ドスパラ Slim Magnate GE レビュー:超ハイスペックなスリムデスクトップPC

ドスパラ Slim Magnate GE レビュー

ドスパラのSlim Magnate GE(スリム マグネイト ジーイー)は、スリムでパワフルなデスクトップPCです。本体の幅は10cmに満たないにも関わらず、CPUには高性能なCore i7を採用。最大メモリー容量は32GBで複数のストレージを追加できるなど、拡張性の高さも魅力です。

Slim Magnate GEの概要

【主なスペック】CPU:Core i7-8700T / メモリー:8GB / ストレージ :1TB HDD/グラフィックス:Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

今回はメーカーからお借りした実機を使って、Slim Magnate GEの本体デザインや性能などをレビューします。

※現在は第8世代Core i7-8700T搭載モデルが発売されていますが、この記事では第7世代Core i7-7700搭載モデルをレビューしています。新モデルはCPU性能が大きく向上しているものの、基本機能や本体デザインなどはほぼ変わりません(詳細な違いは後述)

Slim Magnate IE

Slim Magnate GE(第8世代)

税込9万円台前半から

スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!
省スペース性の高さで人気のスリム型パソコン(スリム型デスクトップPC)の選び方や、おすすめモデルを詳しく解説します。コンパクトで高性……

Slim Magnate GEのスペック

Slim Magnate GEの基本スペックは以下のとおりです。CPUやグラフィックスについては変更できませんが、メモリー容量・ストレージの種類などをアップグレードできます。

OS Windows 10 Home ※カスタマイズ可
CPU Core i7-8700T
メモリー 8GB(最大32GB)※カスタマイズ可
ストレージ 1TB HDD ※カスタマイズ可、SSD対応、デュアル可
グラフィックス Intel UHD Graphics 630(CPU内蔵)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ ※カスタマイズ可
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN ※無線LANには別途子機が必要
インターフェース USB2.0✕2(背面)、USB3.0✕6(前面✕2+背面✕4)、VGA端子(D-sub15ピン)、DVI、HDMI、有線LAN、PS/2、ヘッドホン出力/マイク入力
拡張スロット PCI Express x16✕1、PCI Express x1✕1
内部I/O SATA 6Gb/s✕4、M.2×1
ドライブベイ 5インチ×2、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×2
電源 300W(80PLUS BRONZE)
サイズ/重量 幅96×奥行き395×高さ330mm/約7kg

※2018年5月13日時点。構成や価格は変更される場合があります

なお標準では無線LANおよびメモリーカードスロットに対応していない点に注意してください。

付属のキーボード

標準付属の日本語キーボード

付属のUSBマウス

付属のUSBマウス

なおこの記事では第7世代Core i7-7700搭載モデルをレビューしていますが、公式サイトでは第8世代Core i7-8700T搭載モデルに変更されています。新モデルと旧モデルでは以下のように細かな部分は異なりますが、本体の外観や内部構造はあまり変わりません。そのため、旧モデルでもある程度は参考になるはずです。※新モデルについてはレビューを検討中です

本体の外観と内部

Slim Magnate GEはスリムタイプのデスクトップPCで、設置スペースが小さくてすむのが大きなメリットです。サイズは幅96×奥行き395×高さ330mm。デスク上に置いてもあまりジャマになりませんが、高負荷時には回転音や排気音が聞こえるので、デスク下に設置することをおすすめします。

前面と背面

フロントパネル(左)とバックパネル(右)

スマホとの大きさ比較

横幅はスマホより少し大きい程度(写真の機種はXperia XZで液晶サイズは5.2インチ)

横向きに設置可能

横向きにも設置可能

光学ドライブ

標準でDVDスーパーマルチドライブを搭載。ブルーレイドライブへのアップグレードに可能です

前面のインターフェース

フロントパネルにはUSB3.0✕2、USB2.0✕2、ヘッドホン出力/マイク入力 ※旧モデルの場合。新モデルではフロントにUSB3.0×2と記載されていますが、製品の写真を見る限りでは合計4ポート存在するようです

スタンド

縦置き時に使用する付属のスタンド

I/Oパネル

背面のI/Oパネル ※旧モデルの場合。新モデルではUSB端子がUSB2.0×2+USB3.0×4に変更され、PS/2端子も1ポートに減っています

背面のネジを外しカバーを取り外すことで、本体内部にアクセスできます。スリムタイプではありますが、内部はそれほど窮屈ではありませんでした。

カバーを取り外した状態

カバーを取り外した状態

CPUとメモリー

CPUとメモリースロット。試用機ではCPUがCore i7-7700Kにアップグレードされており、「静音パックまんぞくコース」による大型のCPUクーラーが取り付けられていました ※旧モデルの場合。新モデルではCPUはCore i7-8700Tです

CPUクーラー

標準構成時のCPUクーラーはこんな感じです ※旧モデルの場合

拡張スロット周辺

拡張スロット周辺 ※旧モデルの場合

ドライブベイは光学ドライブ向けの5インチがひとつ、HDD/SDD向けの3.5インチがふたつ(オープン✕1+シャドウ✕1)の構成です。M.2スロットと併用すれば、3~4台のストレージを搭載できます。

※新モデルではドライブベイが5インチ×2、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×2とされています。ただし本体サイズが変わっていないため、大きなレイアウト変更があったのかもしれません

ドライブベイ用のフレーム

黄色いレバーを動かすことで、ドライブベイ用のフレームを外せます

ドライブベイ

5/3.5インチドライブベイ

シャドウベイ

フレームの裏側にもシャドウベイが用意されています

消費電力と駆動音、CPU温度について


※新モデルではCPUがCore i7-8700Tに変更されているため、消費電力や発熱、駆動音などが大きく変わる可能性があります

高負荷時の消費電力は大きい

Slim Magnate GEの消費電力を計測したところ通常時はそれほど高くありませんでしたが、CPUに高い負荷がかかる動画変換時にはかなり電力が大きくなりました。なお試用機ではCPUをCore i7-7700Kにアップグレードしているため、標準のCore i7-7700であれば消費電力はもう少し少ないはずです。

1分間の平均消費電力

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
22.2W 24W 115.8W 54W

※消費電力の計測方法はコチラ

通常時なら駆動音は気にならない

利用中の駆動音の計測結果は以下のとおりです。動画変換時には駆動音が大きくなりますが、うるさすぎるほどではありません。

駆動音の計測結果

待機中 39.4dBA ファンの回転音がうっすらと聞こえるが、ほとんど気にならない
動画視聴 39.5dBA 同上
動画変換 46.7dBA ファンの回転音と排気音がけっこう目立つ
3Dゲーム 40.7dBA ファンの回転音が少し聞こえる程度

※駆動音の計測方法はコチラ

CPU温度は高め

ベンチマーク中のCPU温度は最大で94度程度でした(限界温度は100度)。高性能なCPUを搭載しているため、高負荷時にはCPU温度がそれなりに上昇します。

CPUの最高温度

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
63℃ 53℃ 94℃ 81℃

※本体温度の計測方法はコチラ

HDD搭載機は起動が遅いときがある

電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまでの時間を計測したところ、以下のような結果となりました。1回目の起動時間が長いのは、直前にシステムの更新があったためです。特に更新などがない場合は、高速スタートアップによって起動時間が大幅に短縮されるようです。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
1分25秒 38.4秒 31.6秒 27.8秒 24.6秒 41.48秒

Slim Magnate GEのベンチマーク結果

※新モデルではCPUがCore i7-8700Tに変更されているため、ベンチマーク結果が大きく変わる可能性があります

今回の検証では、以下のスペックの試用機を使いました。標準構成時とCPUの種類やメモリー容量が異なるため、通常よりも優れた結果が出ているはずです。

試用機のスペック 標準時のスペック
OS Windows 10 Pro Windows 10 Home
CPU Core i7-7700K Core i7-7700
メモリー 16GB 8GB
ストレージ 1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 630(CPU内蔵)

試用機では、ストレージに1TB HDDが使われていました。HDD搭載機はファイルアクセスだけでなくシステムのレスポンスが遅く感じがちですが、高性能CPUと大容量メモリーを搭載している試用機では特にストレスを感じませんでした

CrystalDiskMark

1TB HDDのアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CPU性能は非常に優れています。高度な処理も快適に行なえるでしょう。

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

基本性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」では、パソコン全体のなかで上位31%でした。特にCPUのスコアがずば抜けています。

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」の結果

パソコンを使った作業の快適さを計測する「PCMark 10」でも、優れた結果が出ています。ストレージがHDDでも十分快適ですが、SSDにアップグレードすればより快適に使えるはずです。

作業の快適さを計測する「PCMark 10」

作業の快適さを計測する「PCMark 10」

3D性能は、CPU内蔵のグラフィックス機能としては高めです。中規模クラスの人気ゲームでも、解像度や画質を下げることで(1280✕720ドットの標準画質程度)、問題なく遊べる性能を持っています。

3DMark

3Dゲームの快適さを計測する「3DMark」

動画の変換にかかった時間は以下のとおりです。Core i7-7700よりも1分程度短い結果となりました。動画の編集や変換がメインであれば、Core i7-7700Kのほうが有利です。

動画変換にかかった時間

x264 QSV
7分11秒 4分56秒

ストレージにHDDを使っているにも関わらず、どのベンチマーク結果もかなり優秀です。非常に高性能なCPUを使っている効果が表われているのでしょう。また16GBの大容量メモリーを搭載している点も、理由のひとつと考えられます。CPUにCore i7を選ぶのであれば、16GB以上のメモリーがおすすめです。

普段の作業に最適な高コスパモデル

ということで、今回はCore i7搭載でもスリムなデスクトップPC「Slim Magnate GE」のレビューをお届けしました。

正直なところ、これだけスリムでもパフォーマンスが非常に高い点に驚きました。スリムタイプとしては拡張性も高く、メモリーやストレージなどをガンガン追加できます。大型のグラフィックボードが必要ないなら、これで十分ではないでしょうか。

Slim Mgnate IEまとめ

Core i7搭載で高いパフォーマンス!

標準ではメモリー容量が8GBですが、16GB以上へのアップグレードをおすすめします。Core i5であれば8GBメモリーでも十分ですが、Core i7-7700が必要とされる作業には大容量メモリーを搭載していたほうが有利だからです。特に画像や写真の加工、動画の編集・変換、高度な数値演算などに使うなら、8GBでは少し足りません。さらにシステム用のストレージにSSDを選べば、より快適に使えるはずです。

Slim Magnate GEのまとめ

  • スリムでコンパクト!
  • Core i7搭載でパフォーマンスが高い
  • パーツアップグレードでさらに快適に
  • 無線LAN/メモリーカード非対応

Slim Magnate IE

Slim Magnate GE(第8世代)

税込9万円台前半から

スリム型パソコンおすすめ機種:選び方やデメリットも徹底紹介!
省スペース性の高さで人気のスリム型パソコン(スリム型デスクトップPC)の選び方や、おすすめモデルを詳しく解説します。コンパクトで高性……
※記事中の価格や構成は、記事執筆時のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!