米HPがプレミアムPCの新モデルを発表 世界最薄13.3型クラムシェルノートPC「HP Spectre」など – こまめブログ

米HPがプレミアムPCの新モデルを発表 世界最薄13.3型クラムシェルノートPC「HP Spectre」など

00

2016年4月5日(現地時間)、米HPは個人向けパソコンの新モデルとして13.3型クラムシェルノートPCの「HP Spectre」と15.6型ノートPC「HP ENVY x360」、15.6/17.3型ノートPC「HP ENVY」を発表しました。米国での発売日と価格は、以下の表のとおりです。

2016年4月5日に発表された新モデル発売日と価格
モデル名 HP Spectre HP ENVY x360 HP ENVY
最小構成価格 1169.99ドル
(12万8100円前後)
679.99ドル
(7万4500円前後)
15.6型:779.99ドル(8万5400円前後)
17.3型:1029.99ドル(11万2800円前後)
発売日 4月25日より予約開始 6月1日 15.6型:5月25日
17.3型:6月1日

今回発表された4モデルのうち「HP ENVY x360」と「HP ENVY(15.6/17.3型)」については、従来モデルのマイナーバージョンアップ版といったところ。まったく新しいモデルは13.3型の「HP Spectre」のみです。

世界最薄の13.3型クラムシェルノートPC「HP Spectre」

前世代に比べて21%薄型化され、バッテリー寿命も長くなった「HP ENVY x360」(15.6型)

03

軽量化&USB Type Cに対応した「HP ENVY」(15.6型/17.3型)

04

高品質なクラムシェル型ノートPC「HP Spectre」

「HP Spectre」の大きな特徴は、デザインのクオリティーが非常に高い点です。高さはわずか10.4mmで、400ドル以上のクラムシェル型ノートPCとしては世界最薄とのこと。底面部にカーボン素材を使うことで軽量化し、2.45ポンド(約1.1kg)の重量を実現しています。

高さはわずか10.4mmしかありません。ちなみにMacBook Airは最厚部で17mmです

高さはわずか10.4mmしかありません。ちなみにMacBook Airは最厚部で17mmです

本体のカラーはブラックで、アクセントにカッパー(銅)が使われています。2015年に発表された「HP Spectre 13 x360 Limited Edition」に似た配色ですね。

HP Spectre 13 x360 Limited Edition

しかし「HP Spectre」ではカッパーの部分が手作業による超光沢加工が施されており、宝石のような仕上がりになっているとのことです。また「ピストンヒンジ」と呼ばれる新機軸のヒンジ機構を採用することで、可動部分の見えないスッキリとしたデザインになっています。

背面から駆動部分が見えない「ピストンヒンジ」機構を採用

背面から駆動部分が見えない「ピストンヒンジ」機構を採用

またバッテリーをおなじ容量で2つに分割し、単一のバッテリーとして動作させることで、本体の薄さと最大9時間半のバッテリー駆動時間を実現しています。

液晶ディスプレイのサイズは13.3型で、解像度は1920×1080ドットです。エッジtoエッジ(全面ガラス加工)の表面にはコーニング社のGorilla Grassが使われており、対傷性能も万全。液晶パネルはもちろんIPSです。

ちょっと気になるのは、インターフェースがUSB Type Cである点。従来のUSB機器を利用するには、変換アダプターが必要となります。Type Aをまったく残さずにすべてType Cに統一するのは、だいぶ思い切った仕様ではないでしょうか。なお現時点では、メモリーカードスロットを搭載しているのかは不明です。

インターフェースはUSB Type C(うち2ポートはThunderboltをサポート)

インターフェースはUSB Type C(うち2ポートはThunderboltをサポート)

CPUは第6世代のCore i5/i7を採用するとのこと。おそらくというかUシリーズであることは確定なのですが、たとえばCore i5なら15W版のCore i5-6200Uなのか、それとも15W版でvPro対応のCore i5-6300Uなのか、ひょっとすると28W版なのかなど、いろいろと不明な部分が残っています。Core i5-6200U/Core i7-6500Uだとは思うのですが、もしかするとということもありますので。

メモリーは最大8GBで、ストレージは最大512GBのPCI Express接続SSDを選択できます。このあたりは、プレミアムモデルとしては順当な組み合わせだと言えるでしょう。気になるのは、Core i7を搭載しているのにこんなに薄くて大丈夫なのかという点です。

HPによると、インテルの「 Hyperbaric cooling system」を採用することで、小さなきょう体でもパワフルなCPUの性能を十分に引き出しているとのこと。デュアルファンによる冷却のようですが、実際の効果はベンチマーク結果などを見てみないとわかりません。

吸気用のファンと排気用ファンを用意することで、高い冷却性能を実現

吸気用のファンと排気用ファンを用意することで、高い冷却性能を実現

デザインは好印象でも実用性はまだ不明

ということで、今回は米HPから発表された新モデルを紹介しました。「HP Spectre」については個人的に「そこまでこだわらなくてもいいのでは?」という感想なのですが、こーゆーのが好きな人にはズバッと刺さるのでしょう。新デザインのロゴはかなりイイ感じだと思いますよ。

あとこれだけ薄いとキーストロークが浅くなると思うのですが、どれだけの深さがあるのか気になるところです。あくまでも推測ですが、1.5mm以上はない可能性が高いかと。このあたりは詳細なスペックを確認したり、実機に触れてみないとわからないところですね。機会があれば、検証したいと思っています。

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!