富士通2015年夏モデルLIFEBOOK AH77/U登場!性能と前モデルとの違いを解説します

富士通から2015年夏モデルとして、ハイスペックな15.6型スタンダードノートパソコン「LIFEBOOK AH77/U」が発表されました。発売日は2015年5月22日。CPUにクアッドコアのCore i7-4722HQ(2.40GHz)を採用している点が大きな特徴です。今回はこの「LIFEBOOK AH77/U」について、主な特徴や前モデルとの違いを紹介します。

スポンサーリンク
富士通 FMV ESPRIMO FH

高い性能を持つフラグシップモデル

富士通の「LIFEBOOK AH」は、液晶ディスプレイのサイズが15.6型のノートパソコンのシリーズです。性能によっていくつかのモデルに分かれていますが、「77」はそのなかでも高い性能を持つハイエンド(上級者)向けのモデルとなっています。

※画像クリックで直販サイトの製品ページが開きます

今回発表された新モデル「LIFEBOOK AH77/U」のポイントは、以下の5点です。

「LIFEBOOK AH77/U」の主な特徴

  • CPUにクアッドコアのCore i7-4722HQ(2.40GHz)を採用
  • 1920×1080ドットの高解像度なタッチ対応液晶ディスプレイ
  • 光学ドライブとしてブルーレイディスクドライブを搭載
  • BlueLEDワイヤレス・マウスが付属
  • 本体デザインが変更された

動画の編集や写真の加工などの「重い」処理でも、ラクラクとこなせるスペックです。液晶ディスプレイの解像度が高いため、スクロールやウィンドウの移動といった操作が減り、ストレスなく作業を行なうことができます。詳しくは後述しますが、そのほかの機能も盛りだくさん。「LIFEBOOK AH77/U」は、AHシリーズのなかでも最高の性能を誇る「フラグシップモデル」なのです。

Core i7-4722HQの性能は標準的なノートPC向けCPUの2倍以上!

「LIFEBOOK AH77/U」のポイントのなかでも特に注目したいのが、CPUにインテルのCore i7-4722HQ(2.40GHz)が使われている点です。2015年1月に発表された最新のCPUで、ノートパソコン向けとしては非常に高い性能を持っています。

実際にどれくらいの性能なのか、ベンチマーク結果を元に検証してみましょう。ただしCore i7-4722HQは新しいCPUであるため、まだベンチマーク結果が十分に集まっていません。そこでCore i7-4722HQよりもひと世代前のCore i7-4712HQ(2.30GHz)のスコアを元に判断することとします。Core i7-4712HQは動作周波数が100MHz低いだけであとはCore i7-4722HQと同じですので、ほぼ同程度の性能だと言えるでしょう。

さまざまなCPUのベンチマーク結果を掲載している「PassMark CPU Benchmarks」によると、Core i7-4712HQのスコアは「7673」とのこと。標準的なノートパソコンでよく使われるCore i5-5200Uと比べると、その差は倍以上。格安パソコンで使われるCeleron 3205Uと比べると、4.5倍以上の性能を持っています。

「LIFEBOOK AH77/U」はさらに8GBのメモリーを搭載していますので、どんな作業でも快適にこなせます。特殊な作業――たとえばプロ向けソフトを使ってハイクオリティな動画、3D CGを作るなど――でない限り、ストレスなく使えるでしょう。

ただし3Dゲームについては、軽めの作品であればとりあえずプレーできるといったレベルです。オンラインゲームや海外のゲームをバリバリ楽しみたい人は、外付けGPUを搭載したパソコンをおすすめします。

前モデルとの違いを比較!

続いて、新モデルは前モデルと比べてどこが変わっているのかについて解説しましょう。「LIFEBOOK AH77/U」の前モデルは、2014年の秋冬モデルとして発売された「LIFEBOOK AH77/S」です。両モデルのスペックを比較してみると、細かな部分でいろいろと変わっている(文字色が赤の部分)ことがわかります。

2015年夏モデルと2014年秋冬モデルの違い
2015年夏モデル 2014年秋冬モデル
製品名 LIFEBOOK AH77/U LIFEBOOK AH77/S
OS Windows 8.1 Update 64ビット Windows 8.1 Update 64ビット
CPU Core i7-4722HQ(2.40GHz) Core i7-4712HQ(2.30GHz)
メモリ 8GB 8GB
グラフィックス Intel HD Graphics 4600 Intel HD Graphics 4600
ストレージ 1TB HDD 1TB HDD
光学ドライブ ブルーレイディスクドライブ ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6型、1,920×1,080ドット、IPS 15.6型、1,920×1,080ドット、IPS
タッチパネル ◯(マルチタッチ) ◯(マルチタッチ)
有線LAN 1000BASE-T対応 1000BASE-T対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0+HS
TV機能
センサー
Webカメラ 200万画素 92万画素
主なインタフェース USB3.0×3、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、NFC、SD/SDHC/SDXC対応メモリカードスロット、ヘッドホン出力 USB3.0×4、HDMI、有線LAN、NFC、SD/SDHC/SDXC対応メモリカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリ駆動時間 5.2時間 5.6時間
本体サイズ 幅378×奥行き255.9×高さ25.9~31.4mm 幅377.2×奥行き256.6×高さ16~23.8mm
重量 2.6kg 2.5kg
オフィス Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス
主な付属品 BlueLEDワイヤレス・マウス ワイヤレスマウス

CPUが変わっている点は前述のとおり。動作周波数が100MHz向上していますが、体感的にはほぼ同じ性能です。Bluetooth機能が「Bluetooth 4.0+HS」から「Bluetooth 4.0」に変わっていますが、特に気にする必要はありません。

意外なところでは、Webカメラの有効画素数が92万画素から200万画素に向上しています。ビデオチャットの映像がより鮮明になるというメリットが考えられます。また付属のマウスがレーザー方式からBlueLED方式へ変わり、読み取り精度が1000CPIから1200CPIへと上昇しました。そのほかキーボード上部のワンタッチボタンのうち「ECOボタン」が「My Cloudボタン」に変わった、USB端子の位置が左×2+右×2から左×3+右×1に変わったなどの点が挙げられます。

サイズと重量については、新モデルでは大きく&若干重くなっています。特に本体の高さが増し、前モデルに比べて厚くなりました。しかし「LIFEBOOK AH77/U」は机に据え置きで使うためのノートパソコンですので、本体の重量や大きさはそれほど気にする必要はありません。

高性能なフルHD対応15.6型ノートパソコンを探している人にオススメ!

クアッドコアCPUと1920×1080ドットのフルHD液晶ディスプレイを搭載した「LIFEBOOK AH77/U」は、高い性能のノートパソコンを探している人におすすめです。プライベートはもちろん、仕事でもバリバリ活用できるでしょう。最近はクアッドコアCPUを搭載するノートパソコンが減ってきていますので、その意味では貴重なモデルとも言えます。

なお「LIFEBOOK AH77/U」の詳細については、下記リンクから直販サイトのページでご確認ください。

参考リンク

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!