VAIO S13ハンズオンレビュー&スペック解説!タフなビジネスモバイルPCがパワーアップ&名称変更

IMG_3282

VAIO株式会社の「VAIO S13」は、13.3型(解像度1920×1080ドット)の液晶ディスプレイを搭載するノートパソコンです。重量が軽く性能もパワフルな上に、本体の堅牢性(壊れにくさ)が高くモバイル用途にピッタリ。ビジネス向けのモデルですが、学生さんや一般ユーザーにもおすすめです。

リンク

VAIO S13のチェックポイント

VAIO S13のブラックモデル

VAIO S13のブラックモデル

VAIO S13は他社製の13.3型モバイルノートパソコンに比べて、以下の点が優れています。それぞれの点で最上級というわけではありませんが、どの分野でも高い品質を実現しており、トータルバランスでは非常に高いレベルに達しています。

VAIO S13が優れている点

  • 最新パーツを採用しているので性能が高い
  • キーボードとタッチパッドが使いやすい
  • 軽くて薄いので持ち運びやすい
  • 堅牢性が高く壊れにくい

「最新パーツ搭載」と「常駐ソフトが少ない」

VAIO S13では、CPUやストレージなどに最新のパーツを使っています。高い性能を持っているので、作業を快適にこなすことが可能です(詳しくは後述)。

またVAIO製のパソコンは常駐ソフト(スタートアップに登録されているソフト)が非常に少なく、余計なメモリーを消費しません。たとえばCore i3と4GBメモリーの組み合わせでも、他社製モデルよりも軽快に動作します。

使いやすさにこだわったキーボード

VAIO S13のキーボード

VAIO S13のキーボード

VAIO S13では、タイプ音が静かな「静音キーボード」を採用しています。ほかのモデルに比べて「カチャカチャ」という耳障りな音が抑えられており、カフェや図書館などの静かな場所でも周りに気兼ねすることなく利用可能です。

キートップ(キーの上面)には、汚れを抑える特殊な塗料が使われています。筆者も実際に使ってみましたが、油脂や指紋などの汚れがほとんど目立ちません。わざと皮脂を付けてみたところ、スッと染みこむように消えていったのには衝撃を受けました

また液晶ディスプレイを開くと、キーボード部分がわずかに持ち上がるようになっています。キーボードは傾斜があるほうが使いやすいと言われており、違和感なく利用することができます。

液晶ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がり、タイピングに適した角度となります

液晶ディスプレイを開くとキーボードが持ち上がり、タイピングに適した角度となります

重量は1.06kgで最薄部は13.2mm

VAIO S13のサイズは幅322×奥行き216.5×高さ13.2~17.9mm(タッチパネルなし)で、大きさとしてはA4用紙(幅297×奥行き210mm)よりもひと回り大きい程度です。高さは13.2mmで、ノートパソコンとしてはかなり薄めの部類に入ります。

コンパクトかつスリムな印象を受けます

コンパクトかつスリムな印象を受けます

重量はタッチ非対応のモデルで1.06kgです。これよりも軽い他社製のモデルはありますが、性能や使い勝手の面でVAIO S13よりも劣る場合があります。軽さだけにこだわるのではなく、トータルのバランスで考えるならVAIO S13はかなりおすすめのモデルです。

厳しいテストをクリアした確かな堅牢性

VAIO S13では本体の形状や素材を工夫することで、壊れにくいボディを実現しています。下の動画は、VAIO S13で実際に行なわれている品質試験を撮影したもの。かなり乱暴に扱われており、見ているこっちが大丈夫なのかとドキドキするほどです。

壊れにくいということでパナソニックの「Let’s note」シリーズが有名ですが、公開されているテスト内容はここまで過酷ではありません。あくまでも公開されている範囲でですが、VAIO S13は国内でもっとも厳しい耐久試験をクリアーしているのです。

VAIO S13のポイントは、以上の4点です。そのほかの概要についてはソニーストアのページにわかりやすくまとめられているので、そちらをご覧ください。またVAIO株式会社のサイトでも、製品の魅力がかなりのボリュームで紹介されています。
リンク

VAIO S13とVAIO Pro 13 | mk2の違いは?

VAIOの13.3型モデルと言えば、これまでVAIO ZとVAIO Pro 13 | mk2の2種類が存在していました。しかし新たにVAIO S13とVAIO Zの新モデルが発表されたことで、VAIO Pro 13 | mk2の販売は終了しています。このことから、VAIO S13はVAIO Pro 13 | mk2の後継モデルと見ていいでしょう。両モデルを比べてみると、見た目についてはほぼ同じです。

VAIO S13

VAIO S13

VAIO Pro 13 | mk2

VAIO Pro 13 | mk2

VAIO S13とVAIO Pro 13 | mk2のスペック

外観はほぼ変わっていませんが、中身はわずかにアップグレードされています。それぞれの主なスペックは以下の表のとおりです。

VAIO S13とVAIO Pro 13 | mk2のスペック(カスタマイズモデル)
モデル名 VAIO S13 VAIO Pro 13 | mk2
型番 VJS1311シリーズ VJP1321シリーズ
参考価格(税別) 11万4800 円から 販売終了
OS Windows 10 Home/Pro 64ビット/Windows 7 Professional SP1 64ビット(Windows 10 Pro 64ビットよりダウングレード) Windows 10 Home/Pro 64ビット、Windows 8.1/8.1 Pro Update 64ビット、Windows 7 Professional SP1 32ビット/64ビット(Windows 8.1 Pro ダウングレード権行使)
CPU Core i7-6500U(2.50GHz)/Core i5-6200U(2.30GHz)/Core i3-6100U(2.30GHz) Core i7-5500U(2.40GHz)/Core i5-5200U(2.20GHz)/Core i3-5005U(2GHz)
メモリー 4/8/16GB 4/8GB
グラフィックス Intel HD Graphics 520 Intel HD Graphics 5500
ストレージ 128/256/512GB SSD(PCIe3.0 Gen3)または128/256/512GB SSD(SATA) 128/256/512GB SSD(PCIe3.0 Gen2)または128/256/512GB SSD(SATA)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3型、1,920×1,080ドット
タッチパネル 対応/非対応
有線LAN 1000BASE-T対応
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1(Windows 10選択時)/Bluetooth 4.0(Windows 7選択時) Bluetooth4.0
モバイル通信
センサー
Webカメラ 92万画素
主なインタフェース USB3.0×3、アナログRGB(D-sub15ピン)、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリ駆動時間 9.8~10.5時間(JEITA2.0、Windows 10選択時)/8.2~9.4時間(JEITA2.0、Windows 7選択時) 9.4~10.4時間(JEITA2.0、Windows 8.1/Windows 10選択時)/8.1~9.8時間(JEITA2.0、Windows 7選択時)
本体サイズ 幅322×奥行き216.5×高さ13.2~17.9mm(タッチパネルなし)/幅322×奥行き217.1×高さ14.3~18.9mm(タッチパネルあり)
重量 1.06kg(タッチパネルなし)/1.19kg(タッチパネルあり) 1.03kg(タッチパネルなし)/1.16kg(タッチパネルあり)
オフィス オプション
キーボード 日本語配列/キーピッチ:19mm、キーストローク:1.2mm

VAIO S13の変更点

  • CPUがBroadwell世代からSkylake世代にアップグレードした
  • 最大メモリー容量が16GBになった
  • PCI Express 3.0接続のSSDが高速化された
  • バッテリー駆動時間が最大0.4時間(24分)長くなった
  • 重量が30g増えた

5項目のうち、下のふたつは誤差のようなものです。そこでもっとも重要なCPUとメモリー、SSDの違いについて解説します。

Skylakeこと第6世代Coreプロセッサーを採用

VAIO S13では、CPUに第6世代Coreプロセッサー(開発コード:Skylake)を採用しています。VAIO Pro 13 | mk2に搭載されていた第5世代(開発コード:Broadwell)と比べて動作周波数が増加しているぶん、性能の向上を見込めます。

以下のグラフは、第6世代(赤)と第5世代(青)Uシリーズのベンチマーク結果です。新しいCPUのほうが数値が高く、性能が優れていることを表わします。

Skylake世代とBroadwell世代の性能差 ※参照元:PassMark CPU Benchmakrs

Skylake世代とBroadwell世代の性能差 ※参照元:PassMark CPU Benchmarks

注目したいのは、第6世代のCore i3とCore i5で第5世代のCore i5/Core i7と変わらない結果が出ている点です。つまり第6世代のCPUは旧世代のワンランク上のCPUと同程度の性能を持っていると言えます。

またCPUが変更されたことで、内蔵グラフィックス機能もIntel HD Graphics 5500からIntel HD Graphics  520にアップグレードしています。3D性能の向上が見込めますが、VAIO S13はゲーム用パソコンではないため、大作ゲームを快適に遊べるほどのパワーはありません。

メモリー容量が最大16GBに

VAIO Pro 13 | mk2ではメモリーを最大8GBまでしか搭載できませんでしたが、VAIO S13では最大16GBまで搭載できるようになりました。ただしこれはパーツ構成の変更が可能なカスタマイズモデルのみ。店頭で販売される個人向け標準仕様モデルでは4GB(増設非対応)に固定されています。

またCPUとメモリーの組み合わせは、あらかじめ固定されています。Core i3では4GBのみ、Core i7では8/16GBのみになっていますので注意してください。

CPUとメモリー容量の組み合わせ
Core i3-6100U Core i5-6200U Core i7-6500U
4GB ×
8GB ×
16GB ×

PCI Express 3.0 x4(Gen3)接続でSSDのアクセス速度が向上

VAIO S13ではストレージとして、「第二世代ハイスピードSSD(PCIe)」と「通常SSD(SATA)」が用意されています。VAIO Pro 13 | mk2でも同じオプションが用意されていましたが、VAIO S13では接続方式が「PCI Express 3.0 x4(Gen2)」から「PCI Express 3.0 x4(Gen3)」に変わりました。

接続方式が「Gen2」から「Gen3」に変わると、アクセス速度は大きく向上します。下記の表は、それぞれの理論上の最大転送速度と、平均的な転送速度をまとめたもの。平均速度は統計をまとめたものではなくあくまでも筆者個人が行なったベンチマークの範囲内ですが、おそらくほかのベンチマークでも同じような速度になると思います。

接続方式と転送速度の違い
最大転送速度(理論値) 平均的な転送速度(リード)
PCIe Gen3 32Gbps(8GB/秒) 2~2.5GB/秒
PCIe Gen2 16Gbps(4GB/秒) 1~1.5GB/秒
SATA 6Gbps(1.5GB/秒) 0.2~0.5GB/秒

堅牢&高性能でも価格は抑えめ

VAIO S13のもうひとつの魅力として、価格が比較的安いことが挙げられます。

たとえば最小構成(Core i3L+4GBメモリー+128GB SATA SSD)の価格は11万4800円(税別)で、このクラスのモバイル性能を持つモデルとしては、コストパフォーマンスが高めです。

またCore i7に8GBメモリー、256GB SSD(PCIe)の構成にOffice Home and Business Premiumを加えても、価格は20万4800円(税別)です。アレとかソレのように、ベラボーに高くなるわけではありません。

Core i7+16GBメモリー+512GB SSD(PCIe)の最強構成でも、合計価格は25万1800円(税別、オフィスなし)

Core i7+16GBメモリー+512GB SSD(PCIe)の最強構成でも、合計価格は25万1800円(税別、オフィスなし)

現実的な線では、Core i5+8GBメモリー+256GB SSD(PCIe)+Office Home and Business Premiumで合計18万4800円(税別)あたりが使いやすいのではないでしょうか。オフィスが必要なければ、さらに2万3000円安い16万1800円です。

ここ最近のVAIOはビジネス路線に舵を切っていることもあり、使い勝手とコストパフォーマンスを重視しているように感じます。筆者は記事執筆(ブログおよび商業メディア向け)のために年間100台以上のパソコンを検証していますが、VAIO S13は価格とパフォーマンス、使い勝手の面でもっともバランスがいいモデルだと考えています。

リンク

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!