LEGO Fusionがどうやら想像していたモノと違っていた件

こんにちは、リトルビーンズのスタッフRです。自宅にはレゴのパーツが山ほどあります。

自分で組み立てた実物のレゴを取り込み、ゲームの世界に登場させることができる「LEGO Fusion」。6月の発表と同時に、多くの注目を集めました。

自分で組み立てたブロックがゲームに登場する!?

気になるギミックに関しては、以下のように説明されています。

参考リンク

本物のブロックで組んだ建物やクルマを画像認識でデジタルモデルとして取り込み、ゲームの世界に配置したり、ゲーム内の課題を実ブロックの組み換えでクリアするといった遊び方ができます

でもレビュー動画見ると……

アメリカではすでに8月上旬に発売され、ぼちぼち動画レビューが公開されています。そのうちのいくつかを観てみると、なんだか思っていたのと違う気が……。

これとか

これとか

これも……

こうなのか!?

どうやら取り込めるのは正面からのみ。立体的な取り込みには対応していないようです。正面からスキャンした映像を、3Dで押し出してモデルを作っている様子。

つまり、こんな感じ(※イメージ)

つまり、こんな感じ(※イメージ)

てっきりパーツに認識用のチップが埋め込まれていたり、あるいは4~5方向から撮影して立体化するのだと思っていましたよ。ええ、勝手な思い込みなんですが。

「Battle Towers」では各壁面にパーツを加えることができるようですが、「Town Master」のほうはそんな気配がありません。「Friends Resort Designer」は外観より、内装をカスタマイズできる点が特徴のようですね。「Create & Race Game」についてはまだ公式以外のレビュー動画がないので(今回掲載したのはアプリのみのレビュー動画)、実際の挙動がわかりません。おそらくほかのシリーズと同様、1面だけのスキャンなんでしょうね。

こんな仕様だとは思っていなかったので、日本版が発売されたら買うかどうか迷っています。いや、結局のところ買うんですけどね。今後のアプリのアップグレードで、多方向からのスキャンにも対応して欲しいものです。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!