HP Envy 13レビュー 512GB SSD搭載で12万円台の高品質&高性能モバイルノートPC

HP Envy 13

実売9万円台からの高コスパモデル!

日本HPのHP Envy 13(エンビィ13)は、13.3型で解像度1920×1080ドットの液晶ディスプレイを搭載したノートパソコンです。最大の魅力は税込み価格が9万円台後半からとお手頃でありながら、高品質な本体デザインを採用している点。MacBook Air 13インチモデルよりも薄くて軽く、ボディの素材にアルミとマグネシウムを使うことで高い質感を実現しています。

高品質な本体デザイン

低価格でも高品質なデザインを採用

特に注目したいのが、高性能なパーツを搭載した上位モデルです。CPUはCore i5-7200Uでメモリー容量は8GBとハイエンド向けとしては標準的ですが、ストレージには512GBの大容量SSDを採用しています。上位モデルの価格は税込み12万円前後なのですが、この値段で512GB SSD搭載はほかのモデルではあり得ません

512GB SSD搭載

上位のスタンダードモデルには、512GB SSDが搭載されています

■HP Envy 13のポイント

ここがイイ! ここが残念

今回はメーカーからお借りしたHP Envy 13(HP ENVY 13-ad000)について、デザインや使い勝手、実際の性能などをレビューをします。

HP ENVY 13-ad000

HP ENVY 13-ad000

税込9万円代後半(Core i3)

税込12万円前後(Core i5)

軽量スリム&質感が高い

高級感あふれる本体デザイン

HP Envy 13の本体カラーはシルクゴールドのみ。ゴールドと言ってもキンキラキン☆ではなく、華やかでありながらも落ち着いた雰囲気です。ボディの素材には質感と剛性(ねじれに対する強さ)に優れるアルミニウムとマグネシウム合金が使われています。

本体カラー

本体カラーはシルクゴールド

天板のロゴ

天板には高品質モデルにだけ使われるプレミアムマーク

パームレスト

ボディにはアルミ素材を使用。表面には梨地加工風の処理が施されています

HP Envy 13の底面部

底面部は軽くて頑丈なマグネシウム合金

ヒンジ部分は鏡面仕上げで、タッチパッドのフチはダイヤモンドカット加工。この部分のきらめきが、デザインのアクセントとなっています。

ヒンジ部分は鏡面仕上げ

ヒンジ部分は鏡面仕上げ

タッチパッドの処理

タッチパッドの周囲はダイヤモンドカット加工

スリムでコンパクトな13.3型

HP Envy 13は、本体サイズがコンパクトです。A4用紙をひと回り大きくした程度で、標準的なバッグにはすんなり収まります。高さは16mmでスリムな点も魅力。

接地面積

接地面積は幅305×奥行き215mm

サイズ比較

A4用紙よりもひと回り大きい程度

最薄部

最薄部は14mm

最厚部

最厚部は16mm

スリムな印象

実際に手に持つと、けっこうスリムな印象を受けました

重量は1.24kg

カタログ上の公称値では、HP Envy 13の重さは約1.24kgとされています。実際の重さを測ってみたところ、本体のみで1.219kg、電源アダプター込みで1.5kgという結果でした。特別軽いわけではありませんが、気軽に持ち運べる範囲内です。

本体の重量

本体の重量は実測で1.219kg

電源アダプター込み

電源アダプター込みなら1.5kg

持ち歩ける重さ

普通に持ち歩ける軽さです

MacBook Airよりも軽くてスリム

HP Envy 13は、AppleのMacBook Air 13インチモデルよりも薄くて軽量です。それぞれ実物を並べて比べてみましたが、HP Envy 13のデザインもなかなかのもの。詳しくは関連記事をご覧ください。

HP Envy 13とMacBook Air 13

HP Envy 13とMacBook Air 13インチモデルを比較

HP Envy 13とMacBook Air 13どっちを選ぶ? デザインや性能を比較!
日本HPの13.3型モバイルノートPC「HP Envy 13」と、Appleの「MacBook Air 13インチモデル」を比較!

発色がよく高精細な液晶ディスプレイ

13.3型でフルHD

HP Envy 13の液晶ディスプレイは13.3型で、解像度は1920×1080ドット。最近はより解像度の高いモデルもありますが、13.3型ではフルHDがもっとも標準的です。写真は精細に表示されるほか、1画面あたりの情報量も多く、さまざまな作業に向いています。

フルHD

13.3型で1920×1080ドット

スケーリング設定

標準ではデスクトップが150%に拡大表示されていました

ベゼル幅

ベゼル幅は実測で5mm弱

液晶ディスプレイは非常にスリム

液晶ディスプレイは非常にスリム

発色と視野角に優れるIPSパネル

液晶ディスプレイには、自然な発色と高いコントラストが特徴のIPSパネルが使われています。映像の色合いは鮮やかで、違和感を感じません。

IPSパネル

自然な発色のIPSパネルを採用

液晶ディスプレイの表面は、光沢ありのグレアタイプです。光の映り込みはありますが、気になる場合は角度を変えて調整してください。

視野角は広め

視野角は広め

キーボードの完成度はもう少し

テンキーはなし

HP Envy 13のキーボードは、テンキーなしの89キー構成です。キーピッチ(キーとキーの間隔)は18.6mm。理想とされる19mmよりもわずかに狭く、実際に入力してみるとわずかに窮屈さを感じました。

キーボード

キーピッチは18.6mm

キー配列がやや特殊

英数字キーについては標準的な配列で、違和感なく利用できます。しかしキーボード右端に立てに並んだ特殊キーがクセモノ。使い始めのうちはHomeキーとBack Spaceキーを押し間違える場面がたびたびありました。慣れれば普通に使えるようになるかもしれません。

特殊キー

最初のうちは押し間違いが多い特殊キー。いっそのこと、なくても良かったような

バックライトを使わないとキーが見えづらい

キーボードはバックライト付きです。普通は暗い場所で利用する際に点灯するのですが、HP Envy 13はキートップの文字が薄いので、常時点けておいたほうがいいかもしれません。

消灯

バックライトを消した状態

点灯

バックライトを点けた状態

タッチタイピングをマスターしていれば問題はありませんが、キーボードを見ながら打つ人にとっては若干使いづらく感じるでしょう。せめてキーとキーフレームが別の色になっていれば、個々のキーを判別しやすくなるのですが。

タイプ感が軽い

キーストロークは公称値で約1.8mmとされています。実際に使ってみましたが、キー入力時のクリック感がとても軽く、手応えを感じられません。そのせいもあって、ストロークが1.8mmあるようには感じませんでした。またキーを強く押すと、ややたわみが生じます。

電源ボタン

キーボード左上には電源ボタン

端子類は十分な構成

USB 4ポート搭載

インターフェースとしてはUSB3.1 Type-A×2(Gen1)、USB3.1 Type-C×2(Gen1)、microSD/SDHC/SDXC、ヘッドホン出力などが用意されています。13.3型でありながら、4つのUSB端子を利用できるのはなかなか貴重です。ただしUSB3.1と言っても高速なGen2ではなく、USB3.0と同じGen1である点に注意してください。

左側面

左側面にはUSB3.1(Type-A)、ヘッドホン出力、USB3.1(Type-C)、microSDメモリーカードスロット

右側面

右側面にはUSB3.1(Type-C)、USB3.1(Type-A)、電源コネクター

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラ

BANG & OLUFSENのクアッドスピーカー搭載

スピーカーはキーボード上部にふたつ、底面部にふたつ、合計4つ配置されています。スピーカーの数が多いだけあって、サウンドの迫力はなかなかのもの。低音部はそれほどではありませんが、特に中音部のノビがいいように感じました。

キーボード上部に2つのスピーカー

キーボード上部に2つのスピーカー

底面部のスピーカー

底面部の左右にもスピーカーが配置されています

音質については好みがわかれますが、動画の再生程度なら十分楽しめます。個人的には音楽用には少々物足りなく、外付けスピーカーを利用したいところです。

バッテリーは実働14時間

カタログ上の公称値では、バッテリー駆動時間は約14時間とされています。そこで実際の駆動時間を調べるために以下の条件でテストを行なったところ、開始から14時間4分でバッテリー切れとなりました。ほぼ公称値どおりの結果です。

バッテリー駆動時間計測時のテスト条件

  • Windows 10の電源プランを「省電力」に
  • 液晶ディスプレイの明るさを40%に設定
  • 輝度(明るさ)の自動調節機能はオフ
  • 無線LANとBluetoothはオン
  • ボリュームは50%に調整
  • 「BBench」で10秒ごとのキー入力と60秒ごとのWebアクセスを有効化
  • 満充電の状態からテストを行ない、休止状態へ移行するまでの時間を計測
バッテリー残量の推移

バッテリー残量の推移

ただしこのテストは、バッテリーの消費量がかなり控えめです。実際に作業しながらだと、駆動時間はもっと短くなるでしょう。おそらく8時間程度でしょうか。それでも十分なバッテリー性能だと言えます。

Surface Laptopよりも高性能

HP Envy 13のスペック

続いては、HP Envy 13のパフォーマンスについて。今回試用したのはCore i5+8GBメモリー+512GB SSD搭載のスタンダードモデルです。HP Envy 13には2種類のモデルが用意されており、それぞれのスペックは以下の表のとおり。下位モデルでは今回のテストよりも低い結果となる点に注意してください。

■HP Envy 13のスペック

ベーシックモデル スタンダード
OS Windows 10 Home / Pro 64ビット
CPU Core i3-7100U(2.40GHz) Core i5-7200U(2.50GHz)
グラフィックス Intel HD Graphics 610(CPU内蔵)
メモリー 4GB ※オンボード 8GB ※オンボード
ストレージ 256GB SSD 512GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3型、1920×1080ドット、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth v4.2
カメラ 有効画素数92万画素
インターフェース USB3.1(Type-A、Gen1)×2、USB3.1(Type-C、Gen1)×2、USB2.0×2、、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー 約14時間
サイズ/重量 幅305×奥行き215×高さ14~16mm/1.24kg

なおHP Envy 13には、Core i7搭載モデルは用意されていません(2017年9月時点)。Core i5とCore i7で性能が大きく変わるわけではないのですが、少しでも高性能なほうが快適に使えるのでちょっと残念です。

システム情報

試用機のシステム情報

今回は参考までに、Surface Laptopの結果もまとめました。HP Envy 13とはSSDの容量が256GBである点が異なりますが、CPUの種類やメモリー容量は同じです。

Surface Laptop購入レビュー 使ってわかったイイところと残念なところ
Surface Laptop(サーフェス・ラップトップ)のデザインや使い勝手を徹底レビュー!

Windows 10の快適さ

Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)
HP Envy 13 Surface Laptop
プロセッサ 7.6 7.6
メモリ 8.2 7.9
グラフィックス 6.6 6.7
プライマリハードディスク 9 6.75

Windows 10利用時の快適さを診断する「Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)」では、上記の結果となりました。CPUやグラフィックスの性能についてはあまり変わりませんが、メモリーとストレージでけっこう差がついています。体感できるほどではありませんが、Surface Laptopよりもスコアがいい点は評価したいところです。

CPUの性能

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」では、マルチコア性能を表わす「CPU」で「293cb」という結果でした。同じCPUを搭載するSurface Laptopに比べて13%程度スコアが低めです。

CINEBENCH R15ベンチマーク結果
HP Envy 13 Surface Laptop
CPU 293cb 332cb
CPU(シングルコア) 128cb 128cb

日本HPのノートパソコンでは、本体を薄型にする代わりに性能を若干抑えているような傾向が見られます。おそらく内部の熱が上がりすぎないようにするためでしょう。HP Envy 13でもCore i5-7200U本来の性能を出し切れていないように見えます。

ただし性能が変わるのは、マルチコア(マルチスレッド)を利用する場面でのこと。シングルコアのスコアは同じですので、一般的な処理ではそれほどの違いが出るわけではありません。

■(参考)CPUの性能差

名称 開発コード コア数 CINEBENCH R15スコア(平均値)
Core i7-7500U Kaby Lake 2/4
331
Core i5-7200U Kaby Lake 2/4
312
Core i3-7100U Kaby Lake 2/4
233
Celeron 3865U Kaby Lake 2/2
142
ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
ノートPCで使われているCPUのベンチマーク結果をまとめました。CPUの性能を知りたいときにどうぞ

SSDのアクセス速度

CrystalDiskMark

SSDのアクセス速度を計測したところ、HP Envy 13では非常に優れた結果が出ました。ただし出荷タイミングによっては異なるSSDが使われている可能性があります。

CrystalDiskMarkベンチマーク結果
HP Envy 13 Surface Laptop
Seq Q32T1リード 1800MB/秒 653.5MB/秒
Seq Q32T1ライト 1054MB/秒 239.8MB/秒

Surface LaptopでもPCIe接続のSSDが使われているのですが、アクセス速度はグッと落ちています。ちょっとした作業では違いを体感できないかもしれませんが、たとえば大容量ファイルを頻繁に読み書きするような場面ではHP Envy 13のほうが有利です。

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

パソコンとしての総合性能

総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 8」および「PCMark 10」の結果は、以下の表のとおりです。Core i7よりもワンランク下のCore i5でありながら、非常に優れた結果が出ています。3Dゲームや動画のエンコードなどCPU非常に高い負荷がかかる処理でない限り、快適に利用できるでしょう。

注目したいのは、多くのテストでSurface Laptopよりも優れた結果が出ている点です。CPU性能のテストでは劣りますが、総合的な性能ではHP Envy 13のほうが上回っています。ただしSurface LaptopのCore i7モデルでは、より高い結果が出るかもしれません。

PCMark 8 Home acceleratedの結果
HP Envy 13 Surface Laptop
総合スコア 3702 3511
Web Browsing – JunglePin 0.342 s 0.353 s
Web Browsing – Amazonia 0.144 s 0.145 s
Writing 3.66 s 5.08 s
Photo Editing v2 0.174 s 0.180 s
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat encoding v2 46.0 ms 46.3 ms
Casual Gaming 33.5 fps 36.5 fps

PCMark 8 Home acceleratedの結果
HP Envy 13 Surface Laptop
総合スコア 4551 4410
Web Browsing – JunglePin 0.341 s 0.351 s
Web Browsing – Amazonia 0.144 s 0.145 s
Video Chat v2 / Video Chat playback 1 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 2 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat playback 3 v2 30.0 fps 30.0 fps
Video Chat v2 / Video Chat encoding v2 52.0 ms 51.0 ms
Photo Editing v2 0.175 s 0.182 s
Batch Photo Editing v2 14.7 s 15.1 s
Video Editing part 1 v2 9.9 s 11.1 s
Video Editing part 2 v2 16.6 s 17.7 s
Mainstream Gaming part 1 10.1 FPS 10.0 FPS
Mainstream Gaming part 2 5.2 FPS 5.1 FPS
Video To Go part 1 6.1 s 6.8 s
Video To Go part 2 8.9 s 9.4 s
Music To Go 17.02 s 17.60 s

PCMark 10 Extendedの結果
HP Envy 13 Surface Laptop
総合スコア 2271 2176
Essentials 7389 6653
– APP Start-up Score 9546 7591
– Video Conferencing Score 6699 6699
– Web Browsing Score 6309 5791
Productivity 5955 5431
– Spreadsheets Score 6535 6271
– Writing Score 5428 4705
Digital Content Creation 2221 2245
– Photo Editing Score 2673 2641
– Rendering and Visualization Score 1354 1443
– Video Editing Score 3028 2971
Gaming 736 748
– Graphics Score 962 970
– Physics Score 5021 5001
– Combined Score 310 322

3Dグラフィックス性能

3Dパフォーマンス計測する「3DMark」の結果は、以下の表のとおりです。軽めのゲームであれば画質や解像度を調整することである程度プレーできますが、重量級の3Dゲームは厳しいでしょう。

■3DMarkベンチマーク結果

HP Envy 13 Surface Laptop
3dmark firestrikeFire Strike 921 905
3dmark skydiverSky Diver 3946 3458
3dmark cloudgateCloud Gate 6147 5617
3dmark icestormIce Storm 56447 49303

ドラクエ10ベンチ

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」の快適さを計測する「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」では、標準画質であれば快適に遊べるという評価が出ています。Surface Laptopと大きな差がついているのはちょっと意外でした。

ドラクエ10ベンチの結果
HP Envy 13 Surface Laptop
1280×720ドット、標準品質 9079(とても快適)  8101(とても快適)
1920×1080ドット、標準品質 5042(快適)  4886(普通)

FF14ベンチ

「ファイナルファンタジーXIV」のベンチマークでは、一見遊べそうな評価が出ています。ただし理想とされる60FPSには遠く及びません。画面のカクつきがかなり目立つはずですので、プレーは考えないほうが無難です。

FF14ベンチ(1280×720ドット、標準品質)の結果
HP Envy 13 Surface Laptop
FF14 蒼天のイシュガルド(DirectX 9) 2775(やや快適)※平均21.8 FPS  2420(普通)※平均18.6 FPS
FF14 紅蓮のリベレーター(DirectX 11) 2031(普通)※平均12.9 FPS  1708(設定変更を推奨)※平均10.7 FPS

本体の発熱について

ベンチマーク中の内部の温度を計測したところ、CPU温度は最大で83度でした(内蔵グラフィックス機能では最大86度)。CPUの限界温度(100度)まで若干の余裕がありますが、温度は高めです。

PCMark 8

PCMark 8実行時におけるCPUとGPUの最大温度

PCMark 10

PCMark 10実行時におけるCPUとGPUの最大温度

高コスパなモバイルノートPCとして狙い目

ということで、今回は日本HPの13.3型ノートパソコン「HP Envy 13」のレビューをお届けしました。MacBookよりも軽量コンパクトで薄く、Surface Laptopよりも高性能で、なおかつMacBookやSurfaceよりも安いとなれば、心動かされる人は多いのではないでしょうか。

HP ENVY 13-ad000

モバイルノートPCとしてのコスパの高さが魅力!

一般的には性能面は十分なのですが、ちょっと物足りなさを感じる人がいるかもしれません。Core i7や16GBメモリー、より高性能なグラフィックス機能を求めるなら、MacBookやSurfaceシリーズをおすすめします。そこまでの性能を求めないなら、HP Envy 13は十分検討する価値があります。

なおHP Envy 13は、日本HPの直販サイトで販売されています。支払い方法や納期などについては、公式サイトの販売ページでご確認ください。

HP ENVY 13-ad000

HP ENVY 13-ad000

税込9万円代後半(Core i3)

税込12万円前後(Core i5)

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが最大50%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!