ドスパラ GALLERIA ZF レビュー! 第8世代+GTX1070搭載モデルのベンチマーク結果&おすすめカスタマイズを紹介!!

ドスパラ GALLERIA ZF

このたび、ドスパラのハイエンド向けデスクトップPC「GALLERIA(ガレリア) ZF」を購入しました!

GALLERIA ZF

筆者が購入したGALLERIA ZF

主なスペックは、CPUが第8世代のCore i7-8700KでdGPU(専用グラフィックス)がGeForce GTX 1070。メモリーやストレージ、そのほかのパーツについては、いろいろカスタマイズしています。

主なスペック

標準構成 筆者購入機
OS Windows 10 Home Windows 10 Pro
CPU/チップセット Core i7-8700K / Intel Z370 Chipset
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB)
メモリー 8GB 32GB
ストレージ 500GB SSD+2TB HDD 256GB NVMe SSD(Samsung SM961)+500GB SSD
CPUクーラー 空冷 水冷
電源 500W 静音電源(80PLUS BRONZE) オウルテック AS-700(FSP AURUM、80PLUS GOLD)

“主に”仕事で使うメインPCとして、動作の快適さと静かさにこだわりました。GTX 1070を選んだのは、”ときどき”ゲームをプレーするためです。

そこで今回は筆者がパーツを選んだ理由を交えながら、GALLERIA ZFの外観やベンチマークなどについて 盛大に自慢 レビューします。

ドスパラのGALLERIA ZFを選んだ理由

ドスパラ GALLERIAシリーズ

旧PCに限界を感じていた

筆者はこれまで、2年前に購入したCore i7-6700K搭載のデスクトップPCを使ってきました。

CPUの性能的には問題なかったのですが、メモリー容量が16GBだとアドビのPhotoshopやIllustratorが重いんですよね。特に、サイズが大きい画像だと処理の待ち時間が長くなります。そんな理由から、メモリーの増設が必要だと感じていました。

Photoshop

PhotoshopやIllustratorでファイルサイズの大きい画像を扱うには、大容量メモリーが必須

また、Lightroomのカタログ表示や読み込みも極端に遅くなっていました。レビュー用の写真はすべてRAW形式で撮影してから現像しているのですが、保存先がHDDだと読み込みにけっこうな時間がかかります。そのため、作業用にSSDが必要だとも考えていたのです。

Lightroom

Lightroomでの作業にもっとも影響するのは、ストレージ性能ではないかと考えています

あとはGeForce GTX 960じゃ最新ゲームがちょっとキツくなってきたかな、という理由です。ゲームは息抜き程度だからたいした問題じゃないんですけど、アサシンクリード オリジンズとかStar WarsバトルフロントIIなどを、もうちょっと高画質で遊べたらな~ぐらいに考えていました。ゲームは息抜き程度なので、たいした問題じゃないんですけど、ホント。

メモリーとストレージとグラフィックボードを変えればよかった気もしますが、たまたま第8世代のCore i7-8700Kが登場したばかりということもあり、新しいPCを購入することにしました。完全にイキオイですね。

GTX 1070を選んだ理由

もしかしたらいまは他社メーカーでも販売されているのかもしれませんが、「新しいPCを買おう!」と思った時点で、Core i7-8700K+GTX 1070の組み合わせがドスパラのGALLERIA ZFしかありませんでした。というより、見つけられませんでした。

いまはGTX 1070 TiやGTX 1080/1080 Ti搭載モデルが多いんですけど、2018年初頭――おそらく1月頭のCES2018あたり――にはNVIDIAが新しいシリーズを発表するんじゃないかなーと予想していまして。いま現行モデルにA◯K税を払うくらいなら、来年リリースされる新モデルを購入したほうがいいんじゃないかな、と考えたしだいです。

安いのはミドルレンジのGTX 1060ですが、前世代のミドルレンジであったGTX 960が2年くらいで陳腐化してしまいました。結局、ハイエンドのほうが寿命が長いんですよね。ということでハイエンドのなかでも比較的安いGTX 1070を、2~3ヵ月後の買い替え前提で選んだわけです。

ちなみにアドビのソフトを快適に使うだけなら、GTX 1070は必要ありません。GTX 1050 Ti程度で十分でしょう。それよりもメモリー容量やSSDにこだわるべきです。

完全オーダーより安く自作より手間がかからない

ほかのメーカーやショップと比較してみたんですけど、筆者が求めるスペックで一番安かったのがドスパラのGALLERIA ZFでした。ほかのメーカーでは希望するパーツがなかったり、逆にバリエーションは豊富だけど高かったりという感じです。

自作すれば、予算をもっと安く抑えられたでしょう。しかしパーツを買い揃える手間や組み上げにかかる時間、トラブルが起きたときの対処などを考えると、トータルではBTOのほうがお得だというのが筆者の考えです。ただ自作することが好きという人も多いので、このあたりは判断のわかれるところですね。

注文して中二日で到着

7日の夜20時ごろに注文したら、10日の朝10時に届きました。早っ!

ドスパラはカスタマイズありでも、注文から2日で出荷されるとのこと。少しでも早く入手したい人におすすめです。

まずは軽めのベンチマーク結果

システム情報

まだ旧PCからの移行が終わっていないので、軽めのベンチマーク結果を紹介します。いずれほかのゲームやアドビ系ソフトの快適さについてもまとめる予定です。

ちなみにWindows 10 Proを選んだのは、Windows Updateを手動で制御するためです。日中に重要な作業をしているときにWindows Updateが実行されると面倒なので、実行タイミングを夜中に設定しようと考えています。あとHomeにはないグループポリシーエディターを使えると、いろいろと便利ですので。

Core i7-8700Kの性能

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」では、マルチコア性能を表わす「CPU」が「1436 cb」でした。旧世代のCore i7-7700KやCore i7-6700Kと比べて、スコアが大幅にアップしています。さすが6コア/12スレッド!

CINEBENCH R15ベンチマーク結果

CINEBENCH R15ベンチマーク結果

パフォーマンスモニター

Core i7-8700Kは6コア/12スレッドで動作

旧CPUとの違い

CPU CINEBENCH R15 CPUスコア(実測値)
Core i7-8700K
1436
Core i7-7700K
974
Core i7-6700K
880

ストレージのアクセス速度

ストレージにはシステム用にPCIe接続の256GB SSD、ゲームインストール用に500GB SSDを搭載しています。標準では500GB SSD+2TB HDDの構成なので注意してください。

システム用SSDはサムスンのSM961なんですけど、シーケンシャルリードは3300MB/秒と超高速です。SATA接続SSDのおよそ6倍、HDDの33倍!

ストレージのアクセス速度

256GB PCIe SSD(左)と500GB SSD(右)のアクセス速度

システム用SSDにはAdobe Creative CCなど一部のソフトのみをインストールするつもりで、容量を256GBに抑えています。そのほかのソフトやゲームはSATA接続の500GB SSDにインストールする予定です。

SM961

システム用SSDとして利用するサムスンのSM961

500GB SSD

500GB SSDは標準搭載のもの。実機ではCrucialのMX300(525GB)が使われていました

さらに今後、作業データの保存用にSSDをRAID構成で追加しようと考えています。500GB SSD×2をRAID0で構成して、クラウドどNASにバックアップするようなイメージ。速度と冗長性の両立を検討しています。ゲームのセーブデータはクラウドにも保存されるので、ゲーム用SSDをバックアップする予定はありません。

3DMarkベンチマーク結果

総合的な3D性能を計測する「3DMark」では、Fire Strikeで「16080」という結果でした。当サイトで計測した結果と比較すると、Core i7-7700やCore i7-6700搭載機よりも8~10%程度高めです。

3DMarkベンチマーク結果

3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 6078
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 16080
3dmark firestrike extremeFire Strike Extreme(DX11,WQHD) 8158
3dmark firestrike ultraFire Strike Ultra(DX11,4K) 4314
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 41789
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 41576
3dmark icestormIce Storm(DX9) 197278

GTX 1070

実機で使われていたGTX 1070搭載グラフィックボード。メーカーはZOTACで、スペック的にはファウンダーズエディションと同じでした

GPU-Z

GTX 1070の詳細情報

FF14ベンチマーク結果

「ファイナルファンタジー14 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を試したところ、4K解像度なら標準品質でもOK、WQHDなら最高品質でなんとか、という結果でした。フルHDなら超快適です。

FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク結果

解像度 画質 平均FPS
3840×2160ドット 最高品質 35.182 FPS
高品質 41.086 FPS
標準品質 82.016 FPS
2560×1440ドット 最高品質 71.574 FPS
高品質 102.768 FPS
標準品質 129.614 FPS
1920×1080ドット 最高品質 108.337 FPS
高品質 115.965 FPS
標準品質 155.073 FPS

Assassin’s Creed Originsベンチマーク結果

「Assassin’s Creed Origins」のゲーム内ベンチマーク機能でテストしたところ、フルHDの最高画質で平均70 FPSという結果でした。ただし最低FPSでは30を下回っている場合があり、常時60FPS超えには画質をもっとも低い「超低」にしなければなりません。このゲームはかなり重いんですね。

Assassin’s Creed Originsベンチマーク結果

解像度 画質 平均FPS
3840×2160ドット 最高 30 FPS
超高 32 FPS
35 FPS
41 FPS
51 FPS
超低 51 FPS
2560×1440ドット 最高 52 FPS
超高 55 FPS
61 FPS
69 FPS
85 FPS
超低 84 FPS
1920×1080ドット 最高 70 FPS
超高 76 FPS
83 FPS
92 FPS
109 FPS
超低 111 FPS

実際のところ筆者は2560×1440ドットの「高」画質でプレーしていますが、ごくごくまれに「カクっ」と感じる場面があります。ただしそう頻繁ではないので、あまり気になりません。

アサクリオリジンズ

解像度が高いと描写が精細で迫力も増します

フォトモード

NVIDIA Anselのようなフォトモードもあり、カメラをスイスイと快適に動かせます

VRMarkベンチマーク結果

VR性能を計測する「VRMark」では、現在のVRコンテンツを問題なく楽しめる評価が出ました。

■VRMarkの結果

VRMark Orange Room VRMark Orange Room
9853 SUPER(最高評価)
VRMark Blue Room VRMark Blue Room
1745

とりあえず、現在のところベンチマーク結果はこんな感じで。テストが終わりしだい、随時追加する予定です。

外観をチェック

GALLERIA ZFの外観

ここからは、GALLERIA ZFの外観をザックリとレビューします。

インターフェースと通気口について

フロントパネルとバックパネル

フロントパネルとバックパネル

フロントパネルのインターフェース

フロントパネルにはUSB3.0×2、SD/microSDカードリーダー、ヘッドホン出力、マイク入力、電源ボタン

バックパネル

背面のI/OパネルにはUSB3.0 Type-A×5、USB3.0 Type-C×1、有線LAN、オーディオ端子類、PS/2端子など

映像出力端子

映像出力にはグラフィックボードのHDMI、DisplayPort×3、DVIを利用します

本体左側面

本体左側面

サイドパネルの通気口

左側面のサイドパネルには通気口が用意されており、空冷ファンを取付可能です ※今回はファン未搭載

上面の通気口

上面の通気口には、標準搭載の空冷ファンのみ

前面部

前面部の空冷ファン部分には、メッシュ状のパネル

底面部

底面部にも通気口が用意されています。ゴム足は振動を吸収するためと、底面部にスキマを確保することでエアフローを改善することが目的のもの

本体内部のパーツについて

本体内部

左側面のサイドパネルを外した様子

電源

電源は電力効率と熱を考慮して、80PLUS GOLDのオウルテック700W 静音電源を選びました

水冷式クーラー

CPUクーラーは水冷式です。静音性が高く、メンテナンスフリーであるとのこと

メモリースロット

メモリースロットには16GB×2

メモリーはCrucial製

メモリーにはCrucialのCT16G4DFDが使われていました

M.2 スロット

PCIe接続のM.2 SSDはCPUの下

マザーボード

マザーボードはASRock Z370 Pro4

スロット構成

マザーボードのスロット構成。チップセットの下に、2つめのM.2スロットが用意されています

シャドウベイ

シャドウベイは5つ

水冷式クーラーの静音性をチェック

今回はPCの駆動音を押さえるために、水冷式クーラーを採用しました。簡易騒音計で駆動音を計測したところ、これまで使っていた空冷式よりも騒音が低くなっています。PCケースやファンの数なども影響するので単純に比べられるものではありませんが、以前よりも静かになった点には満足しています。

駆動音の計測結果(2017年11月15日計測、室温23度前後)

GALLERIA ZF(水冷式) MDV ADVANCE(空冷式)
電源オフ時 37.5dBA
通常時 50.5dBA 57.2dBA
FF14ベンチ実行時 52.1dBA 58.7dBA

Core i7-8700Kは非常に高性能!

ということで、今回はCPUに第8世代のCore i7-8700Kを搭載したGALLERIA ZFのレビューをお届けしました。まだ本格的に使ってはいませんが、ベンチマークテストでも非常に優れた結果が出ており、どんな作業にしてもサクサクと快適にこなせます。メモリーも大容量ですしストレージも爆速ですので、仕事も大いにはかどるでしょう。ぜひみなさんも今回の記事を参考に、カリカリのチューンナップを検討してみてください。

なお筆者は、GALLERIA ZFをドスパラの公式サイトで購入しました。購入を検討している方や支払い方法などについて知りたい方は、以下のリンクから販売ページをご確認ください。

GALLERIA ZF

GALLERIA ZF

税込み19万9778円から

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!