新しいMacBook Pro 15インチ型(Mid 2015)と旧モデルの違いは?両モデルのスペックを比較!

Appleより、新しい15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル(以下、MacBook Pro 15インチモデル)が発売されました。そこで今回は、前モデル(Mid 2014)と比べてどこが変わっているのか、新たに搭載されたパーツはどんな性能を持っているのかについて解説します。

MacBook Pro15インチモデルMid 2015とMid 2014のスペックを比較

まずは新旧モデルそれぞれのスペックを比べてみましょう。主なスペックは、以下の表のとおりです。なお新モデルのスペックについては、旧モデルと異なる部分の文字を赤色に変更しています。

MacBook Pro 15″ Mid 2015とMid 2014の主なスペック
モデル MacBook Pro Retina 15″(Mid 2015) MacBook Pro Retina 15″(Mid 2014)
2.2GHzモデル 2.5GHzモデル 2.2GHzモデル 2.5GHzモデル
直販価格(税別) 22万4800円 28万2800円 22万4800円 28万2800円
CPU Core i7-4770HQ(2.2GHz) Core i7-4870HQ(2.5GHz) Core i7-4770HQ(2.2GHz) Core i7-4870HQ(2.5GHz)
メモリ 16GB 1,600MHz DDR3L 16GB 1,600MHz DDR3L
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD 256GB SSD 512GB SSD
液晶ディスプレイ 15.4型(2880×1800ドット) 15.4型(2880×1800ドット)
グラフィックス Intel Iris Pro Graphics 5200(CPU内蔵) Intel Iris Pro Graphics 5200(CPU内蔵)、AMD Radeon R9 M370X(2GB) Intel Iris Pro Graphics 5200(CPU内蔵) Intel Iris Pro Graphics 5200(CPU内蔵)、NVIDIA GeForce GT 750M(2GB)
有線LAN なし なし
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0 IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
インターフェース USB3.0×2、Thunderbolt×2、HDMI、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット USB3.0×2、Thunderbolt×2、HDMI、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット
カメラ機能 720p FaceTime HDカメラ(92万画素相当) 720p FaceTime HDカメラ(92万画素相当)
バッテリー駆動時間 9時間(WiFi接続時、99.5Wh) 8時間(WiFi接続時、95Wh)
本体サイズ 幅358.9mm×奥行き247.1mm×高さ18mm 幅358.9mm×奥行き247.1mm×高さ18mm
重量 2.04kg 2.02kg

ポイントをザックリとまとめると、以下のとおりです。

  • CPUはHaswell(Crystal Well)のまま変わらず
  • 上位モデルの外付けGPU(dGPU)がNVIDIA GeForce GT 750MからAMD Radeon R9 M370Xに変更された
  • バッテリー駆動時間が1時間延長した
  • 重量が20g増えた
  • 値段は変わらず

またスペック表からはわからない部分として、以下の違いが挙げられます。

  • ストレージが高速化した
  • MacBook 12インチモデルに搭載されている「感圧タッチトラックパッド」を採用

以上の点について、もう少し詳しく解説しましょう。

CPUはCore i7-4770HQ/Core i7-4870HQで変更なし

Appleの製品ページを確認すると、CPU(プロセッサ)については以下のように表記されています。

2.2GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.4GHz)、6MB共有L3キャッシュ

――Apple – MacBook Pro Retinaディスプレイモデル – 技術仕様

2.5GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.7GHz)、6MB共有L3キャッ
シュ

――Apple – MacBook Pro Retinaディスプレイモデル – 技術仕様

上記のスペックに該当するCPUは、Core i7-4770HQとCore i7-4870HQのみ。前モデルに搭載されていたCPUとまったく変わりません。CTOオプションとして用意されている「2.8GHzクアッドコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大4.0GHz)、6MB共有L3キャッシュ」のCPUはCore i7-4980HQで、これも前モデルと同じです。

ちなみに、2015年3月に発表されたMacBook Air(Early 2015)とMacBook Pro(Early 2015)では、CPUがHaswell世代からBroadwell世代に刷新されています。CPUが変更されたことにより、(わずかながらも)性能が向上しました。

関連記事



新しいMacBook Pro 15インチモデルでもCPUの変更が期待されましたが、ふたを開けてみるとCPUはそのまま。これはMacBook Pro 15インチモデルが採用しているクアッドコアのCore i7 Hシリーズの新CPUが、いまだにリリースされないためです。筆者は5~6月あたりに出るのではないかと予想していたのですが、新たに入手した情報によると「2015年の秋以降ではないか」とのこと。Broadwell-Hシリーズがしばらく出ないため、旧世代のCPUで発売したということではないでしょうか。

ただ、2015年第4四半期にはさらに次の世代である「Skylake-H」シリーズがリリースされるという話もあり、Broadwell-Hシリーズは半年間という短い期間で旧世代となってしまいます。おそらく、来年発売されるMacBookにはSkylake世代のCPUが搭載されることになるでしょう。あくまでもCPUのリリースに遅れがなければ、という前提ですが。

AMD Radeon R9 M370Xの性能はGeForce GTX 950M相当?

上位モデルには外付けGPU(dGPU)として、 AMD Radeon R9 M370Xが採用されています。前モデルに搭載されていたNVIDIA GeForce GT 750Mとどれくらい性能が向上しているのか気になるところですが、AMD Radeon R9 M370XはMacBook Pro 15インチモデルの発表に合わせて新たにリリースGPUのようで、AMDのサイトを調べても情報が掲載されていません。もしかすると、Apple向けのOEMモデルかもしれません。

さてこのAMD Radeon R9 M370Xですが、Appleによると3D性能が70~80%向上しているとのことです。この評価について、このサイトでいつもお世話になっている「NotebookCheck.net」では、以下のコメントが掲載されました。原文は英語ですが、翻訳(一部意訳)して引用します。

AMD Radeon R9 M370Xは、2015年半ばに発表されたラップトップ(ノートパソコン)向けのミドルレンジGPUだ。このCPUは2GB GDDRメモリー搭載しており、上位版のMacBook Pro 15インチRetinaディスプレイモデルで使われている。Appleによると、以前のモデルで使われていたNVIDIA GeForce GT 750Mよりも”最大80%高速”とのこと。我々は標準的な3Dゲームで80%高速化されるかどうか疑っているが、80%という数字を広義でとらえたとして、3DMark 11で従来の80%以上のパフォーマンスとなると、その性能はNVIDIA GeForce GTX 950MやRadeon R9 M280Xに相当する。

――AMD Radeon R9 M370X – NotebookCheck.net Tech

Appleの言う「80%」がなにを基準にしているか現段階では不明であるということで、具体的な性能はまだ未知数であるとのことです。GeForce GTX 950M相当だとしたらかなり高性能ではありますが、筆者としてはそこまで高性能ではないような気がします。「GTX」モデルはゲーム向けの高性能なGPUですので、いくらMacBook Proでもそこまでの性能はオーバースペックではないでしょうか。良くてGeForce 940Mあたりではないかと、ひそかに思っています。

バッテリー容量が増えて駆動時間が1時間延びた&重量が20g増えた

スペックを確認すると、バッテリー容量が95Whから99.5Whに増え、駆動時間が8時間から9時間に延長しています。

駆動時間が長くなるのは好ましいことではありますが、MacBook Pro 15インチモデルは重量が2kg以上で、あまり持ち運びには適していません。モバイル用途でない限り、バッテリー時間が延長してもあまりメリットがないように思えます。また重量が20g増えていますが、おそらくバッテリー容量の増加ぶんによるものではないでしょうか。

値段は変わらず、と言っても3月に値上げ済み

新しいMacBook Pro 15インチモデルは、2.2GHzのCPUを搭載した下位モデルで22万4800円(税別)、2.5GHzのCPUとAMD Radeon R9 M370Xを搭載した上位モデルが28万2800円で販売されています。

値段としては、直前に販売されていたMid 2014(前モデル)と変わりません。性能アップで価格は据え置きはうれしいところですが、よくよく考えると2015年の3月に値上げしていました。

Mid2014値上げ前の価格

Mid 2014値上げ前の価格 ※出典元:Apple(Internet Archive)

2014年と比べると、下位モデルでは3万円、上位モデルでは3万4000円値上げしています。円安の影響だと考えられますが、以前と性能的には同じだとすると、やや割高感を感じてしまいます。

PCIe 3.0 x4接続のSSDでストレージのアクセス速度が高速化

スペック表には表われていませんが、新型のMacBook Pro15インチモデルではストレージとして採用している「フラッシュストレージ」つまりSSDのアクセス速度が前モデルに比べて最大2.5倍に向上しているとのことです。

スループット(データ転送速度)は最大2GBps(2GB/秒)とのことで、非常に高速なSSDを搭載しています。2GB/秒のSSDと言えばサムスン製の「Samsung SM951」が人気が高く広く使われていますが、MacBook Pro15インチモデルでもSM951が使われているのでしょうか。

ここで新製品が出るたびに分解している「iFixit」の記事を見てみると、MacBook Air 13″(Early 2015)ではストレージにSM951が使われているとのこと。すでにほかのモデルでSM951は使われていました。

MacBook Pro 13インチモデル(Early 2015)ではストレージの最大スループットが1.6GB/秒とされていますので、こちらにもSM951が使われているものと思われます。

ちなみにSM951のアクセス速度はPCI Express 3.0×4接続で最大2260MB/秒、PCI Express 2.0×4接続で1600MB/秒となっています。多少の誤差はありますが、15インチモデルの最大2GB/秒と13インチモデルの最大1.6GB/秒にピッタリ当てはまりますね。つまりSSD自体は同じSM951を利用しているのですが、接続方式が異なるため15インチモデルのほうが高速になっているのです。

先進機能「感圧タッチトラックパッド」を搭載

MacBook Pro 15インチモデルでは入力デバイスのひとつとして、12インチMacBookでも採用されている「感圧タッチトラックパッド」を搭載しています。このトラックパッドが画期的なのは、実際には押していないのに、まるで押したかのような「カチッ」という感触を得られる点。筆者も実際に試してみましたが、「いや、これ押し込んでるでしょ」と思うほどリアルな操作感でした。

感圧タッチトラックパッドは単にクリック感を演出するだけでなく、トラックパッドを押しこむ力の強さによって、さまざまな操作が可能になります。たとえばトラックパッドを押してからさらに力を加える「強めのクリック」によって、Webページで選択したキーワードを検索したり、日付をカレンダーに追加したり、ファイルのプレービューを確認したりなど、操作がより快適になるとのことです。ほかにもいろいろ対応しているので、詳しく知りたい方はAppleのサポートページを参照してください。

参考リンク

MacBook Pro 15インチモデル(Mid 2015)は買うべきか?

新モデルではCPUの性能こそ変わっていませんが、ストレージのアクセス速度が向上したことで、全体的な快適さは向上しているはずです。また上位モデルについてはGPUが変わったことにより、GPUアクセラレーションを利用する一部のクリエイティブ系ソフトの処理が速くなる可能性があります。ただし前モデルと比べて劇的に変わるとは思えませんので、すでにMid 2014を持っているなら買い換える必要性は低いのではないでしょうか。2年以上前のMacBookから買い換える人や新しく購入する人にはおすすめです。

参考リンク

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!