HUAWEI GR5実機レビューまとめ 3万円台ミドルレンジ機の実力に迫る! – こまめブログ

HUAWEI GR5実機レビューまとめ 3万円台ミドルレンジ機の実力に迫る!

gr5-eyecatch

ファーウェイから2016年2月に発売された「HUAWEI GR5」は、フルHD(1080×1920ドット)の5.5型液晶ディスプレイを搭載するSIMフリースマートフォンです。最大の魅力は、高い性能や優れたデザインでありながら、標準価格が3万4800円(税別)とコストパフォーマンスが異常に高い点。本体デザイン、性能、カメラ機能など、どの点を取っても同価格帯の端末をしのぐ完成度に仕上がっています。

HUAWEI GR5

HUAWEI GR5

ここでは、当サイトで実際に試したHUAWEI GR5の検証結果を紹介しています。内容によっては別記事で詳しく検証していますので、ぜひ参考にしてください。

本体デザイン:3万円台ではありえない高級感

21

HUAWEI GR5は、ミドルレンジクラスのSIMフリースマートフォンです。本体価格が安いので、いわゆる「格安スマホ」と言っていいでしょう。

この価格帯のモデルではボディの素材に樹脂(プラスチック)が使われていることが多いのですが、HUAWEI GR5ではアルミ・マグネシウム合金を使ったメタルフレームを採用しています。表面にはヘアライン加工が施されており、高級感のある仕上がりです。

メタルフレームは堅牢性と質感が高いこともあって、値段がお高いモデルでよく使われています。3万円台で金属製ボディを採用しているモデルはあまりないはず。その点でHUAWEI GR5は、かなりお買い得です。

5.5型でやや大きめですが、問題なくホールドできる大きさです

標準的な5.5型端末と同じ程度の大きさ

天面部にはヘッドホン出力

背面が丸みを帯びたラウンドフォルムデザインを採用

厚さは8.15mm

厚さは8.15mm

液晶ディスプレイには、IPSパネルを採用しています。色合いは自然でコントラストが高く、明るさも十分。とても3万円台とは思えません。

標準収録の画像を表示している様子。ハメコミ合成ではありません

標準収録の画像を表示している様子。ハメコミ合成ではありません

側面にスロットはふたつ用意されていますが、片方はマイクロSIMカード用で、もう片方はmicroSDカード専用となっています。

SIMスロットにはマイクロSIMカードを使用します。右側のスロットは、microSDメモリーカード用としても利用可能

SIMスロットにはマイクロSIMカードを使用します。右側のスロットは、microSDメモリーカード専用

細部のデザインや液晶ディスプレの色合いなど、外観面の詳しいレビューは別の記事で公開しています。ぜひそちらも参考にしてください。

指紋認証が超便利!

HUAWEI GR5の背面には、指紋認証センサー「Fingerprint Sense 2.0」が用意されています。あらかじめ指紋を登録しておくと、PIN(パスコード)の入力なしで瞬時にスリープから復帰することができます。これが、非常に便利!

人差し指を登録しておくと、背面で指をすべらせるだけ

人差し指を登録しておくと、背面で指をすべらせるだけ

指紋センサーに触れるだけで、わずか0.5秒でスリープから復帰します

指紋センサーに触れるだけで、わずか0.5秒でスリープから復帰します

初期設定中に指紋登録の画面が表示されますが、あとで「設定」から登録可能です

初期設定中に指紋登録の画面が表示されますが、あとで「設定」から登録可能です

指紋センサーはジェスチャーによる操作が可能で、スライド(スワイプ)や長押しなどにアクションを割り当てられます。たとえばスライド操作に通知領域の開閉を割り当てると、指紋センサーを上下にスワイプするだけで通知領域の表示/非表示を切り替えられるのです。これが本当に便利。指一本でいろいろできますからね。

「設定」の「指紋ID」からジェスチャーの設定や、指紋の登録などを行なえます

「設定」の「指紋ID」からジェスチャーの設定や、指紋の登録などを行なえます

なお指紋センサーを利用するには、あらかじめPIN(パスコード)を登録する必要があります。

OSはAndroid 5.1.1+EMUI 3.1

HUAWEI GR5はOSにAndroid 5.1.1を採用しています。ただしUI(ユーザーインターフェース)部分にファーウェイオリジナルの「Emotion UI(EMUI) 3.1」を使っているため、画面の一部が標準的なAndroid端末と異なります。

HUAWEI GR5のシステム情報

HUAWEI GR5のシステム情報

とは言っても、基本的な使い方や機能はほかのAndroid端末とそれほど変わりません。「設定」で一部の項目名が変わっていますが、問題なく利用できるはずです。

HUAWEI GR5のホーム画面と設定画面

HUAWEI GR5のホーム画面と設定画面

性能:ミドルレンジでも動作はサクサク!

00

HUAWEI GR5ではプロセッサーに、オクタコアのSnapdragon 615(MSM8939)を採用しています。オクタコア(8コア)というと超高性能なイメージがありますが、実際には中級クラスの性能です。とは言え普通の利用には十分な性能で、しばらくのあいだストレスなく利用できるでしょう。

01

定番のベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク」では、スコアが「36549」という結果でした。ハイエンドモデルだと10万を超えることを考えれば、確かにミドルレンジ相当の結果だと言えます。

ベンチマーク結果としてはそれほど優れているわけではありませんが、いくつかのゲームやアプリを試してみたところ、まったく問題なく利用できました。人気のアプリを楽しむには十分な性能で、あと2~3年はストレスなく使えるはずです。

なお別の記事では、さまざまなベンチマーク結果を紹介しています。Snapdragon 615の性能が気になる人は、ぜひこちらも参考にしてください。

関連記事

ゲームの動作検証(随時更新中)

人気ゲームがどれだけサクサク動くのか、実際にプレーして試しました。

LINE:ディズニー ツムツム

ss05

まったく問題なくプレーできました。LINEのゲームであれば、余裕で動作するでしょう。

アイドルマスター シンデレラガールズ(デレマス)

0218-03

ライブの演出がデフォルトで「3D標準」になっていました。3Dでグリグリ動いても、まったくカクつきはありません。

アスファルト8:Airborne

0218-02

この作品は結構重めだと思うのですが、サクサク動いていました。ちなみにAmazon Fireだとときどきカクつきます。

マインクラフトPE

0218-01

マインクラフトPEは比較的軽めのアプリで、問題なく楽しめます。クリエイティブで村人やMobを大量に出現させても、動きはスムーズでした。

※随時更新中です

カメラ機能は?

続いてはカメラ機能について。さまざまなシーンで撮影した写真の作例を交えながら、画質や使い勝手の感想を紹介します。 ※随時更新中です

夜景や暗所での撮影は弱い

ph-sample-01

HUAWEI GR5は手ブレ補正に対応していないので、暗い場所で撮影するとわりとよくブレます。しっかりと固定しながら撮影すればブレをある程度抑えられますが、ISO感度が上がるとノイズがかなり目立ちました。設定や撮影テクニックなどでカバーできるとは思いますが、基本的には暗い場所での撮影はうまくいかないと考えておいたほうがいいかもしれません。

honor6 Plus/P8liteと大きさを比較

筆者はさらにhonor6 PlusとP8liteを持っているので、外観を比較してみました。カタログ上の公称値ではHUAWEI GR5のほうがhonor6 Plusよりも大きいのですが、実際に大きさを比較してみると、ほぼ変わらないように感じます。

左からHUAWEI GR5、honor6 Plus、P8lite

左からHUAWEI GR5、honor6 Plus、P8lite

HUAWEI GR5のほうが幅が1.3mmm高さが0.6mm大きのですが、見た目はほぼ変わりません

HUAWEI GR5のほうが幅が1.3mmm高さが0.6mm大きのですが、見た目はほぼ変わりません

液晶ディスプレイの明るさも、ほぼ変わらない程度す。ただしよく見てみると、わずかにHUAWEI GR5のほうが明るく感じます。

暗部がHUAWEI GR5では明るく表示される印象です

暗部がHUAWEI GR5では明るく表示されるように感じます

背面についてはhonor6 Plusが複数の素材を使った多層構造でグロス仕上げ、P8liteは樹脂素材でヘアライン加工が施されています。質感で言えば、HUAWEI GR5のほうが高いといえるでしょう。

HUAWEI GR5はこのなかでは唯一、金属製のボディを採用しています

HUAWEI GR5はこのなかでは唯一、金属製のボディを採用しています

質感ではHUAWEI GR5が上ですが、honor6 Plusも悪くはありません

質感ではHUAWEI GR5が上ですが、honor6 Plusも悪くはありません

厚さについては、HUAWEI GR5がもっとも厚く(8.15mm)、もっとも薄いのはP8lite(7.2mm)です。とは言ってもそれほどの差はないのですが、ただHUAWEI GR5が丸みを帯びているのは、評価のわかれるところかもしれません。丸みがあるとい持ちやすいのですが、個人的にはフルフラットのほうが好きです。

HUAWEI GR5には丸みがありますが、ほかの2台はフラットなデザインです

HUAWEI GR5には丸みがありますが、ほかの2台はフラットなデザインです

重さはP8liteがもっとも軽く、続いてHUAWEI GR5、honor6 Plusの順に軽いという結果になりました。HUAWEI GR5はhonor6 Plusよりも本体サイズが大きいのですが、重量が軽いのは高く評価したいところです。

重さは

重さは実測でHUAWEI GR5が161g、honor6 Plusが164g、P8liteが141gでした

それぞれのLTE対応バンドについては、以下の表のとおりとなっています。HUAWEI GR5がもっとも多くのバンドに対応しており、どのMVNOサービス/地域でも問題なく使えそうです。

LTE対応バンド(FDD-LTE)

  • HUAWEI GR5:1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28
  • honor6 Plus:1/3/7
  • P8lite:1/3/5/7/8/19/28

それぞれのベンチマーク結果の比較については、別の記事であらためて紹介します。

3万円台なら全然アリ

ということで、今回はファーウェイのHUAWEI GR5についてレビューしました。重い3Dゲームをプレーするには少々厳しいものの、人気のアプリやゲームを楽しむにはまったく問題ない性能です。また本体のデザインもよく、特にアルミニウムマグネシウム合金を使ったボディの高い質感は、ハイエンドモデルにも相当するほど。

機能もいろいろありますが、なんと言っても指紋認証センサーが非常に便利です。フルHDの液晶ディスプレイで、高精細な写真や動画を楽しめます。これだけ付いて3万4800円(税別)はお買い得過ぎると言っていいのではないでしょうか。

HUAWEI GR5を単品購入するならココ!

今回筆者はHUAWEI GR5をファーウェイの公式ストアで購入しましたが、楽天やアマゾン、家電量販店の通販サイトではより安く販売されているようです。購入を検討されている方は、ぜひチェックしてみてください。

HUAWEI GR5価格情報
通販サイト 税込み価格(2016年4月19日時点、※変動する可能性があります)
Amazon.co.jp 3万4460円
楽天市場 3万4120円
ビックカメラ
icon
3万7562円(3756ポイント還元)
ノジマオンライン 3万3820円
NTT-Xストア
3万3822円(完売、品切れ中)

格安SIMとのセット購入なら端末補償も可能

これから格安SIMサービスを利用する予定なら、MVNO各社が提供するセット販売の端末、いわゆる「格安スマホ」を購入するのがお手軽です。サービスによって月々の基本データ容量や価格が異なるほか、機能や特典も異なります。

MVNOで購入するメリットは、端末補償サービスを利用できる点にあります。月額料金はかかりますが、端末が壊れても3000~5000円程度の負担金だけで交換できるのは大きな魅力です。落下や破損、水没などが不安な人は、利用するといいでしょう。

なお補償内容や料金は、各社ごとに異なります。詳しくは各サービスの公式サイトでご確認ください。

月額料金は業界最安値クラス!機能も充実

DMM mobile
  • DMM mobile
  • 月額料金(通話SIM、3GB):1620円(税込み)
  • 一括購入価格:3万7584円(税込み)
  • 分割払い時の支払い金額:1850円(税込み)×24回
  • 通信制限:なし(高速通信時)
  • 端末補償:378円(税込み)/月
  • その他:容量繰り越し対応、バースト機能

毎月の通信費を安くしたいなら、DMM mobileがおすすめです。常に業界最安値を目ざすことを公言しており、MVNO他社が値下げしても、すぐに対抗して料金が値下げされます。直近3日間の通信制限がない上に、余った容量を翌月に使える「繰り越し機能」に対応。さらに低速時でも通信開始時のわずかな時間だけ高速に通信できる「バースト機能」に対応するなど、使い勝手にも優れています。

実績と信頼のある人気サービス

IIJmio
  • IIJmio
  • 月額料金(通話SIM、3GB):1728円(税込み)
  • 一括購入価格:3万5424円(税込み)
  • 分割払い時の支払い金額:1512円(税込み)×24回
  • 通信制限:なし(高速通信時)
  • 端末補償:410円(税込み)/月
  • その他:容量繰り越し対応、バースト機能

サービスに信頼性の高さを求めるなら、MVNO業界シェア2位の大手である「IIJmio」をおすすめします。他社の信頼性が低いというわけではないのですが、IIjmioは頻繁に設備の強化を行なっており、利用者が増えても通信速度が低下することが少ないのが魅力なのです。また自社の取り組みを積極的に発信していることから、多くのユーザーがIIjmioを支持しています。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!