GALLERIA XFレビュー & GTX1070のベンチマーク結果を大紹介!! GALLERIA XTとの違いは? – こまめブログ

GALLERIA XFレビュー & GTX1070のベンチマーク結果を大紹介!! GALLERIA XTとの違いは?

galleria xf

ドスパラ(サードウェーブ)の「GALLERIA XF」は、グラフィックス機能としてGeForce GTX 1070を搭載するゲーミングデスクトップPCです。ハイエンドGPUを搭載しているだけあって、ゲームやVRコンテンツを高画質&高解像度で楽しむことが可能。ドスパラのゲームパソコンランキングでは2位にランクインしている人気のモデルです。

GALLERIA XFのココがおすすめ!

  • 準ハイエンドのGeForce GTX 1070を搭載!
  • クアッドコアCPUのCore i7-7700搭載で動画エンコードもサクサク
  • WQHD解像度でもゲームが快適に動く!

今回はメーカーからお借りしたGALLERIA XFを使って、各種ベンチマーク結果や実際のゲームにおける快適さなどをレビューします。

GALLERIA XFのスペック

CPU Core i7-7700 ※いまならCore i7-7700Kに無料アップグレード中
チップセット Intel H270
メモリー DDR4 8GB
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD
グラフィックス GeForce GTX 1070
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0×6(前面2/背面4)、USB2.0×2、DVI、、HDMI、DisplayPort×3、1000BASE-T対応有線LAN、SDメモリーカードスロット、オーディオ端子類
拡張スロット PCI Express x16(1スロット)、PCI Express x4(1スロット)、PCI Express x1(4スロット)
サイズ 幅207×奥行き520.7×高さ450.2mm
重量 約13.9kg
電源 500W 80PLUS BRONZE
付属品 オリジナルゲーミングキーボード、マウスなど
税別価格(4/10時点) 15万9980円(通常価格から1万円引き)

GALLERIA XFはグラフィックスとしてGeForce GTX 1070(以下、GTX 1070)を搭載したモデルです。GTX 1070は現行ラインナップのなかでハイエンドクラスに属するのですが、上位GPUとしてGTX 1080やGTX 1080 Ti、TITAN Xなどが存在することから、「準ハイエンド」と呼ばれることもあります。

準ハイエンドとは言っても、AAAタイトルを高画質&高解像度でストレスなくプレーできるパワーを持っています。4K解像度(3840×2160ドット)はタイトルによって少々厳しい可能性があるものの、フルHD(1920×1080ドット)やWQHD(2560×1440ドット)ではまったく問題ありません。特に今後はWQHDがスタンダードになりそうなので、長期間使える性能を持つという点で、GTX 1070はおすすめです。

CPUには、Kaby Lakeこと第7世代のCore i7-7700が使われています。非常に性能の高いCPUなのですが、いまならさらに上位のCore i7-7700Kに無料でアップグレードできます(2017年4月10日時点)。まさに、いまが買い時と言えるでしょう。

メモリー容量は8GBですが、Core i7-7700とGTX 1070の性能を十分に活かすなら、16GBへのアップグレードをおすすめします。自分で増設してもいいのですが、16GBへのアップグレード代金は税別8980円で、別途メモリーを購入するよりも安くすみます

ストレージは500GB SSDと2TB HDDの構成で、特に問題はありません。ただ、大作ゲームを大量にインストールするつもりなら、セカンドストレージはHDDよりもSSDがおすすめ。ゲームに中のディスクアクセスが高速に行なわれるからです。いま必要ない場合は、あとで自分で追加するのもいいでしょう。

GALLERIA XFに搭載されているGeForce GTX 1070は、現行ラインナップのなかでハイエンドクラスに属するGPUです。ただし上位GPUとしてより高性能なGeForce GTX 1080やNVIDIA TITAN Xなどが存在することから、「準ハイエンド」と呼ばれることもあります。

GALLERIA XFのベンチマーク結果

今回は、GeForce GTX 1070を搭載したGALLERIA XFの2017年モデルを取り上げています。比較用にCore i7-6700を搭載したGALLERIA XFの2016年モデルと、GeForce GTX 1080搭載を搭載したGALLERIA XGのベンチマークもまとめました。旧モデルや上位モデルの比較検討用として参考にしてください。

GALLERIA XF(2017年モデル) GALLERIA XF(2016年モデル) GALLERIA XG
CPU Core i7-7700 Core i7-6700 Core i7-7700
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB) GeForce GTX 1080(8GB)
メモリー DDR4 8GB
ストレージ 500 SSD+2TB HDD 480 SSD+2TB HDD 500 SSD+2TB HDD

3DMarkベンチマーク結果

総合的な3D性能を計測する「3DMark」では、以下の表の結果となりました。2017年モデルと2016年モデルを比べると、CPUがSkylakeからKaby Lakeに変わったことでパフォーマンスがアップしていることがわかります。

3DMarkベンチマーク結果
GALLERIA XF 2017 GALLERIA XF 2016 GALLERIA XG
3dmark-001-timespyTime Spy 5,596 5,745 6,818
3dmark firestrikeFire Strike 15,057 14,308 17,004
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme 7,915 7,776 9,487
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra 4,237 4,200 5,147
3dmark skydiverSky Diver 33,767 31,738 37,238
3dmark cloudgateCloud Gate 31,856 28,830 33,299
3dmark icestormIce Storm 176,372 152,514 173,790

上記の結果を見ると、GTX 1070よりもGTX 1080のほうが優れていることがわかります。しかし劇的に違うというほどではありません。フルHDやWQHDでのプレーであれば、体感的にはあまり変わらないでしょう。その意味で、GTX 1070はGTX 1080よりもコストパフォーマンスが高いと言えます。

FF14ベンチマーク結果

※ここからは、Core i7-6700搭載の2016年のベンチマーク結果です。Core i7-7700搭載の2017年モデルはほぼ同等か、スコアがやや上程度と考えてください。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の結果は以下の表のとおりです。DirectX 9使用時は最高評価の「非常に快適」、DirectX 11使用時は4K(3840×2160ドット)で「とても快適」という評価となりました。

FF14ベンチマーク結果
1920×1080ドット 2560×1440ドット 3840×2160ドット
DirectX 9 17,277(非常に快適)※平均144.2FPS 13,376(非常に快適)※平均106.7FPS 7,076(非常に快適)※平均56.3FPS
DirectX 11 16,035(非常に快適)※平均125.2FPS 11,042(非常に快適)※平均84.4FPS 5,538(とても快適)※平均42.5FPS

FF14ベンチマーク結果

FF14ベンチマーク結果

FF14ベンチ実行時の平均FPSを確認してみると、WQHD(2560×1440ドット)でも平均84.4FPSと非常に優れた結果でした。実は平均60FPSあたりだと一時的にFPSが落ち込んでいることがあるのですが、平均80~90FPS前後なら最低でも60FPSを下回ることがないと言われています。そう考えると、WQHDでFF14を楽しむならGeForce GTX 1070がベストチョイスと言えるでしょう。

FF14ベンチ平均FPS

FF14ベンチ平均FPS

画質を調整すれば、4K解像度でも快適に楽しむことが可能です。この場合、APIをDirectX 9に変更することをおすすめします。

そのほかのゲーム系ベンチマーク

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」ではフルHDと4Kの最高画質でテストを行なったところ、どちらも最高評価の「すごく快適」という結果でした。このベンチマークはCPU性能が高いほうが有利と言われていますが、CPUを上位のCore i7-6700Kに変えても体感速度はおそらく変わらないはずです。

ドラゴンクエストXベンチマークソフトの結果

ドラゴンクエストXベンチマークソフトの結果

「MHFベンチマーク第3弾【大討伐】」ではフルHD/WQHD/4Kのそれぞれで、快適に遊べる目安である「5000」を余裕でクリアーしています。性能的には問題ありませんが、MHFはFPSの上限が30に設定されているため、動きがなめらかになるというほどではない点に注意してください。

MHFベンチマーク第3弾【大討伐】の結果

MHFベンチマーク第3弾【大討伐】の結果

「ドラゴンズドクマオンライン ベンチマークソフト」と「PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4」でも、それぞれ快適にプレーできるスコアが出ています。

06 ドラゴンズドクマオンライン ベンチマークソフト
11524(とても快適) 1920×1080ドット、最高品質
07 PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4
53218 1920×1080ドット、簡易描画設定6(最高画質) ※快適に遊べる目安は5000以上

DirectX 12用タイトルとして「Rise of the Tomb Raider」のベンチマークを試してみたところ、WQHDの最高画質でも平均60FPSを上回りました。ステージによってはFPSが落ち込むこともありますが、このゲームはシビアなタイミング調整が求められるわけではないので、問題ないと思います。同じ意味で、4K解像度でも問題なくプレーできるでしょう。

Rise of the Tomb Raiderのベンチマーク結果

Rise of the Tomb Raiderのベンチマーク結果

DirectX 11使用のGTA5こと「グランド・セフト・オートV」のベンチマークでは、標準画質なら快適に楽しめる結果が出ています。しかし最高画質だとフルHD以外では、ちょっとカクつきが目立つかもしれません。このゲームもなめらかな動きが重要な作品ではありませんので、平均30FPS以上でもなんとか遊べるでしょう。

GTA5ベンチマーク結果

GTA5ベンチマーク結果

VR系ベンチマーク

VR性能のチェックツールでは、VRコンテンツを快適に楽しめる「VRレディ」という評価です。いちおうGeForce GTX 1060(6GB)もVRレディですが、重量級コンテンツが今後登場する可能性があることを考えると、GeForce GTX 1070を選んでおいたほうがいいかもしれません。

VR性能

「SteamVR Performance Test」(左)と「Oculus Rift Compatibility Tool」(右)の結果 ※クリックで拡大

「VRMark」ベンチマーク結果

「VRMark」ベンチマーク結果

オンラインゲームのFPS計測結果

国内で人気のオンラインゲームを実際にプレーしてFPSを計測してみたところ、フルHDやWQHDは問題なくプレーできる結果が出ています。ただし4K解像度の最高画質では、ちょっと厳しい作品もあるかもしれません。

ちなみにPSO2はGPUのDSR機能を使って擬似的にWQHD/4K化したのですが、すべて同じ結果が出ていますので、もしかするとうまく調整できていなかったかもしれません。

オンラインゲーム実プレー時のFPS計測結果

オンラインゲーム実プレー時のFPS計測結果

Battlefield 1のFPS計測結果

「Battlefield 1」はキャンペーンのエピソード2「高き場所の友」から、「TOTAL WAR」の序盤のFPSを計測しています。フィールドが遠方まで描かれている上に、(プリレンダリング後の)最初の30秒間程度はムービーシーンが続くため、操作による誤差があまり生じないと判断したためです。

下のグラフは、1分間のFPSを計測したもの。WQHDの最高画質でも平均FPSが93.4FPSと、非常に優れた結果が出ています。4K解像度では微妙にカクつきが感じられるかもしれませんが、ライトに楽しむには十分な結果です。

Battlefield 1のFPS計測結果

Battlefield 1のFPS計測結果

ただし120Hz/144MHzのゲーミングディスプレーを利用するなら、フルHDにしておいたほうがいいかもしれません。WQHDで高いFPSを出すには画質を下げるか、GeForce GTX 1080以上を選ぶことになりそうです。

DOOMのFPS計測結果

DOOMについては、フルHDならOpenGLでもVulkanでも非常に優れた結果となりました。WQHDでも普通にプレーするにはまったく問題ないのですが、上級プレーヤーなら画質を下げてFPSを向上させる必要がありそうです。

DOOMのFPS計測結果

DOOMのFPS計測結果

ちなみにゲームをカジュアルに楽しむ程度であれば、十分すぎるほどの性能です。ただし、ディスプレーが120Hz以上のリフレッシュレートに対応していたり、G-SYNCに対応していれば、「ヌルヌル」の動きを楽しめるでしょう。筆者はゲームの動きにそれほど強いこだわりはありませんが、ゲーミングディスプレーを使うとなめらかさがまるで異なることに驚いたことがあります。

本格的にゲームをやり込むならGTX1070が最低ライン?

以上のベンチマーク結果から、GeForce GTX 1070はWQHDの高FPSでゲームを楽しみたい人向けであると言えます。個人的には今後WQHDがゲームの標準になると考えていますので、FPSのマルチプレーで勝ちを本気で狙うなら、GeForce GTX 1060よりもGeForce GTX 1070のほうがおすすめです。その意味でGALLERIA XFはゲーム上級者向けで、GALLERIA XTは初心者~中級者向けと言えるのではないでしょうか。

ポイント

  • GeForce GTX 1070搭載のGALLERIA XFはFPS上級者向け
  • GeForce GTX 1060搭載のGALLERIA XTはFPS初心者~中級者向け。またはオンラインRPG向け

GALLERIA XFでゲームを楽しむなら、ぜひゲーミングディスプレーや各種デバイスなどを揃えてとことん楽しんでください。

システム系ベンチマークの結果

GALLERIA XFは、CPUとしてクアッドコアのCore i7-6700を搭載しています。ゲームに限らず、3D制作や動画のエンコード、ゲーム実況や画面の録画などでも大きな力を発揮するでしょう。

標準のメモリー容量は8GBですが、いまなら無料で16GBにアップグレード可能です。また525GBのSSDも無料でもらえるので、総合的には非常に高いパフォーマンスを期待できるでしょう。

GALLERIA XFのポイント

  • CPUはクアッドコアのCore i7-6700
  • メモリーは16GBに無料アップデート中!
  • 525GB SSD(SATA)を無料プレゼント!

さらに高いパフォーマンスを求めるなら、CPUをCore i7-6700Kにアップグレードするのがおすすめです。CPUのクロック(動作周波数)が高くなるぶん、ゲームの快適さは(それほど大きくありませんが)向上します。

また実況や録画を考えているならメモリー容量を32GBに、ゲームを何本もインストールするなら容量の大きいSSDに変更するのも有効です。冷却ファンや電源ユニットをアップグレードすればPCが安定して、常に高いパフォーマンスを発揮できるようにもなります。

各種ベンチマークの結果

CrystalDiskMark

「CrystalDiskMark」による試用機の480GB SSD(左、現在は525GB SSDに増量中)と、2TB HDD(右)のアクセス速度。HDDはゲーム保存用に十分な容量ですが、SSDに変更すれば読み込み時間を短縮できます ※クリックで拡大

「CINEBENCH R15」の結果

「CINEBENCH R15」の結果

「PCMark 8」の「Home accelerated」

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

PCMark上位5%

ベンチマークを実行したパソコンのなかでは、上位5%以内に入る結果とのこと ※クリックで拡大

PassMark PerfomanceTest 8.0

PassMark PerfomanceTest 8.0ベンチマーク結果 ※クリックで拡大

PassMark PerfomanceTest 9.0

PassMark PerfomanceTest 9.0ベンチマーク結果

CPU Mark

PassMark PerfomanceTest 9.0のCPU Mark。上位8%以内の性能で、同じCPUを搭載したモデルの平均値よりも高いスコアが出ています ※クリックで拡大

3D Graphics Mark

PassMark PerfomanceTest 9.0の3D Graphics Mark。グラフィックス性能は上位2%以内ですが、GeForce GTX 1070の平均値よりは若干低めです

パーツの発熱について

GALLERIA XFでベンチマーク中のCPU温度とGPU温度を確認してみたところ、GPUは最高でも65度、CPUは最高51度という結果でした。限界温度までには十分余裕がありますし、熱によるパフォーマンスの低下も見られません。

動作音も控えめで気になるレベルではありませんが、より高い静音性を求めるのであれば、BTOでグレードの高い空冷ファンや電源ユニットを選ぶといいでしょう。

PCMark 8 Creative accelerated実行時のCPUとGPUの最大温度

PCMark 8 Creative accelerated実行時のCPUとGPUの最大温度

3DMarkのFire Strikeでストレステスト実行時の最大温度

3DMarkのFire Strikeでストレステスト実行時の最大温度

FF14ベンチ(DirectX 11)を1時間ループ起動したときの温度とクロック ※クリックで拡大

FF14ベンチ(DirectX 11)を1時間ループ起動したときの温度とクロック ※クリックで拡大

本体デザインと内部レイアウトについて

GELLERIA XFでは、「KTケース」と呼ばれるドスパラオリジナルのミドルタワーケースが使われています。ドスパラのミドルレンジ~ハイエンドゲーミングデスクトップPCでは、おなじみのケースですね。

本体サイズは幅207×奥行き520.7×高さ450.2mmで、重量は13.9kg。比較的大きめの設置場所を用意しておくといいでしょう。大きくて重いのですが、そのぶん拡張性と冷却性能が高いというメリットもあります。

galleria xf

GALLERIA XF本体。PCケースはATXミドルタワーです

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

フロントパネルのインターフェース類は、USB3.0×2、SD/microSDメモリーカードスロット、ライン入力/出力、リセットボタン、電源ボタンの構成

フロントパネルのインターフェース類は、USB3.0×2、SD/microSDメモリーカードスロット、ライン入力/出力、リセットボタン、電源ボタンの構成

背面のI/Oパネル。インターフェース類はPS/2ポート×2、USB3.0 Type-C、USB3.0×2、USB2.0×2、有線LAN端子、オーディオ端子類の構成

背面のI/Oパネル。インターフェース類はPS/2ポート×2、USB3.0 Type-C、USB3.0×2、USB2.0×2、有線LAN端子、オーディオ端子類の構成

映像出力には、GeForce GTX 1070のポートを利用します。出力端子はDisplayPort×3、HDMI、DVIの構成

映像出力には、GeForce GTX 1070のポートを利用します。出力端子はDisplayPort×3、HDMI、DVIの構成

GALLERIA XFの底面部。エアインテーク(通気孔)とインシュレーターにより、効率的なエアフロー(空気の流れ)が確保されています

GALLERIA XFの底面部。エアインテーク(通気孔)とインシュレーターにより、効率的なエアフロー(空気の流れ)が確保されています

左側面のパネルを開けた状態

左側面のパネルを開けた状態

CPUとメモリー。CPUクーラーは標準タイプでした

CPUとメモリー。CPUクーラーは標準タイプでした

CPUの下には、M.2スロット

CPUの下には、M.2スロット

拡張スロットの構成

拡張スロットの構成

CPU回りの空冷ファン

CPU回りの空冷ファン

3.5インチのシャドウベイは合計5つ。そのうち、2つが使われていました

3.5インチのシャドウベイは合計5つ。そのうち、2つが使われていました

5インチドライブベイは合計5つ

5インチドライブベイは合計5つ

マザーボードに取り付けられたGeForce GTX 1070。少しナナメになっているのが気になりますが、動作には影響ありませんでした

マザーボードに取り付けられたGeForce GTX 1070。少しナナメになっているのが気になりますが、動作には影響ありませんでした

GeForce GTX 1070

グラフィックボードにはPalit製「GeForce GTX 1070 Super JetStream」が使われていました

巨大なヒートシンクと銅製のパイプで、いかにも冷えそうな印象です

巨大なヒートシンクと銅製のパイプで、いかにも冷えそうな印象です

本格派ゲーミングPCとしては高いコストパフォーマンス

ということで、今回はGeForce GTX !070搭載のGALLERIA XFについてレビューしました。前述のとおりゲーミングPCとしては申しぶんのないパフォーマンスで、本気で勝ちを狙えるスペックです。

これ以上の快適さを求めるならGeForce GTX 1080を選ぶことになりますが、値段と性能のバランスに優れているのはGeForce GTX 1070だと言って間違いないでしょう。筆者としては、最終的にGeForce GTX 1070とミドルレンジのGeForce GTX 1050 Tiに人気が集まるのではないかと予想しています。

GALLERIA XFはGeForce GTX 1070の値段がこなれてくることで、今後ますます人気が高まると予想されます

GALLERIA XFはGeForce GTX 1070の値段がこなれてくることで、今後ますます人気が高まると予想されます

なおGALLERIA XFは、ドスパラの直販サイトから購入できます。注文してから最短で当日出荷、カスタマイズありでも最短翌日出荷で、スグに手に入るのが魅力。詳しい納期や支払い方法などについては、公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新モデル35%オフ

[PR]2月発売の最新モデルが早くも35%オフで激安販売中! 旧モデルも42%オフでお得
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!