Celeron 1005Mの性能を実機のベンチマークでチェック!

01

Celeron 1005Mを搭載したノートPC「Lenovo G500」を試用する機会があったので、ベンチマークソフトを使ってCPU性能を計測しました。最近の格安ノートPCに使われているこのCPUは、実際にどれほどの性能があるのでしょうか?

試用機はレノボ製ノートPC「Lenovo G500」

今回の試用機「Lenovo G500」

今回の試用機「Lenovo G500」

今回試用したノートPCは、レノボの「Lenovo G500(59409391)」です。知り合いから「5万円くらいでオフィスがついてるノートPCが欲しい」と頼まれたので入手しました。購入価格はOffice Home and Business 2013付きで4万9500円(税込み、送料込み)でしたが、現在は5万円をちょっと超える程度で販売されています。

「Lenovo G500(59409391)」の主なスペック
OS Windows 8.1 64bit
CPU Celeron 1005M(1.9GHz)
メモリー 4GB(最大8GB)
ストレージ 320GB HDD
液晶ディスプレイ 15.6型、1366×768ドット、タッチ非対応
グラフィックス Intel HD Graphics(CPU内蔵)
光学ドライブ DVDスーパーマルチ
無線機能 IEEE802.11b/g/n ※Bluetooth非対応
インターフェース USB3.0端子×2、USB2.0端子×1、アナログRGB端子、HDMI端子、100BASE-TX対応有線LAN端子、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー駆動時間 約4.6時間(JEITA1.0)
本体サイズ 幅377×奥行き250×高さ34mm
重量 約2.6kg
オフィス Office Home and Business 2013
Lenovo G500の基本情報。発売は2014年1月

Lenovo G500の基本情報。発売は2014年1月

レノボと言えば、最近はSurperfishで話題になりました。とりあえずこのPCについてはSuperfishが入っていないことを確認し、さらに不要と思われるプリインストールソフトも削除しています。

Surperfishが含まれていないことを確認済み

Surperfishが含まれていないことを確認済み

ちなみに「Superfish」は、レノボ製PCの一部に含まれていた問題のあるソフトです。もしレノボ製PCを使っているなら、下記の記事を参照してください。

Celeron 1005Mのベンチマーク結果

ちょっと前置きが長くなりましたが、ここから本題に入りましょう。今回はCPUの性能を計測する「CINEBENCH」でテストを行ないました。ほかのベンチマークソフトではメモリー容量やストレージ性能が大きく影響するのですが、このベンチマークではCPUの計算能力が大きく影響するため、ほぼCPUのみの性能と考えていいでしょう。とは言え、ほかのパーツがベンチマーク結果に影響していることもある点を、あらかじめご了承ください。

「CINEBENCH R11.5」ベンチマーク結果

「CINEBENCH R11.5」ベンチマーク結果

「CINEBENCH R15」ベンチマーク結果

「CINEBENCH R15」ベンチマーク結果

参考までに、「Windowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)」については、以下の表のとおりです。

「Lenovo G500(59409391)」のWindowsシステム評価ツールの結果
プロセッサ(CpuScore) 6.1
メモリ(MemoryScore) 5.9
グラフィックス(GraphicsScore) 4.7
ゲーム用グラフィックス(GamingScore) 4.7
プライマリハードディスク(DiskScore) 5.9

ベンチマーク結果を単体で見る限りでは、それほど悪くないスコアだと思います。これはそこそこイイ結果ではないでしょか。もちろん、メールとネット、文書作成程度の作業には、という前提ですが。

ほかのCPUとの性能差は?

今回のスコアを、ほかのCPUと比較してみましょう。Celeron 1005M以外の結果については、海外の情報サイト「Notebookcheck」を参照しています。

「CINEBENCH R11.5」ベンチマークスコア

「CINEBENCH R11.5」ベンチマークスコア

比較対象としては、ノートPCで比較的よく使われるCPUを選んでいます。上記のグラフでは「CINEBENCH R11.5(CPU)」の結果ですが、そのほかのスコアについては以下のとおりです。

Celeron 1005Mと各CPUとの性能差
世代 CINEBENCH R11.5(CPU シングルコア) CINEBENCH R15(CPU) CINEBENCH R15(CPU シングルコア)
Celeron 1005M(Lenovo G500) Ivy Bridge 0.75 128 68
Core i7-5500U Broadwell 1.41 293 123
Core i5-5200U Broadwell 1.16 257.5 106.5
Core i5-4210U Haswell 1.17 237.5 102
Core i3-4005U Haswell 0.76 172 68
Core M-5Y10 Broadwell 0.95 155 79
Celeron N2940 Bay Trail-M 0.42 110.5 35.5
Celeron 2957U Haswell 0.61 105 55
Celeron N2840 Bay Trail-M 0.44 72.5 37.5

初心者やライトユーザーには十分な性能

Celeron 1005MはさすがにCore iシリーズよりも性能が劣りますが、エントリー向けCPUとしては「そこそこ」の性能を持っています。オフィスを使った文書作成や、ブラウザーゲームなどは問題なくできるでしょう。YouTubeの動画視聴も問題ありません。写真のファイル管理までは普通に行なえますが、写真の加工となると少し時間がかかってしまうかもしれません。写真を何枚も加工する、あるいはオンラインゲームをプレーするというのであれば、Core iシリーズ搭載のPCをおすすめします。

Celeron搭載の格安モデルを紹介

ほかの記事では、Celeronシリーズを搭載した格安なノートパソコンを紹介しています。安いパソコンをお探しの方は、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!