安いのに高性能! 10万円以下の格安ゲーミングノートPCおすすめ機種

格安ゲーミングノートPC

低価格化&高性能化が進むゲーミングノートPC

「ノートパソコンでPCゲームはできない!」というのは、すでに過去のハナシ。最近は性能がグッとよくなったことで、ノートパソコンでもPCゲームを普通に楽しめるようになりました。特にここ1~2年のあいだ、3Dゲームを楽しむのに必要不可欠なGPU(グラフィックス処理を担当するパーツ)の性能が大きく向上し、上位モデルであればデスクトップパソコンと遜色ない快適さでゲームを楽しめるようになっています。

またVRやeスポーツ(ゲームの競技大会)などに見られるように、PCゲーム市場が世界的に盛り上がっています。それにともなってゲーミングPC(ゲームを主な目的としたパソコン)の需要も増加しつつあり、周辺機器や関連アクセサリーなども含めて、しばらくは市場が拡大していくと予想されています。いまは中上級者向けモデルが市場の8割程度を占めていますが、初心者向けモデルの需要も潜在的には大きいはず。今後、PCゲーム初心者向けのエントリーモデルが存在感を増していくことは間違いありません。

その流れを受けてか、大手PCメーカーからはすでに格安なゲーミングノートPCがいくつか発売されています。格安モデルだけあって海外の超大作ゲームを楽しむには少々厳しいものの、国内で人気のゲームや世界的に競技用として人気の高いゲームなら十分楽しめる性能です。

そこで今回は現在発売されているゲーミングノートPCのなかから、注目モデルを紹介します。

GPU性能はどれくらいあればいいの?

最近のCPUにはiGPU(内蔵グラフィックス)と呼ばれる機能が搭載されており、軽めのゲームであれば特に部品を追加しなくても問題なくプレーできます。たとえばノートパソコンの最新モデルでよく使われるCore i7-7500UのIntel HD Graphics 620であればドラクエ10を1280×720ドットで、PC版のマインクラフトを1920×1080ドットで楽しむことが可能です。

マインクラフトPC版

モバイルノートパソコンに搭載されているCore i7-7500Uでも、マインクラフトなど軽めのゲームをプレーできます

参考記事

LAVIE Direct HZとLIFEBOOK WU2/B1を比較! スペックとパフォーマンスで選ぶならどっち!?
1kg未満の超軽量ノートパソコン「LAVIE Direct HZ」と「LIFEBOOK WU2/B1」のベンチマーク結果を比較しました

しかしより高解像度で、もしくはより高画質でゲームを存分に楽しみたいとなれば、iGPUでは役不足。GeForceやRadeonなどCPUとは分離されたdGPU(専用グラフィックス)が必要となります。

GPUのシール

dGPU搭載ノートパソコンに貼られているシール

現在ゲーミングノートPC向けで主流なのは、NVIDIAのGeForce 1000シリーズです。モデルによっては、前世代のGeForce 900シリーズが使われていることもあります。AMDのRadeonシリーズはほとんど使われていないので、気にする必要はありません。

GeForceシリーズのなかでも、名前に「GTX」が付くものはゲーム用の高性能なGPUです。また同じシリーズであれば、名前に含まれる数字が大きいほど高性能であると覚えてください。ハイエンドGPUはVRコンテンツも楽しめますが、性能が低いGPUでは画面がカクカクしてしまい快適に楽しめません。またGPUのなかにはゲームではなく、グラフィックソフトや動画編集ソフトなどの高速化を目的としているものもあります。

■ゲーミングノートPCで使われているdGPUの分類

GPU 用途 位置付け
最新世代 GeForce GTX 1080 ゲーム、VR ハイエンド(上級)
GeForce GTX 1070 ハイミドル(中上級)
GeForce GTX 1060 ミドルレンジ(中級)
GeForce GTX 1050 Ti ゲーム エントリー(初級)
GeForce GTX 1050
前世代 GeForce GTX 980M ゲーム、VR ハイエンド(上級)
GeForce GTX 970M ゲーム ハイミドル(中上級)
GeForce GTX 960M ミドルレンジ(中級)
GeForce GTX 950M エントリー(初級)
GeForce 940MX ソフト高速化
GeForce 930M ソフト高速化

GPU性能差については、下のグラフをご覧ください。これは当サイトで計測した各GPUのベンチマーク結果です。結果はパーツ構成や環境、タイミングによって大きく変わることもありますが、概ねこんな感じの性能差であるとイメージしておくといいでしょう(グラフにないGPUは未計測です)。

■ノートパソコン向けGPUのベンチマーク結果

GPU Fire Strikeスコア(平均値)
GeForce GTX 1080 ※
16919
GeForce GTX 1070
12698
GeForce GTX 1060
9805
GeForce GTX 1050 Ti
6635
GeForce GTX 1050 ※
5455
GeForce GTX 980M
8140
GeForce GTX 970M
6548
GeForce GTX 965M
5209
GeForce GTX 960M
3996
GeForce GTX 950M
3007
GeForce 940MX
1709
Intel HD Graphics 620
696

NoteBookCheckのデータを参照

グラフィックス性能は高いにこしたことはありませんが、軽めのゲームを楽しみたいのであれば、必ずしも高性能なGPUは必要ありません。前述のとおりCPU内蔵のIntel HD Graphics 620でも解像度や画質を調整すればマインクラフトやドラクエ10などを楽しめますし、たとえばGeForce 940MXでもドラクエ10をフルHDの最高画質でプレーすることもできます。ゲームの快適さはCPUやメモリー容量などによっても変わりますので、自分の遊びたいゲームに合わせて最適なモデルを選ぶといいでしょう。

■ゲームを快適に遊べるGPUの目安(フルHD時)

ゲームタイトル GPU
ドラクエ10(標準画質) GeForce 940MX以上
ドラクエ10(最高画質) GeForce GTX 950M以上
PSO2(標準画質) GeForce GTX 950M以上
PSO2(最高画質) GeForce GTX 1060以上
FF14(標準画質) GeForce GTX 950M以上
FF14(最高品質、DirectX 9) GeForce GTX 965M以上
FF14(最高品質、DirectX 11) GeForce GTX 1060以上
オーバーウオッチ(標準画質) GeForce GTX 950M以上
オーバーウオッチ(最高画質) GeForce GTX 1050 Ti以上

※ 当サイトの検証結果を元にした指針で、実際のゲームの動作を保証するものではありません

10万円以下で買えるゲーミングノートPC

Inspiron 15 7000 ゲーミング スタンダード・GTX 1050 搭載

Inspiron 15ゲーミング

税込み 9万8585円

  • CPU:Core i5-7300HQ
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:15.6型、1920×1080ドット
  • グラフィックス:GeForce GTX 1050(4GB)

FF14のプレーにおすすめ

FF14をフルHDで楽しみたいなら、現在はデルの「Inspiron 15 7000 ゲーミング スタンダード・GTX 1050 搭載」がおすすめです。通常は10~11万円台で販売されていますが、7/10までのセールにより税込み9万8585円で購入できます。

GeForce GTX 1050搭載モデル

GeForce GTX 1050搭載モデルが、7/10まで10万円切り

性能的には、FF14 紅蓮のリベレーター(DirectX 9モード)をフルHDの標準画質で快適にプレーできると思われます。それほど画質にこだわらないのであれば、問題ないでしょう。ちなみにDirectX 9モードの最高画質でプレーするにはGeForce GTX 1050 Ti以上とCore i7の組み合わせをおすすめします。

なお当サイトではCore i7+GeForce GTX 1050 Tiを搭載した「プレミアム」モデルのレビューを掲載しています。税込み10万円を超えてしまいますが、ゲームの快適さは大きく改善されるでしょう。予算に余裕があるなら、こちらのほうがおすすめです。

関連記事

■そのほかのラインナップ

モデル スペック 税込み価格
スタンダード・GTX 1050Ti 搭載 Core i5 / 8GBメモリー / 256GB SSD / GeForce GTX 1050 Ti 10万7549円
プレミアム Core i7 / 8GBメモリー / 128GB SSD + 500GB HDD / GeForce GTX 1050 Ti 11万6513円
スパイダーマン:ホームカミング公開記念モデル Core i7 / 8GBメモリー / 128GB SSD + 500GB HDD / GeForce GTX 1050 Ti 11万4720円
プラチナ・128GB SSD+1TB HDD搭載 Core i7 / 16GBメモリー / 128GB SSD + 1TB HDD / GeForce GTX 1050 Ti 12万9959円
プラチナ・256GB SSD+1TB HDD搭載 Core i7 / 16GBメモリー / 256GB SSD + 1TB HDD / GeForce GTX 1050 Ti 14万3405円

Inspiron 15 5000 ゲーミング

Inspiron 15 5000 ゲーミング

税込み 6万9900円~

  • CPU:AMD A-10 9630P/FX 9830P
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:1TB HDD/256GB SSD
  • 画面:15.6型、1920×1080ドット
  • グラフィックス:AMD Radeon RX460

初心者向けの格安ゲーミングPC

「Inspiron 15 5000 ゲーミング」は、安さが魅力のゲーミングノートPCです。下位モデルなら7万円前後、上位モデルでも7~8万円程度と、ゲーミングノートPCとしては破格の値段で購入できます。7/10まで17%オフで購入できるので、いまが狙い目と言えるかもしれません。

■Inspiron 15 5000 ゲーミングのラインナップ

モデル スペック 税込み価格
プレミアム A-10 9630P / 8GBメモリー / 1TB HDD / Radeon RX460 6万9900円
プラチナ FX 9830P / 8GBメモリー / 1TB HDD / Radeon RX460 7万6175円

安さの理由は、インテル製CPUおよびNVIDIA製GPUよりもコストパフォーマンスに優れるAMD製のパーツを採用しているためです。下位モデルで使われているA-10 9630Pはインテル製CPUならCore i3、上位モデルのFX 9830PはインテルのCore i5程度の性能ですが、人気ゲームをフルHDで楽しむには十分な性能を持っています。

■Inspiron 15 5000 ゲーミング プレミアム(下位モデル)のベンチマーク結果

ベンチマークソフト スコア
3DMark Fire Strike 3833
FF14 紅蓮のリベレーター(1280×720ドット、標準品質、DirectX 11) 6016(とても快適) ※平均47.1FPS
FF14 紅蓮のリベレーター(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 11) 5263(とても快適) ※平均39.6FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1280×720ドット、標準品質、DirectX 9) 7625(非常に快適) ※平均68.2FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 9) 7091(非常に快適) ※平均62.8FPS
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、標準品質) 6610(快適)
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、最高品質) 6391(快適)
PSO2 Ep4ベンチ(1280×720ドット、標準画質) 8796
PSO2 Ep4ベンチ(1920×1080ドット、標準画質) 8132

ただしPSO2やドラクエ10などCPU性能が求められるゲームについては、下位モデルだと若干ベンチマークスコアが落ちる傾向にあります。より快適にプレーしたい場合は、CPUが高性能な上位モデルを選ぶといいでしょう。FF14についてはDirectX 11モードでは少々厳しいので、DirectX 9モードでのプレーをおすすめします。

なお詳しいベンチマーク結果については、下記のリンクからレビュー記事をご覧ください。

レビュー記事

Inspiron 15 5000 ゲーミング レビュー!AMD FX 9830P & Radeon RX 560でどこまでゲームを楽しめるのか?
AMD FX 9830P & Radeon RX 560 搭載で実売10万円切りの格安ゲーミングノートPC「Inspiron 15 5000ゲーミング」をレビュー。ベンチマーク結果やゲームプレー中のFPS計測結果をまとめています

Legion Y520

Legion Y520

税込み 7万7112円から

  • CPU:Core i5-7300HQ/Core i7-7700HQ
  • メモリー:4/8/16GB
  • ストレージ:500GB/1TB HDD(SSD追加モデルあり)
  • 画面:15.6型、1920×1080ドット、IPS
  • GPU:GeForce GTX 1050/1050 Ti

GTX 1050モデルが7万円台!

レノボの「Legion Y520」は、GeForce GTX 1000シリーズ搭載モデルとしては異常な安さのモデルです。ただし全モデルでキーボードとOSが英語版である点に注意してください。OSは日本語に変更できますが(販売ページに解説記事へのリンクあり)、キーボードは変更できません。ゲームで遊ぶことが目的ならそれほど困らないかもしれませんが、日本語配列に慣れているとチャットなどで多少とまどう可能性があります。

■Legion Y520のラインナップ

モデル スペック 税込み価格
バリューパッケージ Core i5-7300HQ / 4GBメモリー / 500GB HDD / GeForce GTX 1050(4GB) 7万7112円
80WK002TJE Core i5-7300HQ / 16GBメモリー / 1TB HDD / GeForce GTX 1050(2GB) 9万5839円
ハイパフォーマンスパッケージ Core i7-7700HQ / 8GBメモリー / 1TB HDD / GeForce GTX 1050 Ti(4GB) 11万2363円
80WK002SJE Core i7-7700HQ / 16GBメモリー / 256GB SSD + 1TB HDD / GeForce GTX 1050 Ti(4GB) 11万6532円

また一番安いバリューパッケージは、メモリー容量が4GBしかありません。できれば追加料金を支払って、8GBにアップグレードしておきましょう。バリューパッケージとハイパフォーマンスパッケージ以外のモデルはコスパが高いのですが、パーツカスタマイズに対応していない点に注意してください。

さらに、液晶ディスプレイがIPSパネルであるため発色や視野角には優れていますが、ほかのモデルで使われているTNパネルよりも応答速度が落ちる可能性があります。もっとも、エントリーモデルを使うPCゲーム初心者であれば、気にならないかもしれません。むしろ色がキレイに見えるのは、メリットであるとも言えます。

ゲームにも活用できるスタンダードノートPC

ThinkPad E570

ThinkPad E570

税込み 7万6464円から

  • CPU:Core i3/i5/i7
  • メモリー:4~32GB
  • ストレージ:SSD/HDD(デュアル対応)
  • 画面:15.6型、1366×768/1920×1080ドット

ビジネスPCでゲームを!

そもそもThinkPadは、ビジネス向けノートパソコンとして人気の高いモデルです。ゲームとは無縁のように思うかもしれません。しかしThinkPad E570のカスタマイズオプションとして用意されているGeForce 940MX/GeForce GTX 950Mを追加すれば、ドラクエ10などの人気ゲームを快適に遊べるようになるのです!

■ThinkPad E570のゲーム向けカスタマイズ例

モデル スペック(※はカスタマイズ部分) 税込み価格
ベーシックパッケージ Core i3-7100U / 8GBメモリー(※) / 500GB HDD / GeForce 940MX(※) / 1920×1080ドット(※) 7万6464円
FHD搭載バリューパッケージ Core i5-7200U / 8GBメモリー / 500GB HDD / GeForce 940MX(※) / 1920×1080ドット 8万0595円
ハイパフォーマンスパッケージ Core i7-7500U / 8GBメモリー / 500GB HDD / GeForce GTX 950M(2GB) 9万7605円

上記のカスタマイズ例のうち、Core i5+GeForce 940MXのFHD搭載バリューパッケージの構成でベンチマークを行なった結果、ドラクエ10などで十分快適にプレーできる結果となりました。特に、CPU性能が求められるドラクエ10やPSO2では、前述のInspiron 15 5000 ゲーミングよりも優れた結果が出ています。また低解像度時でグラフィックス性能がそれほど求められない場合でも、高いパフォーマンスが出る結果となりました。

■ThinkPad E570のベンチマーク結果

ベンチマークソフト スコア
3DMark Fire Strike 1997
FF14 紅蓮のリベレーター(1280×720ドット、標準品質、DirectX 11) 8520(非常に快適) ※平均58.4FPS
FF14 紅蓮のリベレーター(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 11) 4545(快適) ※平均30.5FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1280×720ドット、標準品質、DirectX 9) 10609(非常に快適) ※平均85.6FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 9) 6519(とても快適) ※平均51.5FPS
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、標準品質) 9930(とても快適)
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、最高品質) 7968(とても快適)
PSO2 Ep4ベンチ(1280×720ドット、標準画質) 19077
PSO2 Ep4ベンチ(1920×1080ドット、標準画質) 9191

GeForce 940MXでこの結果ですから、より高性能なGeForce GTX 950Mを追加すればゲームをより快適にプレーできるはずです。ゲームも楽しめる10万円未満のビジネスPCと考えれば、非常にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

ThinkPadはビジネス向けノートパソコンとしての使い勝手や堅牢性に優れるとともに、高い拡張性を持っています。 仕事のあいまの息抜きとして利用してみてはいかがでしょうか?

なおThinkPad E570のデザインや各部の使い勝手については、レビュー記事でご確認ください。

■レビュー記事

ThinkPad E570レビュー! 安くて速くて使いやすい15.6型ノートPCの決定版!!
最強の15.6型ノートPC「ThinkPad E570」をレビュー! 使いやすい上に機能豊富なおすすめモデルです

HP Pavilion 15-au100 Core i7モデル

HP Pavilion 15-au100

税込み 9万8550円から

※限定クーポン利用時

  • CPU: Core i7-7500U
  • メモリー:8GB(最大16GB)
  • ストレージ:128GB SSD+1TB HDD
  • 画面:15.6型、1920×1080ドット

メモリーのアップグレードがお得!

HP Pavilion 15-au100は、スリムで高品質なデザインが特徴の15.6型ノートパソコンです。スペックの異なる複数のモデルが用意されていますが、そのなかでも上位機種のCore i7モデルにはdGPUとしてGeForce 940MXが搭載されています。

高品質な本体デザイン

高品質な本体デザインが特徴のHP Pavilion 15-au100

ただし、ベンチマーク結果は前述のThinkPad E570ほどではありません。上位のCPUを搭載していますが、Core i5を搭載したThinkPad E570よりも低めの結果が出ています。

■HP Pavilion 15-au100 Core i7モデルのベンチマーク結果

ベンチマークソフト スコア
3DMark Fire Strike 1421
FF14 紅蓮のリベレーター(1280×720ドット、標準品質、DirectX 11) 5358(とても快適) ※平均36.1FPS
FF14 紅蓮のリベレーター(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 11) 2677(やや快適) ※平均17.5FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1280×720ドット、標準品質、DirectX 9) 7865(非常に快適) ※平均62.1FPS
FF14 蒼天のイシュガルド(1920×1080ドット、標準品質、DirectX 9) 4547(快適) ※平均35.7FPS
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、標準品質) 8086(とても快適)
ドラクエ10ベンチ(1920×1080ドット、最高品質) 5583(快適)
PSO2 Ep4ベンチ(1920×1080ドット、標準画質) 5213

とは言うものの、解像度や画質にこだわらなければ、十分楽しめる性能を持っています。見た目にもこだわりたいという方におすすめです。

ちなみにいまなら8GB→16GBメモリーへのアップグレードがプラス6000円(税別)で可能です。非常にお得なので、ぜひ追加しましょう。

限定クーポン利用で5%オフ[期間限定]!

当サイト限定のクーポンにより、HP Pavilion 15-au100を5%オフの価格で購入できます。クーポンの有効期限は7/31まで。以下のリンクをクリックするとクーポンが自動的に適用されるので、ぜひご利用ください。

レビュー記事

HP Pavilion 15-auレビュー! 高品質&高性能でも格安な15.6型ノートPC
15.6型でフルHDのHP Pavilion 15-au100をレビュー! 高性能なのに格安なコスパの高いモデルです

安いノートパソコンでも人気ゲームを楽しめる!

ということで、今回は10万円以内で買えるPCゲーム向けのノートパソコンを紹介しました。国内で人気のPCゲームでも、格安モデルでプレーできることにビックリした方もいるのではないでしょうか。

ゲーミングPCはできる限り高性能なほうが好ましいのですが、予算の都合もあるでしょう。これからPCゲームを始めようとしている方は、ぜひ今回紹介したモデルを検討してみてください。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが最大50%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!