日本HP2015年秋冬モデルPCまとめ-Windows 10搭載モデルが多数ラインナップ!

HP Pavilion 15-ab200icon

日本HPから2015年秋冬モデルの最新商品として、ノートパソコン4機種とデスクトップパソコン4機種が発表されました。主な特徴はOSに最新のWindows 10が搭載されている点で、さらに一部の機種ではSkylake世代の最新CPUや最新GPUが採用されています。今回は発表された内容を元に、各モデルの主な特徴や前モデルとの違いをザックリと解説します。

ノートパソコンは一部がスペック変更

2015年秋冬モデルとして発表されたのは、直販モデル2種類と店頭販売向けモデル2種類の合計4種類です。店頭モデルはほぼOSが変わっただけのマイナーチェンジですが、直販モデルではCPUの種類が変更されたものもあります。

Core i5搭載モデルが追加された「HP 14-ac100」

HP 14-ac100

iconHP 14-ac100

14型(1366×768ドット)の液晶ディスプレイを搭載する低価格なノートパソコン「HP 14-ac100」シリーズでは、CPUにCore i5-5200U(2.20GHz)を搭載したモデルが追加されました。またCore i3搭載モデルはCPUがCore i3-4005U(1.70GHz)からCore i3-5005U(2.00GHz)に刷新されています。

新しいCPUが追加されたことでラインナップ構成も変わり、旧モデル「HP 14-ac000」のエントリーモデルが新モデルのベーシックモデル、旧モデルのスタンダードモデルが新モデルのエントリーモデルに名称変更されました。

HP 14-ac100のラインナップ
HP 14-ac100
ベーシックモデル
HP 14-ac100
エントリーモデル
HP 14-ac100
スタンダードモデル
iconicon iconicon iconicon
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Celeron N3050(1.60GHz) Core i3-5005U(2.00GHz) Core i5-5200U(2.20GHz)
メモリー 4/8GB
ストレージ 500GB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics Intel HD Graphics 5500
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
重量 1.94kg
バッテリー駆動時間 約8時間 約7時間15分
キャンペーン価格(税別) 3万7800円 5万4800円 6万9800円(通常価格)

HP 14-ac100の実機レビュー記事を公開中!

当サイトでは、HP 14-ac100の実機を使ったレビュー記事を公開しています。購入を検討されている方は、ぜひご覧ください。

こちらはパソコンに詳しくない方のために、内容を(比較的)やさしくしています。

こちらの記事では、詳しいベンチマーク結果を掲載しています。

リンク

下位モデルのCPUがアップグレード-「HP Pavilion 15-ab200」

HP Pavilion 15-ab200

HP Pavilion 15-ab200

「HP Pavilion 15-ab200」は、icon15.6型(1366×768ドット)の液晶ディスプレイを採用した標準的な性能のノートパソコンです。旧モデル「HP Pavilion 15-ab000」との違いは、エントリーモデル(下位モデル)のCPUがCore i3-5010U(2.10GHz)からCore i3-5020U(2.20GHz)に変わった点と、CPUにCore i7を搭載したパフォーマンスモデル(最上位モデル)がなくなった点。モデルが1種類減ったことにより、本体のカラーバリエーションも4色から3色になっています。

HP 15-ab200のラインナップ
HP Pavilion 15-ab200
エントリーモデル
HP Pavilion 15-ab200
スタンダードモデル
iconicon iconicon
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Core i3-5020U(2.20GHz) Core i5-5200U(2.20GHz)
メモリー 4/8GB
ストレージ 500GB HDD 1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 5500
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
重量 2.29kg
バッテリー駆動時間 約7時間 約7時間30分
キャンペーン価格(税別) 5万7800円 6万9800円

性能的には新旧モデルであまり変わりませんが、新モデルのほうが値段が高めに設定されています。今買うなら、旧モデル「HP Pavilion 15-ab000」のほうがお買い得と言えるかもしれません。

HP Pavilion 15-ac200をお得に買えるキャンペーン情報

ただし現在はキャンペーンならではのお得な特典として、「HP Pavilion 15-ac200」で8GBメモリーへのアップグレードが、通常価格から3000円引きの7000円で可能です。メモリーの増量を考えているなら新モデルを選ぶといいでしょう。旧モデルでは最安の「エントリーモデル」が一時取り扱い停止になっていますので、できるだけ安く入手するなら新モデルを選ぶことになります。

なお新旧モデルの詳細や価格については、直販サイトの製品詳細ページでご確認ください。

リンク

またCore i7+GeForce 940Mを搭載した旧モデルの「HP Pavilion 15-ab000」パフォーマンスモデルについてはレビュー記事を公開していますので、ぜひ参考にしてください。

店頭モデルは2種類

店頭販売向けには「HP 15-ac100」と「HP Pavilion 11-k100 x360」の2種類が追加されました。「HP 15-ac100」はOSがWindows 10 Home 64ビットに変更されたほか、ターボシルバーの本体カラーの代わりにノーブルブルーが追加されています。また旧モデル「HP 15-ac000」に用意されていた8GBメモリー搭載モデルがなくなったのも変更点のひとつです。

店頭販売向けの新モデル「HP 15-ac100」 ※出典元:日本HP

店頭販売向けの新モデル「HP 15-ac100」 ※出典元:日本HP

「HP Pavilion 11-k100 x360」についてはOSがWindows 10 Home 64ビットと液晶ディスプレイがIPSパネルに変わった点が挙げられます。さらに細かな点としては、旧モデルに付属していたWindows 8.1の解説書「速効!HPパソコンナビ特別版」が付属しなくなりました。

Windows 8.1 Update 64ビットを搭載した旧モデルなら無償でWindows 10にアップグレードできますので、旧モデルが安く販売されていればそちらのほうがおすすめです。ただしより美しい画面で利用したいという人は、IPSパネルを搭載した新モデルを選ぶといいでしょう。

新旧モデルでOS以外のスペックに違いはありません ※出典元:日本HP

新旧モデルでOS以外のスペックに違いはありません ※出典元:日本HP

デスクトップパソコンはカスタマイズオプションがパワーアップ

デスクトップパソコンとしては、4種類のモデルがリリースされました。本体デザインや大きさ、インターフェース構成などに変わりはありませんが、CPUやストレージ、グラフィックス機能などのカスタマイズオプションの内容が変更されています。

中身が大きくパワーアップした「HP ENVY 750-180jp/CT」

HP ENVY 750-180jp/CT

HP ENVY 750-180jp/CT

icon
デスクトップパソコンの新モデル「HP ENVY 750-180jp/CT」は、前モデル「HP ENVY 750-080jp/CT」と比べてデザインやサイズ、重量はまったく変わらないものの、CPUやメモリー、GPUなどの選択できるパーツが大幅に変わりました。

CPUはSkylakeこと第6世代のCore i7-6700(3.40GHz)かCore i7-6700K(4.00GHz)のどちらかを選べます。またCPUクーラーとして、空冷式クーラーか水冷式クーラーを選べるようになりました。メモリーは旧モデルで採用されていたDDR3よりも1.3倍(理論値)高速なDDR4に対応。さらにストレージとして、PCI Express接続のSSDを搭載できるようになっています。

またGPUとしてはNVIDIA GeForce GT 730/GTX 960に加え、GTX 980 Tiを選択できるようになっています。最小構成価格は11万9800円(税別)からで、オプションでCore i7-6700K+水冷式クーラーとGeForce GTX 980Ti、PCI Express接続の128GB SSDに変更すると合計金額は22万8800円となります。パフォーマンスを考えれば、決して高くはないように思えます。

ちなみに同じ筐体デザインを採用している「HP ENVY 750-170jp/CT」もリリースされています。こちらはOSがWindows 7 Professionalとなっている点と、下位パーツが用意されている点が特徴です。

HP ENVY 750-180jp/CTとHP ENVY 750-170jp/CTの主なスペック
モデル名 HP ENVY 750-180jp/CT HP ENVY 750-170jp/CT
iconicon icon
OS Windows 10 Home/10 Pro 64ビット Windows 8.1/8.1 Pro Update 64ビット
CPU Core i5-6400(2.70GHz)/Core i7-6700(3.40GHz)/Core i7-6700K(4.00GHz) Core i5-4590(3.30GHz)/Core i7-4790(3.60GHz)/Core i7-4790K(4.00GHz)
メモリー DDR4 8/16/32GB(最大64GB) DDR3 4/8/16/32GB(最大64GB)
ストレージ 1/2/3TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA)または128/256GB SSD(PCI Express)、1/2/3TB HDD 1/2/3TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA)または1/2/3TB HDD
グラフィックス GeForce GT 730(4GB)/GTX 960(2GB)/GTX 980Ti(6GB) なし(CPU内蔵グラフィックス機能を利用)/GeForce GT 730(4GB)/GTX 960(2GB)/GTX 980(4GB)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ/DVDスーパーマルチドライブ
CPU冷却方式 空冷クーラー/水冷クーラー
最小構成価格(税別) 11万9800円 9万9800円

「HP ENVY 750-180jp/CT」および「HP ENVY 750-170jp/CT」の詳細や購入については、直販サイトの詳細ページでご確認ください。

リンク

また旧モデル「HP ENVY 750-080jp/CT」も引き続き販売されています。この機種に関しては搭載で詳しくレビューしていますので、そちらの記事もご参考までにどうぞ。

本体カラー追加&上位パーツがパワーアップした「HP Pavilion 550-140jp/CT」

HP Pavilion 550-140jp/CT

HP Pavilion 550-140jp/CT

icon

ミニタワー型のデスクトップパソコン「HP Pavilion 550-140jp/CT」では、本体のカラーバリエーションとして従来のブリザードホワイトに加えサンセットレッドのモデルが追加されました。

また中位モデルのCPUが旧モデル「HP Pavilion 550-040jp/CT」で使われていたCore i5-4590(3.30GHz)からCore i5-4670(3.40GHz)に変更されているほか、ストレージのオプションに256GB SSD(SATA)が加わり(9月下旬以降対応)、さらに選択できる外付けGPUがAMD Radeon R7 240(2GB)からNVIDIA GeForce GT 730(4GB)に変わっています。より高性能なパーツを選べるようになり、選択の幅が広がったと言えるでしょう。

HP Pavilion 550-140jp/CTの主なスペック
モデル名 東京生産
スタンダードモデル
東京生産
パフォーマンスモデル
iconicon iconicon
OS Windows 10 Home/10 Pro 64ビット
CPU Core i3-4170(3.70GHz)/Core i5-4670(3.40GHz) Core i7-4790(3.60GHz)
メモリー 4/8/16GB(最大16GB) 8/16GB(最大16GB)
ストレージ 500GB/1TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA) 500GB/1/2/3TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA)、1/2/3TB HDD
グラフィックス なし(CPU内蔵グラフィック機能を使用)/GeForce GT 730(4GB)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ/DVDスーパーマルチドライブ
最小構成価格(税別) 5万9800円 8万9300円

「HP Pavilion 550-140jp/CT」の詳細や購入については、直販サイトの詳細ページでご確認ください。

リンク

カスタマイズオプションが変更された「HP Slimline 450-120jp/CT」

HP Slimline 450-120jp/CT

iconHP Slimline 450-120jp/CT

本体の幅が約10cmの極薄デスクトップパソコン「HP Slimline 450-120jp/CT」のポイントは、CPUのカスタマイズオプションが旧モデル「HP Slimline 450-020jp/CT」で使われていたCore i5-4590T(2.00GHz)からCore i5-4460T(1.90GHz)に変更された点と、ストレージの選択肢として256GB SSD(9月下旬より対応)が追加された点、選択できる外付けGPUがNVIDIA GeForce GT 710(2GB)からAMD Radeon R5 330(2GB)に変わった点です。本体の外観や最小構成価格は変わっていません。

HP Slimline 450-120jp/CTの主なスペック
モデル名 東京生産
スタンダードモデル
東京生産
パフォーマンスモデル
iconicon iconicon
OS Windows 10 Home/10 Pro 64ビット
CPU Celeron G1840(2.80GHz)/Core i3-4170(3.70GHz)/Core i5-4460T(1.90GHz) Core i7-4790T(2.70GHz)
メモリー 4/8/16GB(最大16GB) 8/16GB(最大16GB)
ストレージ 500GB/1TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA) 500GB/1/2/3TB HDDまたは256/512GB SSD(SATA)、1/2/3TB HDD
グラフィックス なし(CPU内蔵グラフィック機能を使用)/AMD Radeon R5 330(2GB)
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ/DVDスーパーマルチドライブ
最小構成価格(税別) 4万9800円 9万4300円

「HP Slimline 450-120jp/CT」の詳細や購入については、直販サイトの詳細ページでご確認ください。

リンク

OSとCPUが変わったいまがパソコンの買いどき!

7月29日にWindows 10がリリースされ、さらにSkylake世代のCPUも登場しました。OSとCPUが同時に入れ替わるいまこそ、パソコンを新しく買い替えるタイミングではないでしょうか。逆に、新モデルが登場したタイミングで安くなった旧モデルを入手するのもアリです。

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!