ドラクエ10やFF14におすすめ!日本HPの15.6型ノート「HP ENVY 15レビュー」

HP ENVY 15

日本HPの「HP ENVY 15」は、高いスペックと上質なデザインが魅力の15.6型ノートパソコンです。グラフィックス機能として外付けGPUを搭載しているので、ゲームも快適にプレー可能。値段も手頃で、ゲームを楽しめるノートパソコンが欲しい人におすすめです。そこで今回はメーカーからお借りした実機を使って、「HP ENVY 15」の使い勝手や性能についてレビューします。

高級感あふれるシルバーのボディ

「HP ENVY 15」の本体サイズは、幅385×奥行き261×高さ26.5~30.5mmです。大きさとしては、B4サイズ(幅364×奥行き247mm)よりふた回りほど大きい程度。15.6型のノートパソコンとしては標準的な大きさです。天板と底面には一般的な樹脂素材が使われていますが、ツヤ消しのシルバーの本体カラーを採用している影響で高級感を感じさせる作りになっています。

本体サイズは幅385×奥行き261×高さ26.5~30.5mm

本体サイズは幅385×奥行き261×高さ26.5~30.5mm

HP ENVY 15の底面部分。バッテリーは取り外し可能です

HP ENVY 15の底面部分。バッテリーは取り外し可能です

重量は約2.4kgで、15.6型ノートパソコンとしては標準的な重さです。バッテリー駆動時間は約4時間30分とされていますが、大きくて重いので持ち歩きには向いていません。職場や自宅の机の上で使ったり、屋内で持ち歩く「ホームモバイル」用途に向いています。

目が疲れにくく自然な色合いの液晶ディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920×1080ドットです。表面は光沢のないノングレア仕上げで、光の映り込みが少なく、長時間利用しても目が疲れにくいというメリットがあります。光沢ありのグレアパネルに比べるとコントラストがやや低い気もしますが、自然な色合いで写真や動画が美しく映しだされます。

ノングレア加工の影響でコントラストはそれほど高くはありませんが、写真や動画が自然な色合いで映しだされます

ノングレア加工の影響でコントラストはそれほど高くはありませんが、写真や動画が自然な色合いで映しだされます

グラデーションの階調表現もきれいに表示されています

グラデーションの階調表現もきれいに表示されています

視野角も広めでした ※イメージしやすいように複数の写真を合成しています

視野角も広めでした ※イメージしやすいように複数の写真を合成しています

テンキー付きで使いやすいキーボード

「HP ENVY 15」のキーボードはテンキー付きの105キー構成で、標準的な日本語配列を採用しています。キーピッチ(キーの大きさを表わす目安)は18.7mmで、十分なサイズが確保されていました。キーストロークは約1.5mmとノートパソコンとしては標準的かやや浅い程度。キータッチは非常に軽く、長時間利用していても疲れにくいでしょう。

標準的な日本語配列のキーボードを採用。数値入力に便利なテンキーも付いています

標準的な日本語配列のキーボードを採用。数値入力に便利なテンキーも付いています

キーボードベゼルやパームレストにはアルミ素材が使われており、かなり丈夫な作りになっています。ためしにキーを強く押し込んでみましたが、たわみは生じませんでした。マウスの代わりに利用する「コントロールゾーントラックパッド」は十分な大きさで、使いやすく感じます。トラックパッドをスワイプするとチャームバーが表示されるなどのマルチジェスチャーに対応していて便利です。

マルチジェスチャーやスワイプ操作に対応する「コントロールゾーントラックパッド」

マルチジェスチャーやスワイプ操作に対応する「コントロールゾーントラックパッド」

パームレスト左側には、指紋センサーも用意されています

パームレスト左側には、指紋センサーも用意されています

光学ドライブと有線LAN端子を搭載

インターフェースとしては、USB3.0端子×3とHDMI端子、有線LANを用意しています。メモリーカードスロットはSD/SDHC/SDXCカードに対応。無線機能はIEEE802.11a/b/g/n/acの無線LANと、Bluetooth 4.0を利用可能です。Webカメラの画素数は約92万画素になっています。

本体右側面には、左から電源コネクターと有線LAN端子、HDMI端子、USB3.0×2、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロットが用意されています

本体右側面のインターフェースは、左から電源コネクター、有線LAN端子、HDMI端子、USB3.0×2、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロットの構成

左側面にはヘッドホン出力とUSB3.0端子×1、光学ドライブが用意されています

左側面にはヘッドホン出力とUSB3.0端子×1、光学ドライブが用意されています

「HP ENVY 15-k200」には上位モデルの「HP ENVY15-k226TX」と中位モデルの「HP ENVY15-k225TX」、そして下位モデルの「HP ENVY15-k224TX」が用意されています。上位モデルと中位モデルの光学ドライブはブルーレイディスクドライブで、下位モデルではDVDスーパーマルチドライブが採用されています。

使用した中位モデルには、ブルーレイディスクドライブが搭載されていました

使用した中位モデルには、ブルーレイディスクドライブが搭載されていました

普段の作業もゲームも快適にこなせるパワフルな性能

続いて、HP ENVY 15のベンチマーク結果を紹介しましょう。テストに利用したのは中位モデルの「HP ENVY15-k225TX」で、メモリーは8GB、ストレージは1TBのハイブリッドHDD、グラフィックス機能としては外付けGPUのGeForce GTX 850Mを搭載しています。

Windows 8.1の快適さを表わす「Windowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)」の結果は、以下の表のとおりです。

HP ENVY15-k225TXのWindowsエクスペリエンスインデックス
プロセッサ(CpuScore) 7.4
メモリ(MemoryScore) 7.4
グラフィックス(GraphicsScore) 4.9
ゲーム用グラフィックス(GamingScore) 5.4
プライマリハードディスク(DiskScore) 5.9

Windowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)

Windowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)

ストレージのアクセス速度を計測する「CrystalDiskMark」では、シーケンシャルリードが136.4MB/秒という結果でした。キャッシュメモリーを搭載しているだけあって、標準的なHDD(100~110MB/秒程度)よりは高速です。

「CrystalDiskMark」ベンチマーク結果

「CrystalDiskMark」ベンチマーク結果

CPU性能を計測する「CINEBENCH」の結果は以下のとおり。

「CINEBENCH R15」(写真左)と「CINEBENCH R11.5」(写真右)のベンチマーク結果

「CINEBENCH R15」(写真左)と「CINEBENCH R11.5」(写真右)のベンチマーク結果

総合的な性能を計測する「PCMark 8」では、標準的なスコアが出ています。CPUは高性能なのですが、ストレージがハイブリッドHDDであるため、スコアが少し伸び悩んだのかもしれません。

「PCMark 8」の「Home conventinal 3.0」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Home conventinal 3.0」ベンチマーク結果

「Creative conventinal 3.0」ベンチマーク結果

「Creative conventinal 3.0」ベンチマーク結果

「Work conventinal 2.0」

「Work conventinal 2.0」ベンチマーク結果

3D性能計測する「3DMark」では、もっとも負荷の高い「Fire Strike」で「2558」という結果でした。海外の大作3Dゲームをプレーするにはやや厳しい性能ですが、国内向けのオンライン3Dゲームなら快適に遊べるレベルです。

「3DMark」ベンチマーク結果

「3DMark」ベンチマーク結果

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」では、1920×1080ドットの最高画質で「6670」の「快適」という結果でした。「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」では1920×1080ドットの最高画質で「2853」の「やや快適」という結果に。多少の設定変更は必要かもしれませんが、どちらも快適に遊べるレベルです。

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」ベンチマーク結果

「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」ベンチマーク結果

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」ベンチマーク結果

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」ベンチマーク結果

高級感のある手頃なゲーム用ノートパソコン

「HP ENVY 15」は手頃な値段でありながら高級感のあるデザインで、かつゲームを問題なくプレーできるほどの性能を持っています。見た目のいいゲーム用ノートパソコンが欲しい人におすすめします。もちろん、動画編集や写真加工といった負荷の高い作業にも向いています。

追記

この記事で紹介した「HP ENVY 15」はすでに生産が終了し、現在は入手できません。ゲーム向けのノートパソコンとしてはより高性能なGPUであるGeForce GTX 950Mを搭載した「HP Pavilion Gaming 15」が発売されており、ドラクエ10やFF14をプレーするならそちらがおすすめです。詳しくは関連記事または公式サイトの詳細ページをご覧ください。

関連記事

リンク

関連記事

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!