Windows 10を手動でダウンロード&インストールする方法

eyecatch2-600x338

本日7月29日、ついにWindows 10がリリースされました。しかしWindows 10のアップグレードを予約したにも関わらず、アップグレードできないままの人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、手動でWindows 10へアップグレードする方法を紹介します。

アップグレード前の注意事項

マイクロソフトは手動アップグレードを「上級者向け」の作業だと説明しています。ドライバーやアプリまだ対応していないことから、うまく動作しない可能性があるためです。トラブルが起きても自分で解決できる人が、自己責任の上でお願いいたします。

メディア作成ツールのダウンロード

Windows 10をインストールするには、マイクロソフトが公開している「メディア作成ツール」を使います。マイクロソフトとしては「インストールメディアを作るためのソフト」という位置付けのようですが、筆者が実際に試してみたところ、このソフトからWindows 10へアップグレードすることができました。

Windows 10のダウンロードとインストールを行なう「メディア作成ツール」をダウンロードします。ファイルサイズは18.7MBでした

Windows 10のダウンロードとインストールを行なう「メディア作成ツール」をダウンロードします。ファイルサイズは18.7MBでした

「メディア作成ツール」ダウンロードページのリンク

ソフトには「32ビットバージョン」と「64ビットバージョン」の2種類が用意されています。お使いのOSに合わせて選択してください。

筆者はWindows 8.1 64ビット版を使っているので、「64ビットバージョン」を選びました

筆者はWindows 8.1 64ビット版を使っているので、「64ビットバージョン」を選びました

メディア作成ツールからファイルをダウンロード

ダウンロードしたソフトを起動すると、実行する操作を選択する画面が表示されます。今回はそのままアップグレードするために「このPCを今すぐアップグレードする」を選びました。USBメモリーやDVD-Rなどを使ったインストールメディアを作る場合は、「他のPC用にインストールメディアを作る」を選んでください(詳しくは後述)。操作を選ぶと、Windows 10のインストールに必要なファイルが自動的にダウンロードされます。

そのままアップグレードする場合は「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、「次へ」をクリック

そのままアップグレードする場合は「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、「次へ」をクリック

ファイルのダウンロードが自動的に始まります

ファイルのダウンロードが自動的に始まります

ダウンロードが完了すると、検証作業が行なわれます。特に操作は必要ありません

ダウンロードが完了すると、検証作業が行なわれます。特に操作は必要ありません

ちなみにWindows 10のアップデート予約を行なっていると、アップグレード用のファイルがCドライブに「$Windows.~BT」という隠しフォルダーに作成されます。筆者の環境ではすでにこのフォルダーはあったのですが、メディア作成ツールではまた新たにファイルをダウンロードしていました。ファイルのダウンロードが終わったあとCドライブを確認してみたところ、「$Windows.~WS」という隠しフォルダーができていましたので、おそらくこれが該当フォルダーではないかと思います。容量は5.82GBでした。

あとは画面の指示に従って、作業を続けてください。筆者が実際に試してみたところ、特に難しい設定はありませんでした。

ライセンス条項の確認画面。内容を確認したら「同意する」をクリックします

ライセンス条項の確認画面。内容を確認したら「同意する」をクリックします

「メディアを作成しています」と表示されましたが、特別なファイルは作成されていないようです

「メディアを作成しています」と表示されましたが、特別なファイルは作成されていないようです

さらに更新プログラムのダウンロードが行なわれます

さらに更新プログラムのダウンロードが行なわれます

筆者の環境ではWindows Media Centerがインストールされていたため、途中でアンインストールすることを確認する必要がありました。と言っても「確認」ボタンをクリックするだけです。ちなみに一部のセキュリティー対策ソフトでは、最新版に更新していないとこの画面でアンインストールされることがあるそうです。

インストールに必要な作業の確認が行なわれます

インストールに必要な作業の確認が行なわれます

「Windows Media Center」がアンインストールされるとのこと。っ問題がなければ「確認」をクリックします

「Windows Media Center」がアンインストールされるとのこと。問題がなければ「確認」をクリックします

Windows 10のセットアップを行なう

続いて、アップグレードの種類を選択します。「インストールする準備ができました」と表示されたら、「引き継ぐものを変更」をクリックして、残すデータを選択してください。標準では個人用ファイルとアプリを引き継ぐ設定になっていますので、基本的にはそのままで問題ないでしょう。クリーンインストールしたい人は、必要に応じて項目を変更してください(動作未確認)。

セットアップの種類を変える場合は「引き継ぐものを変更」をクリック。ファイルとアプリをそのまま引き継ぐなら「インストール」をクリックします

セットアップの種類を変える場合は「引き継ぐものを変更」をクリック。ファイルとアプリをそのまま引き継ぐなら「インストール」をクリックします

設定によってはアプリや個人のデータが削除されます。十分注意して設定してください

設定によってはアプリや個人のデータが削除されます。十分注意して設定してください

インストールを開始した様子。このあと突然再起動するので、なにか作業をしているなら早急に終わらせましょう

インストールを開始した様子。このあと突然再起動するので、なにか作業をしているなら早急に終わらせましょう

アップグレード中の画面。スマホで撮影しているのでちょっとわかりづらいのですが、ファイルのコピーやドライバーのインストールなどが行なわれています

アップグレード中の画面。スマホで撮影しているのでちょっとわかりづらいのですが、ファイルのコピーやドライバーのインストールなどが行なわれています

設定をそのまま引き継いでところ、以前のアカウントが表示されました。「次へ」をクリック

設定をそのまま引き継いでところ、以前のアカウントが表示されました。「次へ」をクリック

Windows 8/8.1にもあった設定方法の選択画面。今回は「簡易設定を使う」を選択しました

Windows 8/8.1にもあった設定方法の選択画面。今回は「簡易設定を使う」を選択しました

「Windows 10はスゴイんだからね!」という内容。スルーでOKです

画像表示用のプログラムやブラウザーなど、既定のアプリを設定します。「既定のアプリを選択」をクリックして、各アプリを利用するかどうか設定してください

※2015年8月9日追記

当初「新しいWindows用の新しいアプリ」の画面は「スルーしてOK」と記述しておりましたが、この部分を設定しないと既定のプログラムが変更されてしまうことがわかりました。お詫びして、訂正いたします。なお、既定のプログラムを再設定する方法については、以下の記事で解説しています。
関連記事

再度作業が行なわれます

再度作業が行なわれます

もう少しで終わりそう

もう少しで終わりそう

この一連の流れは、表示しないほうがいいような気がします

この一連の流れは、かえって逆効果じゃないですかね?

ということで、ついにWindows 10へアップグレードできました!

無事にWindows 10へアップグレードできました!

無事にWindows 10へアップグレードできました!

デュアルディスプレイもちゃんと動作しています

デュアルディスプレイもちゃんと動作しています

復活&高機能化したスタートメニュー

Windows 10のインストールディスク(ISOファイル)を作る

Windows 10へアップグレードしたあとでも、インストールディスクの作成は可能です。ここからは、メディア作成ツールを使ったインストールメディアの作成方法を紹介します。再インストール用に用意しておくといいでしょう。

2015年7月31日追記

現在、筆者の環境ではWindows 10から元のバージョンに戻す機能が使えなくなっています(詳しくは後述しています)。はっきりとした原因は不明ですが、アップグレード後にインストールメディアを作成したことが原因なのかもしれません。インストールメディアを作成する場合はアップグレード前に行なう、あるいは復旧に必要な「$windows.~bt」フォルダーをバックアップするなどの対策を行なっておくことをおすすめします。

Windows 10アップグレード後でも、メディア作成ツールは利用可能

Windows 10アップグレード後でも、メディア作成ツールは利用可能

アップグレード時に「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」または「個人用ファイルのみを引き継ぐ」を選択していれば、メディア作成ツールの実行ファイルは残っているはずです。ファイルを消してしまった、あるいはアップグレード時に「何も引き継がない」を選択した人は、前述のダウンロードページからメディア作成ツールをダウンロードしなおしてください。

Windows 10上からメディア作成ツールを起動します

Windows 10上からメディア作成ツールを起動します

ソフトを起動後、操作の選択画面で「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し、OSの言語やエディション、32ビット/64ビットのどちらを利用するのかを選択します。

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し、「次へ」をクリック

「他のPC用にインストールメディアを作る」を選択し、「次へ」をクリック

用意するOSの設定を行ないます。まずは「言語」を「日本語」を設定します

用意するOSの設定を行ないます。まずは「言語」を「日本語」を設定します

「エディション」では「Windows 10 Home」か「Windows 10 Pro」を選択できます。どちらのエディションでもメディアを作成可能ですが、インストール時に対応するプロダクトID(ライセンス)が必要となります

「エディション」では「Windows 10 Home」か「Windows 10 Pro」を選択できます。どちらのエディションでもメディアを作成可能ですが、インストール時に対応するプロダクトID(ライセンス)が必要となります

「アーキテクチャ」では「32ビット」か「64ビット」、あるいはその両方を選択できます。やはり導入時に対応するプロダクトIDが必要です

「アーキテクチャ」では「32ビット」か「64ビット」、あるいはその両方を選択できます。やはり導入時に対応するプロダクトIDが必要です

DVD-Rなどの光学ディスクに書き込んで使う場合は、メディアの種類を「ISOファイル」に設定します。仮想マシンなどで利用する場合も、ISOファイルを利用したほうがいいでしょう。

「ISOファイル」を選択して「次へ」をクリックします

「ISOファイル」を選択して「次へ」をクリックします

ISOファイルの保存先を選択します。任意のフォルダーを選んだあと、「保存」をクリックしてください。標準ではファイル名が「Windows.iso」になっているので、わかりやすい名前に変えることをおすすめします

ISOファイルの保存先を選択します。任意のフォルダーを選んだあと、「保存」をクリックしてください。標準ではファイル名が「Windows.iso」になっているので、わかりやすい名前に変えることをおすすめします

ファイルの保存先を設定すると、必要なファイルのダウンロードが始まります。すでにWindows 10を導入したあとでも、またすべてのファイルをダウンロードしなおすようです。

ISOファイルの作成に必要なファイルのダウンロードが開始されます

ISOファイルの作成に必要なファイルのダウンロードが開始されます

作成したISOファイルをDVD-Rなどに書き込む場合はWindowsの書き込み機能を使うか、ライティングソフトを利用してください。ちなみに容量はそれほど大きくはないので、DVD-R1枚に収まります。

ダウンロードが終わると、ISOファイルの作成作業が行なわれます

ダウンロードが終わると、ISOファイルの作成作業が行なわれます

ISOファイルが完成しました。ファイルを確認する場合はファイル名を、ディスクへ書き込む場合は「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします

ISOファイルが完成しました。ファイルを確認する場合はファイル名を、ディスクへ書き込む場合は「DVD書き込み用ドライブを開く」をクリックします

書き込みを実行すると、Windows 10標準機能の「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が開きます。ドライブにディスクをセットして、「書き込み」をクリックします

書き込みを実行すると、Windows 10標準機能の「Windowsディスクイメージ書き込みツール」が開きます。ドライブにディスクをセットして、「書き込み」をクリックします

作成されたISOファイルの容量は3.14GBでした

作成されたISOファイルの容量は3.14GBでした

Windows 10のインストール用USBメモリーを作る

Windows 10は、USBメモリーからのインストールも可能です。ここではメディア作成ツールを使って、インストール用のUSBメモリーを作ってみます。なお、あらかじめ容量が4GB以上のUSBメモリーを用意しておいてください。またメディア作成時にUSBメモリー内のファイルはすべて削除されてしまうため、あらかじめファイルをバックアップしておきましょう。

「USBフラッシュドライブ」を選択します

OSの種別を選択するまでは、インストールディスク(ISOファイル)の作り方と同じ。メディアの種類に「USBフラッシュドライブ」を選択します

接続されたUSBメモリーのなかから、インストールメディアとして使いたいものを選択し、「次へ」をクリックします

接続されたUSBメモリーのなかから、インストールメディアとして使いたいものを選択し、「次へ」をクリックします

ファイルのダウンロードとUSBメモリーへのコピーが終われば、作業は終了です

ファイルのダウンロードとUSBメモリーへのコピーが終われば、作業は終了です

インストール用として3.14GBのファイルがコピーされました。容量が4GBの製品で十分です

インストール用として3.14GBのファイルがコピーされました。容量が4GBの製品で十分です

アップグレード後に元バージョンへ戻す方法

Windows 10にアップグレードしたものの、やはりWindows 7やWindows 8/8.1に戻したいという場合は、回復機能を使って前のバージョンに戻すことができます。ただし前のバージョンへの復旧はアップグレードしてから1ヵ月間だけ有効。期限を過ぎてしまうと戻せなくなってしまうので注意してください。

Windows 10の「設定」を開き、「更新とセキュリティ」をクリックします。「Windows」+「I」キーのショートカットを使うと瞬時に表示されるので便利です

Windows 10の「設定」を開き、「更新とセキュリティ」をクリックします。「Windows」+「I」キーのショートカットを使うと瞬時に表示されるので便利です

画面左の一覧から「回復」をクリック。さらに「Windows ○○に戻す(ここではWindows 8.1)」の「開始する」をクリック

画面左の一覧から「回復」をクリック。さらに「Windows ○○に戻す(ここではWindows 8.1)」の「開始する」をクリック

なおOSを前のバージョンに戻すと、Windows 10アップグレード後にインストールしたアプリやドライバー、変更した設定内容はすべて削除されてしまうので注意してください。

Windows 10から前のOSに戻せない場合もある

上記の方法からあとは画面の操作に従って作業を行なえばいいのですが、実際にこの機能を試そうとしたところ、筆者の環境では「以前のバージョンに戻すことができません」と表示されてしまいました。そのため、Windows 10から前に使っていたWindows 8.1に戻せない状況です。

「以前のバージョンに戻すことができません」と表示され、Windows 10から前のバージョンに戻せなくなってしまいました

「以前のバージョンに戻すことができません」と表示され、Windows 10から前のバージョンに戻せなくなってしまいました

マイクロソフトのサポート情報を確認してみたところ、以前のバージョンに戻すにはいくつかの条件があるようです。

以前のバージョンに戻すには、次の条件を満たしている必要があります。

  • アップグレード後、windows.old フォルダーと $windows.~bt フォルダーの内容がすべて保持されていること。
  • アップグレード後、ユーザー アカウントを追加、削除、移動していないこと。
  • Windows 7 または Windows 8.1 へのサインインにパスワードを使っていた場合は、そのパスワードを知っていること。
  • Windows 10 へのアップグレードに USB ドライブを使った場合は、その USB ドライブがあること。

Windows 10 の回復オプション(出典元:マイクロソフト)

筆者は特別な操作をした覚えはないのですが、Windows 10アップグレードにISOファイルやインストール用USBメモリーを作成したのが影響しているのかなと推測しています。実際、これらの作業が終わる際に「アップグレード用のファイルを削除しています」的なメッセージが表示されていました。容量が3GB以上あった「$windows.~bt」フォルダーの中身が727KBにまで減っています。

現在はWindows 10から元のOSに戻せない状況の原因を調査中です。新しい情報が入りしだい、紹介する予定です。なお念のため、Windows 10アップグレード後にインストールメディアを作成する場合は「$windows.~bt」フォルダーをバックアップしておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに「$windows.~bt」フォルダーはCドライブのルートに隠しフォルダーとして存在しています。エクスプローラーの設定から、「隠しファイル」を表示するようにしてから作業を行なってください。

Windows 10を少し使ってみた感想

ということで、今回は無事にWindows 10へアップグレードできました。作業開始からアップグレードが終わるまで、およそ3時間くらいかかっています(環境や通信速度で変わる可能性があります)。

なんとなく使えるんですけど、少し使ってみて気になったのは少し動きがモッタリしている点と、フォントが中華っぽいところです。このあたりはカスタマイズしてなおせるでしょうか。

中華フォントっぽいシステムフォント。フォントのレンダリングもいまいちな印象です

中華フォントっぽいシステムフォント。フォントのレンダリングもいまいちな印象です

プレビュー版から中華フォントっぽかったのですが、製品版ではてっきり変わるものだと思っていました。ここはちょっと改善してほしいですね。

ということで、Windows 10への手動アップグレードについてはここまで。これからいろいろ試してみようと思っています。

Windows 10搭載パソコンのお買い得情報

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!