P8lite用に格安なケースとガラスフィルムを試してみた #ファーウェイ #P8lite

0-eyecatch

ファーウェイ・ジャパンの「Huawei P8lite(以下、P8lite)」は、格安な端末価格と充実した機能で人気のSIMフリースマートフォンです。以前にファーウェイ・ジャパン主催の「ファーウェイP8lite & TalkBand B2ブロガー体験イベント」でモニター提供いただいた端末を使用しているのですが、しばらくむき出しの状態で使っていました。しかしこれではイカンということで、ケースとフィルムを購入。今回はそのアクセサリーについて紹介します。

スポンサーリンク




手帳タイプのレザーケースと強化ガラスのフィルムをチョイス

honor6 plusでは純正の手帳ケースを使っているので、P8liteでも同じような手帳型のケースにしようと決めていました。端末のカラーがホワイトなので、ケースの色もホワイトで。できれば安いほうがいいかなということで、コレに決めました。

購入時の価格は850円でした。カラーバリエーションが11色も用意されているので、どれかひとつは気に入るものがあるのではないでしょうか。

さて実際に届いた商品がコチラ。

届いた商品(梱包はそのまま)

届いた商品(梱包はそのまま)

ちょっと扱いが雑な感じもしますが、値段が安いので仕方がないのかもしれません。まあこんなもんかな、と思っていたところ……、

ガラスフィルムが入っていました!

ガラスフィルムが入っていました!

添えられたメッセージによると、ガラスフィルムをプレゼントなんだそうです。これはありがたい! いや確かにありがたいのですが……、

すでに別のガラスフィルムを購入済みなんですよ(涙)

すでに別のガラスフィルムを購入済みなんですよ(涙)

ちなみに購入したフィルムはコチラ。アマゾンのページで「よく一緒に購入されている商品」として掲載されていたので、そのまま購入しました。

まあ、あっても困るものでもないので、プレゼントでいただいたフィルムは予備として取っておくことにします。ショップの方、ありがとうございます。

ケースの質感や使い勝手はそれなりに満足

商品紹介ページではケースの材質に「Faux Leather」と書かれています。つまり合皮ですね。この値段で本皮であるわけはありませんので、これについては納得ずくです。合皮としては質感は標準的で、特に不満はありません。

ケースには合皮が使われています

ケースには合皮が使われています

内側はブラウンで、端末を収めるケースはブラックでした。なかのケースはホワイトのほうが好みだったかも。

ケースを開いた状態

ケースを開いた状態

フタの部分にはカードを収納できるポケットがあるのですが、留め具にマグネットを使用している関係で、磁気に弱いカード類は入れられません。じゃあなにを入れるのサ? ということなのですが、たとえばポイントカードとかでしょうか。

マグネットを利用した留め具。「パチン」と閉まる瞬間がちょっと気持ちイイ

マグネットを利用した留め具。「パチン」と閉まる瞬間がちょっと気持ちイイ

背面部分はカメラ用の穴が用意されています。写真からではわかりませんが、スタンドとして使うときのために、折り目が付けてありました。

写真ではわかりづらいのですが、背面には折り目が付いています

写真ではわかりづらいのですが、背面には折り目が付いています

P8lite専用ということで、ケースにはピッタリはまりました。でも、やっぱり、色が……。

P8liteをケースにはめたとこと。ホワイトの端末にブラックのケースが目立ちます

P8liteをケースにはめたとこと。ホワイトの端末にブラックのケースが目立ちます

スタンド形状にも変形してみました。変形は簡単なのですが、留め具が画面の上でブラブラするのが気になります。ただしそれも上方向から見た時のことで、目線が画面と同じかやや高い程度であれば、あまり気にならないかもしれません。

スタンドして使用している様子

スタンドして使用している様子

ケースを閉じたときの高さは、実測で16mmでした。手に持ってみると、そこそこの厚みがあります。ですが、ポケットに入れて持ち歩くのでなければ、特に問題はないでしょう。

端末をセットして閉じたときの高さは、実測で16mmでした

端末をセットして閉じたときの高さは、実測で16mmでした

ケースの重さは実測で55gでした。端末と合わせたときの重さは、実測で189g。それほど軽いわけではありませんが、かと言って持ち歩きづらいわけでもありません。個人的には、十分許容範囲内です。

端末との合計重量は、実測で189gでした

端末との合計重量は、実測で189gでした

高級ケースだともっと軽くて質感も高いと思われますが、1000円程度なら十分満足できるクオリティです。しかも、ガラスフィルムも付いてきましたからね(必ずしも付属しているとは限りません)。手帳タイプのケースを試してみたいという人におすすめです。

スポンサーリンク




ガラスフィルムの貼り付けに挑戦

続いてはガラスフィルムです。実は筆者はこれまでガラスフィルムを使ったことがありませんでした。いま使っているiPhone 6 Plusの液晶ディスプレイはむき出しのままです(イザとなったらApple Careという手もあるので)。今回は、はじめてガラスフィルムの貼付けに挑戦します。

ガラスフィルムと付属品

ガラスフィルムと付属品

箱の裏には、貼り付け方法の説明があります

箱の裏には、貼り付け方法の説明があります

そもそもP8liteは元から保護フィルムが貼られているので、ガラスフィルムに変える必要性は特にないかもしれません。ですが、ガラスフィルムは硬度が高くてキズがつきにくく(今回購入したフィルムは硬度9H)、透明度が高いので貼り付けていても気にならないのがメリットです。P8liteをより安心かる快適に使うなら、ガラスフィルムに変えるといいかもしれません。

ということで、元から貼られていたフィルムをはがします

ということで、元から貼られていたフィルムをはがします

はじめてガラスフィルムを使ってみて驚いたのですが、ペラペラと曲がらないぶん、普通のフィルムよりも簡単に貼ることができました。位置を合わせて、上からポトッと落とすだけ。とても簡単です。

接合面のシートをはがして、液晶ディスプレイの上にガラスフィルムを載せます

接合面のシートをはがして、液晶ディスプレイの上にガラスフィルムを載せます

あとは空気が残らないよう、外側へ向けて押し出すように貼っていくわけですが、これも簡単でした。多少空気が残っていても、グッと押し込むことで簡単に外側へ押し出されていきます。これは楽勝! と思いきや……

ホコリが残ってたー(号泣)

ホコリが残ってたー(号泣)

これは渾身の大失敗です。思わずケースのプレゼントでもらったフィルムに変えようかと思いましたが、電源を付けてみたら案外目立たなかったので、このまま使うことにしました。

目立ってないですよね? よね?

目立ってないですよね? よね?

フィルムはさすがに透明感が高く、貼っている感が全然ありません。また指すべりもよく、タッチの感度もバッチリです。これから液晶の保護には、ガラスフィルムを使おうと思います。

ということで今回は、アマゾンで購入した手帳型ケースとガラスフィルムをレビュ-しました。これで合計金額は1789円ですから、かなりお得。満足度もまずまずです。P8lite用にケースとフィルムを検討している方は、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!