ドスパラ GALLERIA GKF1060GF レビュー! GTX1060搭載ノートPCでドン勝は可能か!?

GALLERIA GKF1060GF

ドスパラの「GALLERIA(ガレリア) GKF1060GF」は、dGPU(専用グラフィックス)としてGeForce GTX 1060(6GB)を搭載するゲーミングノートPCです。今回はメーカーからお借りした実機を使って、本体デザインや各部の使い勝手、実際のゲーミング性能などをレビューします。

GeForce GTX 1060搭載

GeForce GTX 1060搭載の「GALLERIA GKF1060GF」

GALLERIA GKF1060GF

GALLERIA GKF1060GF

税込み18万5738円

GALLERIA GKF1060GFのスペック

■GALLERIA GKF1060GFのスペック

CPU Core i7-7700HQ
グラフィックス GeForce GTX 1060(6GB)
メモリー 8GB
ストレージ 250GB SSD(SATA)+1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、非光沢
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0×2、USB3.1 Type-C×1、USB2.0×1、HDMI、Mini DisplayPort、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー 2.7時間
サイズ/重量 幅390×奥行き277×高さ28.8mm/約2.35kg

※2017年7月10日時点のスペック。時期によって変わる場合があります

3Dベンチマーク結果について

GALLERIA GKF1060GFには、モバイル向けのGeForce GTX 1060が搭載されています。同じGeForce GTX 1060でも、デスクトップPC版(Fire Strikeスコア 10,000~11,000)よりは性能がやや低め。とは言うものの、海外の重量級ゲームでも比較的快適に楽しめる性能を持っています。

3DMark

総合的な3D性能を計測する「3DMark」では、以下の表の結果となりました。ノートパソコン向けのミドルレンジGPUということで上位のGTX 1070よりはスコアが低いものの、前世代のデスクトップPC向けであるGeForce GTX 970相当の結果です。ノートPCと言えども、従来ゲーミングPCよりも高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

■GALLERIA GKF1060GFのベンチマーク結果

3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 3660
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 9867
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme(DX11,WQHD) 5167
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra(DX11,4K) 2658
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 24532
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 24301
3dmark icestormIce Storm(DX9) 79309

■ノートパソコン向けGPUの性能

GPU Fire Strikeスコア(平均値)
GeForce GTX 1070
12698
GeForce GTX 1060
9805
GeForce GTX 1050 Ti
6635
GeForce GTX 1050 ※
5455
GeForce GTX 965M
5209
GeForce GTX 960M
3996
GeForce GTX 950M
3007
GeForce 940MX
1709

NoteBookCheckのデータを参照

VR Mark

VR性能を計測する「VR Mark」では、標準的なテストを行なう「Orange Room」で「SUPER」という評価でした。より負荷の高い「Blue Room」では「1838」という結果ですが、現時点でのVRコンテンツは問題なく楽しめます。

VR Markベンチマーク結果

VR Markベンチマーク結果

ゲーム系ベンチマーク結果(国内タイトル)

国内で人気の高いオンラインゲームのベンチマークを試してみたところ、どのテストでもフルHD(1920×1080ドット)でストレスなく楽しめる結果となりました。

FF14ベンチマーク結果 ファイナルファンタジーXIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク
10032(非常に快適) ※平均69.3FPS 1920×1080ドット、標準品質、DirectX 11
ドラクエ10ベンチマーク結果 ドラゴンクエストXベンチマークソフト
16620(すごく快適) 1920×1080ドット、最高品質
06 ドラゴンズドクマオンライン ベンチマークソフト
9646(とても快適) 1920×1080ドット、最高品質
07 PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4
18917 1920×1080ドット、簡易描画設定6(標準画質) ※快適に遊べる目安は5000以上

ゲーム系ベンチマーク結果(海外タイトル)

海外の大作ゲームでゲーム内ベンチマークを試したところ、概ねフルHDの最高画質で問題なくプレーできる結果となりました。最小FPSが60を割り込んでいるものもありますが、画質を調整すればカクつきは目立たなくなるでしょう。

Ghost Recon Wildlandsについては最高画質でかなり重い結果となったものの、プリセットを「中」に変更したところ、平均67.91 FPS(最小55.78 FPS)となりました。

Ghost Recon Wildlands Ghost Recon Wildlands
36.59 FPS (最小31.28 FPS) 1920×1080ドット、画質:ウルトラ
ROTTR Rise of the Tomb Raider
67.78 FPS (最小22.08 FPS) 1920×1080ドット、DirectX 12、最高画質
The Division Tom Clancy’s The Division
※エラーにより計測不可 1920×1080ドット、DirectX 12、最高画質
FarCry Primal Far Cry Primal
59 FPS (最小47 FPS) 1920×1080ドット、画質:最高、HDテクスチャー:オン
GRID Autosport GRID Autosport
91.28 FPS (最小74.9 FPS) 1920×1080ドット、画質:ウルトラ

以上のようにGALLERIA GKF1060GFは、ノートパソコンでありながら非常に高いゲーミング性能を持っています。フルHDで海外ゲームを楽しんだり、VRコンテンツをプレーしたい人におすすめです。

大人気のPUBGをプレーしてみた

今回は特別に、「PUBG」こと「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」を試してみました。このゲームは最大100人のプレーヤーが最後のひとりとなるまで戦い続ける、バトルロワイヤル形式の作品です。いま一番注目されているゲームと言っていいでしょう。

ちなみに最後のひとりとなってゲームに勝利すると「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と表示されることから、ゲームをうまくプレーすることを「ドン勝」ということがあります。

GALLERIA GKF1060GFでPUBGをプレー

GALLERIA GKF1060GFで大人気のPUBGをプレーしてみました

PUBGはまだ開発中のゲームで、プレーの動作環境は確定していません。Steamの作品ページにはCPUやグラフィックスの最低条件が掲載されていますが、まったく参考にならないと言っていいでしょう。実際にはそれなりに高い性能が必要で、なかでも(現在は)CPU性能が重要であるように思います。

画質設定のプリセット

画質設定のプリセットは5段階

今回は解像度1920×1080ドットに、画質を「非常に低」「低」「中間」でFPSを計測してみました。その結果は、以下の表のとおりです。プリセットが「非常に低」でなら60FPSを割り込むことはありませんが、「低」以上に設定すると画面のカクつきを感じるかもしれません。

■PUBGのFPS計測結果

画質 FPS
非常に低 平均82.1 FPS(最小61 FPS)
平均68.8 FPS(最小55 FPS)
中間 平均63.5 FPS(最小45 FPS)

画質

「非常に低」に設定したときの画質

画質

同じ「非常に低」時の画質

高画質のほうがゲームの迫力は増しますが、ドン勝つまりゲームに勝つことが目的であれば画質は重要ではありません。むしろ遠距離の物体や敵にアンチエイリアスがかかると見えづらくなり、プレーが不利になる可能性があります。

GALLERIA GKF1060GFでは最低画質でなんとか常時60FPSオーバーでしたので、プレーには問題ないパフォーマンスと言えるかもしれません。ただし今後のアップデートで重くなる可能性がある点に注意してください。またゲーム中は視界に敵が少ないためFPSがそれほど下がりませんでしたが、ゲーム開始前の人の多いロビー(?)では40 FPS前後まで低下しました。

基本性能のベンチマーク結果

Windows 10の快適さ

Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)
プロセッサ 8.4
メモリ 8.4
グラフィックス 5.9
プライマリハードディスク 8.15

CPUの性能

CINEBENCH R15

CINEBENCH R15ベンチマーク結果

関連記事

ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
実機によるCPUベンチマーク結果を比較 当サイトで実際に計測したCPU性能のベンチマーク結果(「CINEBENCH R15」の「CPU……

ストレージのアクセス速度

CrystalDiskMark

250GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

パソコンとしての総合性能

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

■PCMark 10の結果

総合スコア 4791
App Start-up Score 8706
Video Conferencing Score 6900
Web Browsing Score 6794
Spreadsheets Score 8019
Wiriting Score 6303
Photo Editing Score 5958
Rendering and Visualizetion Score 6951
Video Editing Score 4620

「PassMark PerformanceTest 9.0」ベンチマーク結果

「PassMark PerformanceTest 9.0」ベンチマーク結果

本体の発熱について

ベンチマーク中のCPU/GPU温度を確認したところ、最大で90度を超えていました。パーツはかなり温度が高くなっているようですが、本体の手が触れる場所には大きな影響はありません。

CPUとGPUの最大温度

「3DMark」ストレステスト中のCPUとGPUの最大温度

PCMark 10実行中のCPU/GPUの最大温度

PCMark 10実行中のCPU/GPUの最大温度

本体デザインについて

GALLERIA GKF1060GFの本体カラーはブラックのみ。ゲーミングPCとしてはスタンダードなデザインを採用しています。

本体カラーはブラック

本体カラーはブラック。前面と背面に、アクセントとしてオレンジが使われています

天板デザイン

天板はヘアライン風の加工。中央には「GALLERIA」のロゴが配置されています

本体サイズ

本体サイズは幅390×奥行き277mmです

液晶ディスプレイについて

液晶ディスプレイの解像度は、1920×1080ドットです。TNパネルが使われていますが、格安モデルのような強い青かぶりは感じられませんでした。IPSパネルほど映像品質が高いわけではありませんが、応答速度はIPSパネルよりもTNPパネルのほうが早く、ゲームに向いていると言われています。実際にゲームをプレーしてみましたが、特に気になる部分はありませんでした。

解像度は1920×1080ドット

解像度は1920×1080ドット

映像は若干青かぶりしている

映像は若干青かぶりしているものの、違和感は特に感じませんでした

視野角

視野角は左右85度/上20度/下35度。格安モデルで使われているTNパネルよりは、視野角が若干広めです

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ

キーボードについて

GALLERIA GKF1060GFのキーボードはテンキー付きで、標準的な日本語配列です。Enterキー周辺と一部のキーの配置が特殊ですが、実際に使ってみて特に問題は感じませんでした。始めのうちはタイプミスなどがあるかもしれませんが、使っているうちに慣れるはずです。ただし個人的にはWindowsキーが右側にある点が最後までなじめませんでした。

GALLERIA GKF1060GFのキーボード

GALLERIA GKF1060GFのキーボード

キーボードの気になる部分

Enterキー周辺で一部のキーが隣接しているほか、テンキーはやや小ぶりになっています

キーピッチは実測で19mmと十分なサイズでしたが、テンキーについては実測16mm程度でした。キーストロークは実測で約1.7mm程度です。一般的なノートパソコンよりも、やや深めに感じました。入力時に「タクっ」としたタイプ感はありますが、タッチは全体的に軽め。タイプ音は静かなほうではあるものの、強く打つとそれなりに響きます。たわみはホームポジション周辺のキーでややありましたが、気になるほどではありませんでした。

キーボードバックライト

キーボードバックライトに対応

バックライトのカスタマイズ

バックライトの配色は、標準収録のユーティリティーで変更できます

ボタン類

キーボード右上には電源ボタンと、ユーティリティーボタン、ファンのオン/オフボタン

ファンの動作を細かく設定

標準収録のユーティリティーで、ファンの動作を細かく設定可能

インターフェースについて

インターフェースとしては、USB3.0×2、USB3.1 Type-C×1、USB2.0×1、HDMI、Mini DisplayPort、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力などが用意されています。ゲーミングノートPCとしては、十分豊富な構成であると言えるでしょう。

インターフェース構成

GALLERIA GKF1060GFのインターフェース構成

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部にはHD画質のWebカメラ

サウンドについては、音がやや軽めです。特に中音部の迫力に欠けるように感じました。またゲームなどで高い負荷がかかると、ファンの回転音や通気口からの風切音がけっこう目立ちます。爆音というほどではありませんが、音対策にヘッドセットを着用したほうがいいでしょう。

Sound Blaster Cinema3

Sound Blaster Cinema3の効果で広がりのある音を実現していますが、スピーカーからのサウンドはそれおほどいいわけではありません。ヘッドセットの着用がおすすめです

国内外の人気タイトルを楽しめる性能

ということで、今回はGeForce GTX 1060を搭載するGALLERIA GKF1060GFのレビューをお届けしました。ノートパソコンとしては非常に高いゲーミング性能で、海外ゲームでも十分快適にプレーできます。いろいろなPCゲームを楽しみたい人におすすめです。

国内外で人気のPCゲームを楽しみたい人におすすめ!

GALLERIA GKF1060GFはドスパラの直販サイトで販売されています。購入を検討されている方や納期、支払い方法を知りたい方は、公式サイトをご確認ください。

GALLERIA GKF1060GF

GALLERIA GKF1060GF

税込み18万5738円

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!