NEC LAVIE Direct DTレビュー 省スペースで高性能なスリム型デスクトップPC

NEC LAVIE Direct DT(2017年夏モデル)

NECのLAVIE Direct DTは、ハイエンド(高性能)なデスクトップパソコンです。最大の特徴は、CPUやメモリー、ストレージの種類などを自由にカスタマイズできる点。追加料金を支払うことで、とことん高性能なスペックのマシンに仕上げられます。

NEC LAVIE Direct DT(2017年夏モデル)

【主なスペック】CPU:Celeron / Core i3/i5/i7、メモリー:4~32GB、ストレージ :HDD/SSD / グラフィックス:Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

LAVIE Direct DTの特徴

スリム型のなかでも特に小さい

スリム型のなかでも特に小さい

接地面積は幅89×奥行き291mmで、スリムパソコンのなかでも特に小さい点がポイントです。本体カラーがホワイトである点も特徴的。

詳しく見る

豊富なインタフェース

豊富なインタフェース

合計8ポートのUSB端子やVGA端子(D-sub15ピン)を用意。いまでは珍しいシリアルポート(D-sub9ピン)やPS/2端子など、端子類の種類が特に充実しています。

詳しく見る

この記事ではメーカーからお借りしたLAVIE Direct DTを使って、本体の外観や機能、実際の性能についてレビューします。

NEC LAVIE Direct DT

NEC LAVIE Direct DT

税込6万円台から

限定クーポン利用時

スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!
省スペース性の高さで人気のスリム型パソコン(スリム型デスクトップPC)の選び方や、おすすめモデルを詳しく解説します。コンパクトで高性……
NECのパソコン LAVIEシリーズ おすすめ機種まとめ&セール・クーポン情報
NECの直販サイト「NECダイレクト」で実施されているお得なセール/キャンペーン情報をまとめています。特別価格で買えるクーポンも!

LAVIE Direct DTのスペック

CPU Core i7-7700 / Core i5-7500 / Core i3-7100 / Celeron G3930
グラフィックス Intel HD Graphics 630(Core iシリーズ選択時)またはIntel HD Graphics 610(Celeron選択時)、GeForce GT 730(オプション追加時)
メモリー 4 / 8 / 16 / 32GB
ストレージ 500GB/1TB/3TB HDD+256512GB SSD(1/3TB HDD選択時に追加可能)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ/ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 別売り
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN+Bluetooth 4.1(オプション追加時)
インターフェース USB3.0×6、USB2.0×2、VGA(D-sub15ピン)、DisplayPort×2、シリアルポート(D-sub9ピン)、PS/2×2、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力/マイク入力
サイズ/重量 幅89×奥行き291×高さ340mm/約5.2kg

※2018年6月4日時点。構成は変更される場合があります

スペック上の注意点

    • 無線LANは有料オプション

付属のキーボードとマウス

付属のUSBキーボードとUSBマウス

パーツカスタマイズ例

LAVIE Direct DTは、注文時にCPUの種類やメモリー容量、ストレージ構成などを選択します。用途や予算に応じてパーツを選べる点が、このモデルの特徴です。

パーツカスタマイズ

購入時にCPUやメモリー容量、ストレージ構成などを選択します

パーツの選び方がわからない場合は、以下の構成を参考にしてください。

構成例と価格の目安

最安構成(軽い作業向け)
Celeron 4GBメモリー 500GB HDD 税込6万3180円
Core i3構成(事務処理向け)
Core i3 8GBメモリー 1TB HDD 税込8万0460円
Core i5構成(標準利用向け)
Core i5 8GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD 税込10万6488円
Core i7構成(高度な作業向け)
Core i7 16GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD GeForce GT 730 税込14万1048円

※2018年6月7日時点。広告限定優待クーポン適用時

専用グラフィックス機能として用意されているGeForce GT 730はゲーム向けのGPUではなく、メインメモリーの一部をビデオメモリーとして使わないためのものです。特にパフォーマンスが大きく向上するわけではない点に注意してください。

また「標準ソフトウェアパック」を追加すると、はがき作成ソフト「筆ぐるめ」やバックアップソフトなどが付属します。価格は1000円(税別)程度ですので、追加したほうがお得です。

本体の外観と内部

場所をとらないスリム型

LAVIE Direct DTは「スリム型」と呼ばれるデスクトップPCです。標準的なミニタワー型に比べて幅が狭く、狭いスペースでも設置できる点がメリット。本体は小さくても、確かな性能と拡張性を備えています。

デスクトップの主な分類

ミドルタワー型 ミニタワー型 スリム型 コンパクト型
デスクトップのサイズ比較
拡張性:◎
省スペース性:×
冷却性能:◎
拡張性:○
省スペース性:△
冷却性能:○
拡張性:△
省スペース性:○
冷却性能:△
拡張性:×
省スペース性:◎
冷却性能:△

LAVIE Direct DTの本体サイズは、幅89×奥行き291×高さ340mm。スリム型PCのなかでも特にコンパクトです。

設置メージ

23.8型ディスプレイと組み合わせた設置イメージ

フロントパネルとバックパネル

前面(左)と背面(右)

サイドパネル

左側面(左)と右側面(右)

スリム型パソコンの平均サイズ

スリム型パソコンの平均サイズ

LAVIE Direct DTのスタンド(正式名称は「スタビライザ」)は、組み立て式です。同梱の板を自分で組み立てる必要がありますが、作業はとても簡単。スタンドは転倒防止のために必要ですので、かならず利用してください。

スタンド

箱から取り出したときはこんな感じ

スタンドの組み立て

折り曲げて組み立てます

スタンドにセットした状態

スタンドにセットした状態

豊富なインターフェースに対応

LAVIE Direct DTには、さまざまな種類のインターフェース(端子類)が用意されています。USB機器はもちろん、PS/2端子対応のキーボードやマウス、シリアルポート対応の古い機器も利用可能です。

前面

前面のインターフェース

  • ① 光学ドライブ
  • ② 電源ボタン
  • ③ SDメモリーカードスロット
  • ④ ヘッドホン出力/マイク入力
  • ⑤ USB3.0

光学ドライブ

標準でDVDスーパーマルチドライブを搭載。購入時にオプションでブルーレイディスクドライブにアップグレードできます

I/Oパネル

背面I/Oパネルのインターフェース

  • ① オーディオ端子類
  • ② VGA(D-sub15ピン)
  • ③ シリアルポート(D-sub9ピン)
  • ④ DisplayPort
  • ⑤ PS/2(キーボード/マウス接続用)
  • ⑥ USB3.0
  • ⑦ USB2.0
  • ⑧ 1000BASE-T対応有線LAN

拡張性は控えめ

LAVIE Direct DTはストレージや拡張ボードの追加に対応しているものの、スロットやポート類は多くありません。規格が不明な部分がいくつかあるので、あとからパーツを買い足すよりも最初からまとめて追加するのがおすすめです。

サイドパネルを外す

左側面のパネルを外すことで、内部にアクセスできます

フロントフレーム

フロント側のフレームは開閉可能

マザーボード

マザーボードはサイズ的にはMicro ATX相当ですが、やや特殊な形状です

CPUとメモリー

CPUとメモリー周り。試用機ではCore i7-7700用に大型のCPUクーラーが取り付けられていました

拡張スロットとしてはPCI Express x16などが用意されています。サイズ的に見てLowProfile専用ですが、CPUクーラーと干渉しそうなので使えるグラフィックボードが限られているかもしれません。

またM.2スロットが用意されていますが、サイズ的にtype 2242専用のようです。ただしこのスロットが実際に使えるかは確認できませんでした。

拡張スロット

拡張スロット類

  • ① PCI Express x16
  • ② M.2スロット(type 2242)
  • ③ PCI Express x1
  • ④ PCI

SATAポートは3基用意されていますが、ドライブベイに空きが見当たりません。用途不明のM.2スロットもありました。無線LAN用かとも思ったのですが、無線LANのオプションはPCI Expressの拡張ボードを挿すので、どうやら違うようです。

SATAポート

SATAポートは3基。さらに謎のM.2スロットも

ドライブベイ

サイドフレームに3.5インチのドライブベイが用意されています。その上の空きスペースにも、もしかしたら2.5インチくらいは入るかもしれません

電源

電源は210W (PLUS BRONZE)

液晶ディスプレイは別売り

LAVIE Direct DTは本体と液晶ディスプレイが分離したデスクトップパソコンで、パソコン本体のほかに液晶ディスプレイを別途用意する必要があります。所有している液晶ディスプレイを利用するのも手ですが、この機会に液晶ディスプレイとセットで購入するのもアリです。

液晶ディスプレイをセットで購入する方法は2種類あります。ひとつはカスタマイズ画面で、NEC純正ディスプレイを購入する方法。LAVIE Direct DT用にメーカーが用意しているだけあって、並べるとデザインの統一感があります。

NEC純正ディスプレイ

カスタマイズ画面で追加可能なNEC純正ディスプレイ

もうひとつは、直販サイトの周辺機器コーナーから購入する方法です。このコーナーでは、NEC以外のメーカーによる液晶ディスプレイが用意されています。画面の大きさや品質、デザインなどにこだわりたいなら、好みのモデルを選ぶといいでしょう。本体と同時に購入することで、セット割引が適用される場合もあります。

直販サイトの周辺機器コーナーで購入可能なフィリップ社製「241S6QHAW/11」

今回はフィリップス社製の「241S6QHAW/11」を試用しました。液晶ディスプレイの大きさは23.8型で、解像度は1920×1080ドット。パネルにはAH-IPS方式を採用しており、自然な発色と高いコントラスト、そして広い視野角が魅力です。

通常価格は税込み3万4560円ですが、LAVIE Direct DTと同時購入で8000円引きとなるので、実質価格は税込み2万5920円です。純正ディスプレイだと税込み2万7540円(2017年8月25日時点)ですので、こちらのほうがちょっとお得。

IPSパネルを搭載

23.8型で解像度1920×1080ドットのIPSパネルを搭載

視野角

視野角は広め

チルト角度

チルト角度は-5度(左)から20度(右)まで

映像入力

映像入力はHDMI、DVI、VGA(Dsub-15ピン)の3系統に対応しています

ガンマカーブ

ガンマカーブ(左)と色域(右)。sRGBカバー率は86.7%でした

消費電力と駆動音、CPU温度について

今回の検証で使った試用機のスペックは以下の表のとおりです。検証/ベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わる点をあらかじめご了承ください。

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7700
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

消費電力について

消費電力はCore i7-7700搭載機としては標準的です。ほかのCPUを選択すれば、消費電力は低くなるでしょう。

1分間の平均消費電力(室温26.2℃)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
19.2W 23.4W 90.6W 68.4W

※消費電力の計測方法はコチラ

駆動音について

低負荷時では駆動音(ファンの回転音や排気音など)は気にならないものの、低い振動が常に感じられました。また負荷が高くなると、ファンの回転音や通気口からの排気音がかなり大きく聞こえます。

駆動音の計測結果(室温26.2℃)

電源オフ 36.8dBA
待機中 42.1dBA 低い振動とファンの回転音がわずかに聞こえる
動画視聴 42.2dBA 同上
動画変換 62.3dBA 排気音と回転音がかなり大きい
3Dゲーム 52.0dBA ファンの回転音がけっこう大きい

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度について

CPUの温度をチェックしたところ、高負荷時に100度に達していました。駆動音が大きいのは、内部がかなりの高温になっているためでしょう。内部が高温になりすぎるとパフォーマンスが低下したり、パーツの劣化が加速することがあるので注意が必要です。できる限り風通しのいい場所に設置することをおすすめします。

CPUの最高温度(室温26.2℃)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
56℃ 72℃ 100℃ 100℃

※本体温度の計測方法はコチラ

起動時間について

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの時間)は平均28.16秒でした。標準では高速スタートアップが有効になっているため、2回目以降の計測から起動時間が短くなっています。通常は30秒程度ですが、Windows Updateのあとや長時間使ったあとだと、40秒以上かかることもあるでしょう。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
41.2秒 32.0秒 24.7秒 21.3秒 21.6秒 28.16秒

LAVIE Direct DTのベンチマーク結果

試用機のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i7-7700
メモリー 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

ストレージ性能

試用機で使われていた1TB HDDは、アクセス速度がそこそこ速めでした。普通に使うぶんには問題ないでしょう。ストレージにSSDを追加すれば、より快適に利用できます。

CrystalDiskMark

1TB HDDのアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CPU性能

CPU性能を計測するベンチマークの結果は以下のとおりです。Core i7-7700の平均値よりわずかに低めの結果が出ていますが、ミニタワー型よりも冷却性能で劣るスリム型であることを考えればやむを得ないでしょう。

Core i7-7700は非常に高性能なのですが、第8世代のCore iプロセッサーと比べると性能面で見劣りします。そのぶん価格に反映されているのですが、パフォーマンスを求めるのであれば第8世代搭載モデルが出るまで待つのもアリです。

CPUの性能比較 その1

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8700
1419
Core i5-8400
962
Core i7-7700
860
LAVIE Direct DT(Core i7-7700)
841

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

CPUの性能比較 その2

CPU PassMark PerformanceTestのCPU Markスコア
Core i7-8700
16091
Core i5-8400
11194
Core i7-7700
10881
LAVIE Direct DT(Core i7-7700)
10690

※ほかのCPUの結果は当サイト計測の平均値

なおCore i7-7700以外のCPUについては、以下のグラフを参考にしてください。Core i7-7500は未計測ですが、そのワンランク下のCore i7-7400よりもちょっといい程度のはずです。Celeron G3930については未計測ですが、Core i3-7100よりもグッと下回るでしょう。

CPUの性能比較 その3

CPU CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-7700
860
Core i5-7400
551
Core i3-7100
419
Celeron G3930 ※未計測

※結果は当サイト計測の平均値

3D性能

LAVIE Direct DTはグラフィックス機能として、CPU内蔵のIntel HD Graphics 630を使います。ゲーム用のGeForce GTX 1050/1060に比べると、性能はかなり低め。ベンチマーク結果はCore i7-7700搭載モデルの平均値をやや下回りました。

3D機能の性能比較

CPU 3DMark Fire Strikeのスコア
GeForce GTX 1060
10311
GeForce GTX 1050
6237
HD Graphics 630(Core i7)
1036
LAVIE Direct DT(HD Graphics 630)
982

※ほかのGPUの結果は当サイト計測の平均値

ドラクエ10など軽めのゲームであれば、画質や解像度を調整することでなんとか遊べるレベルです。グラフィックス重視の中規模~重量級クラスのタイトルでは、プレーはかなり厳しいでしょう。

ゲーム系ベンチマーク結果(フルHD)

FF14ベンチ FF14:紅蓮のリベレーター(DX11) ※中規模
1280×720ドット、標準品質 1920×1080ドット、標準品質
1649(設定変更を推奨)※10.43 FPS 2006(普通)※12.93 FPS
ドラゴンクエストX ドラゴンクエストX ※軽い
1280×720ドット、標準品質 1920×1080ドット、標準品質
5673(とても快適) 3001(やや快適)

ゲームや3D以外の高度な処理に

LAVIE Direct DTのベンチマーク結果を見る限りゲームやCG制作など3Dグラフィックス性能が必要な場面には向きませんが、それ以外の作業――会社での日常的な業務や高度なデータ処理、資料制作など――には問題なく利用できます。またインターフェース類が充実しているので、さまざまな周辺機器を利用・管理するのにもおすすめ。プライベートはもちろん、ビジネスシーンでも活用できるモデルです。

LAVIE Direct DT

幅広いシーンで活用できるLAVIE Direct DT

LAVIE Direct DTまとめ

  • 国内大手ブランドの安心感
  • コンパクトなボディ
  • 拡張スロットが扱いづらい

特別クーポンでお得に購入!

購入時に限定公開の広告限定優待クーポンを入力すると、LAVIE Direct DTをお得に購入できます。

また無料のメルマガ会員に登録すると、さらに割引率の高いスペシャルクーポンを利用可能です。できるだけ安く買いたいなら、無料のメルマガ会員に登録しましょう。

クーポンの使い方

クーポンコードをコピーし、注文画面の入力欄に貼り付けてから「適用」をクリック

NEC LAVIE Direct DT

NEC LAVIE Direct DT

税込6万円台から

限定クーポン利用時

スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!
省スペース性の高さで人気のスリム型パソコン(スリム型デスクトップPC)の選び方や、おすすめモデルを詳しく解説します。コンパクトで高性……

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!