HP OMEN 15でマインクラフトやMGSV:GZをプレーしてみました

メタルギアソリッドVグラウンド・ゼロズ

日本HPの「HP OMEN 15-5100」は、GPUにNVIDIA GeForece GTX 960M(4GB)を搭載した薄型のゲーム用ノートパソコンです。今回はメーカーからお借りしたHP OMEN 15-5100を使って、重量級のゲームがどこまで快適に動くのかを検証しました。

HP OMEN 15-5100

日本HPの15.6型ゲーミングノートPC「HP OMEN 15-5100」

HP OMEN 15-5100の主なスペック
OS Windows 8.1 Update 64bit
光学ドライブ
なし
CPU
Core i7-4720HQ(2.60GHz)
通信機能
100BASE-TX対応有線LAN(アダプタ使用)、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.0
メモリー
8/16GB
Webカメラ
200万画素
ストレージ
512GB SSD(PCIe M.2)
インターフェース
USB3.0×4、HDMI、Mini DisplayPort、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
液晶ディスプレイ
15.6型、1920×1080ドット、IPS、タッチ対応
サイズ/重量
幅383×奥行き251×高さ15.5~19.9mm/約2.15kg
グラフィックス
NVIDIA GeForce GTX 960M(2GB)
バッテリー駆動時間
4時間30分
発売
2015年5月
オフィス
なし

関連記事

4GBのビデオメモリーで重量級ゲームもサクサク!

GPUにGeForce GTX 960Mを搭載したゲーム用ノートパソコンでは、2GBのビデオメモリーを搭載しているのが一般的です。しかしHP OMEN 15-5100のビデオメモリーは、その2倍の4GB。ビデオメモリーの容量はゲームの快適さに影響するため、同じGPUを搭載したモデルよりもサクサク動く可能性が高いということになります。

「GPU-Z」によるGeForce GTX 960Mの詳細情報。ビデオメモリーの容量を表わす「Memory Size」が「4096MB(4GB)」になっています

「GPU-Z」によるGeForce GTX 960Mの詳細情報。ビデオメモリーの容量を表わす「Memory Size」が「4096MB(4GB)」になっています

こちらはCPU内蔵のIntel HD Graphics 4600の詳細情報。ビデオメモリーはメインメモリーの一部を利用するため、メモリー容量は「N/A(該当なし)」と表示されています

こちらはCPU内蔵のIntel HD Graphics 4600の詳細情報。ビデオメモリーはメインメモリーの一部を利用するため、メモリー容量は「N/A(該当なし)」と表示されています

今回試したゲームは、「マインクラフト」と「メタルギアソリッドVグラウンド・ゼロズ(MGSV:GZ)」の2本です。マインクラフトでは、ゲーム画面の処理にOpenGLを利用します。CPU性能を計測するベンチマークソフト「CINEBENCH」の「OpneGL」の結果を見てみると、スコアは100.87fpsとのことです。一般的に60FPSを超えれば快適なプレーを見込めるとされていますので、十分な性能を持っていることがわかります。

「CINEBENCH R15」のOpenGLスコアは100.87fpsと十分な性能

「CINEBENCH R15」のOpenGLスコアは100.87fpsと十分な性能

MGSV:GZはゲーム画面の描画に、DirectX 11を利用します。その性能を表わしているのが、「3DMark」の「Fire Strike」のスコア。試用機では「3963」という結果で、そこそこ快適に遊べる性能を持っています。

「3DMark」ベンチマーク結果

「3DMark」ベンチマーク結果

マインクラフトの標準設定では500FPSを超えることも!

まずはマインクラフトの検証結果からご覧いただきましょう。ちなみに検証条件については、以下のとおりです。

マインクラフトの検証条件

  • ・クライアントのバージョンは1.8.7(影MOD使用時は1.8)
  • ・Javaランタイムは64ビット
  • ・FPSの計測には「Fraps」を使用

クライアントは1.8.7

クライアントは1.8.7

体感的には非常に快適で、カクつく場面はまったくありませんでした。標準のビデオ設定(ウィンドウモード)ではほぼ200FPSをキープし、描画オブジェクトの少ない場面ではFPSがドンと跳ね上がることもあります。TNTを大量に爆発させても処理が重くなる場面はほんのわずかで、全体的にはスムーズに動いていました。

通常時はほぼ常時200FPSをキープ

通常時はほぼ常時200FPSをキープ

描画オブジェクトが少ないと、FPSが500を超えることもあります

描画オブジェクトが少ないと、FPSが500を超えることもあります

1万個のTNT(爆弾)を爆発させてみました

1万個のTNT(爆弾)を爆発させてみました

FPSが一瞬ひと桁になることもありましたが、動きはスムーズです。爆発が終わるまでにかかった時間は47秒でした

FPSが一瞬ひと桁になることもありましたが、動きはスムーズです。爆発が終わるまでにかかった時間は47秒でした

爆発跡地の入り組んだ地形に、村人を300人ほど配置。それでもFPSは140前後と十分な性能です

爆発跡地の入り組んだ地形に、村人を300人ほど配置。それでもFPSは140前後と十分な性能です

MODを追加していない、いわゆる「バニラ」状態でのFPS計測結果は、以下の表のとおりです。フルスクリーンでも、まったく問題のない結果が出ています。このスコアであれば、間違いなく快適に楽しめます。

バニラ状態でのFPS計測結果(ビデオ設定は標準のまま)
最小 最大 平均
ウィンドウモード
(854×480ドット)
152 FPS 300 FPS 194.5 FPS
フルスクリーン
(1920×1080ドット)
116 FPS 147 FPS 129.1 FPS

MODを利用しない状態は非常に快適で、ストレスなくプレーできます。おそらく軽めのMODなら、処理が重くなることもないでしょう。もしくはチャンク数を増やしたり、視野を広くするのもアリです。

影MODを利用してもなんとか遊べるレベル

続いて、マインクラフトで影MODを利用しました。使ったシェーダーパックは「SEUS」こと「Sonic Ether’s Unbelievable Shaders」で、軽めの「ライト」、標準画質の「スタンダード」、高画質の「ウルトラ」の3種類を試しています。

標準のグラフィック

標準のグラフィック

「SEUS」の「ライト」適用時

「SEUS」の「ライト」適用時

「SEUS」の「スタンダード」適用時

「SEUS」の「スタンダード」適用時

「SEUS」の「ウルトラ」適用時

「SEUS」の「ウルトラ」適用時

それぞれのFPSは以下の表のとおりです。ウィンドウモードならスタンダードまではなんとか合格点のレベルですが、ウルトラは若干カクつくことがあるかもしれません。

影MODを導入したときのFPS計測結果(854×480ドット、ウィンドウモード)
最小 最大 平均
ライト 26 FPS 86 FPS 52.9 FPS
スタンダード 17 FPS 91 FPS 32.2 FPS
ウルトラ 18 FPS 50 FPS 28.6 FPS

解像度の高いフルスクリーンモードではスコアが下がりましたが、遊べないレベルではありません。30FPSを切っているウルトラでも、人によっては気にならないでしょう。実際筆者も、特に不満を感じることはありませんでした。

影MODを導入したときのFPS計測結果(1920×1080ドット、フルスクリーンモード)
最小 最大 平均
ライト 19 FPS 60 FPS 42.1 FPS
スタンダード 18 FPS 43 FPS 30 FPS
ウルトラ 16 FPS 35 FPS 26.5 FPS

外部サーバーにアクセスしてマルチプレーに挑戦!

今回は公開されているマルチプレー用サーバーに接続して、マルチプレーを試してみました。どれがいいのかよくわからなかったのですが、人の多そうなところを適当に選んでいます。

公開されているアドレスを登録して、マルチ用のサーバーに接続します

公開されているアドレスを登録して、マルチ用のサーバーに接続します

マルチプレーのサーバーはロビーやマップがすごく凝っていて、見ているだけでも楽しめます。一応FPSも計測したのですが、マルチプレーだからと言って処理が重くなる場面はありませんでした。ただ独特のルールがあるので、各所に配置された掲示を注意深く見て回る必要があります。

標準グラフィックでのマルチサーバーのロビー

標準グラフィックでのマルチサーバーのロビー

「SEUS」の「ウルトラ」にした状態

「SEUS」の「ウルトラ」にした状態

マルチプレー時のFPS計測結果(1920×1080ドット、フルスクリーン)
最小 最大 平均
標準ビデオ(バニラ) 127 FPS 167 FPS 147.3 FPS
ウルトラ(SEUS) 14 FPS 51 FPS 30.2 FPS

影MODを適用した状態でマルチサーバーを散策するのはとても楽しく、グラフィックと建造物のクオリティーに驚かされます。ぜひ一度、試してみてください。

気が遠くなるほどの作りこみです

気が遠くなるほどの作りこみです

建造物ひとつとっても、クオリティーが高い!

建造物ひとつとっても、クオリティーが高い!

サーバーによっては、アイテムを有料販売しているところもあるようです

サーバーによっては、アイテムを有料販売しているところもあるようです

GTX 960MでメタルギアソリッドV:グラウンド・ゼロズを試す!

HP OMEN 15-5100には無料のゲームクーポンが付属する「メタルギアソリッドVグラウンド・ゼロズ推奨パソコン」モデルがあるということで、実際にプレーしてみました。ちなみにこのゲームは2015年9月発売の「メタルギアソリッドV: ザ・ファントム・ペイン(MGSV:TPP)」のプロローグ版のようなもので、プレー内容はMGSV:TPPへ引き継ぐことが可能とのことです。

メタルギアソリッドVグラウンド・ゼロズ

プロローグ版で短いストーリーを楽しめるMGSV:GZ。MGSV:TPPはSteamで2015年9月に発売

標準画質と最高画質でFPSを計測した結果は以下のとおりです。このゲームはFPSが上限が60FPSとなっているので、平均FPSが60以上になることはまずありません。標準画質では54.9FPSで合格点ですが、最高画質では36.9FPSと少し厳しいかなという結果になりました。ただし最小FPSが30ですので、ハッキリとわかるほどカクつくことはありません。おおむね快適にプレーできると言えるでしょう。

MGSV:GZのFPS計測結果(1920×1080ドット、フルスクリーン)
最小 最大 平均
標準画質(デフォルト) 36 FPS 61 FPS 54.9 FPS
最高画質(手動設定) 30 FPS 45 FPS 36.9 FPS

グラフィックス設定を最高品質に設定したとき

グラフィックス設定を最高品質に設定したとき

デフォルトのグラフィック設定の画面

デフォルトのグラフィック設定の画面

DirectX 11対応GPUが必須とされているだけあって、さすがにグラフィックはキレイです。ゲームもスリル満点なのですが、筆者は常にビビりがちで思う存分プレーを楽しめませんでした。小心者には、ちょっとツライです。

グラフィックは超美麗。最高画質でもストレスなくプレーできました

グラフィックは超美麗。最高画質でもストレスなくプレーできました

重量級ゲームでも設定しだいで快適にプレーできる

実はもう1本「GTA5」こと「Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オート5)」を試そうと思って途中までインストールしたのですが、アップデートパッチのダウンロードが異様に長くて諦めました(涙)。GTX 960M(4GB)での検証は、また別の機会で行なおうと思います。

開発元のダウンロードがサーバーが激重で、インストールを諦めました

開発元のダウンロードがサーバーが激重で、インストールを諦めました

GTA5はかなり重いので、おそらくグラフィックス設定を落としてプレーすることになるでしょう。マインクラフトの影MODやMGSV:GZでもそうでしたが、フルHDの最高画質では理想とされる60FPSには届きませんでした。ただし普通に遊べるレベルの30FPSはクリアーしていますので、問題なくプレーできるとは思います。FPSが少しでも高いほうがいいなら、解像度やグラフィックス設定を調整するといいでしょう。

ということで今回は、HP OMEN 15-5100でゲームをどこまで快適に遊べるのかを検証しました。なおほかの記事では本体デザインや基本性能について詳しくレビューしていますので、そちらもぜひご覧ください。

関連記事

ちなみにHP OMEN 15-5100は、日本HPの通販サイト「HP Directplus」限定販売の直販モデルです。価格や追加オプション、そのほかの詳細については、直販サイトの製品紹介ページでご確認ください。

リンク

  • HP OMEN 15-5100詳細ページ(HP Directplus)icon

追記

HP OMEN 15-5100は、2015年10月に販売停止となりました。新モデルがリリースされる予定はなく、今後の展開は未定です。

ゲーム向けのノートパソコンとしては、2015年11月に新シリーズ「HP Pavilion Gaming 15」が発売されています。HP OMEN 15-5100よりもスペックは劣りますが、半額程度の値段で購入できるようになりました。詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!