最安12万円切り!富士通の一体型パソコンESPRIMO FHをお得に購入する方法 – こまめブログ

最安12万円切り!富士通の一体型パソコンESPRIMO FHをお得に購入する方法

ESPRIMO WF1/Uicon

富士通の「ESPRIMO(エスプリモ) FH」は、23型の大きな液晶ディスプレイを搭載した一体型デスクトップパソコンです。2015年5月に発表された新モデル「ESPRIMO FH77/UD」や「ESPRIMO FH52/U」では、パイオニア製のハイレゾ対応BOXスピーカーを搭載したことで話題となりました。省スペースな大画面パソコンとして、購入を検討している人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「ESPRIMO FH」最新モデルをかなりお得に購入する方法について紹介します。最安パターンなら税込みで11万8979円(送料無料)。しかもキャンペーンでいろいろなプレゼントもゲットできるのでおすすめです!

当サイト限定26%割引特別クーポンでさらにお得に!

「ESPRIMO FH」シリーズの直販モデル「ESPRIMO WF1/X」をお得に入手できる特別割引クーポンをメーカーからご提供いただきました。通常のクーポン割引率は23%(2016年7月13日時点)ですが、注文画面のクーポン入力欄に「PGG25LSJ」と入力することで26%オフとなります(有効期限は8/10の14時まで)。このクーポンは当サイト限定ですので、ぜひご利用ください。

リンク

店頭販売販売向けの上位モデルはおよそ20万円!

家電量販店や通販サイトでは、2015年夏の最新モデル「ESPRIMO FH77/UD」が20万円前後で販売されています。下位モデルの「ESPRIMO FH52/U」でも、大手量販店の実売価格は15万円前後。10%のポイントが付いたとしても「ESPRIMO FH77/UD」は実質18万円、「ESPRIMO FH52/U」は14万円弱程度です。ちょっと高めの印象を受ける人も多いのではないでしょうか。

アマゾンの販売ページでは、上位モデルが21万380円で販売されていました

アマゾンの販売ページでは、上位モデルが21万380円で販売されていました

直販サイト「富士通WEB MART」なら12万1979円から!

しかし富士通の直販サイト「富士通WEB MART」では、同じ型のモデルが12万1979円(2015年7月16日現在)で販売されています。本来の直販価格は15万6384円なのですが、期間限定の22%オフクーポンを利用することで3万4405円も割引されるのです。もちろん価格は消費税込みで、送料は無料。

2015年夏発売の最新モデルが、割引クーポン適用で12万1979円で販売されています

2015年夏発売の最新モデルが、割引クーポン適用で12万1979円で購入できます

なぜ直販モデルはこんなに安いのか?

店頭販売/通販サイトと直販サイトで大きく価格が変わることに、疑問を感じる人もいるでしょう。メーカー直販なので流通や販売店のマージンがないぶん、価格が安いという側面もあります。しかしそれより大きな理由として、パソコンのスペックや入っているソフト(プリインストール済みソフト)が違うという点があるのです。

店頭販売向けのモデルは「カタログモデル」と呼ばれ、CPUやメモリー、オフィスの種類などがキッチリ決まっています。それに対して直販サイトで販売されているものは「カスタムメイドモデル」と呼ばれ、CPUやメモリー、オフィスの種類などを自由に変更することができるのです。控えめな性能のパーツで構成され、余計なソフトが入っていないぶん、カタログモデルより価格が安いというワケです。

同じ「ESPRIMO FH」シリーズでも、店頭販売向けの上位/下位モデルと、カスタムメイドモデルの3種類が用意されています

同じ「ESPRIMO FH」シリーズでも、店頭販売向けの上位/下位モデルと、カスタムメイドモデルの3種類が用意されています

店頭モデルと直販モデルのスペックを比較

カスタムメイドモデルは「ESPRIMO WF1/U」という名称ですが、本体デザインやサイズ/重量などは「ESPRIMO FH77/UD」や「ESPRIMO FH52/U」と変わりません。まずはこの3種類について、主なスペックを確認してみましょう。ちなみにカスタムメイドモデルの「ESPRIMO WF1/U」については、もっとも安い組み合わせを選んでいます。

ESPRIMO FHシリーズ2015年夏モデルのスペック
モデル名 FH77/UD FH52/U WF1/U(最安構成)
分類 カタログモデル カスタムメイドモデル
OS Windows 8.1 Pro Update 64ビット
CPU Core i7-4712MQ(2.30GHz) Celeron 2950M(2.00GHz)
メモリ 8GB 4GB
グラフィックス Intel HD Graphics 4600(CPU内蔵) Intel HD Graphics(CPU内蔵)
ストレージ 2TB HDD 1TB HDD
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 23型、1920×1080ドット
有線LAN 1000BASE-T対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0
TV機能 デジタル3波ダブルチューナー搭載(うちひとつは視聴専用) なし
Webカメラ 92万画素
主なインタフェース USB3.0×4、USB2.0×2、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリカードスロット、ヘッドホン出力など
本体サイズ 幅544×奥行き158×高さ418mm
重量 7.2kg 6.9kg 7.2kg
オフィス Office Home and Business Premium Office Personal Premium なし

それぞれの特徴をザックリと説明すると、以下のとおりです。

上位モデル「ESPRIMO FH77/UD」の特徴

  • CPUがクアッドコアで非常に高性能。メモリーやHDDの容量も大きい
  • ブルーレイの再生/書き込みが可能。DVDもOK
  • ダブルチューナー搭載でテレビの視聴や録画が可能
  • オフィスはエクセル/ワード/パワーポイント/アウトルック入りのHome and Business Premium

下位モデル「ESPRIMO FH52/U」の特徴

  • CPUは格安パソコン向けで性能は控えめ。メモリーやHDDの容量も許容範囲
  • DVDの再生や書き込みが可能。ブルーレイは不可
  • テレビ機能には非対応
  • オフィスはエクセル/ワード/アウトルック入りのPersonal Premium

カスタムメイドモデル「ESPRIMO WF1/U(最安構成時)」の特徴

  • オフィスはなし
  • 重さ以外は「ESPRIMO FH52/U」と同じ

こうして見ると、上位モデルの「ESPRIMO FH77/UD」はかなり高性能であることがわかります。価格が20万円程度なのもうなずけるでしょう。下位モデルの「ESPRIMO FH52/U」は上位モデルに比べて、パソコンとしての基本性能は劣ります。しかしメールやネットでの調べ物、オフィスを使った文書作成には十分な性能を持っています。カスタムメイドモデルの「ESPRIMO WF1/U(最安構成時)」は性能的に「ESPRIMO FH52/U」と同じですが、オフィスがいないぶん価格が安いのです。

カスタムメイドモデルは好みに合わせてパーツの組み合わせを変更可能

カスタムメイドモデルはただ安いだけでなく、CPUやメモリー、HDDの容量などを自分の用途に合った構成で選べるのが特徴です。たとえば上位モデル「ESPRIMO FH77/UD」のようにテレビ機能を搭載した上で、オフィスをなくして予算を抑えるといったこともできます。またメモリー容量を16GBにしたりHDD容量を3TBにするなど、店頭モデルよりもハイスペックな構成に仕上げるこも可能です。

パーツのカスタマイズ方法はとても簡単。直販サイトのカスタマイズページから、自分が使いたいCPUや機能を選ぶだけです。パーツに詳しくない人でも、「?」を押して「選択のヒント」を参照すれば、比較的簡単にカスタマイズできるでしょう。

直販サイトのカスタマイズページの一部。表示された選択肢のなかから、使いたいパーツを選択します

直販サイトのカスタマイズページの一部。表示された選択肢のなかから、使いたいパーツを選択します

性能の高いパーツを選ぶと合計金額も高くなりますが、組み合わせやタイミングによっては店頭モデルよりもお得に買えることがあります。たとえば現在(2015年7月16日時点)ではメモリーのオプション代金が半額になるキャンペーンが実施されているため、店頭向けの上位モデル「ESPRIMO FH77/UD」と同じスペックを選んでも合計金額は19万3000円程度。ショップや通販サイトで買うよりも7000円ほどお得になっています。詳しくは後述しますが、キャンペーン内容によってはプレゼントが付いていくることもあります。富士通製のパソコンを買おうと考えているなら、まず直販モデルを確認してみてはいかがでしょうか。

裏ワザでさらに3000円割引に!

実はこのカスタマイズ画面には、購入代金がさらにお得になる裏ワザ要素があります。それは「電話サポート」の選択肢として用意されている「ミニマムサポート」です。この項目を選ぶことで、クーポン適用後の割引価格からさらに3000円割引になります。最安構成時の12万1979円からミニマムサポート適用で3000円割引になると、合計金額は11万8979円となります。これが記事タイトルにもある「12万円切り」の最安価格です。

「電話サポート」の「ミニマムサポート」を選ぶと、クーポン適用時の割引価格からさらに3000円割り引かれます

「電話サポート」の「ミニマムサポート」を選ぶと、クーポン適用時の割引価格からさらに3000円割り引かれます

ただしこの「ミニマムサポート」を選ぶと、通常は1年間無料の電話サポートが初回から有料となってしまいます。トラブルが起きても自分で解決できる、あるいは電話サポートに頼らないという人なら、積極的に利用するといいでしょう。トラブルを解決できるか不安な場合は、「標準サポート」あるいは有料サポートを選ぶことをおすすめします。

保証期間は3年間で通常の3倍の長さ

直販サイト「富士通WEB MART」で購入したカスタムメイドモデルは、通常は1年間のメーカー保証期間を無料で3年間に延長することができます。メーカーの保証期間が終わると故障の修理費用は高額になりがちですので、このサービスはかなりお得。無料で3年間の保証があるメーカーは、それほど多くはありません。このしっかりしたサポートこそが、富士通の直販モデルを選ぶ理由のひとつと言ってもいいでしょう。

店頭モデルや他社製品ではメーカー保証期間は通常1年間ですが、富士通の直販モデルは無料で3年間に延長できます

店頭モデルや他社製品ではメーカー保証期間は通常1年間ですが、富士通の直販モデルは無料で3年間に延長できます

より長期間安心して使いたい、あるいは不慮の事故にも対応したいという場合は、有料保証サービスの利用をおすすめします。ただし持ち運ぶことが多いノートパソコンと違って、デスクトップパソコンは落下や水こぼしのトラブルも少ないでしょう。また富士通製のパソコンは作りがしっかりしているので、長期間問題なく利用できます(個体差はありますが)。個人的には、有料の保証サービスは絶対に加入するべきというほどではないと思います。

お得なキャンペーンでプレゼントが盛りだくさん!

富士通の直販サイトでは、たびたびお得なキャンペーンが開催されています。クーポンの割引率が変わったりパーツのオプション料金が安くなるキャンペーンのほか、周辺機器などを無料でもらえることもあります。ちなみに現在、「ESPRIMO WF1/U」を購入すると以下のプレゼントをもらえます。

キャンペーンの詳細は、直販サイトで確認できます

キャンペーンの詳細は、直販サイトiconで確認できます

ESPRIMO WF1/Uが対象に含まれるキャンペーン(2015年7月16日時点)

  • 先着100名にワイヤレスタッチパッドをプレゼント(通常価格7179円)!
  • セキュリティソフト「マカフィーリブセーフ」を無料で3年間使える!
  • 先着5000名にハイレゾ音源を1曲ダウンロードできるクーポンをプレゼント!
  • 抽選で80名に「ScanSnap iX100」などの富士通製品・グッズをプレゼント!

また富士通製パソコンを購入すると、富士通が運営するクラウドストレージサービス「My Cloudライブラリー」の容量5GBを無料で使えるというメリットがあります。このように富士通の直販サイト「富士通WEB MART」から購入することで、家電量販店や通販サイトよりもお得に購入できる上に、さまざまなプレゼント&特典の権利をもらえるのです。

カスタマイズのおすすめ構成例

ここからは「ESPRIMO WF1/U」のカスタマイズ例を紹介しましょう。どのパーツを選んでいいのかよくわからないという人は、ぜひ参考にしてみてください。なお、事前にカスタマイズページを開いておくことをおすすめします。

リンク

テレビ機能付き最安構成

テレビ機能を利用したい場合は、オプションで「地上・BS・110度CSデジタル×2」を加える必要があります。ただしこのオプションを利用する場合、光学ドライブにはブルーレイディスクドライブを、CPUにはCore i3-4100MかCore i7-4712MQを選ぶ必要がある点に注意してください。この条件を踏まえつつできるだけ安い構成で選ぶと、合計金額は14万39円となります。

テレビ機能付き最安構成
CPU Core i3-4100M(2.50GHz)
メモリ 4GB
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ
テレビ 地上・BS・110度CSデジタル×2
合計金額 14万39円(22%オフクーポン適用価格)

オフィス搭載ビジネスパソコン構成

仕事にも使うのであれば、オフィスソフトは必須です。オフィスの種類には、パワーポイント付きのOffice Home and Business Premiumを選ぶといいでしょう。複数のソフトを同時に起動するなら、CPUを強化するよりもメモリー容量を増やしたいところ。また長時間の作業でも目が疲れないよう、非光沢で映り込みの少ないノングレア液晶を選んでいます。

オフィス搭載ビジネスパソコン構成
CPU Core i3-4100M(2.50GHz)
メモリ 8GB
ストレージ 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ  23型ワイド 高色純度広視野角液晶 [1920×1080 フルHD]ノングレア液晶
オフィス  Office Home and Business Premium
合計金額 16万1099円(22%オフクーポン適用価格)

直販サイトからパソコンをお得に入手しよう!

ここまで長々と説明してきたので、最後に直販サイトで購入するメリットを簡単にまとめましょう。

富士通WEB MARTで直販モデルを買うメリット

  • 最新モデルは家電量販店や通販サイトよりも安い
  • 保証期間が3年間と長い
  • 予算や用途に応じてスペックを変えられる
  • キャンペーンによってはプレゼントをもらえる

店頭販売ではショップによってポイントが付くこともありますが、上記のメリットを考えるとトータルでは直販モデルのほうがお得だと思います。またタイミングによってはアウトレット品やわけあり品などでさらに安く販売されていることもあるので、こまめにチェックしておくことをおすすめします。なおご購入の際には当サイト限定クーポン「PGG25LSJ」の利用をおすすめします。

リンク

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お得なキャンペーン情報

thum300px

ThinkPad最新モデル35%オフ

[PR]2月発売の最新モデルが早くも35%オフで激安販売中! 旧モデルも42%オフでお得
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!

ドスパラパラダイスセール

[PR]ゲーミングPC&デスクトップPCの人気モデルが1万円引き! SSD無料プレゼントも!?