GTX980でマインクラフトの影MODを試す!さらにデュアルディスプレイ化でもはや別作品!?

マインクラフト+影mod

マインクラフトでは「ShaderMod」、通称「影MOD」と呼ばれるMOD(追加プログラム)を導入することで、グラフィックス品質を大幅に向上することができます。しかし影MODの利用には高いマシンパワーが必要で、高性能なGPUおよびCPUが必須です。そこで今回はGeForce GTX 980を搭載したPCで影MODを導入したときの動作について検証します。

検証に使用したパソコン

今回の検証では、日本HPからお借りした「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」を利用しています。CPUはCore i7-4790Kで、GPUとしてGeForce GTX 980を搭載しています。

HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT

検証に利用した日本HPの「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」

パーツ構成やベンチマーク結果については下記の記事で詳しく紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

MODなしの状態をチェック!

影MODを導入する前に、まずは標準の状態、いわゆる「バニラ」での動作を確認してみましょう。

minecraft

ウィンドウモードの標準ビデオ設定で起動

ウィンドウモードの標準ビデオ設定を試してみたところ、FPSは常時200オーバーでした。立ち止まってなにもしないでいると、余裕で400FPSを超えます。筆者はこれまでCeleron N2840やCeleron 2957Uなど性能の低いCPUを使った動作確認が多かったのですが、立ち上がりや描画の速さに感動しました。

移動中のFPSは200台ですが、立ち止まると400FPSを超えることもあります

移動中のFPSは200台ですが、立ち止まると400FPSを超えることもあります

フルスクリーンでも480FPSをマーク。おそろしいほど快適です

フルスクリーンでも480FPSをマーク。おそろしいほど快適です

FPS計測ツール「Fraps」を使って移動中のFPSを計測してみたところ、ウィンドウモードで平均238.85FPS、フルスクリーンで199.8FPS、さらにchunk16のフルスクリーンモードで174.55FPSという結果となりました。たぶん、マインクラフトをあと2本くらい起動しても大丈夫なんじゃないでしょうか(重複起動はできません)。

GeForce GTX 980での「マインクラフト」FPS計測結果
最小 最大 平均
ウィンドウモード 171 365 238.85
フルスクリーンモード 136 296 199.8
フルスクリーン(chunk16) 89 284 174.55

1万個のTNTを配置して爆発させるTNTベンチでは、目視で最小FPSが7だったのを確認しています。パワーの低いパソコンではすべての爆発が終わるまでに2~3分かかることもありますが、Core i7-4790K+GeForce GTX 980の「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」は30秒程度で終わりました。この速さは異常!

クリエイティブモードのチート機能を使って、1万個のTNTを配置します

クリエイティブモードのチート機能を使って、1万個のTNTを配置します

最小FPSでは7FPSでした。多少のカクつきはありますが、画面が止まることはありません

最小FPSでは7FPSでした。多少のカクつきはありますが、画面が止まることはありません

点火から

点火から30秒後には、ほとんどの爆発はおさまりました

爆発後の入り組んだ地形に大量の村人を配置しても、FPSが落ちる気配がありません

爆発後の入り組んだ地形に大量の村人を配置しても、FPSが落ちる気配がありません

影MOD導入後でもフルスクリーンで60FPSオーバー!

GeForce GTX 980はパワーがありすぎて、バニラ状態では物足りないことがわかりました。そこで次はいよいよ影MODを導入してみましょう。利用したのは「SEUS」こと「Sonic Ether’s Unbelievable Shaders」の「Ultra」です。導入方法はいろいろと複雑なので、いずれ別の機会に解説します。

影MODを導入すると、まるで別のゲームのような画面になります。特に水面の表現がかなりキレイです。影の部分も強くなり、明かりは周囲を柔らかく照らすようになります。

SEUS(Ultra)導入後の画面 ※クリックで拡大画像を表示します。実サイズで表示する場合が、画像を新しいタブで開いてください

SEUS(Ultra)導入後の画面 ※クリックで拡大画像を表示します。実サイズで表示する場合が、画像を新しいタブで開いてください

特に夕焼けのシーンが印象的になります

影MODを利用すると、特に夕焼けのシーンが印象的になります

影MOD(SEUS Ultra)導入後のFPSは以下のとおりです。ウィンドウモードでは理想とされる60FPSを切ってしまいましたが、フルスクリーンモードでは60FPSオーバーとなりました。通常はフルスクリーンのほうがFPSは低くなる傾向にあります。両モードともに、ほぼストレスなくプレーできるレベルと言えるでしょう。

GeForce GTX 980で影MOD導入後のFPS計測結果
最小 最大 平均
ウィンドウモード 28 115 56.63
フルスクリーンモード 29 115 65.58

夜になると闇が強くなり、明かりがないとほぼ見えません

夜になると闇が強くなり、明かりがないとほぼ見えません

ネザーはちょっとわかりづらい感じになりました

ネザーは溶岩の発光が強くて、ちょっとわかりづらい感じになりました

デュアルディスプレイ化で迫力も倍増!

GeForce GTX 980はマルチディスプレイでのゲームプレーが可能です。そこで2台の液晶ディスプレイを使い、3840×1080ドットの画面でマインクラフトをプレーしてみました。

デュアルディスプレイによるふたつのデスクトップを、ひとつにまとめた状態

NVIDIAの設定ツールを使って、デュアルディスプレイによるふたつのデスクトップをひとつにまとめます

スクリーンショットをご覧いただくとわかるように、3840×1080ドットのプレー画面はとにかく圧巻のひと言です。視界がグンと広がり、広大なフィールドに圧倒されます。もはや完全に別のゲームと言ってもいいでしょう。

影MOD導入&デュアルディスプレイでのプレー画面

影MOD導入&デュアルディスプレイでのプレー画面

デュアルディスプレイ時のFPSを計測したところ、平均で47.88FPSという結果となりました。場面によっては多少カクつくことがあるかもしれませんが、それでもこの画面でプレーする価値はあります。

GeForce GTX 980で影MOD導入+デュアルディスプレイ時のFPS計測結果
最小 最大 平均
フルスクリーンモード 27 94 47.88

FPSが30を切ることもありますが、映像の迫力を考えれば許容範囲内です

FPSが30を切ることもありますが、映像の迫力を考えれば許容範囲内です

画面左右の端が流れるように変形するので、奥行き感が強調されています

画面左右の端が流れるように変形するので、奥行き感が強調されています

夕焼けのシーンもより印象的に

夕焼けのシーンもより印象的に

ただし液晶ディスプレイ2台のデュアル構成では、プレー画面の真ん中に液晶ディスプレイのベゼルが来てしまいます。そのため画面の中央が見づらくなるのが、唯一の欠点と言えるでしょう。これを解決するには液晶ディスプレイを3台使ったトリプル構成がベストなのですが、1台のときは平均65.58FPSで2台だと平均47.88FPSまで下がっていることを考えると、3台めはスペック的に厳しいかもしれません。グラフィックボードをGeForce GTX TITAN Xにするか、GeForce GTX 980の2-way SLI構成にする必要がありそうです。そうなると予算的にも厳しいのですが、いつかは実現してみたいですね。

影MODの最高設定でプレーするならGeForce GTX 980!

マインクラフトを楽しむなら影MODなしでも全然OKなのですが、いちどこの画面を見てしまうと、標準の画面には戻りたくないと感じてしまいます。それほどまでに影MODの効果は劇的です。このためにGeForce GTX 980を搭載した高性能PCを入手するのもアリでしょう。ほかのゲームの楽しめますしね。

ということで、今回はGeForce GTX 980を搭載した「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」でマインクラフトの影MODを試した結果を紹介しました。ほかの記事では「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」のスペックや外観、ほかのゲームの快適さなどについて詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」は日本HPの直販サイト「HP Directplus」限定販売のモデルです。モデルの詳細や価格については、下記リンクよりメーカーの直販サイトでご確認ください。

製品の価格や詳細についてはコチラ

  • HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT 製品詳細

追記

記事で取り上げたHP ENVY Phoenix 810-480jp/CTは、2015年8月をもって販売が停止されています。現在はより高性能なモデルが販売されていますので、購入を検討されている方はそちらをご覧ください。

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!