携帯代節約にピッタリなガラケーGRATINA(KYY06)をレビュー

先日、iPhone4からauのガラケー「GRATINA」へMNPで乗り換えました。乗り換えの理由は、毎月の通信費を2円に抑えるため。家族割による無料通話と通話の受信専用に使っています。

ソフトバンクのiPhone4からGRATINAへ乗り換え。これとは別にiPhone 6 Plusもある

ソフトバンクのiPhone4からGRATINAへ乗り換え。これとは別にiPhone 6 Plusもある


今回は実際に数日間使ってみた感想をレビューします。

スポンサーリンク




デザインはシンプルで操作がわかりやすい

GRATINAの本体サイズは、幅49×奥行き110×厚さ16.5mmです。大きさとしては、標準的なガラケーのサイズだと思います。厚みはそこそこあるものの、全体的な大きさはスマホと比べるとかなりコンパクト。女性や子供でも、難なく扱えるでしょう。

大きさはガラケーとしては標準的。スマホよりは格段に小さい

大きさはガラケーとしては標準的。スマホよりは格段に小さい

液晶ディスプレイを開いた状態

液晶ディスプレイを開いた状態

重さは約119gです。iPhone 6(約129g)よりは軽く、iPhone 5s(約112g)はわずかに重いといったところ。ガラケーとして考えるなら比較的重く、ズッシリとした手応えを感じました。と言ってもそれほど重いわけではなく、この程度なら子供が持つのにも問題ないはずです。

重量は約119g

重量は約119g

側面のボタンは、マナーボタン/カメラ利用時のシャッターボタン兼用の1個だけです。反対側の側面には、充電/データ通信兼用のマイクロUSB端子が用意されています。

左側面のカバーを開けると、マイクロUSB端子を利用できる

左側面のカバーを開けると、マイクロUSB端子を利用できる

なお、GRATINAには充電用のマイクロUSBケーブルが付属していません。Android端末やPC用のケーブルを持っているなら、それを使ってください。持っていない場合は、ひとつ購入しておくといいでしょう。充電だけなら100円ショップや家電量販店で販売されている格安のケーブルでOK。撮影した写真をパソコンに転送することを考えているなら、データ通信に対応した純正ケーブルをおすすめします。

背面にはカメラと簡易ライトが配置されています。カメラの画素数は約800万画素で、解像度は最大3264×2448ドットです。画質についてはそれなりですので、期待しないほうがいいでしょう。スマホを持っているなら、そちらのカメラ機能を使ったほうが無難かもしれません。

背面には800万画素のカメラとLEDランプがある

背面には800万画素のカメラとLEDランプ、おサイフケータイ用のNFCポートがある

カメラの機能は必要最低限といったところ。画質もそれほど高くはない

カメラの機能は必要最低限といったところ。画質もそれほど高くはない

操作ボタン類も標準的な構成なので、特に戸惑うことなく利用できるはずです。我が家では小学4年生と2年生の子供用にあと2台あるのですが、すでに問題なく利用できています。デザインやボタン構成がシンプルだからこそ使いやすいというわけですね。

連続待ち受け時間は最大約1ヵ月! バッテリーが全然減らない!

背面のカバーを取り外すと、バッテリーパックが出てきます。バッテリーは取り外しが可能なので、使っているうちに電池が持たなくなってきたなと感じたら、自分で交換することが可能です(別途バッテリーパックを購入する必要アリ)。

カメラの上にあるスキマから爪などを引っ掛けて、背面のカバーを取り外す

カメラの上にあるスキマから爪などを引っ掛けて、背面のカバーを取り外す

バッテリー容量は1020mAh。経年劣化で容量が減っても、自分で交換できる

バッテリー容量は1020mAh。経年劣化で容量が減っても、自分で交換できる

バッテリーを自分で交換できると言っても、おそらく実際に交換する機会はないでしょう。なぜなら、バッテリー駆動時間がかなり長いから。カタログ上のスペックによると、連続通話時間は約5時間20分で、連続待ち受け時間はなんと710時間! 日数に換算すると、約29.58日です。実際に購入してから数日使ってみましたが、バッテリー残量の目盛りがまったく変わりません。多少使い込んでも、バッテリーの持ちが極端に短くなることは少ないのではないでしょうか。

バッテリーパックの下には、SIMカードとマイクロSDカードを挿入するスロットが用意されていました。SIMカードの形状はマイクロSIMで、メモリーカードはmicroSD/SDHCカード(最大32GB)に対応しています。

バッテリーパックの下には、マイクロSIMカードスロットとマイクロSDカードスロットが用意されていている

バッテリーパックの下には、マイクロSIMカードスロットとマイクロSDカードスロットが用意されていている

試しに64GBのマイクロSDXCカードをセットしてみたところ、正しく認識されなかった

試しに64GBのマイクロSDXCカードをセットしてみたところ、正しく認識されなかった

防水・防じん性能はIPX5/IPX8相当

一括0円(キャッシュバック付き)で購入したので機能については特に期待していなかったのですが、予想以上に機能豊富でした。まず防水・防じん機能としては、IPX5/IPX8相当の防水性能とIP5X相当の防じん性能に対応しています。詳しくは過去の記事を参照してほしいのですが、簡単に説明すると「水流に当たったり一定時間水没しても問題なく、細かな粉やホコリが少しくらい入っても大丈夫だヨ!」ということです。水や粉の中に落としても、すぐに拾い上げれば大丈夫なようですね。

参考リンク

また耐衝撃性能としては、MIL規格に相当するとのこと。MILとは米軍が利用する品物の採用基準で、このことからも頑丈であることがわかります。子供が持ち歩いても、おそらく心配はないでしょう。

ワンセグやおサイフケータイ、赤外線通信にも対応している

さらにGRATINAは、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、GPSなどにも対応しています。ガラケーとしての機能を盛り込んだ、いわゆる「全部入り」と呼ばれるタイプですね。ただしアプリの利用やダウンロードにはパケット通信が必要になる場合もあるので注意してください。私はワンセグは試してみましたが、ほかの機能を使う予定はありません。

GRATINAのメニュー画面

GRATINAのメニュー画面

ワンセグも問題なく視聴できる

ワンセグも問題なく視聴できる

GRATINAにはイヤホンジャックがないので、ワンセグの音は本体のスピーカーから再生されます。電車のなかで視聴したい場合は、Bluetooth対応のヘッドホンを使うか、microUSB端子からイヤホンを使える変換アダプターを利用するといいでしょう。

子供の利用や2台持ちでの運用にも最適!

GRATINAの大きさや重さはちょうどよく、機能もガラケーとしては豊富です。それなりのプランを選べば、これ1台でも問題なく利用できるでしょう。ティーンズモードに設定したり、ネット利用を制限したりすれば、子供用の携帯としても最適です。「子供にスマホはまだ早いかな」と考えているなら、ぜひ検討してみてください。

もちろん、大人が使うのにもピッタリです。特に、スマホやタブレットと一緒に持ち歩く2台持ちのスタイルに最適ではないでしょうか。音声通話が必要なら、定額通話の「電話カケ放題プラン(ケータイ)」がオススメです。GRATINAを一括0円で購入すれば、月々1478円で運用することも可能ですよ!

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!