【エクセル】Shiftキー+ドラッグでセルを瞬時に削除/挿入できる裏ワザ

WS008413

セルを削除したり挿入する場合、右クリックメニューを使うことが多いでしょう。しかしShiftキーとドラッグ操作を使えば、もっと手早く操作を行なうことが可能です。なお、このワザはExcel 2010/2013で利用可能です。

ドラッグで瞬時にセルを削除する

まずは、削除したいセルをドラッグで選択しましょう。この状態でShiftキーを押しながら選択範囲の右下にマウスカーソルを合わせると、カーソルの絵柄が下の図のように変化します。

Shiftキーを押しながら、選択範囲の右下にマウスカーソルを合わせる

Shiftキーを押しながら、選択範囲の右下にマウスカーソルを合わせると絵柄が変化

Shiftキーを押したまま上方向、または左方向にドラッグすると、選択範囲の色が変化します。

Shiftキーを押したまま、上方向にドラッグ

Shiftキーを押したまま、上方向にドラッグして削除したい部分を再選択する

マウスのボタンを離すと、色の変化したセルが削除されます。

再選択した部分が削除された

再選択した部分が削除された

消したくないセルまで選択範囲に含めてしまった場合、再選択部分を調整することで、消したくない部分を残すことができます。

残したいセルは、再選択しなければOK

残したいセルは、再選択しなければOK


スポンサーリンク




セルを挿入する場合

表に新たなセルを挿入する場合も、Shiftキーを押しながら選択範囲の右下にマウスカーソルを合わせます。

Shiftキーを押しながら、選択範囲の右下にマウスカーソルを合わせる

下方向に挿入したい場合は、セルを横方向に選択。選択範囲は1行だけでも可

Shiftキーを押したままマウスカーソルを下または右方向へドラッグして、選択範囲を追加します。

選択範囲の下にセルを挿入する場合、下方向にドラッグ

選択範囲の下にセルを挿入する場合、下方向にドラッグ

選択範囲の下にセルが挿入されます。

選択範囲を拡張したぶん、セルが挿入される

選択範囲を拡張したぶん、セルが挿入される

上方向や左方向にもセルを挿入することもできますが、ちょっと変わった箇所に挿入されてしまうのでおすすめしません。そのような場合は、右クリックメニューからセルを挿入しましょう。

そのほかのエクセル便利ワザ

【エクセル】セルの幅や高さを変えずにそのままコピーする技
エクセルでセルの幅や高さを変えずにコピーするには、列幅の大きさを反映させてから数値を貼り付ける必要があります。ここでは、その手順を画像付きで詳しく説明しています。
【エクセル】棒グラフの"棒"を色分けする方法
エクセルの棒グラフをキレイに見せる方法のひとつ、「棒グラフの"棒"を色分けする」というワザがあります。このブログでもなんどかこのワザを使ったグラフを掲載していますが、今回はこのテクニックについて紹介します。
【エクセル】セルに数字の「01」や「001」を入力する方法
エクセルでセルに「01」と入力すると、数字が自動的に「1」に変わってしまいます。そこで今回はセルに「01」と表示させる方法を紹介します。
【エクセル】資料の印象がガラリと変わる!エクセルで見た目のいいグラフを作る方法
エクセルでグラフを作った際、なんだか見た目が物足りなく感じたことはありませんか? 標準のグラフは極めてシンプルなデザインですが、ひと手間加えることで見た目の印象が大きく変わります。そこで今回はちょっと手の込んだ横棒グラフの作り方を紹介します。

こちらの記事もおすすめ

Office 365 Solo年間ライセンスの更新方法(2年目以降も使い続ける方法)
Office 365 Soloを2年目以降も使い続けるための、年間ライセンス更新方法について解説します。自動更新を有効/無効に切り替える方法についてもまとめました。
新しくなったAdobe Acrobat Reader DCの使い方やUI、旧バージョンとの違いをチェック
アドビの公式PDFリーダー「Adobe Reader」が「Adobe Acrobat Reader DC」へとバージョンアップしました。新バージョンの主な特徴は、タッチ操作でも扱いやすいユーザーインターフェースが採用された点と、スマホやタブレットとPDFを自動的に同期できるようになった点。そこで今回はユーザーインターフェースの変更点と基本的な使い方を中心に紹介します。
【OCR対応】ワードやパワポに出力できるMS製スキャナアプリ「Office Lens」が便利
マイクロソフトのiOS/Android向けアプリ「Office Lens(オフィスレンズ)」は、スマホやタブレットで撮影した書類を、さまざまな形式の文書に記録できるスキャナアプリです。取り込んだ文書からテキストデータを抽出する「OCR機能」に対応しているほか、ワードやパワーポイントの文書に変換することができます。今回は4月2日に公開されたiOS版のアプリを使って、特徴や使い方を紹介します。
PCで見ていたPDFをそのままスマホで閲覧できるAdobe Acorbat Reader DCのMobile Linkが便利!
「Adobe Reader」からバージョンアップした「Adobe Acrobat Reader DC」には、「Mobile Link(モバイルリンク)」と呼ばれる新機能が追加されました。この機能を利用すると、たとえばPCで見ていたPDFの続きを、スマホで見ることができます。しかも同期が自動的に行なわれるため、クラウドへ保存するなどの作業をユーザー側で行なう必要がありません。今回はこのMobile Linkについて、機能の概要と使い方を紹介します。
【安すぎ!?】オフィス付きで格安なおすすめノートパソコン-ExcelやWordはこれでOK
エクセル&ワード付きノートPCが4万円台から! 最新の価格情報を随時更新中
広い画面で快適作業!10万円以内で買えるフルHD&オフィス付きノートPC
広いデスクトップでワードやエクセルを使いたい人のために、フルHD(1920×1080ドット)の液晶ディスプレイを搭載したオフィス付きパソコンのおすすめモデルを紹介します
スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!