No Man’s Skyプレー日誌その2:生命体から単語をひたすら教わりまくる – こまめブログ

No Man’s Skyプレー日誌その2:生命体から単語をひたすら教わりまくる

01

「No Man’s Sky」をプレーして、13時間が経過しました。けれど、前回のプレー日誌からはなにも進んでいません。スーツとかマルチツールとか宇宙船が、ちょっとよくなった程度。ゲームの目的である銀河の中心へたどり着くのに、いったいどのくらい時間がかかるのでしょうか。

ゲームを進める上で知的生命体とのコミュニケーションが欠かせないわけですが、序盤は相手の言語がわからないため、なにを言っているのかさっぱり理解できません。そこで今回は短時間で単語を習得した方法についてレポートします。

単語の習得には異様に手間がかかる

前述のとおり、序盤では生命体の言語がわからないので、相手の言っていることをまったく理解できません。

未知の言語で語りかけてくる生命体

未知の言語で語りかけてくる生命体

単語を知っていれば、会話を部分的に理解することができます。しかし単語を覚えるのが、非常に面倒! 通常は惑星上に点在する”知識の石”から習得できるのですが、拠点の近くに1~2個ある程度なので、回収には非常に手間がかかります。

惑星上に落ちている"知識の石"から単語を習得。ひとつの石から単語を1個を学べます

惑星上に落ちている”知識の石”から単語を習得。ひとつの石から単語を1個を学べます

遺跡などでは、3~4個の単語を習得できることもあります

遺跡などでは、3~4個の単語を習得できることもあります

生命体から単語をひたすら教わる

イベントシーンで正しい回答を選ぶなどして生命体からの評価が上がると、言語を教わることができます。生命体との初回の会話は特定のイベントが発生しますが、2回目以降はいろんなことを要求できるようになるようです。

04

生命体からの評価や所持アイテムなどによって、さまざまなことを要求できます

要求を

いまのところ、要求を拒否されたことはありません。なんて親切なんでしょう

仕様なのかバグなのかはわかりませんが、生命体との会話に必要な資源さえあれば、同じ要求を何度でも繰り返すことができます。会話のたびに選択肢が変わるのですが、「言語を教わる」は2回に1回は出てきました。

そのほかの選択肢が出てきた場合は、適当に選べばOKです。筆者の場合は「燃料を要求する」や「アイソトープを要求する」で会話に必要な炭素をもらえたので、そのまま何度でも繰り返すことができました。作業は非常に単調ですが、知識の石を探し回るよりもはるかに楽!

そんな感じでとりあえず単語を100個覚えてみたわけですけど、まだまだ意思の疎通は難しいレベルです。いったい、どれだけの単語を覚えなくちゃいけないんだ!

まあでも、イベント前にセーブしておけば、たとえ選択肢を間違えたとしてもロードしなおすことでなんとかなるんですけどね。

今日の観光名所

現在探索中の惑星で、宇宙船のターミナル的な建造物を発見しました。定期的に宇宙船がやってくるので、取引に便利。

着陸ポートがいくつもあるターミナル的な建造物

着陸ポートがいくつもあるターミナル的な建造物

1~2

ちょっと待っていると、1~2台の宇宙船が頻繁にやってきます

マーケットの端末もあるので生命体との取引にはすごく便利なんですが、離れたら場所がわからなくなってしまいました(涙)。マーカー機能を付けてくれないもんですかねえ。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お得なキャンペーン情報

thum300px

ThinkPad最新モデル35%オフ

[PR]2月発売の最新モデルが早くも35%オフで激安販売中! 旧モデルも42%オフでお得
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!

ドスパラパラダイスセール

[PR]ゲーミングPC&デスクトップPCの人気モデルが1万円引き! SSD無料プレゼントも!?