ドラクエ10やFF14はとても快適!GTX 850M搭載HP ENVY 17の性能をベンチマークでチェック!

HP ENVY 17

日本HPの17.3型ノートパソコン「HP ENVY 17 k-200」は、グラフィックス機能として外付けGPU(dGPU)の「GeForce 840M」または「GeForce GTX 850M」を搭載しています。さらにCPUはCore i7-5500U(2.40GHz)でメモリー容量は8GB(最大16GB)と、かなりパワフルな構成です。普段の作業はもちろんのこと、ゲームや動画編集など負荷の高い作業でも快適にこなせる性能を持っています。

そこで今回はメーカーからお借りした「HP ENVY 17 フルHDモデル(HP ENVY 17-k220TX)」(メモリーを16GBに増設済み)を使って、各種ベンチマークの結果や実際の使用感を紹介します。

各モデルと試用機のスペックについて

今回の検証では、「HP ENVY 17 k-200」シリーズの「HP ENVY 17 フルHDモデル(HP ENVY 17-k220TX)」を利用しています。各モデルの主なパーツ構成は、以下の表のとおり。標準のスペックではメモリー容量が8GBになっていますが、試用機では16GBのメモリーが搭載されていました(メモリー容量は購入時の追加オプションで16GBへ増設可能です)。なお、パーツ構成やタイミングによってはベンチマーク結果が異なることがありますので、あらかじめご了承ください。

HP ENVY 17 k-200に用意されているモデル
パフォーマンスモデル・特別モデル パフォーマンス3年保証モデル フルHDモデル・キャンペーンモデル 『ドラゴンクエストⅩ』 推奨パソコン(特別限定モデル) プレミアム・フルHDモデル
型番 HP ENVY 17-k210TX HP ENVY 17-k220TX
税込み合計金額(送料込み) 10万2384円 12万744円 13万2624円 14万3424円 14万3424円
OS Windows 8.1 Update 64bit
CPU  Core i7-5500U(2.4GHz)
メモリー 8GB
ディスプレイ 1600×900ドット、光沢 1920×1080ドット、非光沢
グラフィックス NVIDIA GeForce 840M(2GB) NVIDIA GeForce GTX 850M(4GB)
ストレージ 1TBハイブリッドHDD 256GB SSD(SATA M.2接続)+1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ ブルーレイディスクドライブ
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac
有線LAN 1000BASE-T対応
Webカメラ 92万画素
インターフェース USB3.0×3、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
サイズ 幅422×奥行き281×高さ29.5~32.2mm
重量 2.88kg
バッテリー駆動時間 4時間15分(MobileMark 2012)
保証期間 1年間 3年間 1年間 3年間 1年間
リンク HP ENVY 17-k200 製品詳細(HP Directplus)icon

CPUはBroadwell世代のCore i7-5500U

HP ENVY 17 k-200シリーズでは、CPUにBroadwell世代のCore i7-5500Uを採用しています。2コア4スレッドで動作するデュアルコアCPUで、動作周波数は2.40GHz、最大動作周波数は3GHzです。Ultrabookや薄型ノートパソコン向けのCore i7 Uシリーズのなかでは、いまもっともよく使われています。

動作周波数は2.40GHzで、最大動作周波数は3GHz。2コア4スレッドで動作します

動作周波数は2.40GHzで、最大動作周波数は3GHz。2コア4スレッドで動作します

「CPU-Z」によるCPUの詳細情報。Broadwell-UシリーズのCore i7-5500Uが使われていました

「CPU-Z」によるCPUの詳細情報。Broadwell-UシリーズのCore i7-5500Uが使われていました

「Core i7-5500Uってナニ?」という方やほかのCPUとの違いについて知りたい方は、下記リンクより関連記事をご覧ください。

関連記事

メモリー容量は標準で8GB。最大16GBまで増設可能

メモリー容量は、全モデル共通で8GB。多少重めのソフトも問題なく使える、十分な容量を搭載しています。ただし、ファイルサイズの大きい写真や動画を扱うなら、より多くの容量を搭載していたほうが快適に動作します。液晶ディスプレイの解像度が1920×1080ドットの「HP ENVY 17-k220TX」なら、購入時の追加オプションで16GBメモリーを選択できるので、必要に応じて追加するといいでしょう。解像度が1600×900ドットの「HP ENVY 17-k210TX」は8GBまでなので注意してください。

試用機では16GBメモリーが搭載されていました

試用機では16GBメモリーが搭載されていました

標準で外付けGPUを搭載!

HP ENVY 17 k-200は、標準で外付けGPUを搭載しています。GPUの種類はモデルによって異なり、解像度が1600×900ドットのHP ENVY 17-k210TXでは「GeForce 840M」、解像度が1920×1080ドットのHP ENVY 17-k220TXでは「GeForce GTX 850M」が使われています。

GeForce 840MとGeForce GTX 850Mでは、後者のほうが高性能です。GPUの名前に含まれる「GTX」とは、「ゲームに使えるほどパワフルなGPU」であることを表わしています。名前に「GTX」が含まれないGeForce 840Mでもある程度はゲームを遊べますが、高解像度&高画質でプレーするならGeForce GTX 850Mを搭載したモデルを選ぶべきでしょう。

「GPU-Z」による外付けGPUの詳細情報。試用機ではGeForce GTX 850Mが搭載されていました

「GPU-Z」による外付けGPUの詳細情報。試用機ではGeForce GTX 850Mが搭載されていました

負荷の低い処理のときは、CPU内蔵のIntel HD Graphics 5500が使われます

負荷の低い処理のときは、CPU内蔵のIntel HD Graphics 5500が使われます

なお今回はGeForce GTX 850Mでテストを行なっています。GeForce 840Mについての詳しい情報は、下記のリンクより関連記事を参照してください。

関連記事

上位モデルはSSD+HDDのデュアルストレージ構成

HP ENVY 17-k210TXでは、ストレージに1TBのハイブリッドHDDを採用しています。「ハイブリッドHDD」とはフラッシュメモリ(SSD)とHDDを組み合わせることでアクセス速度を高速にしたHDDのこと。標準的なHDDよりも高速にファイルを読み書きできます。

それに対して上位モデルのHP ENVY 17-k220TXでは、システム用のストレージに256GB SSD、データ保存用のストレージに1TBのHDDを採用しています。SSDはHDDよりも数倍程度アクセス速度が速いのが特徴。その高速なSSDにWindows 8.1をインストールすることで、システムがより快適に動作するようになるのです。

試用機ではADATA社製のM.2接続(SATA)SSD「AXNS381E-256GM-B」が使われていました

試用機ではADATA社製のM.2接続(SATA)SSD「AXNS381E-256GM-B」が使われていました

HDDはHGSTのHTS5410 1TBモデル

HDDはHGSTのHTS5410 1TBモデル

ただしSSDは、容量が256GBしかありません。そのためCドライブに写真や動画を貯めこむと、空き容量がすぐになくなってしまいます。サイズの大きいファイルについては、HDDのDドライブに保存するようにしましょう。

試用機のパーティション構成。Cドライブには237.46GB、Dドライブには912.09GB割り当てられています

試用機のパーティション構成。Cドライブには237.46GB、Dドライブには912.09GB割り当てられています

試用機ではCドライブに196GBの空き容量が残されていました

試用機ではCドライブに196GBの空き容量が残されていました

Dドライブの空き容量は911GB

Dドライブの空き容量は911GB

光学ドライブはモデルによって異なる

下位モデルのHP ENVY 17-k210TXでは、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを搭載しています。上位モデルではブルーレイディスクドライブで、どちらも光学メディアの書き込みに対応しています。

容量が大きく市販メディアの画質がきれいなのは、ブルーレイディスクドライブです。デジタルビデオカメラで撮影したフルHD動画を美しく残すなら、ブルーレイビデオとして保存するのがおすすめ。書き込み可能な容量も大きく、バックアップ用として使うのにも向いています。

試用機では、書き込み可能なブルーレイディスクドライブが搭載されていました

試用機では、書き込み可能なブルーレイディスクドライブが搭載されていました

Windowsエクスペリエンスインデックスの結果は?

ここからはHP ENVY 17-k220TXのベンチマーク結果を紹介しましょう。Windows 8.1の快適さを表わす「Windowsシステム評価ツール(WinSAT.exe)」の結果については、以下の表のとおりとなりました。なお結果をイメージしやすいよう「Windowsエクスペリエンスインデックス」に置き換えています。

HP ENVY 17-k220TXのWindowsエクスペリエンスインデックス
プロセッサ(CpuScore) 7.4
メモリ(MemoryScore) 7.6
グラフィックス(GraphicsScore) 6.2
ゲーム用グラフィックス(GamingScore) 6.2
プライマリハードディスク(DiskScore) 8.1

試用機のWindowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)

試用機のWindowsシステム評価ツールの結果(Windowsエクスペリエンスインデックス)

グラフィックス周りのスコアがあまり高くはありませんが、これはテストにCPU内蔵のIntel HD Graphics 5500が使われているため。実際の性能については、もう少し上と見て構いません。そのほかのスコアについても軒並み高めの結果が出ており、しばらくのあいだはWindows 8.1を快適に使えそうです。

CPU性能はかなり高め

CPU性能を計測する「CINEBENCH」の結果を見てみると、「CPU」のスコアが「279cb」(CINEBENCH R15)と、15W版のUシリーズとしてはかなり高めの結果が出ています。写真の加工や動画編集など、負荷の高い処理でも快適に作業できる性能です。

「CINEBENCH R15」(写真左)と「CINEBENCH R11.5」(写真右)のベンチマーク結果

「CINEBENCH R15」(写真左)と「CINEBENCH R11.5」(写真右)のベンチマーク結果

ストレージは書き込み速度がやや遅い?

ストレージのアクセス速度を計測する「CrystalDiskMark」を試してみたところ、シーケンシャルリードで497.9MB/秒と十分高速な結果となりました。一般的なHDDは100~110MB/秒程度ですので、4.5~5倍程度速いと言えます。

「CrystalDiskMark」によるストレージのアクセス速度計測結果

「CrystalDiskMark」によるストレージのアクセス速度計測結果

ただし、シーケンシャルライトのほうでは282.1MB/秒と、それほど速くはありませんでした。と言っても標準的なHDDの2倍以上のアクセス速度ですので、十分な効果を期待できます。

総合的な性能もかなり高い

「PCMark 8」で3種類のテストを試してみたところ、どれも比較的高めの結果が出ています。どのような用途でも、ストレスなく利用できるでしょう。ちなみにテストのスコアが2700以上であればおおむね高性能であると筆者は考えています。

ネットや写真編集、軽めのゲームなど、日常的な作業の性能を計測する「PCMark 8」の「Home conventinal 3.0」ベンチマーク結果

ネットや写真編集、軽めのゲームなど、日常的な作業の性能を計測する「PCMark 8」の「Home conventinal 3.0」ベンチマーク結果

ゲームやクエ入りティブ系ソフトの快適さを計測する「Creative conventinal 3.0」ベンチマーク結果

ゲームやクエ入りティブ系ソフトの快適さを計測する「Creative conventinal 3.0」ベンチマーク結果

文書作成やビデオチャットなど、ビジネス関連の作業の快適さを計測する「Work conventinal 2.0」

文書作成やビデオチャットなど、ビジネス関連の作業の快適さを計測する「Work conventinal 2.0」

少し気になるのは、一部のベンチマーク中にCPUの温度が80度にまで上昇している点。CPUが高温になるためわずかにサーマルスロットリング(CPUの熱を抑えるために一時的に動作周波数を下げる機能)が発生しているようにも見えますが、下げ幅はほんのわずかですので、それほどの影響はないものと思われます。また熱については排熱が効果的に行なわれていることもあって、本体を触っている限りでは特別熱いとは感じませんでした。

「PassMark」の「PerfomanceTest 8.0」でも、高めの結果が出ています。ゲーム用ノートパソコンには及びませんが、ハイミドルクラス以上の性能だと言っていいでしょう。

総合的な性能を計測する「PassMark」のスコアは「2612.5」

総合的な性能を計測する「PassMark」のスコアは「2612.5」

CPU性能を表わす「CPU Mark」は「4448」でした ※スクリーンショットの撮影に失敗しました……

CPU性能を表わす「CPU Mark」は「4448」でした ※スクリーンショットの撮影に失敗しました……

グラフィックス性能を表わす「3D Graphics Mark」の結果は「1063」

グラフィックス性能を表わす「3D Graphics Mark」の結果は「1063」

3D性能もなかなか良好!国内向けゲームなら問題なし!

総合的な3D性能を計測する「3DMark」では、もっとも負荷の高い「Fire Strike」で「2543」という結果でした。海外の大作3Dゲームをプレーするには3500以上は欲しいので少々厳しい性能ですが、国内向けのオンラインゲームなら問題なくプレーできそうです。

「3DMark」ベンチマーク結果

「3DMark」ベンチマーク結果

ドラクエ10ベンチはフルHDで「快適」

「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン(ドラクエ10)」の快適さを計測する「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」では、1920×1080ドットの標準画質で「7848」の「とても快適」、最高画質で「6759」の「快適」というスコアでした。この結果から、HP ENVY 17-k220TXではドラクエ10をストレスなくプレーできることがわかります。

ドラクエ10ベンチの結果。左が標準品質で、右が最高品質。解像度はどちらも1920×1080ドット

ドラクエ10ベンチの結果。左が標準品質で、右が最高品質。解像度はどちらも1920×1080ドット

FF14ベンチは最高画質で「やや快適」

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」では、解像度1920×1080ドットの標準品質(ノートPC)で「6059」の「とても快適」、1920×1080ドットの最高品質(DirectX 9)で「2871」の「やや快適」という結果でした。最高品質でも問題なくプレーできますが、少しでもスムーズに動かしたいなら標準品質(ノートPC)か高品質(ノートPC)を選んだほうがよさそうです。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」結果(1920×1080ドット、標準品質(ノートPC))

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」結果(1920×1080ドット、標準品質(ノートPC))

最高品質(DirectX 9)では「やや快適」という結果に

最高品質(DirectX 9)では「やや快適」という結果に

そのほかの結果については、以下の表のとおりです。標準的なDirectX 9よりも負荷の高いDirectX 11ではスコアがやや低くなっていますが、細かな画質調整を行なうことで快適にプレーできるものと思われます。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の結果(解像度1920×1080ドット)
DirectX 9 DirectX 11
標準品質(ノートPC) 6059(とても快適) 4922(快適)
高品質(ノートPC) 3801(快適) 3499(やや快適)
最高品質 2871(やや快適) 2453(普通)

PSO2は問題なくプレー可能!

「ファンタシースターオンライン2」の快適さを計測する「PSO2キャラクタークリエイト体験版」では、解像度1920×1080ドットのウィンドウ表示で、簡易描画モード「3(標準画質)」の結果が「5134」、簡易描画モード「5(最高画質)」で「3177」という結果でした。

「PSO2キャラクタークリエイト体験版」ベンチマーク結果。左が簡易描画モード「3」で、右が簡易描画モード「5」

「PSO2キャラクタークリエイト体験版」ベンチマーク結果。左が簡易描画モード「3」で、右が簡易描画モード「5」

簡易描画モード「5」の最高画質では、標準的な動作が見込めるが設定変更でより快適になるという評価が出ていますが、ベンチマーク中はおおむね60FPS以上出ていました。ただキャラクターが多くなるとFPSが60を切る場面もあったので、このような評価となったのでしょう。実際には最高画質でも十分快適に遊べる範囲だと思います。

実際のバッテリー駆動時間は4時間55分

HP ENVY 17 k-200シリーズのバッテリー駆動時間は、カタログ上の公称値で4時間15分(MobileMark2012使用時)とされています。実際の利用では駆動時間が異なる場合もあるため、無線LAN経由でネットにアクセスし続けたときの駆動時間を計測しました。テスト条件については下記の通り。満充電の状態からテストを開始したところ、4時間55分でバッテリー残量が6%に達し休止状態へ移行しました。持ち運び向けではないものの、これだけ駆動すれば十分な結果だといえるのではないでしょうか。

バッテリー駆動時間のテスト条件

  • Windows 8.1の電源プランを「省電力」に設定
  • 液晶ディスプレイの明るさを40%に変更
  • 無線LAN、Bluetoothをオンに
  • ボリュームは50%に設定
  • 「BBench」による10秒ごとのキー入力と60秒ごとのWebアクセスを有効化

ちなみに試用機のバッテリーレポートを確認すると、設計上の(バッテリー)容量は43,680mWhでした。標準(およど36,000~38,000mWh)よりは容量が大きいため、そのぶん長く駆動したものと思われます。

試用機のバッテリーレポート

試用機のバッテリーレポート

性能と価格のバランスに優れた名機

HP ENVY 17 k-200シリーズのなかでも外付けGPUにGeForce GTX 850Mを搭載したHP ENVY 17-k220TXをゲーム用ノートパソコンとして見た場合、必ずしも最高性能モデルとは言えません。しかし、ドラクエ10やFF14をプレーするにはまったく問題ない性能を持っています。それでいて価格は税込み13~14万円程度と、比較的お手頃です。性能と価格のバランスに優れたモデルと言えるでしょう。

ドラクエ10やFF14を快適に遊べるノートパソコンが欲しいなら、HP ENVY 17-k220TXを選んでおけば間違いありません。液晶ディスプレイのサイズも17.3型と大きく、迫力のある画面でゲームを楽しめます

今回は、HP ENVY 17 k-200シリーズのスペックや性能について解説しました。ほかの記事ではデザインや各部の使い勝手、実際のゲームプレーなどについても紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

2015年6月21日 追記
2015年6月15日公開した「GTX 850M搭載のHP ENVY 17でマインクラフトを試す!FPSは50前後でなかなか快適!」において、本来の性能とは異なる可能性のある結果を掲載しておりました。そのため当該記事を非公開としています。読者の方々ならびに関係者のみなさまに、深くお詫び申し上げます。

なおHP ENVY 17 k-200は、日本HPの直販サイト「HP Directplus」限定販売のモデルです。より詳細なスペックや製品の購入については、下記リンクよりメーカーの製品紹介ページをごらんください。

リンク

  • HP ENVY 17-k200 製品詳細(HP Directplus) (販売終了)

追記

この記事で取り上げた HP ENVY 17-k200は2015年10月に販売が終了され、現在は入手できません。同じサイズの17.3型ノートパソコンとしては、CPUやグラフィックス性能が大きくパワーアップした「HP ENVY 17-n100」が販売されています。また15.6型のゲーム向けノートパソコン「HP Pavilion Gaming 15」も販売中です。ドラクエ10やFF14用にノートパソコンをお探しの方は、関連記事または公式サイトの詳細ページをご覧ください。

関連記事

リンク

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!