PC版GTA5のベンチマークをGTX980搭載のHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTで試してみました!

GTA5

PC版の「GTA5」こと「Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オート5)」を快適にプレーするには、高性能なGPUとCPUが必要だと言われています。そこでCore i7-4790KとGeForce GTX 980を搭載した日本HPのゲーミングデスクトップパソコン「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」を使って、GTA5がどれだけ快適に動作するのかを検証しました。

HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT

検証にはメーカーからお借りした「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」を使用しています

なお試用機のスペックや外観については、ほかの記事で詳しく紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

関連記事

ベンチマーク時のグラフィックス設定について

今回の検証では標準のグラフィックス設定と、「NVIDIA GeForce Experience」で最適化したグラフィックス設定のふたつのパターンでベンチマークを行なっています。それぞれの設定内容は下記の表のとおりです。

ちなみに「NVIDIA GeForce Experience」を利用すると、パソコンのスペックに合わせた推奨設定に自動的に変更されます。しかし「MSAA」など一部の項目がオフになっていることからわかるように、最高画質には設定されませんでした。GeForce GTX 980でも、最高画質でのプレーにはパワーが足りないということです。

スペックに合わせて

スペックに合わせてグラフィックス設定を最適化する「NVIDIA GeForce Experience」

ベンチマーク時のグラフィックス設定
標準設定時 GeForce Experience最適化時
ビデオメモリ 2357MB/4095MB 3325MB/4095MB
推奨上限を無視 オフ オフ
DirectX バージョン DirectX 11 DirectX 11
スクリーンタイプ フルスクリーン フルスクリーン
解像度 1920×1080 1920×1080
縦横比 自動 自動
リフレッシュレート 60Hz 60Hz
出力モニター 1 1
FXAA オン オン
MSAA オフ オフ
NVIDIA TXAA オフ オフ
垂直同期 オフ オフ
フォーカスの喪失時にゲームをポーズ オン オン
人口密度 最大 最大
歩行者の種類 最大 最大
距離の拡大縮小 最大 最大
テクスチャ 超高 超高
シェーダー 超高 超高
シャドウ 超高
リフレクション 超高 ウルトラ
リフレクションMSAA オフ オフ
ウォーター 超高
パーティクルの精密度 超高 超高
草の精密度 超高
ソフトシャドウ ソフト(強) NIVIDIA PCSS
精細度 超高 超高
モーションブラー度合い オフ オフ
ゲーム内での背景ぼかし オン オン
異方性フィルタリング X16 X16
アンビエントオクルージョン
テッセレーション
ロングシャドウ オフ オン
高解像度車道 オフ オン
飛行中の高精細ストリーミング オフ オン
距離の拡大縮小幅増加 オフ 最大
拡張陰影距離 オフ 最大
フレーム計測モード オフ オフ

表の赤い字で書かれた部分は、標準設定時と最適化時で異なる部分です。「ロングシャドウ」や「高解像度車道」など表の下部にある6項目は「高度なグラフィックス」に分類される設定項目で、このオプションを変更するとパフォーマンスが大きく低下する場合があります。ただし「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」では推奨設定としてすべて有効になっていました。

標準時の「高度なグラフィックス設定」

標準時の「高度なグラフィックス」設定

最適化後の「高度なグラフィックス」設定

最適化後の「高度なグラフィックス」設定

なお標準設定の内容は、スペックによって変更される場合があります。今回はCore i7-4790KとGeForce GTX 980を搭載した「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」でこの内容ということです。

標準設定時の平均FPSは100以上!

では実際のベンチマーク結果をご覧いただきましょう。検証にはゲーム内蔵のベンチマークテストを利用しています。テストは「Pass 0~4」の全部で5種類のシーンに分かれており、それぞれでFPSの最小値、最大値、平均値が算出されます。「Pass 0~3」は風景の昼夜が変わる程度で、リアルタイムレンダリングのムービーシーンを想定しているようです。実際のゲームプレーに近いのは「Pass 4」で、戦闘機や車で移動しているシーンが描かれます。なので、「Pass 4」の結果をメインに捉えるといいでしょう。

「Pass 0」のシーン ※クリックで1920×1080ドットの画像が表示されます(以下、同様)

標準設定時「Pass 0」のシーン ※クリックで大きな画像が表示されます。1920×1080ドットの実サイズで確認する場合は、画像を新しいタブで開いてください(以下、同様)

「Pass 1」のシーン

標準設定時「Pass 1」のシーン

標準設定時「Pass 2」のシーン

標準設定時「Pass 2」のシーン

標準設定時「Pass 3」のシーン

標準設定時「Pass 3」のシーン

標準設定時「Pass 4」のシーン

標準設定時「Pass 4」のシーン

標準設定時のFPS計測結果
最小 最大 平均
Pass 0 5.13 130.51 100.05
Pass 1 23.38 157.31 94.44
Pass 2 21.19 153.62 94.64
Pass 3 35.44 170.94 117.16
Pass 4 21.66 182.49 94.88

「Pass 0~4」のFPSを平均すると、100FPS以上出ています。実際のゲームプレーに近い「Pass 4」でも平均94.88FPSと、かなり高めの結果です。シーンによってはFPSが下がることもありますが、おおむね快適にプレーできると言っていいでしょう。

グラフィックス設定最適化時は平均60FPS以上!

続いては、「NVIDIA GeForce Experience」で最適化したグラフィックス設定での結果です。標準設定に比べてFPSが大きく下がっているものの、全体的な平均で60FPS以上はキープしています。正直なところ、標準設定時の画面と比べてもパッと見では違いがそれほどわかりませんでした(涙)。

最適化時「Pass 2」のシーン

最適化時「Pass 1」のシーン

最適化時「Pass 2」のシーン

最適化時「Pass 2」のシーン

最適化時「Pass 3」のシーン

最適化時「Pass 3」のシーン

最適化時「Pass 4」のシーン

最適化時「Pass 4」のシーン

GeForce Experience最適化時のFPS計測結果
最小 最大 平均
Pass 0 6.84 85.11 68
Pass 1 20.5 92.69 58.66
Pass 2 22.31 123.45 54.97
Pass 3 25.76 149.39 84.97
Pass 4 17.37 117.43 68.29

実際のゲームプレーは非常に快適!

最適化後のグラフィックス設定でゲーム本編をプレーしてみたところ、非常に快適でヌルヌル動きます。さすがはGeforce GTX 980搭載マシンといったところです。ほかのGPUでも画質を下げれば60FPS以上でプレーできるでしょうけれども、高画質(最高画質ではありませんが)でストレスなくプレーするなら、Geforce GTX 980を選びたいですね。いま購入すれば、今後2~3年は最新ゲームを最高レベルの画質で楽しめるはずです。

プロローグでのプレー画面

プロローグでのプレー画面

ストーリーミッション中の画面

ストーリーミッション中の画面

ということで、今回は「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」でGTA5のベンチマークを試した結果について紹介しました。ほかの記事ではスペックや外観などについて詳しく紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてください。

関連記事

なお「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」は日本HPの直販サイト「HP Directplus」限定販売のモデルです。モデルの詳細や価格については、下記リンクよりメーカーの直販サイトでご確認ください。

  • HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT 製品詳細

追記

記事で取り上げたHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTは、2015年8月をもって販売が停止されています。現在はより高性能なモデルが販売されていますので、購入を検討されている方はそちらをご覧ください。

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!