HP Spectre 13と12インチMacBookどっちを買うべきか? 実機で本体デザインを比較! – こまめブログ

HP Spectre 13と12インチMacBookどっちを買うべきか? 実機で本体デザインを比較!

HP Spectre 13とMacBook

ども。生まれたときからWindowsユーザーのこまめブログ管理人(@littlebeansinfo)です、こんにちは。

ウソです、ごめんなさい。Windowsを使う前にはF-BASICやらTownsOSやらMS-DOSを使っていました。CP/MとかOS/2とかは、さすがに使わなかったなー。知らない人はググってね。

それはともかく、筆者がWindowsを使い続けてもう20年以上になるわけですが、これだけ長い間使っているといまさらほかのOSに乗り換えられないとは思いながらも、ときどきAppleのMacがうらやましくなることがあります。「薄いなー」とか「シンプルでカッコいいなー」とか、「使いやすそうだなー」とか。特にノートタイプのMacBookシリーズについては世間的にも評価が高く、「デザインがカッコいいノートパソコン」というと「MacBook」や「MacBook Air」あるいは「MacBook Pro」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

MacBook

デザインの良さで人気のMacBookシリーズ(写真は12インチMacBook)

けどですね、前述のとおり長年Windowsを使い続けた「ドザー」としては、いまさらMacOSには移りたくないんですよ。だって、細かな設定がわからないし、トラブルの対処方法もわからないし、新しい操作方法を覚える気力もないし。できればWindowsを使い続けたいというのが本心です。MacBookにWindowsをインストールするという方法もありますが、なにかと面倒ですよねー。

まあでも最近はWindows PCも変わってきてまして、薄くて軽くてカッコいいモデルが増えてきました。なかでも、日本HPのモデルにその傾向が強く見られます。ちょっとマーケティング的な話をすると、「ミレニアルズ」と呼ばれる2000年前後に生まれたデジタルネイティブな層はデザイン性の高いプロダクトに心惹かれる傾向にあるとのこと。それを見越して、最近の日本HPはデザインに力を入れているというわけなんですね。

そんな日本HPのノートパソコンのなかでも特にデザインにこだわっているのが、13.3型の「HP Spectre 13」です。見ておわかりのとおり、いままでもノートパソコンとは雰囲気がまったく違います。なんですか、この存在感は。

HP Spectre 13

デザインにこだわりまくった日本HPの「HP Spectre 13」 ※メーカー貸し出し品

前置きがだいぶ長くなりましたが、要はHP Spectre 13と12インチMacBookを見比べてみてどっちがカッコいいでしょうかねえというのを検証するのが今回の記事の狙いです。OSの使い勝手やベンチマーク結果については解釈の仕方がいろいろあるので、この記事では触れません。あくまでも見た目とスペックで選ぶならどっち? という点を写真多めでふんわりとお届けします。

本体全体をチェック

まずは、Spectre 13と12インチMacBookの全体的なデザインについて見比べてみましょう。本体カラーはHP Spectre 13がダークグレー1色のみで、12インチMacBookではシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールドの4色が用意されています。MacBookに関しては、今回はゴールドのモデルでチェックしました。

HP Spectre 13と12インチMacBook

HP Spectre 13と12インチMacBook

天板のロゴ

両モデルともに、天板にロゴが配置されています。MacBookはおなじみのリンゴマークで、HP Specter 13はプレミアムマークです

底面部

それぞれの底面部はこんな感じ

HP Spectre 13ヒンジ部分

HP Spectre 13のヒンジ部分は、光沢ありのブロンズゴールド

液晶ディスプレイを開いた状態

液晶ディスプレイを開いた状態

ボディの素材には、両モデルともアルミニウムが使われています。12インチMacBookのほうはややザラついた手触りですが、HP Spectre 13のほうはなめらかでした。これは塗装の違いによるものでしょう。

天板側からの見た目

天板側からの見た目

パット見ただけでは気づきにくいのですが、HP Spectre 13のほうは天板部分にアンテナラインがあることがわかります。これは、無線電波の受信感度を向上させるためのもの。この部分だけ別の素材が使われているので、周りとちょっと違うように見えるのです。人によっては、この部分が気になるかもしれませんね。

HP Spectre 13のアンテナライン

HP Spectre 13の天板に、うっすらとしたアンテナラインがあるのがわかります

薄さと重さをチェック

12インチMacBookの大きさは、幅280.5×奥行き196.5×高さ3.5~13.1mmです。それに対してHP Spectre 13は幅325×奥行き229×高さ10.4~11.2mm。HP Spectre 13のほうが12インチMacBookよりもふた回りほど大きいのですが、これは13.3型で12型よりも大きい液晶ディスプレイを搭載しているためです。

12インチMacBookとHP Spectre 13の大きさの違い

12インチMacBook(左)とHP Spectre 13(右)の大きさの違い

サイズの違い

けっこう大きさが違います

最薄部は12インチMacBookが3.5mmとされていますが、これは先細った部分だけを計測しているためです。それを抜きにしても、最薄部では12インチMacBookのほうが勝っています。しかし最厚部で見ると、HP Spectre 13のほうがわずかに薄いんですよね。総合的にはどちらもいい勝負と言えるのではないでしょうか。

最厚部と最薄部の比較

12インチMacBookとHP Spectre 13の最厚部および最薄部を比較 ※クリックで拡大

12インチMacBookの前面

12インチMacBookの前面 ※クリックで拡大

HP Spectre 13の前面

HP Spectre 13の前面 ※クリックで拡大

実際の重さを測ってみたところ、12インチMacBookは932gで、HP Spectre 13は1.095kgでした。液晶ディスプレイの小さい12インチMacBookのほうが軽いのは、仕方がないことかなと思います。逆に、HP Spectre 13は13.3型なのに12インチMacBookよりも163gしか変わらないと言えるかもしれません。

ただし、重量をインチ数で割るとMacBookは1インチあたり77.6gで、HP Spectre 13は1インチあたり82.3gです。そう考えると、MacBookのほうが軽量化されているとも言えます。

12インチMacBookの重さは実測で932gでした

HP Spectre 13の重量

HP Spectre 13は実測で1095g。13.3型ノートパソコンとしては軽い部類です

ちなみにバッテリー駆動時間については、12インチMacBookが最大10時間(ネット接続時)/最大11時間(動画再生時)で、HP Spectre 13は約10時間(JEITA2.0)とされています。今回は実際のバッテリー駆動時間を計測していませんが、Windowsパソコンの場合だと公称値よりもやや短くなる傾向にあり、MacBookシリーズでは公称値と同じかちょっと長くなる傾向です。公称値はほぼ同じレベルですが、実測値では若干12インチMacBookが上回るかもしれません。

インターフェース構成をチェック

続いては、周辺機器接続用のインターフェース(端子)類について。種類はどちらもUSB 3.1 Type-Cのみ。ただし12インチMacBookはUSB 3.1 Type-C端子が1ポートであるのに対し、HP Spectre 13では3ポート用意されています。

12インチMacBookのUSB 3.1 Type-C

12インチMacBookではUSB 3.1 Type-C端子が1ポートのみ

HP Spectre 13のUSB 3.1 Type-C

HP Spectre 13では背面に、合計3ポートのUSB 3.1 Type-Cが用意されています

さらにHP Spectre 13では右側の2ポートが最大転送速度10GbpsのUSB 3.1 Gen2でThunderbolt 3対応であるのに対し、12インチMacBookは最大転送速度が5GbpsのUSB 3.1 Gen1でThunderbolt 3非対応です。また電源供給用に1ポート使ったとしても、残りの端子を利用できるのがHP Spectre 13のポイントと言えるでしょう。

単純に数と規格で考えればHP Spectre 13のほうが上ですが、個人的にはやっぱりUSB 3.0 Type-Aが欲しいんですよね。できればアダプターなしで……。

液晶ディスプレイをチェック

続いては、液晶ディスプレイについて。先に結論から言ってしまうと、映像の美しさについては12インチMacBookのほうが上です。映像はMacBookのほうが細部まで精細で、コントラストも高く感じます。これはHP Spectre 13は1920×1080ドットのフルHD解像度であるのに対して、12インチMacBookは2304×1440ドットと解像度が高いため。実際にはスケーリング設定によって1440×900ドットとして扱われますが、ドットバイドットのディスプレイよりも多くのピクセルが使われているため、写真や文字が精細に映し出されます。

12インチMacBookとHP Spectre 13の液晶ディスプレイ

12インチMacBookとHP Spectre 13の液晶ディスプレイ。HP Spectre 13のアスペクト比は16:9で、やや横長です

MacBookとHP Spectre 13の写真の精細さ

MacBook(左)とHP Spectre 13(右)で同じ写真を表示した様子。MacBookのほうがジャギー(ギザギザ感)が少ないことがわかります ※クリックで拡大

MacBookとHP Spectre 13の文字表示

12インチMacBook(左)とHP Spectre 13(右)の文字表示の違い。Windows 10はもともともフォントレンダリングがアレなので文字の表示はMacのほうが圧倒的にキレイなのですが、MacBookはコントラストが高いので文字と背景の境界線がハッキリとしています ※クリックで拡大

MacBookの写真表示

12インチMacBookで写真を表示したときの映像。色合いが自然です

HP Spectre 13の写真表示

HP Spectre 13で同じ写真を表示した様子。MacBookに比べてやや青みが強いのですが、こちらのほうが明るく映し出されています

キーボードをチェック

次に、キーボードについて。ここも先に結論を言ってしまうと、総合的な使い心地はHP Spectre 13に軍配が上がります。

MacBookとHP Spectre 13のキーボード

12インチMacBook(左)とHP Spectre 13(右)のキーボード

キーボードの配列

キーボードの配列

キーピッチ(キーとキーの間隔)は12インチMacBookが実測で19mmなのに対して、HP Spectre 13は横18.7×縦18.4mmです(公称値)。12インチMacBookはいわゆるフルピッチ(フルサイズ)と呼ばれる大きさで、十分な感覚が確保されています。HP Spectre 13は0.3mm短いのですが、あまり気になりませんでした。

ただキーの大きさは12インチMacBookのほうが16.5mmとHP Spectre 13の14.5mmよりも長く、どちらがタイピングしやすいかと聞かれれば12インチMacBookのほうだと思います。

MacBookのキーボードはキーピッチが19mm。12インチとしてはかなり広く、キー自体も大きい点が魅力です

HP Spectre 13のキーボード

HP Spectre 13のキーピッチは横18.7×縦18.4mm。やや横長ですが、特にバランスの悪さは感じませんでした

しかし12インチMacBookは、タイプ感がよくありません。正直なところ、はじめて触ったときには「なんじゃこりゃ!」と思ってしまいました。

その理由は、キーストローク(キーを押したときの深さ)が非常に浅い点にあります。実際に計測してみたところ、0.5mm以下でした。入力すると、ほんのわずかに「プチプチプチ」という感覚があります。キーを押していることが、かろうじてわかるレベルです。

MacBookのキーストローク

キーストロークが浅すぎる12インチMacBook

タイプ音については軽いタッチなら特に気になりませんが、やや強めに入力すると「バチバチバチ」と大きな音で響きます。入力時のたわみは気になりませんでしたが、とにかく底打ち感が強い。まるで板を叩いているような感覚でした。

MacBookのキーボード

利用にちょっと不安を感じる12インチMacBookのキーボード

一方HP Spectre 13のほうはキーストロークは1.3mmと平均(1.5mm)よりは浅いものの、入力時に「カクっ」とした確かな手応えがあります。普通のノートパソコンよりも、ちょっと浅いかなーという感じ。タイプ感は悪くありません。

HP Spectre 13のタイプ感

HP Spectre 13のキーストロークは約1.3mmで、入力時に軽めのクリック感がありました

入力時のたわみは感じないものの、底打ち感はわずかにあります。タイプ音は「カタカタカタ」という感じで、比較的静か。ただし強めに打つと、音がけっこう響きました。

HP Spectre 13のキーボード

快適というわけではありませんが、普通に使えるHP Spectre 13のキーボード

キーボードの使い心地は人によって意見が異なるのであくまで参考程度に捉えていただきたいのですが、筆者としては12インチMacBookのキーボードはけっこうツライなーというのが正直な感想です。しばらく使い続ければ慣れるのかもしれませんが、仮に慣れたとしても長時間の作業には向かないでしょう。

MacBookとHP Spectre 13のキーボード

キーボードで選ぶならHP Spectre 13

12インチMacBookのタッチパッドは追従性やジェスチャーによる操作は非常にいいのですが、クリック感が浅く感じました。とは言っても実際にはパッドは凹んでおらず、フォースフィードバックによって擬似的なクリック感を再現しているので仕方がないのかもしれません。ただ標準的なタッチパッドのつもりで使うと、違和感を感じるでしょう。筆者の使い方が悪いのか、誤クリックもたびたびありました。もしかすると、なでるように使うのが正解なのかも。

MacBookのタッチパッド

触覚フィードバックにより、擬似的なクリック感を実現している12インチMacBookのタッチパッド。筆者にはちょっと合いませんでした ※クリックで拡大

HP Spectre 13のタッチパッド

標準的に使えるHP Specter 13のタッチパッド。Windowsユーザーなら安心感のある使い心地です ※クリックで拡大

先鋭的なMacBookと重厚感のあるHP Spectre 13

ということで、今回はHP Spectre 13と12インチMacBookのデザインや各部の使い勝手について比較しました。どちらも優れた部分や気になる部分はあり、総合的に見てどちらが優れていると判断できるものではありません。しかし「デザインのよさや使いやすさならMacBook」というわけではないことも、おわかりいただけたと思います。

12インチMacBook

12インチMacBook

HP Spectre 13

HP Spectre 13

MacBookとHP Spectre 13はどちらもデザインに優れているものの、それぞれのアプローチが異なるなと今回の検証で感じました。MacBookのデザインはとても先鋭的で、ガジェットとしての魅力にあふれています。ノートパソコンとしてのカッコよさを追求した結果と言えるのではないでしょうか。

一方のHP Spectre 13は、ガジェットというよりもツールやステーショナリー的です。高級な腕時計や万年筆などに近い重厚感が感じられます。こちらはパソコンよりも、道具としての存在感を追求しているのかもしれません。

どちらがいいのかは人によって異なるので、自分の好みや利用シーンに合わせて選ぶことをおすすめします。

 

お得なキャンペーン情報

thum300px

ThinkPad最新モデル35%オフ

[PR]2月発売の最新モデルが早くも35%オフで激安販売中! 旧モデルも42%オフでお得
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!

ドスパラパラダイスセール

[PR]ゲーミングPC&デスクトップPCの人気モデルが1万円引き! SSD無料プレゼントも!?