徹底検証!GeForce GTX960でマインクラフトを試す(バニラ編)

01

マインクラフトをとことん楽しむなら、外付けGPUを搭載したゲーム性能の高いパソコンが必要だと言われています。しかしながら実際のところ、どれほどの性能が必要なのかはあまり知られていません。そこで手頃な価格で人気の高いGPU「NVIDIA GeForce GTX 960」を使って、マインクラフトがどれだけサクサク動くのかを検証する、というのがこの企画の狙いです。

第1回目の今回は、MOD(追加の改造プログラム)を導入していない状態、いわゆる「バニラ」な状態で、さまざまな設定のFPSを計測しました。テストに利用したのは筆者所有のマウスコンピューター製デスクトップPC「MDV ADVANCE MDV-GZ7700B-SH2」です。

マウスコンピューターの「MDV ADVANCE」シリーズ「MDV-GZ7700B-SH2」

ウスコンピューターの「MDV ADVANCE」シリーズ「MDV-GZ7700B-SH2」

MDV-GZ7700B-SH2の主なスペック
OS Windows 10 Home
CPU  Core i7-6700K(4.0GHz) ※カスタマイズオプション適用
メモリー DDR4 16GB
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 960(2GB)
ストレージ 256GB M.2 SSD(Samsung SM951、PCI Express接続)+2TB HDD ※カスタマイズオプション適用

リンク

なおベンチマーク結果はパーツ構成やテストの実施タイミングによって変わる可能性があります。あくまでも参考程度に捉えてください。

テストの条件について

今回のテストで利用している環境は、以下のとおりです。

マインクラフトのベンチマークテスト環境

  • クライアントソフトはバージョン1.8.8(2015年12月1日時点での最新版)
  • Javaのヴァージョンは8.0.660.18(64ビット)
  • FPSの計測には「Fraps」を利用
  • テスト環境のデスクトップは2560×1440ドット(スケーリング設定は100%)
  • GTX960のドライバーのヴァージョンは358.50
  • Profile Editorでメモリー容量を4GBに設定
  • ビデオ設定は「雲の表示」を「オフ」、「最大フレームレート」を「無制限」、「垂直同期の使用」を「オフ」に設定。それ以外は標準設定のまま

「Java Setting」の「JVM Arguments」で「-Xmx 4G」を指定し、4GBのメモリー容量を確保しています

「Java Setting」の「JVM Arguments」で「-Xmx 4G」を指定し、4GBのメモリー容量を確保しています

チャンクを変更したFPS計測結果

まずは「チャンク(chunk)」の違いによるFPS計測結果を紹介します。チャンクとはマインクラフトにおける描画距離の単位のことで、設定画面の「ビデオ設定」から変更可能です。

ビデオ設定の「描画距離」でチャンクを変更できます

ビデオ設定の「描画距離」でチャンクを変更できます

標準では、描画距離が「12 chunks」に設定されています。この数字を大きくすることで遠くの背景まで画面に描かれるようになりますが、そのぶん処理が重くなります。反対にチャンクを小さくすると遠くの風景は省略されるようになりますが、全体的な処理速度は速くなります。

標準設定(12 chunks)の描画範囲

標準設定(12 chunks)の描画範囲

16 chunks設定時の描画範囲

16 chunks設定時の描画範囲

20 chunks設定時の描画範囲

20 chunks設定時の描画範囲

32 chunks(最大値)設定時の描画範囲

32 chunks(最大値)設定時の描画範囲

FPSを計測するにあたっては以下の操作を行なうことで、テスト時の環境が近い状態になるようにしています。

  • 1分間操作しないまま停止
  • チートコマンド「time set 1000」を入力して、ゲーム内の時間を設定
  • 平原(Plains)を通常速度で1分間歩きまわる

フルHD環境でのFPS計測結果

1920×1080ドットのウィンドウモードでのFPS(画面の描画速度を表わす指針)計測結果は、以下の表のとおりです。なお今回は標準設定である854×480ドットのウィンドウモードは試していません。標準設定のサイズはスペックの低い環境のためのもので、外付けGPUを搭載したパソコンでは大画面でのプレーが前提となるからです。

GeForce GTX 960でのFPS計測結果(1920×1080ドット、ウィンドウモード)
 チャンク 最小 最大 平均
12(標準) 271 FPS 627 FPS 447.3 FPS
16 191 FPS 445 FPS 275.9 FPS
20 147 FPS 259 FPS 180 FPS
32(最大値) 99 FPS 296 FPS 171 FPS

ゲームを快適に楽しむなら、FPSの平均値が60以上あればOKと言われています。上記の表を見ればおわかりのように、フルHD(1920×1080ドット)のごく標準的なプレーであれば、GTX960は明らかにオーバースペックであることがわかります。

2560×1440ドットでのFPS計測結果

WQHD(2560×1440ドット)のフルスクリーンモードでの計測結果は、以下の表のとおりです。フルHDの結果とそれほど変わらない結果となったのは、ウィンドウモードとフルスクリーンモードの違いによるものかもしれません。

GeForce GTX 960でのFPS計測結果(2560×1440ドット、フルスクリーンモード)
 チャンク 最小 最大 平均
12(標準) 321 FPS 492 FPS 434.2 FPS
16 208 FPS 409 FPS 275.2 FPS
20 150 FPS 303 FPS 204.1 FPS
32(最大値) 99 FPS 227 FPS 150.3 FPS

ベンチマークでは快適にプレーできるレベルの結果が出ていますが、実際にはちょっと厳しい場面もありました。たとえば32 chunksや20 chunksの設定では、クリエイティブモードで高速移動すると描画が追いつかない場面がしばしば見受けられます。

描画が遅れると、地形が切り取られたように表示されます。1920×1080ドットでも見られる症状です

描画が遅れると、地形が切り取られたように表示されます。1920×1080ドットでも同じ症状が見られました。ちなみに地形を走っている状態なら、描画の遅れはそれほど気になりません

また32 chunksに設定した状態でワールドを新規作成すると、ゲームの開始まで若干の間が生じるほか、ゲーム開始から5~10分程度はFPSが極端に落ち込みます。今回の検証では、FPSが50前後にまで落ちることを確認しました。チャンクを低くした状態でワールドを新規作成するとFPSが落ち込むことはないので、ワールド作成後にチャンクを変更することをおすすめします。

これらの症状はGPUの性能というよりも、メモリーやCPUの性能が影響していると思われます。テストに利用した機材は現時点で比較的ハイスペックな構成であるため、個人向けPC(SLI搭載機やワークステーションなどを除くという意味)で劇的に改善するのはちょっと難しそうです。チャンクはあまり高めに設定しないほうがいいでしょう。

「アンプリファイド」のFPS計測結果

マインクラフトの「アンプリファイド」とは、通常よりも多くのブロックで構成されたワールドのことです。ワールド新規作成時のワールド設定で指定できますが、この世界をプレーするには高いスペックが必要という注意書きが表示されます

ワールド新規作成時に「ワールドタイプ:アンプリファイド」を選ぶことでプレー可能です

ワールド新規作成時に「ワールドタイプ:アンプリファイド」を選ぶことでプレー可能です

実際のワールドを見ればおわかりのように、アンプリファイドの地形はデフォルトで断崖絶壁です。スタート地点でいきなり高い岩の上に登場したりすると、安全な場所に降りるまでかなりの時間がかかることもあります。

アンプリファイドでの標準的な地形

アンプリファイドでの標準的な地形

比較的平坦な場所でもこんな感じです

比較的平坦な場所でもこんな感じです

これは通常のワールド

これは通常のワールド

アンプリファイドで同じ場所から同じ風景を見た様子。このワールドはシード値「TEST」で再現できます

アンプリファイドで同じ場所から同じ方向を見た様子。このワールドはシード値「TEST」で再現できます

大量のブロックが使わるため高いスペックが必要とのことですが、2560×1440ドットのフルスクリーンでかつ32 chunksに設定しても平均FPSは120.1とスムーズにプレーすることができました。ただし通常ワールドと同様に描画の遅れが生じますので、クリエイティブの高速移動時にはストレスがたまるかもしれません。あくまでもサバイバルでコツコツと地道にプレーするのに向いています。

アンプリファイドでのFPS計測結果(2560×1440ドット、フルスクリーンモード)
 チャンク 最小 最大 平均
32(最大値) 81 FPS 185 FPS 120.1 FPS

大量のTNT(爆弾)で地形を破壊すると、FPSは40程度にまで落ちます

大量のTNT(爆弾)で地形を破壊すると、FPSは40程度にまで落ちます

「バニラ」ならGTX960で問題なくプレー可能

今回はMODなしのバニラな状態でFPSを計測してみましたが、負荷の高いワールドおよび設定でも、スムーズにプレーできる結果が出ました。GeForce GTX960は、マインクラフトをプレーするのに十分すぎる性能を持っていると言っていいでしょう。

ということで次回は、プレー画面を高画質化する「影MOD」を使ったときのFPS計測結果を紹介します。

スポンサーリンク
rect-big
マウスコンピューター/G-Tune
rect-big
マウスコンピューター/G-Tune
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!