ※未計測
Core i3-8100
597
Core i5-7400
551
Core i3-7100
419
Celeron G4900 ※未計測
Celeron G3930 ※未計測

※数値は当サイト計測の平均値。数値が大きいほど高性能

なおCPUは性能が高くなるほど、発熱も大きくなります。スリム型パソコンは本体内部に熱がこもりやすいため、高性能CPUを使う場合は冷却性能についても考える必要があります(後述)。

メモリー容量

最近のデスクトップPCでは格安モデルなら4GBのメモリーが搭載されており、それ以上のモデルなら8GB以上が搭載されています。メモリー容量が多ければ多いほど作業時間は短縮されるので、予算の許す範囲でメモリー容量の多い機種を選んでください。

メモリー容量の違い

4GB 待ち時間は多少長いが、普通に使えるレベル
8GB Windows 10やオフィスソフトを快適に使うならこれくらいは必要
16GB以上 高度なソフトで大容量のデータを扱うならこのくらい

メモリーは、自分で買ったパーツを追加することもできます。ですがここ1~2年はメモリーの値段が高く、本体と別に購入するとかえって高くつく場合があるので注意してください。購入時にメモリー容量をアップグレードするか、メモリーが値下がりしてから購入することをおすすめします。

ストレージの違い

ストレージとは、ファイルを保存する場所のことです。デスクトップPCではHDD(ハードディスク)とSSD(エスエスディー)の2種類がよく使われます。

各ストレージの特徴

HDD 容量が大きくて価格が安いが、アクセス速度が遅い
SSD アクセス速度は速いが、容量が大きくなるほど価格が飛躍的に高くなる

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

Windowsを快適に使いたいなら、システムストレージ(Windowsをインストールするドライブ)にSSDを利用することをおすすめします。ただしSSDは容量が少ない上に、値段が高い点が欠点です。

一方のHDDは容量が大きく安いのですが、HDDのみのパソコンでは処理時間が長く感じることがあります。CPUがCore i5/i7で8GB以上のメモリーを搭載しているなら多少は改善されますが、長期間使い続けるうちに徐々に動きが遅く感じることでしょう。

そこでおすすめなのが、高速なSSDと大容量のHDDを同時に使う「デュアルストレージ構成」です。SSD/HDD単体よりも値段は高くなりますが、処理速度や容量の面でストレスを感じることはなく、パソコンを長期間快適に利用できます。

ストレージには、自分で買ったSSDやHDDを追加することも可能です。その際はSATAポート/M.2スロットの数やドライブベイ(ストレージの設置場所)などについても確認してください。

そのほかのポイント

グラフィックス機能(GPU)

通常はCPU内蔵のグラフィックス機能が使われます。性能はそれほど高くありませんが、ゲームをプレーしないのであれば十分です。

3DゲームやVRコンテンツを楽しんだり、3D制作を考えているのなら、GeForce GTX 1000シリーズ搭載モデルを選んでください。機種によっては自分でグラフィックボードを追加することもできますが、スリム型パソコンの多くはLowProfile対応で、高性能な大型グラフィックボードは利用できません。

インターフェース(端子)類

USB端子はどれも十分な数を用意していますが、映像出力端子(HDMI / DVI / VGA / DisplayPortなど)の構成が機種によって異なります。使用中の液晶ディスプレイを確認し、端子が対応しているかをチェックしてください。非対応の場合は、別途変換アダプターが必要です。

オフィス

エクセルやワードを使った文書の作成にあると便利です。標準では付属していない場合が多いため購入時のオプションで追加するか、オフィス付きモデルを選びます。

おすすめスリム型パソコンを見る

スリム型パソコンのデメリットと対策について

スリム型パソコンの最大のメリットは、本体がスリムである点です。しかしスリムであるがゆえに、制限やデメリットも生じます。以下にスリム型パソコンのデメリットとその対策方法をまとめましたので、購入前にひととおり目を通しておくことをおすすめします。

内部に熱がこもりやすい

本体内部の空きスペースが小さく、エアフロー(冷却用の空気のとおり道)が十分ではない場合があります。内部の熱が高くなりすぎるとパフォーマンスが低下したりパーツの劣化が進むので注意してください。CPUがCeleronやCore i3の場合は特に気にする必要はありませんが、Core i5やCore i7搭載機なら冷却効果の高いCPUクーラーや空冷ファンの利用をおすすめします。

カバーを取り外した状態

スリム型パソコンは本体内部が狭いため、冷却用の空気の流れが滞りがちです。しかし冷却効果の高いCPUクーラーや空冷ファンなどを取り付けることで改善できます

駆動音が大きい

本体内部の熱を下げるために空冷ファンが強く回転すると、そのぶん回転音や排気音が大きく聞こえます。駆動音の音量が一定値を超えると作業に支障が出ることもあるため、購入前にチェックしておくことをおすすめします。

当サイトではレビュー記事で駆動音の計測結果を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。またCPUクーラーや空冷ファン、電源ユニットなどを静音タイプにアップグレードすることで、ある程度駆動音を抑えられます。

CPUクーラー

CPUを冷やすCPUクーラー。これは小型タイプでCeleronやCore i3には十分

CPUとメモリー

こちらのCPUクーラーは大型の静音タイプ。Core i7での利用をおすすめします

ドライブベイが少ない

ドライブベイとは、光学ドライブやHDD/SSDを設置するスペースのことです。ストレージを追加する場合に、ドライブベイの空きが必要となります。

ドライブベイ

5インチ(左)と3.5インチ(右)のドライブベイ

スリム型パソコンでは通常ドライブベイが2~4個しかありません。そのうちの2個はあらかじめ使われていることが多く、ドライブベイの空きは実質的に0~2個程度です。ミニタワー型やミドルタワー型のように、ドライブベイを多く使えるわけではない点に注意してください。

機種によってはフレームの裏側など、特殊な場所にシャドウベイが用意されていることもあります

ただし最近では、M.2スロットでSSDを利用できる機種が増えてきました。ドライブベイの数が少なくても、M.2スロットを使うことで1~2台のSSDを追加できます。

SSDを取付可能なM.2スロット。スロットの数や規格は機種によって異なります

拡張スロットが少なく、大型ボードを利用できない

グラフィックボードなどの拡張ボードを利用するには、マザーボード上の拡張スロットを使います。スリム型パソコンではPCI Express規格の拡張ボードを利用できる場合が多いのですが、スロット数はそれほど多くありません。またLowProfile対応で、大型の拡張ボードは利用できない点に注意してください。

もっとも、拡張ボードを使わないのであれば気にする必要はありません。

拡張スロット周辺

PCI Express x16 ×1、PCI Express x1 ×2の構成が標準的ですが、機種によっては拡張スロットを利用できない場合もあります

ちょっとメンテナンスしにくい

スリム型パソコンは内部の空きスペースが小さく、またパーツ設置用のフレームが使われていることもあるため、パーツの交換や追加にやや手間がかかる場合があります。

ただし大型のミニタワー型やミドルタワー型に比べてというだけで、やたらと手間がかかるわけではありません。

サイドパネルを外す

内部フレームにパーツが取り付けられている場合、作業にひと手間かかります

スリム型パソコンのおすすめモデル

おすすめスリム型パソコン一覧

モデル名 特徴 税込価格
LUV MACHINES Slim iHS410 LUV MACHINES Slim iHS410 パーツアップグレードが安い 6万円前後から
HP Slimline 270 HP Slimline 270 軽量コンパクト 5万円台後半から
ESPRIMO WD2/C1 ESPRIMO WD2/C1 GeForce GTX 1050対応 6万円台後半から
Slim Magnate Slim Magnate カスタマイズオプションが豊富 5万円台後半から
LAVIE Direct DT LAVIE Direct DT インターフェースが充実 6万円台から
Inspiron スモールデスクトップ(3470) Inspiron スモールデスクトップ(3470) Core i5+SSDでも6万円台 4万円台後半から
Ideacentre 510S Ideacentre 510S 下位モデルと高性能モデルが安い 3万9658円から

※製品名クリックで詳細表示

LUV MACHINES Slim iHS410

LUV MACHINES Slim iHS410
注目
幅10cm
DVD/BD
  • CPU:Celeron / Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4~32GB
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:10cm
  • 重量:7.3kg
  • カスタマイズ:対応

詳細スペック

※レビューは前モデルのSlim iHS420です

メモリー&SSDアップグレードが激安!

マウスコンピューターの製品は、パーツのアップグレード料金が安い点が特徴。512GB SSDや16GBメモリーなどの高性能パーツを、他社製品よりも安く追加できます。

メモリー&SSDアップグレードが激安!

拡張性が高い

拡張スロットやM.2スロット(PCIe対応)を利用可能なほか、ドライブベイも多め。スリムパソコンとしては拡張性が高い点が魅力です。

拡張性が高い

LUV MACHINES Slim iHS410のラインナップ

型番 CPU メモリー ストレージ
iHS410ED Celeron G4900 4GB 500GB HDD
iHS410BD Core i3-8100 8GB 1TB HDD
iHS410SD Core i5-8400 8GB 1TB HDD
iHS410XD Core i7-8700 8GB 1TB HDD
iHS410XD-SH2 Core i7-8700 8GB 240GB SSD(SATA)+2TB HDD

※2018年5月11日時点。注文時にパーツ構成を変更できます

マウス LUV MACHINES Slim iHS420

LUV MACHINES Slim iHS410

税込6万0264円から

発売:マウスコンピューター

HP Slimline 270

HP Slimline 270
幅10cm
DVD/BD
  • CPU:Celeron / Core i3 / i5
  • メモリー:4~8GB(最大16GB)
  • ストレージ:HDD
  • 本体の幅:10cm
  • 重量:4kg
  • カスタマイズ:非対応

詳細スペック

Wi-FiとBluetoothに標準対応

デスクトップPCにはWi-Fi(無線LAN)とBluetoothに非対応のモデルが多いのですが、HP Slimline 270は標準で対応しています。LANケーブルをつなぐ必要はありません。

Wi-FiとBluetoothに標準対応

ブルーレイドライブ搭載

Core i3/i5モデルは、標準でブルーレイディスクドライブを搭載しています(CeleronモデルはDVDスーパーマルチドライブ)。

ブルーレイドライブ搭載

HP Slimline 270のラインナップ

型番 CPU メモリー ストレージ
270-p011jp ベーシックモデル Celeron G3930 4GB 500GB HDD
270-p013jp エントリーモデル Core i3-7100 8GB 1TB HDD
270-p015jp スタンダードモデル Core i5-7400 8GB 1TB HDD

※2018年5月11日時点

HP Slimline 270

HP Slimline 270

税込5万円台後半から

発売:日本HP

ESPRIMO WD2/C1

ESPRIMO WD2/C1
幅8.9cm
DVD/BD
  • CPU:Celeron / Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4~32GB(最大32GB)
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:8.9cm
  • 重量:6.8kg
  • カスタマイズ:対応

詳細スペック

GeForce GTX 1050対応

3D性能の高いGeForce GTX 1050に対応(オプション)。ゲームや3D制作はもちろん、Windows MRにも快適に利用できます。

GeForce GTX 1050対応

豊富なインターフェース

USB端子や映像出力端子、拡張スロット(LowProfileのみ)などのインターフェースが豊富。さらに液晶ディスプレイ用のサービスコンセントも用意されています。

豊富なインターフェース

ESPRIMO WD2/C1の構成例

型番 CPU メモリー ストレージ
最安構成(6万円台後半) Celeron G4900 4GB 500GB HDD
Core i3構成(9万円台) Core i3-7100 8GB 1TB HDD
Core i5構成(13万円台) Core i5-7500 8GB 256GB SSD+2TB HDD
Core i7+GTX1050構成(16万円台後半) Core i7-7700 16GB 512GB SSD

※2018年5月11日時点。注文時にパーツ構成を変更できます

富士通 ESPRIMO WD2/C1

ESPRIMO WD2/C1

税込6万円台後半から

シークレットクーポン「ODS106LSJ」で23%オフ
発売:富士通

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

Slim Magnate

Slim Magnate
幅9.6cm
DVD/BD
  • CPU:Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4~32GB
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:9.6cm
  • 重量:7kg
  • カスタマイズ:対応

※Core i3モデル
詳細スペック
レビュー記事(第7世代)
※Core i7モデル
詳細スペック
レビュー記事(第7世代)

柔軟なカスタマイズに対応

メモリーやストレージはもちろん、CPUクーラーやグリスなど非常にニッチなカスタマイズオプションも用意されています。冷却性能にこだわりた人におすすめ。

柔軟なカスタマイズに対応

VGA端子対応

映像出力用にVGA端子(D-sub15ピン)を用意。古いディスプレイやプロジェクターでもアダプターなしで利用できます。

VGA端子対応

Slim Magnateのラインナップ

型番 CPU メモリー ストレージ
Slim Magnate IE Core i3-8100 4GB 1TB HDD
Slim Magnate IM Core i5-8400 8GB 1TB HDD
Slim Magnate GE Core i7-8700T 8GB 1TB HDD

※2018年5月11日時点。注文時にパーツ構成を変更できます

Slim Magnate

Slim Magnate

税込5万円台後半から

発売:ドスパラ

ドスパラのデスクトップPCまとめ&各モデルの比較
ドスパラのスタンダードデスクトップPC各モデルの特徴や機能、価格などをまとめて紹介!

LAVIE Direct DT

LAVIE Direct DT
幅8.9cm
DVD/BD
  • CPU:Celeron / Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4~32GB(最大32GB)
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:8.9cm
  • 重量:5.2kg
  • カスタマイズ:対応

詳細スペック

スリム型のなかでも特にコンパクト

接地面積は幅89×奥行き291mmで、スリムパソコンのなかでも特に小さい点がポイントです。本体カラーがホワイトである点も特徴的。

スリム型のなかでも特にコンパク

インターフェースが充実

合計8ポートのUSB端子やVGA端子(D-sub15ピン)を用意。いまでは珍しいシリアルポート(D-sub9ピン)やPS/2端子など、端子類の種類が特に充実しています。

インターフェースが充実

LAVIE Direct DTの構成例

型番 CPU メモリー ストレージ
最安構成(6万円台前半) Celeron G3930 4GB 500GB HDD
Core i3構成(7万円台後半) Core i3-7100 8GB 1TB HDD
Core i5構成(9万円台前半) Core i5-7500 8GB 1TB HDD
Core i7構成(11万円台後半) Core i7-7700 8GB 256GB SSD+1TB HDD

※2018年5月11日時点。注文時にパーツ構成を変更できます

NEC LAVIE Direct DT

NEC LAVIE Direct DT

税込6万円台から

発売:NEC

NECのパソコン LAVIEシリーズ おすすめ機種まとめ&セール・クーポン情報
NECの直販サイト「NECダイレクト」で実施されているお得なセール/キャンペーン情報をまとめています。特別価格で買えるクーポンも!

Inspiron スモールデスクトップ(3470)

Inspiron スモールデスクトップ(3470)
幅9.26cm
DVD
  • CPU:Core i3 / i5
  • メモリー:4~8GB
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:9.26cm
  • 重量:4.8kg
  • カスタマイズ:非対応

※レビュー予定

Inspiron スモールデスクトップ(3470)のラインナップ

型番 CPU メモリー ストレージ
スタンダード Core i3-8100 4GB 1TB HDD
プレミアム Core i5-8400 8GB 1TB HDD
プレミアム・SSDデュアルドライブ Core i5-8400 8GB 128GB M.2 SSD+1TB HDD
プレミアム・2TB HDD Core i5-8400 8GB 2TB HDD

※2018年5月11日時点

Inspiron スモールデスクトップ(3470)

Inspiron スモールデスクトップ(3470)

税込4万円台後半から

発売:デル

Ideacentre 510S

Ideacentre 510S
注目
幅9cm
DVD
  • CPU:Celeron / Core i3 / i5 / i7
  • メモリー:4~16GB
  • ストレージ:SSD / HDD ※デュアル可
  • 本体の幅:9.0cm
  • 重量:5.2kg
  • カスタマイズ:非対応

※未レビュー

Ideacentre 510Sのラインナップ

型番 CPU メモリー ストレージ
90GB0048JP(税込3万9658円) Celeron G3930 4GB 500GB HDD
90GB0047JP(税込4万8470円) Core i3-7100 4GB 1TB HDD
90GB0046JP(税込5万6473円) Core i5-7400 8GB 1TB HDD
90GB00CKJP(税込8万3176円) Core i5-7400 8GB 256GB SSD+1TB HDD
90GB00CMJP(税込10万8864円) Core i7-7700 16GB 256GB SSD+2TB HDD

※2018年5月11日時点

Ideacentre 510S

Ideacentre 510S

税込3万9658円から

発売:レノボ

注目モデルはコレ!


おすすめのスリム型パソコンのなかでも、特に注目したいのが以下の2機種です。

LUV MACHINES Slim iHS410はパーツアップグレードにかかる追加料金が安く、大容量メモリーや大容量SSDを追加しても予算を抑えられる点が魅力。Ideacentre 510Sはパーツカスタマイズには対応していませんが基本スペックが非常に高いにも関わらず値段が安く、同スペックの他社製品よりも1万5000円から2万円程度購入できます。

スリム型パソコンの注目モデル

LUV MACHINES Slim iHS410 Ideacentre 510S
アップグレードが安い 高機能モデルが安い
LUV MACHINES Slim iHS410 Ideacentre 510S
詳しく見る 詳しく見る
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!
おすすめ記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!