Celeron N3350/N3450のベンチマーク結果を紹介! Apollo Lake世代の性能に迫る!!

apollo lake

Celeron N3350とCeleron N3450は、2016年9月にリリースされた格安パソコン向けのCPU(SoC)です。今回はこのCPUの概要や位置付けを紹介するとともに、前世代との性能差についてベンチマーク結果を交えながら解説します。

Apollo Lake世代のノートPC向けCeleron Nシリーズ

「Celeron(セレロン)」とは、インテル製CPUのなかでも特に価格の安さを重視したCPUのブランド名です。低価格なパソコンでよく使われていますが、たまに10~15万円程度のパソコンにも(ちょっと高性能なUシリーズが)搭載されているので注意が必要です。価格が安いだけあって性能は控えめですが、消費電力が少ないというメリットもあります。

インテル製CPUの違い(性能の高い順)
ブランド名 読み方 特徴 主な用途
Xeon ジーオン 先端技術をふんだんに使った超高性能CPU 企業向けサーバー、CG制作
Core i7 コアアイセブン かなり高性能な上級CPUで、処理速度が速い。2~8コア 個人向け高性能(ハイエンド)パソコン、業務用パソコン
Core i5 コアアイファイブ 中程度の性能と言われるが、処理速度は速い。2~4コア 個人向けパソコンの標準モデル
Core i3 コアアイスリー Core i5よりは劣るものの、十分実用的な性能。2コア 廉価版モデル
Core M コアエム 性能はCore i3よりやや低いものの、省電力性能が高い。2コア 2-in-1パソコン、タブレット
Pentium ペンティアム 性能をさらに落とした廉価版CPU。2コア 低価格パソコン
Celeron セレロン 計算性能よりも省電力性能を重視した格安なCPU。2~4コア 格安パソコン、一体型PC
Atom アトム 省電力性能に特化したCPU。2~4コア タブレット、小型パソコン、スマートフォン、サーバー機器

Celeronには用途に応じて、さまざまなシリーズが用意されています。最近ではノートパソコン向けの「Uシリーズ」と「Nシリーズ」、デスクトップパソコン向けの「Gシリーズ」と「Jシリーズ」が中心です。

さらにそれぞれのシリーズは、「アーキテクチャ(CPUの基本構造、「マイクロアーキテクチャ」とも言う)」によって分類されます。またCPUの世代を指すために、「開発コード」でひとくくりにして分類することもあります。むしろNシリーズやJシリーズは、開発コードで呼ばれることのほうが多いと考えてください。

Celeronブランドにラインナップされる各シリーズ
用途 シリーズ名 アーキテクチャ(開発コード) 主なモデル
ノートPC Celeron U Skylake Celeron 3855U
Broadwell Celeron 3215U
Celeron N Goldmont(Apollo Lake) Celeron N3350、N3450
Airmont(Braswell) Celeron N3050、N3060
デスクトップPC Celeron G Skylake Celeron G3900
Haswell Celeron G1840
Celeron J Goldmont(Apollo Lake) Celeron J3355
Airmont(Braswell) Celeron J3160

今回取り上げるCeleron N3350とCeleron N3450は、「Apollo Lake世代でノートパソコン向けのNシリーズ」のように表現します。少々わかりづらいですが、このルールを覚えておくとCPUの世代を把握しやすくなるはずです。

Apollo Lake世代のCeleron Nシリーズラインナップ

Celeron Nシリーズには、2コア(デュアルコア)のCPUと4コア(クアッドコア)のCPUが用意されています。性能はコアの多い4コアモデルのほうが上です。

現在(2017年6月21日時点)Apollo Lake世代としてリリースされているCeleron Nシリーズは、以下の2種類です。

Apollo Lake世代のCeleron Nシリーズ

  • Celeron N3350(2コア)
  • Celeron N3450(4コア)

過去のCeleron Nシリーズでは2コアCPUがよく使われ、次に4コアのCPUが使われました。このことからApollo Lake世代でも2コアのCeleron N3350がもっとも多く使われ、ついで4コアのCeleron N3450が使われると予想できます。

Celeron N3350のスペック

Celeron N3350の主なスペックは、下記の表のとおりです。比較用に前世代(Brawell)でよく使われたCeleron N3050と、Celeron N3060のスペックもまとめました。

■Celeron N3350/Celeron N3060/Celeron N3050の違い

CPU名 Celeron N3350 Celeron N3060 Celeron N3050
開発コード Apollo Lake Braswell
プロセスルール 14nm
コア数/スレッド数 2/2
動作周波数 1.10GHz 1.6GHz
バースト周波数 2.40GHz 2.48GHz 2.16GHz
キャッシュメモリー 2MB(L2)
TDP 6W
グラフィックス Intel HD Graphics 500 Intel HD Graphics 400 Intel HD Graphics(第8世代)
グラフィックス動作周波数 200MHz(最大650MHz) 320MHz(最大600MHz)
対応メモリー DDR3L / LPDDR3 / LPDDR4 DDR3L-1600
実行ユニット数 12

Celeron N3450のスペック

続いては、4コアで上位版のCeleron N3450について。主なスペックは、下記の表のとおりです。こちらも比較用に、前世代のCeleron N3160とCeleron N3150をまとめています。

■Celeron N3450/Celeron N3160/Celeron N3150の違い

CPU名 Celeron N3450 Celeron N3160 Celeron N3150
開発コード Apollo Lake Braswell
プロセスルール 14nm
コア数/スレッド数 4/4
動作周波数 1.10GHz 1.6GHz
バースト周波数 2.20GHz 2.08GHz 2.24GHz
キャッシュメモリー 2MB(L2)
TDP 6W
グラフィックス Intel HD Graphics 500 Intel HD Graphics 400 Intel HD Graphics(第8世代)
グラフィックス動作周波数 200MHz(最大700MHz) 320MHz(最大640MHz)
対応メモリー DDR3L / LPDDR3 / LPDDR4 DDR3L-1600
実行ユニット数 12

実機によるCeleron Nシリーズのベンチマーク結果

当サイトではこれまでに、Celeron Nシリーズを搭載したノートパソコンの検証を行なっています。以下のグラフは、そのテスト結果をまとめたもの。最新版のCeleron N3350とCeleron N3450では、ひと世代前のCPUに比べて高性能であることがわかります。

名称 開発コード コア数 CINEBENCH R15スコア
Celeron N3450 Apollo Lake 4
172
Celeron N3350 Apollo Lake 2
87
Celeron N3160 Braswell 4
134
Celeron N3150 Braswell 4
103.5
Celeron N3060 Braswell 2
70
Celeron N3050 Braswell 2
61.5

3D性能については最新世代のほうが高性能であるものの、3Dゲームを楽しめるほどではありませんでした。

名称 グラフィックス機能 3DMark Fire Strikeスコア
Celeron N3450 Intel HD Graphics 500
329
Celeron N3350 Intel HD Graphics 500
276.5
Celeron N3160 Intel HD Graphics 400
260
Celeron N3150 Intel HD Graphics
258
Celeron N3060 Intel HD Graphics 400
213
Celeron N3050 Intel HD Graphics
215

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

関連記事

Celeron性能比較(ノートPC向け)※2017年4月更新
Celeronは格安PC向けのCPU 格安なノートパソコンでは、「Celeron(セレロン)」と呼ばれるCPUがよく使われています。こ……
ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
実機によるCPUベンチマーク結果を比較 当サイトで実際に計測したCPU性能のベンチマーク結果(「CINEBENCH R15」の「CPU……

Celeron N3450搭載モデルのレビュー記事

上位版のCeleron N3450は、主に国内のショップブランドモデルでよく使われています。性能的には、ネットや動画視聴、文書作成など軽めの作業であれば普通に使えるレベルです。当サイトでは以下の機種をレビューしていますので、気になる方はぜひ参考にしてください。

マウスm-Book B503E(MB-B503E)実機レビュー! 3万9800円でSSD搭載の激安15.6型ノートPC
マウスコンピューターの「m-Book B503E(MB-B503E)」は、本体価格が税別3万9800円の格安な15.6型ノー……
iiyama Stl-14HP012-C-CDMMレビュー! 税込み2万円台なのに拡張性が高くて便利!!
税込み3万円未満の超激安ノートPCを試す ユニットコム(パソコン工房)の「iiyama Stl-14HP012-C-CDMM(以下、S……
ドスパラAltair VH-AD3詳細レビュー!3万円台の激安ノートPCはSSD追加で真価を発揮するか!?
どうも、自称"格安PCウオッチャー"のこまめブログ管理人(@littlebeansinfo)です。今回は3万円台で買えるドス……

Celeron N3350搭載モデルのレビュー記事

2コアのCeleron N3350は、海外メーカーの格安モデルでよく使われています。性能についてはかなり控えめですが、それでもなんとか使えるレベルです。3~4万円台のモデルではCPU性能よりもメモリー容量やストレージの種類によって快適さが大きく変わるので、より高性能なパーツを使っているモデルを選んだり、自分でパーツを交換することを検討したほうがいいでしょう。

Inspiron 14 3000(3467)性能レビュー Apollo Lake世代のCeleron N3350のベンチマーク結果をチェック!
デルの「Inspiron 14 3000」は、14型で解像度1366×768ドットの液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン……
ideapad 310S自腹レビュー! 3万円台でシーンを選ばず手軽に使える11.6型ノートPC
実用的に使える激安モバイルノートPC 自称、格安PCウォッチャーのこまめブログ管理人(@littlebeansinfo)です。 ……

そのほかの格安モデル情報

そのほかの格安モデルを検討したい場合は、以下の記事を参考にしてください。同じCeleronでもUシリーズ(末尾にアルファベットの「U」が付くCPU)のほうが高性能ですし、より高パフォーマンスなCore iシリーズでも安く売られている場合があります。

新品で3~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種【2017年】
高コスパな格安ノートPCを一挙紹介! ノートパソコンが税込み&送料込みで3~4万円台! 格安価格で買えるおすすめの格安ノートパソコンをまと……
税込4万円台から!オフィス付きおすすめノートパソコン レビューまとめ【随時更新中】
エクセル&ワード付きでも安い! 税込み&送料込みで4~6万円台の格安価格で買えるマイクロソフトオフィス付きの新品ノートパソコンを紹介し……
NECアウトレットパソコン情報まとめ!直販サイトのお得価格からクーポン利用でさらに5000円引き!!
NECの直販サイト「NECダイレクト」で販売されているアウトレット品のなかから、お買い得度の高い注目モデルを紹介します。なお……
日本HPセール情報&キャンペーン情報まとめ - 高コスパなおすすめモデルを紹介!!
デザイン性の高いHP製PCを格安価格で入手! 日本HPの直販サイト「HP Directplus」で実施されているセールやキャンペーンの……
デルのノートPC セール情報まとめ - クーポンを使って人気モデルをお得に入手!
デルの直販サイトで7/24(月)まで、夏のボーナスセールが開催されています。購入時の注文画面で指定のクーポンコードを入力すると、通常価格が6……
レノボのセール&クーポン情報まとめ - 高コスパな人気モデルをさらにお安くゲット!
格安でも高品質なお買い得モデルが多い! レノボ・ジャパン(レノボ)の直販サイト「レノボ・ショッピング」で販売されているパソコンのなかか……
スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!