2万円切りの8インチタブレット「Diginnos DG-D08IW2」登場! 既存モデルとの違いは? – こまめブログ

2万円切りの8インチタブレット「Diginnos DG-D08IW2」登場! 既存モデルとの違いは?

ドスパラ(サードウェーブデジノス)から、8型(解像度1280×800ドット)の液晶ディスプレイを搭載したWindows 10タブレット「Diginnos DG-D08IW2」が発売されました。価格は税別でなんと1万7800円! 消費税と送料を加えても、1万9224円で購入できます。今回はこの激安タブレットのスペックや特徴、他モデルとの違いについて解説します。

リンク

Diginnos DG-D08IW2のスペック

まずはDiginnos DG-D08IW2のスペックを確認してみましょう。主な仕様は下記の表のとおりです。

Diginnos DG-D08IW2の主なスペック
OS Windows 10 Home 32ビット
CPU Atom x5-Z8300(1.44GHz)
メモリー 2GB
グラフィックス Intel HD Graphics(CPU内蔵)
ストレージ 32GB eMMC
ディスプレイ 8型、1,280×800ドット、10点マルチタッチ対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0
センサー 加速度センサー、GPS
Webカメラ フロント200万画素、リア200万画素
主なインタフェース microUSB2.0×1(給電兼用)、microHDMI(HDMI変換ケーブル付属)、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリ駆動時間(JEITA2.0) 6時間
本体サイズ/重量 幅214×奥行き128×高さ9.1mm/376g

Atom x5-Z8300の性能は?

Diginnos DG-D08IW2で使われているインテルのAtom x5-8300は、いわゆるCherry Trail世代のエントリータブレット向けのCPU(SoC)です。Bay Trail世代でよく使われた(いまでも使われていますが)のAtom Z3735Fの後継的な位置づけと考えていいでしょう。

Atom x5-Z8300とAtom Z3735Fの違い
CPU名 Atom x5-Z8300 Atom Z3735F
開発コード Cherry Trail Bay Trail
アーキテクチャ Airmont Silvermont
コア数/スレッド数 4/4
動作周波数 1.44GHz 1.33GHz
バースト周波数 1.84GHz 1.83GHz
SDP 2W 2.2W
グラフィックス Intel HD Graphics(第8世代) Intel HD Graphics(第7世代)
グラフィックス動作周波数 200MHz 311MHz
グラフィックス最大動作周波数 500MHz 646MHz
実行ユニット数 12 4

スペック上では、 Atom x5-Z8300とAtom Z3735Fとで以下の違いがあります。

Atom x5-Z8300とAtom Z3735Fの違い

  • 動作周波数はAtom x5-Z8300のほうが高く、そのぶん処理速度が早い
  • Atom x5-Z8300のほうが省電力性能に優れている
  • Atom x5-Z8300はグラフィックス処理を行なう”実行ユニット”が3倍に増えたことで、描画性能が向上した

つまりAtom x5-Z8300は旧世代のAtom Z3735Fと比べて処理速度とグラフィックス性能が向上していると言えます。またSDP(消費電力の目安)が小さいことから発熱量が少ないことが予想され、本体をよりスリムにできる可能性があります。

ただしこれらの改善点も、体感できるほどではないかもしれません。

さまざまなCPUのベンチマーク結果を掲載する「PassMark CPU Benchmarks」によるとAtom x5-8300のスコアは「1195」で、Atom Z3735Fは「909」とのこと。確かにAtom x5-8300のほうがスコアでは上回っていますが、どちらも遅いことには変わりません

タブレットや格安PCで使われているCPUの性能差 ※参考:PassMark CPU Benchmarks

タブレットや格安PCで使われているCPUの性能差 ※参考:PassMark CPU Benchmarks

とは言うものの、8型のタブレットならWebページや動画の視聴、メールの確認といった負荷の軽い作業がメインとなるでしょう。その意味で、CPUはAtom x5-8300でもまったく問題はありません。

ただしAtom Z3735F搭載タブレットから買い替えを検討しているなら、劇的に早くなっているわけではない点を意識してください。

11acの無線LANに対応

もう1点注目したいのは、格安モデルでありながらIEEE802.11acの無線LANに対応している点です。少し前の格安タブレットでは11b/g/n対応モデルが多かったので、これは大きなアドバンテージです。ちなみにDiginnos DG-D08IW2では、従来の11a/b/g/nの無線LANにも対応しています。

さて、なぜ11acが有利なのかというと、無線LAN通信が11b/g/nに比べて安定しているからです。11b/g/nでは2.4GHz帯の周波数が使われていますが、この周波数帯を使っている機器が非常に多いため、混線による通信速度の低下あるいは通信の切断などが生じやすくなっています。

しかし11ac(11a/n)で利用する5GHz帯の周波数はまだ利用機器が少なく、2.4GHz帯ほど混線による影響を受けません。そのため安定した通信が行なえるのです。特にネット動画を視聴すると常時通信を行なうことになるので、11acではカクつきや停止が発生しにくくなります。

なお11acで接続するには、無線LAN親機も11acに対応している必要があります。持っていないなら、これを期に11ac対応ルーターに買い換えるのもいいでしょう。

キーボード付きカバーも用意

Diginnos DG-D08IW2では、すでに発売中のBluetoothキーボード一体型保護ケースを利用できます。通常価格は4980円(税別)ですが、いまなら限定特価として2500円(税別)で販売中です。単品でも購入できますが、その場合は価格が2980円(税別)となるので、本体と合わせて購入したほうがいいでしょう。

一体型保護ケースのキーボードを確認してみると、キーの数がかなり少ないことがわかります。おそらく特殊キーについては、ほかとのキーと同時押しで利用することになりそうです。またキーピッチは約15mmとのことで、かなり小さめ。使いやすいとは言えないかもしれませんが、Windows 10のソフトウェアキーボードを使うよりも、快適に入力できるはずです。

なおBluetoothキーボード一体型保護ケースの重量は約310gで、本体との合計重量は686gとなります。また充電はmicroUSBケーブルを利用するタイプで、一度の充電で最大50時間利用できます。

既存モデルとの違いは?

Diginnos DG-D08IW2はすでに発売された既存の8インチタブレットと比べて、どこが異なるのでしょうか。前モデルの「DG-D08IWB 32GB」および、マウスコンピューターの8型タブレット「WN802」とスペックを比較してみましょう。

前モデルの「Diginnos DG-D08IWB 32GB」。すでに売り切れました

前モデルの「Diginnos DG-D08IWB 32GB」。すでに売り切れました

マウスコンピューターの「WN802」

マウスコンピューターの「WN802」

主な8型Windows 10タブレットのスペック
モデル DG-D08IW2 DG-D08IWB 32GB WN802
OS Windows 10 Home 32ビット
CPU Atom x5-Z8300(1.44GHz) Atom Z3735F(1.33GHz) Atom x5-Z8300(1.44GHz)
メモリー 2GB
グラフィックス 第8世代 Intel HD Graphics(CPU内蔵) 第7世代 Intel HD Graphics(CPU内蔵) 第8世代 Intel HD Graphics(CPU内蔵)
ストレージ 32GB eMMC
ディスプレイ 8型、1,280×800ドット、10点マルチタッチ対応 8型、1,280×800ドット、マルチタッチ対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0 IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0 IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0
センサー 加速度センサー、GPS ※表記なし(GPS非対応)
Webカメラ フロント200万画素、リア200万画素 フロント192万画素、リア192万画素
主なインタフェース microUSB2.0×1(給電兼用)、microHDMI(HDMI変換ケーブル付属)、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力 microUSB2.0×1(給電兼用)、microHDMI(HDMI変換ケーブル付属)、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリ駆動時間(JEITA2.0) 6時間 6.1時間 5.2時間
本体サイズ/重量 幅214×奥行き128×高さ9.1mm/376g 幅214×奥行き128×高さ8.9mm/360g 幅210×奥行き121.5×高さ9mm/314g
オフィス なし Office Mobile プラス Office 365 サービス
直販価格(送料+税込み) 1万9224円 2万4278円(売り切れ) 2万5980円

赤い字で書かれている部分は、特に注目したい部分です。

DG-D08IW2は高速な11acに唯一対応しており、またこれらのモデルのなかでもっとも安く購入できます。しかしモバイル性能については、ほかの機種のほうが優れています。

またWN802はOffice 365 サービス(6264円相当)を1年間利用できるという点で、コストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。仕事で使うならOffice 365サービスを利用できるWN802のほうが有利で、プライベートのエンタメ用途ならDG-D08IW2をおすすめします

ということで、今回はドスパラから新たに発売された8型タブレット「DG-D08IW2」について解説しました。発売は2016年5月20日からで、記事執筆時点では直販サイトでのみ取り扱われています。支払い方法や納期などについては、直販サイトの商品ページでご確認ください。

リンク

 

お得なキャンペーン情報

thum300px

ThinkPadが最大44%オフ!

[PR]12.5型モバイルPCが7万円台から、14型ハイパフォーマンスモデルが10万円切り! 人気モデル特価販売中
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から&最新モデルも対象!期間限定2000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!

ドスパラ半期決算セール

[PR]ゲーミングPCの人気モデルが1万円引き! SSD無料プレゼントも!?