グレアとノングレア、ハーフグレアの違いは? 液晶ディスプレイの光沢について解説 – こまめブログ

グレアとノングレア、ハーフグレアの違いは? 液晶ディスプレイの光沢について解説

2016_06_15_0059-2

ノートパソコンや液晶ディスプレイのスペック表には、「グレア」や「ノングレア(またはアンチグレア)」という単語がよく使われます。これは液晶ディスプレイ表面の状態を指す言葉で、グレアが光沢あり、ノングレアが光沢なしであることを表わします。今回はグレアディスプレイとノングレアディスプレイそれぞれのメリット/デメリットや、さらにもうひとつの選択肢「ハーフグレア」について解説しましょう。

グレアとノングレアのもっとも大きな違いは「映り込み」

グレアディスプレイとノングレアディスプレイの違いは、簡単に言うと「光沢があるか、ないか」です。この光沢のある/なしによって、映像の印象が変わります。

DVDドライブやネットの動画配信サービスが普及しだしたころから、光沢ありのグレアディスプレイを搭載するノートパソコンが増えてきました。これはグレアディスプレイのほうがノングレアディスプレイよりもコントラストが高く、色鮮やかな映像を楽しめるためです。技術的な話はさておき、一般的にはグレアディスプレイのほうが美しい映像を楽しめると言われています。

しかしグレアディスプレイには、大きな弱点があります。それは「光の映り込み」です。下の写真はわかりやすく説明するためにちょっとオーバーな表現で撮影していますが、蛍光灯の光が液晶ディスプレイに映り込んで邪魔になっていることがわかるでしょう。

光沢のあるグレアディスプレイは、光が映り込みやすい

光沢のあるグレアディスプレイは、光が映り込みやすい

それに対して光沢のないノングレアディスプレイでは、映り込んだ光の輪郭がぼんやりしています。まったくないというわけではありませんが、写真を見ると気にならない程度になっていることがおわかりいただけるはずです。

ノングレアディスプレイでは、光がぼんやりと映り込むので、あまり気になりません

ノングレアディスプレイでは、光がぼんやりと映り込むので、あまり気になりません

液晶ディスプレイに光が映り込むと、眼精疲労の原因になりやすいと言われています。そうでなくても作業中にほかのものが映り込めば、集中力が途切れてしまうこともあるでしょう。そのため、文書作成や情報収集などを目的としたビジネス向けノートパソコンでは、ノングレアディスプレイがよく採用されています。

グレアとノングレアの違い
 グレア  ノングレア
コントラストが高く色にメリハリがある 色合いが地味で迫力に欠ける
光が盛大に映り込む 映り込みが少なく眼が疲れにくい

液晶ディスプレイにはピンからキリまでありますが、いまのところ安いのはグレアディスプレイで、ノングレアのほうがやや高めです。だからと言って安いグレアディスプレイを選ぶと、後々に後悔することにもなりかねません。用途に応じて、適切なディスプレイを選ぶべきです。写真や動画を色鮮やかに楽しみたいならグレアディスプレイ、作業が中心ならノングレアディスプレイを選ぶことをおすすめします。

イイとこ取りの「ハーフグレア」とは?

グレアとノングレアの2種類のほかに、実は「ハーフグレア」と呼ばれるタイプも存在します。「半(half)光沢」と言い換える場合もありますが、実際には「やや光沢の弱いグレアディスプレイ」という印象です。

2016_06_15_0059-2

ハーフグレア(半光沢)の液晶ディスプレイ。光の映り込みはしっかりありますが、グレアよりもやや弱めです

ハーフグレア/グレア/ノングレアの映り込みの違い

ハーフグレア/グレア/ノングレアの映り込みの違い

ハーフグレアの液晶ディスプレイは光沢がやや抑えられているぶん、グレアタイプよりも光の映り込みが抑えられています。またノングレアに比べてコントラストが高く、色鮮やかな映像を楽しめるのがメリットです。

デメリットとしては価格が高く、採用している製品が少ない点が挙げられます。また人によっては思ったほど映り込みが抑えられていないと感じるかもしれません。ただハーフグレアを採用している製品はコストが高くなるぶん丁寧に作られており、全体的な完成度も高いように感じます。

ちなみにタッチ対応モデルでは、ほとんどグレアディスプレイを採用しています。ノートパソコンではタッチ対応のビジネスモデルがハーフグレアの液晶ディスプレイを採用していることが多いようです。

ハーフグレアとノングレアの違い

それではハーフグレアとノングレアでは、映像の印象がどれだけ変わるのかを見てみましょう。今回はそれぞれのサンプルとして、ThinkPad X1 YogaとThinkPad X260を使いました。実際には機種によって液晶ディスプレイのチューニング(調整の具合)が異なるので、かならずしも同じ見え方なるわけではありません。あらかじめご了承ください。

ハーフグレアディスプレイ採用のThinkPad X1 Yogaと、人グレアディスプレイ採用のThinkPad X260

ハーフグレアディスプレイ採用のThinkPad X1 Yogaと、人グレアディスプレイ採用のThinkPad X260。どちらもIPSパネルを採用しています

それぞれの色合いを比べて見ると、ハーフグレアのほうが色のメリハリが出ていることがわかります。カラーバーで見るとノングレアでは色が極端に薄くなっている箇所があり、特に紫がハーフグレアよりも弱く表示されていました。

カラーバーを使った、色合いの違い

それぞれの色合いの違い。カラーバーで見ると、コントラストがだいぶ違うことがわかります

エッジにのメリハリについても、ハーフグレアのほうがハッキリと描写されています。液晶ディスプレイの大きさが違うという理由もありますが、コントラストが高いぶんハーフグレアのほうが精細に感じます。ノングレアの映像はやや白っぽく、細部がぼやけた印象を受けました。

はは

ハーフグレアのほうがコントラストが高いため、線や塗りの境界線がハッキリと描写されています

用途やこだわりに応じてタイプを選ぼう

このように、ハーフグレアとノングレアでは色合いがだいぶ違って見えます。主に動画や写真などの映像を楽しみたい人はグレアタイプ、作業に使うならノングレア、多少コストがかかっても見やすさと美しさを両立したいならハーフグレアを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!