新型LuvBook CはSSD搭載で3万4800円の超激安ノートパソコン!スペックや性能を解説!!

LuvBook C シリーズ

マウスコンピューターから、iconコンパクトなモバイルノートパソコン「LuvBook Cシリーズ」の新モデルが発売されました。価格は3万4800円(税別)からで、直販サイトではすでに販売が開始されています。

マウスコンピューターの11.6型モバイルノートパソコン「LuvBook Cシリーズ」。最安モデルは3万4800円(税別)から

マウスコンピューターの11.6型モバイルノートパソコン「LuvBook Cシリーズ」。最安モデルは3万4800円(税別)から

CPUはBraswell世代のCeleron N3150(1.6GHz)で、液晶ディスプレイのサイズは11.6型(1366×768ドット)です。OSは最新のWindows 10 Home(64ビット)で、有線LAN端子やアナログRGB(D-sub15ピン)を搭載するなどインターフェースも充実しています。重量は約1.3kgとそれほど軽くはありませんが、バッテリー駆動時間は約6.1時間とスタミナ面は十分。モバイルノートパソコンとしては非常にコストパフォーマンスの高いスペックです。

今回はこの「LuvBook Cシリーズ(LB-C240)」について、スペックや特徴、さらには前モデルとの違いを解説します。

リンク

スペックの異なる4種類のモデルを用意

今回発売された「LuvBook Cシリーズ」には、メモリー容量やストレージの種類が異なる4種類のモデルが用意されています。それぞれの違いは以下の表のとおりです。

「LuvBook Cシリーズ」のモデル構成
モデル名 LB-C240E LB-C240B LB-C240S-SSD LB-C240X-SSD
最小構成価格(税別) 3万4800円 4万4800円 4万9800円 5万4800円
OS Windows 10 Home (64bit)/Windows 10 Pro (64bit)
CPU Celeron N3150(1.6GHz)
メモリー 2GB PC3-12800 4GB PC3-12800 8GB PC3-12800 8GB PC3-12800
ストレージ 32GB SSD 500GB HDD 120GB SSD 240GB SSD(Kingston V300 シリーズ)
グラフィックス インテルHDグラフィックス
液晶ディスプレイ 11.6型、1366×768ドット、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0+LE、100BASE-TX対応有線LAN
Webカメラ 100万画素
インターフェース USB3.0×1、USB2.0×2、アナログRGB、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC/MS対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー駆動時間 約6.1時間
サイズ/重量 幅292.4×奥行き210.5×高さ22.7mm/約1.3kg

各モデルは購入時にパーツ構成をカスタマイズすることが可能で、500GB HDD搭載モデルの「LB-C240B」はメモリーを8GBに、SSD搭載モデルの「LB-C240S-SSD」と「LB-C240X-SSD」はストレージをより高性能なSSD(すべてSATA接続)に変更可能です。

なおそれぞれのモデルには別途送料として3000円(税別)かかるほか消費税が加わる点に注意してください。

240GB SSD搭載の限定モデルが4万9800円で販売中!

2015年10月6日現在、マウスコンピューターでは「秋の大感謝祭」として期間&台数限定のセールが実施されています。

icon

マウスコンピューター「Windows 10 搭載パソコンをお得に手に入れるチャンス!秋の大感謝祭」 ※クリックでキャンペーンページが開きます

「LuvBook Cシリーズ」ではicon台数限定の特別モデルとして、240GB SSDを搭載した「LB-C240B-SSD2」が4万9800円(税別)で販売されています。メモリー容量は4GBですが、8GBに増設すると合計金額は5万4700円となり同スペックの「LB-C240X-SSD」よりも100円お得。販売台数が限られていますので、「LuvBook Cシリーズ」をお得に入手したい人はぜひキャンペーンをご利用ください。

キャンペーン限定の特別モデル「LB-C240B-SSD2」

キャンペーン限定の特別モデル「LB-C240B-SSD2」

リンク

Celeron N3150の性能はそれほど高くない

「LuvBook Cシリーズ」が搭載しているCeleron N3150は、Braswell世代のCPUです。このCPUは低価格パソコン向けに性能と消費電力を抑えたタイプで、性能はそれほど高くはありません。さまざまなCPUのベンチマーク結果を掲載する「PassMark CPU Benchmarks」の結果を見ると、前世代(Bay Trail)のCeleron N2940よりもスコアが低い(性能が低い)ことがわかります。

Celeron N3150とほかの低価格パソコン向けCPUとの性能差 ※出典元:PassMark CPU Benchmarks

Celeron N3150とほかの低価格パソコン向けCPUとの性能差 ※出典元:PassMark CPU Benchmarks

性能が低いとは言うものの、それは10万円以上の高性能なパソコンと比べたときのこと。メールやネット、文書作成などライトな利用には十分な性能を持っています。外出先で資料やブログの原稿を書いたり、ちょっとしたネット動画を観るくらいなら問題なく使えるでしょう。その意味で、「LuvBook Cシリーズ」は初心者や子供が利用するのに向いています。また高性能なメインのパソコンを持っている中上級者が、2台目のサブノートとして使うのにも最適です。

ちなみに、Braswell世代のCeleronシリーズについてはほかの記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらの記事もご覧ください。

エントリー向けモデルはストレージ容量が32GB

もっとも安い「LB-C240E」は価格が3万4800円で、モバイルノートパソコンとしては超激安です。しかし安さには理由があって、ストレージ容量が32GBしかありません。ストレージの種類はSSDですのでHDDよりも高速なのですが、これでは空き容量が少なすぎます。実際の空き容量はいまのところ不明ですが、リカバリー領域とシステムフォルダーでそれなりの容量を使いますので、空き容量が10数GBしかない可能性があります

使い始めてからしばらくは問題ないと思いますが、長期間使っているうちにWindowsの更新プログラムやソフトのインストールなどで空き容量がかなり少なくなることが予想されます。オフィスなどのソフトを使わずに、すべてWebアプリや小規模なソフトを使えば空き容量はそれほど必要ないでしょう。

ストレージの容量不足については、メモリーカードを利用することである程度解決できます。最近は32Gbや64GBのカードが安く入手できるので、写真や動画の保存に利用するのもアリでしょう。しかし標準ではメモリーカードにソフトをインストールすることができないため、大規模なソフトはインストールしないほうが賢明です。20~30GBの空き容量が必要となるオンラインゲームなどは、残念ながらプレーすることはできません(グラフィックス性能が低いという理由もあります)。

3万4800円の値段は確かに魅力的なのですが、ストレージ容量をある程度管理できる人でないと使いこなすのは難しいでしょう。あまりよくわからない、あるいは容量のやりくりをしたくないという人は、容量の大きいモデルを選ぶことをおすすめします。

全4モデルの総合性能を比較

パソコンの快適さは、CPU性能やメモリー容量、ストレージのアクセス速度によって変わります。「LuvBook Cシリーズ」全4機種の場合ではすべて同じCPUを搭載していますので、CPUの性能については変わりません。しかしメモリー容量とストレージの種類によっと、微妙に性能が変わってきます。

以下のグラフは、マウスコンピューターが公開している「LuvBook Cシリーズ」全4機種のベンチマーク結果をグラフ化したものです。アクセス速度の遅いHDDを搭載した「LB-C240B」やメモリー容量の少ない「LB-C240E」では、ほかの2モデルよりもスコアが低いことがわかります。

「LuvBook Cシリーズ」の「PCMark 8 Creative(おそらく accelerated)」ベンチマーク結果

「LuvBook Cシリーズ」の「PCMark 8 Creative(おそらく accelerated)」ベンチマーク結果

グラフィックス性能については、それほど違いは出ていません。しかし8GBのメモリーを搭載したモデルが、2GBまたは4GB搭載モデルよりもわずかに優れた結果が出ています。

「LuvBook Cシリーズ」の「3DMark(Fire Strike)」ベンチマーク結果

「LuvBook Cシリーズ」の「3DMark(Fire Strike)」ベンチマーク結果

上記の結果から、もっとも性能が高いのは8GBメモリーと120GBのSSDを搭載した「LB-C240S-SSD」だと言えます。もっともパソコン全体としてはそれほど性能が高いわけでもなく、グラフィック性能についても3Dゲームを快適に楽しめるほどのパワーはありません。あくまでも、[LuvBook Cシリーズ」のなかでという点に注意してください。

低価格なモバイルノートパソコンながらインターフェースは充実

モバイル向けのノートパソコンでは、周辺機器接続用のインターフェースの数や種類が限られていることがあります。しかし「LuvBook Cシリーズ」USB3.0端子やUSB2.0端子、HDMI端子といった一般的なインターフェースのほかに、アナログRGB(D-sub15ピン)や有線LAN端子にも対応しています。環境によってはHDMI端子非対応の液晶ディスプレイやプロジェクターと使っていたり、ネットワーク環境が無線LANに対応していないこともあるでしょう。「LuvBook Cシリーズ」なら、こうした状況でもケーブルがあれば対応可能です。その点で、ビジネスモバイル用途に適していると言えます。

icon

「LuvBook Cシリーズ」のインターフェース

icon

光学ドライブが非搭載である点に注意

「LuvbBook C」シリーズは光学ドライブを搭載していないため、DVDやブルーレイディスクを再生できないばかりか、光学メディアへのファイルバックアップも行なえません。最近の祖父tぽはダウンロード販売が増えてきているので、光学ドライブがなくてもそれほど困ることはないでしょう。しかし光学ディスクかからソフトをインストールする場合には、別途外付けの光学ドライブを用意しておいたほうがいいでしょう。

持ち運びやすさは許容範囲内

本体サイズは幅292.4×奥行き210.5×高さ22.7mmで、重量は約1.3kgです。接地面積はほぼA4サイズ(幅297×奥行き210mm)と言っていいでしょう。22.7mmの高さは、モバイル向けノートパソコンとしてはやや厚め。重量も約1.3kgとそれほど軽いわけではありません。

icon

11.6型で接地面積はコンパクトですが、高さが22.7mmとやや厚めで重量も約1.3kgと少々重めです

icon

ただ3万円台のモバイルノートパソコンとしては十分な出来栄えと言えるのではないでしょうか。確かにより軽くて薄いノートパソコンはありますが、値段も10万円以上とそれなりにします。価格の安さを考えれば、高さも重量も納得できる範囲内だと思います。

前モデルとは細かな部分でいろいろ異なる

「LuvBook Cシリーズ」は今回新たに登場したシリーズではなく、以前から低価格&コンパクトなモデルとして発売されていました。2015年9月に発売されたモデルは「LB-C240」シリーズで、前モデル「LB-C220」(2015年3月発売)と比べて内部パーツがいろいろ変わっています。両モデルの主なスペックは、以下の表のとおりです。サイズや重量、インターフェース構成などは変わっていませんが、CPUやストレージの種類、メモリー容量などが異なります。

「LuvBook Cシリーズ」新旧モデルの違い
モデル名 LB-C240 LB-C220
OS Windows 10 Home (64bit)/Windows 10 Pro (64bit) Windows 8.1 update (64bit)/Windows 8.1 Pro Update(64bit)
CPU Celeron N3150(1.6GHz) Celeron N2840(2.16GHz)
メモリー 2/4/8GB PC3-12800 2/4/8GB PC3-12800(PC3-10600で動作)
ストレージ 32/120/240GB SSDまたは500GB HDD 128/256GB SSDまたは320GB HDD
グラフィックス インテルHDグラフィックス(第8世代) インテルHDグラフィックス(第7世代)
バッテリー駆動時間 約6.1時間 約5.5時間

メモリーの速度が向上していますが、やはり大きなポイントはCPUが変わっている点です。前述のCPUのベンチマーク結果からもおわかりのとおり、Celeron N3150はCeleron N2840よりも処理速度が速くなっています。またグラフィックス性能も大きく向上しているのですが、3Dゲームを快適に遊べるほどパワーアップしているわけではありませんので、これについては考えなくてもいいでしょう。

icon

前モデルでは本体カラーとしてホワイトとピンクが用意されていました(新モデルはブラックのみ)

icon
売り切れる前に早めに入手しよう

前モデルの「LB-C220」シリーズは価格が安いこともあって、発売後しばらくしてから売り切れてしまいました。現在はすでに販売を終了しています。新モデル「LB-C240」シリーズも同価格帯で性能が向上していることから、前モデルと同様にしばらくしたら売り切れてしまうかもしれません。購入を検討しているなら、早めに入手したほうがいいでしょう。

ということで、今回は2015年9月に発表されたマウスコンピューターの11.6型モバイルノートパソコン「LuvBook Cシリーズ」について解説しました。スペックはやや低めですが、メールやネット、文書作成などのライトな利用には十分な性能です。入門用のパソコンを探している人や、サブで使えるモバイルノートパソコンを探している人におすすめします。

なお「LuvBook Cシリーズ」は、マウスコンピューターの直販サイトで販売されています。追加オプションや詳細なスペックを確認したい、あるいは購入を検討されている人は、公式サイトの詳細ページをご確認ください。

リンク

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!