最安3万6800円の激安ノートPC「HP 14-r200」の本体デザインをチェック!

HP 14-r200

日本HPの「HP 14-r200」シリーズは、14型で解像度1366×768ドットの液晶ディスプレイを搭載したノートパソコンです。パソコンとしての基本性能をしっかり備えつつも、最安モデルで3万6800円(税別、2015年5月末時点)と、非常にリーズナブルな値段で購入できるのが魅力。今回はメーカーからお借りしたCore i3搭載モデル「HP 14-r229TU スタンダードモデル」を使って、本体の外観や各部の使い勝手をレビューします。

2015年12月7日追記
この記事で取り上げている「HP 14-r200」シリーズはすでに販売が終了しており、現在は入手できません。その代わり、より高性能な「HP 14-ac000」や「HP 14-ac100」が販売中です。詳しくは以下の関連記事か、公式サイトの詳細ページをご覧ください。

関連記事

リンク

3~5万円台の多彩なラインナップを用意

今回紹介する「HP 14-r200」シリーズには、CPUやオフィスソフトの種類が異なる8種類のモデルが用意されています。大きく分けるとCPUにCeleron N2840(2.16GHz)を採用した「HP 14-r237TU」とCore i3-4005U(1.70GHz)を採用した「HP 14-r229TU」があり、さらにオフィスの種類として「KINGSOFT Office2013 Standard 」か「Microsoft Office Home & Business Premium」、あるいはオフィスなしのモデルがあります。

HP 14-r200シリーズのラインナップ(2015年5月末現在)
CPU オフィス 税抜き価格 特典 リンク
HP 14-r237TU エントリーモデル(キャンペーンモデル) Celeron N2840 なし 3万6800円 送料無料 HP Directplus(メーカー直販ページ)(販売終了)
HP 14-r237TU エントリーモデル・オフィス付きモデル Celeron N2840 KINGSOFT Office2013 Standard 3万6800円 なし
HP 14-r237TU エントリーモデル・(オフィスキャンペーンモデル) Celeron N2840 Microsoft Office Home & Business Premium 5万1800円 送料無料
HP 14-r229TU スタンダードモデル(キャンペーン) Core i3-4005U なし 4万5800円 送料無料
HP 14-r229TU スタンダードモデル・KSオフィス付きモデル Core i3-4005U KINGSOFT Office2013 Standard 4万7000円 送料無料
HP 14-r229TU スタンダードモデル・オフィスキャンペーンモデル Core i3-4005U Microsoft Office Home & Business Premium 5万9800円 送料無料
HP 14-r237TU
エントリーモデル
Celeron N2840 なし 4万9800円 なし
HP 14-r229TU
スタンダードモデル
Core i3-4005U なし 5万9800円 なし

「HP 14-r237TU」と「HP 14-r229TU」はCPUとメモリー、バッテリー駆動時間が異なる程度で、そのほかのスペックは変わりません。本体の外観についても同じものを使っていますので、試用機の「HP 14-r229TU」を利用して「HP 14-r200」シリーズの外観的な特徴を解説します。

シンプル&コンパクトな本体デザイン

「HP 14-r200」は本体カラーにブラックを採用しており、シンプルなデザインが特徴です。天板部分(液晶ディスプレイの裏側)はツヤのある光沢仕上げ。パールパウダー入りの塗料が使われているため、のっぺりした平坦さはありません。ボディ全体の素材には、ノートパソコンでは標準的な樹脂が使われています。

パールパウダーの細かな光が映える、光沢のある天板デザイン

パールパウダーの細かな光が映える、光沢のある天板デザイン

底面部はつや消しで、標準的な作りです

底面部はつや消しで、標準的な作りです

本体のサイズは幅345×奥行き244×高さ26~28mmです。B4用紙(幅364×奥行き257mm、標準的なノートの見開きサイズ)よりふた回り小さい程度だと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。ノートパソコンで一般的なサイズである15.6型に比べるとかなりコンパクトで、わずかなスペースにも設置できそうです。

パールパウダーの細かな光が映える、光沢のある天板デザイン

接地面積は幅345×奥行き244mm。B4用紙よりもふた回り小さい程度です

ノートパソコンでもっとも多い15.6型と比べると、14型のHP 14-r200はかなりコンパクトです

ノートパソコンでもっとも多い15.6型と比べると、14型のHP 14-r200はかなりコンパクトです

1366×768ドットの液晶ディスプレイの画質をチェック

「HP 14-r200」の液晶ディスプレイはサイズが14型で、ノートパソコンでは一般的な1366×768ドットの解像度を採用しています。画質についてはやや青みがかっている印象を受けました。しかし「コントロールパネル」の「画面の色調整」から色みを調整することで、だいぶ改善されました。色合いが気になるようなら、自分好みの調整するといいでしょう。

標準的な解像度を採用しており、写真も十分な精細さで楽しめます

標準的な解像度を採用しており、写真も十分な精細さで楽しめます

グラデーションの階調表現にも問題ありません ※写真ではわずかにモアレが発生していますが、実際には滑らかに表示されます

グラデーションの階調表現にも問題ありません ※写真ではわずかにモアレが発生していますが、実際には滑らかに表示されます

モノクロのグラデーションも問題ないレベルで表現されています

モノクロのグラデーションも問題ないレベルで表現されています

やや青みがかった色合いは、Windowsの「画面の色調整」機能で変えられます。コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド」→「ディスプレイ」→「色の調整(画面左側)」とクリックすると機能を利用できます

やや青みがかった色合いは、Windowsの「画面の色調整」機能で変えられます。コントロールパネルから「ハードウェアとサウンド」→「ディスプレイ」→「色の調整(画面左側)」とクリックすると機能を利用できます

液晶ディスプレイの視野角についてはそれほど広くはありませんでしたが、十分実用的に使えるレベルです。

液晶ディスプレイを真正面、上下、右側から見たときの映像。

液晶ディスプレイを真正面、上下、右側から見たときの映像(わかりやすくするために複数の写真を合成しています)

液晶ディスプレイの最大角度

液晶ディスプレイの最大角度

違和感なく使える十分な大きさのキーボード

「HP 14-r200」のキーボードはテンキーなしの89キー構成で、標準的な日本語配列を採用しています。キーピッチ(キーの大きさを表わす指針)は18.7mm。デスクトップパソコン向けのキーボード(キーピッチ19mm)よりも0.3mm小さいのですが、十分なサイズで問題なく利用できます。特に縦横のサイズが同じなので、違和感なく自然に入力することが可能です。

HP 14-r200のキーボード

HP 14-r200のキーボード

キーピッチは18.7mmと十分な大きさ。縦横の比率が均一なので、自然な指使いで入力できます

キーピッチは18.7mmと十分な大きさ。縦横の比率が均一なので、自然な指使いで入力できます

キーストロークは約1.5mmと、パソコン全体としてはそれほど深くはありません。一般的にキーストロークの値が大きいほどタイプ感が向上すると言われていますが、「HP 14-r200」にも確かなクリック感があり、キーを押したことをしっかり確認できます。入力時にはわずかに「カチャカチャ」という音がありまずが、気になるレベルではありませんでした。またキーを強く押しこむと若干のたわみが生じますが、普通に利用するぶんには問題ないでしょう。

キーストロークは約1.5mm。ノートパソコンとしては標準的な深さです

キーストロークは約1.5mm。ノートパソコンとしては標準的な深さです

少し気になるのは、Enterキーの右側に、特殊キーが縦に並んでいる点です。はじめのうちは指を動かし過ぎてほかのキーを押してしまうかもしれませんが、慣れれば問題なく利用できると思います。

タッチパッドは、キーボードに対してほぼセンターに配置されています。左側や右側に寄っていると手を大きく動かす必要がありますが、この位置なら手をあまり動かさずに自然な動作で利用できます。左右のボタンはパッド部分から独立しており、誤操作を防ぐ作りです。

タッチパッドはパームレストの中央部分に配置。誤操作の少ない独立ボタンタイプを採用しています

タッチパッドはパームレストの中央部分に配置。誤操作の少ない独立ボタンタイプを採用しています

インターフェース類は十分な構成

周辺機器や外部メディアを利用するためのインターフェース(入出力端子やスロットなど)としては、周辺機器接続用にUSB3.0端子×1、USB2.0端子×2が用意されています。映像出力用の端子はアナログRGBとHDMIの構成です。さらに100BASE-TX対応の有線LAN端子とSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロットにも対応しています。据え置き用で使うスタンダードなノートパソコンとしては、標準的なインターフェース構成です。

本体右側面

本体右側面

本体左側面

本体左側面

本体前面

本体前面

本体背面

本体背面

光学ドライブとして書き込み可能なDVDスーパーマルチドライブを採用しています。市販DVDの再生も可能です

光学ドライブとして書き込み可能なDVDスーパーマルチドライブを採用しています。市販DVDの再生も可能です

タッチパッドの下あたりにSDメモリーカードスロットが配置されています

タッチパッドの下あたりにSDメモリーカードスロットが配置されています

重量は1.94kgで持ち運びには少々厳しい

「HP 14-r200」は机の上に据え置きで使うタイプのノートパソコンです。そのためモバイルノートパソコンよりも重量が重く、持ち運びにはあまり向いていません。カタログ上での重量は約1.94kgとのことですが、実際に計測してみたところやや軽い1.92kgでした。持ち運べない重さではありませんが、一緒に持ち運ぶほかにも荷物が多くなると重さがキツくなる可能性があります。

重量は実測値で1.92kgでした

重量は実測値で1.92kgでした

充電に必要な付属のACアダプターを加えると、重量は約2.2kgに

充電に必要な付属のACアダプターを加えると、重量は約2.2kgに

十分なバッテリー性能でホームモバイルにも最適

続いて「HP 14-r200」のバッテリー性能について見てみましょう。カタログ上のバッテリー駆動時間はCPUにCeleron N2840を搭載した「HP 14-r237TU」で約6時間30分、Core i3-4005Uを搭載した「HP 14-r229TU」で約6時間となっていますが、実際には公称値よりも短くなることがあります。そこでバッテリー駆動時間を計測できる「BBench」を使って、試用機である「HP 14-r229TU」の実際のバッテリー駆動時間を計測しました。なおテストの条件については以下のとおりです。

バッテリー駆動時間のテスト条件

  • Windows 8.1の電源プランを「省電力」に設定
  • 液晶ディスプレイの明るさを40%に変更
  • 無線LAN、Bluetoothをオンに
  • ボリュームは50%に設定
  • 「BBench」による10秒ごとのキー入力と60秒ごとのWebアクセスを有効化

満充電の状態からテストを開始したところ、開始から6時間23分でバッテリー残量が11%ととなり、休止状態へ移行しました。カタログ値の6時間よりも23分長い結果です。そもそも「HP 14-r200」は外出先へ持ち歩くためのモバイルノートパソコンではありませんので、これだけ駆動すれば十分ではないでしょうか。

バッテリー駆動時間の実測値は6時間23分でした

バッテリー駆動時間の実測値は6時間23分でした

なお標準設定ではバッテリー残量が11%に達するとバッテリー切れとなりましたが、電源プランの詳細設定を調整することで、より長く駆動することが可能です。また液晶ディスプレイの明るさをさらに下げたり、ネットを使わないときは無線LANをオフにすれば、さらに駆動時間は伸びるでしょう。本体の重さが約2kgあるので外出先への持ち運びには向いていませんが、自宅のほかの部屋に持ち歩く「ホームモバイル」用途としては十分な性能を持っています。

試用機のバッテリーレポート。設計上のバッテリー容量は39,842mWhと標準的な容量です

試用機のバッテリーレポート。設計上のバッテリー容量は39,842mWhと標準的な容量です

ちなみに「HP 14-r200」はバッテリーが取り外し可能ですので、経年劣化でバッテリー容量が減った場合でも、自分で交換することができます。軽量薄型なモバイルノートパソコンでバッテリーを交換するには高額なメーカー修理扱いになることが多いので、これは大きなメリットだと言えます。

底面部のスイッチを動かすことで、バッテリーを取り外せます

底面部のスイッチを動かすことで、バッテリーを取り外せます

バッテリーユニットには

バッテリーユニットには容量が2620mAhと記されていました

Core i3搭載モデルならメモリー増設で8GBにできる

CPUにCore i3-4005Uを搭載した「HP 14-r229TU」では、底面部のカバーを外すことでメモリーを増設することができます。標準の4GBでも軽めの作業なら問題ありませんが、少し遅いなと感じるようなら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。ただしこの場合、不具合が起きてもメーカー保証外となってしまう点に注意してください。

Core i3搭載モデルの最大メモリー容量は8GBです。背面のカバーを外すことで、自分で交換できます

Core i3搭載モデルの最大メモリー容量は8GBです。背面のカバーを外すことで、自分で交換できます

ちなみに底面部全体を覆うカバーを外そうとしてみたのですが、端子類が複雑に配置されているため、難易度はかなり高めです。パーツの交換に慣れていない人は、カバーを外さないほうが無難だと思います。

低価格モデルながら実用的でしっかりした作り

03「HP 14-r200」の本体デザインや液晶ディスプレイ/キーボードの使い勝手は、標準的なノートパソコンと同等レベルでした。特別使いやすいわけではありませんが、逆に使いづらさを感じることもありません。極めて「普通」のレベルだと思います。

しかし本体価格が3万6800円からの格安なノートパソコンであることを考えれば、十分なコストパフォーマンスを持っていると思います。この値段で普通のパソコンが変えるのは、けっこうスゴイことではないでしょうか。

今回は「HP 14-r200」の外観面について紹介しましたが、ほかの記事ではパソコンとしての性能やマインクラフトがどこまで快適に動くのかなどについて詳しく検証しています。「HP 14-r200」の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

関連記事

なお「HP 14-r200」はメーカー直販のモデルであり、価格やキャンペーン内容はタイミングによって変わることがあります。詳細の確認や商品の購入については、以下のリンクよりメーカーの直販ページをご覧ください。

リンク

  • HP 14-r200(HP Directplus)(販売終了)

2015年12月7日追記
前述のとおり、この記事で取り上げている「HP 14-r200」シリーズはすでに販売が終了しており、現在は入手できません。その代わり、より高性能な「HP 14-ac000」や「HP 14-ac100」が販売中です。詳しくは以下の関連記事か、公式サイトの詳細ページをご覧ください。

関連記事

リンク

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!