レノボ ideapad 320 レビュー! 安さとフルHDが魅力の格安なスタンダードノートPC

レノボ 15.6型 フルHD ノートPC ideapad 320

コスパの高い格安フルHDノートPC

レノボ・ジャパンの「Lenovo ideapad 320(以下、ideapad 320)」は、3万円台で買える格安な15.6型ノートパソコンです。液晶ディスプレイの解像度は1920×1080ドットで、テンキーやDVDスーパーマルチドライブも搭載。値段が安いぶん性能は控えめですが、ネットや動画視聴、ちょっとした文書作成には十分な性能を持っています。

主なスペック

【主なスペック】CPU:Celeron N3350/メモリー:4GB/ストレージ:500GB HDD/液晶ディスプレイ:15.6型1920×1080ドット

3万円台で買えるノートパソコンは数多くありますが、この値段で15.6型フルHDディスプレイやテンキー、光学ドライブに対応しているモデルはなかなかありません。人気の要素を揃えながらも価格を抑えた、非常にコスパの高いモデルです。

■ideapad 320のポイント

ここがイイ! ここが残念
  • フルHD対応
  • 安くてもそこそこ使える
  • シーンを選ばないデザイン
  • キーボードがやや残念
  • 映像品質はそれなり

今回は筆者が購入したideapad 320(80XR007GJP)を使って、実際の性能や本体デザイン、各部の使い勝手などをレビューします。

ideapad 320

ideapad 320

税込3万円台後半から

本体デザインをチェック

ビジネスにも使えるスタンダードなデザイン

ideapad 320は、ノートパソコンとしてはスタンダードなデザインです。素材も一般的な樹脂(プラスチック)ですが、メタリック調の塗装と表面処理の効果で、見た目はそれほど安っぽくは感じません。ただし本体の強度やキズのつきにくさについては、それなりだと思われます。

メタリック調の塗装が施されていても、華やかさは感じられません。どちらかと言うと、地味な印象です。仕事でもプライベートでも、場所を選ばずに使えるでしょう。

本体カラー

本体カラーはプラチナシルバーのみ。ベゼル(液晶ディスプレイ周辺)はブラックです

天板のデザイン

天板には鏡面仕上げのロゴが配置されています

底面のデザイン

底面部はグレー

外観はメタリック調

見た目はメタリック調ですが、素材には樹脂(プラスチック)が使われています。パームレストにはヘアライン加工風の処理

液晶ディスプレイの最大角度

液晶ディスプレイの最大角度はほぼ180度

B4相当の大きさ&重量は2kg

本体の大きさは、幅378×奥行き260×高さ22.9mm。B4サイズ相当でちょっと大きいのですが、15.6型モデルとしては標準的です。

本体の大きさ

本体サイズは幅378×奥行き260×高さ22.9mm

サイズ比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

ほぼB4サイズ相当

B4サイズよりも横幅がちょっと大きめです

重量は公称値で約2.2kgです。筆者が購入したモデルを測ってみたところ約2.0kgでした。15.6型としては比較的軽量ですが、軽々と持ち運べる重さではありません。

実際の重さ

重量の実測値は約2.0kgでした

ACアダプター込みの重量

電源アダプター込みでは約2.25kg

フルHDの液晶ディスプレイをチェック

3万円台でもフルHD!

ideapad 320最大のポイントは、3万円台でありながら15.6型のフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイを搭載している点です。同価格帯では1366×768ドットのモデルが多く、それらに比べて映像の精細さや作業効率が大きくアップします。

液晶ディスプレイのスペック

液晶ディスプレイの大きさは15.6型で、解像度は1920×1080ドット。1366×768ドットに比べて写真がより精細に表示されるほか、資料閲覧時により多くの文字が表示されます

解像度による情報量の違い

1920×1080ドットと1366×768ドットの情報量の違い ※クリックで拡大

色味はそれなり&眼にやさしい非光沢

液晶ディスプレイの解像度は高いのですが、色合いについては格安モデル相当でした。コントラスト(色のメリハリ)がやや弱く、映像は若干青みがかっています。とは言うものの、写真や動画は普通に鑑賞できるでしょう。

映像の色合い

写真を表示した様子。コントラストはやや低めで、若干青みが強く出ています

視野角が狭いので、液晶ディスプレイの向きや角度を変えると色が大きく変わってしまうことがあります。

視野角

視野角は狭く、斜めから見ると映像の色が大きく変わってしまいます

液晶ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレアです。光の映り込みが抑えられるので、長時間使っても眼が疲れにくいと言われています。

液晶ディスプレイをチェックしたところおそらく、ノートパソコンでは一般的なTNパネルが使われていると思われます。文書の読みやすさや映像の鮮やかさでは、TNパネルよりもIPSパネルのほうが上です。映像品質にこだわるなら、IPSパネル搭載モデルを選ぶといいでしょう。

キーボードをチェック

配列の一部に違和感アリ

ideapad 320のキーボードには、数値入力に便利なテンキーが付いています。エクセルなどでデータを入力する際に便利です。キーピッチ(キーとキーの間隔)は理想とされる19mmですが、一部のキーで微妙に狭くなっている箇所がありました。多少の違和感はありますが、使い続けているうちに慣れてくるでしょう。

キーボード

テンキー付きの全84キー構成。キーピッチは実測で19mm、キートップは15.5mmでした

キー配列で気になる部分

Enterキーと「む」キーが隣接しているほか、右Shiftキーの左にあるキーが若干小さくなっています

軽いタッチでタイピングできる

キーストローク(キーを押し込む深さ)は約1.5mmで、ノートパソコンとしては標準的です。入力時に「カクっ」とした軽いクリック感がありますが、最後まで押し切る力は比較的弱く、軽いタッチで操作できます。長時間使っても、それほど疲れないはずです。

キーの打ち心地

キーストロークは実測で約1.5mm。キータッチは軽めです

タイプ音自体は控えめですが、内部で少し反響するためか、若干「ドスドス」という低い音が聞こえます。静かな場所で作業するのであれば、多少弱めに入力したほうがいいかもしれません。入力時にはホームポジション(「F」キーと「J」キー)付近で、わずかなたわみが生じます。底打ち感はあまり感じられず、指への負担は軽めでした。

電源ボタンの位置

キーボード右上に電源ボタンが配置されていますが、押し間違えることはありませんでした

スタイリッシュなボタン一体型タッチパッド

タッチパッドは、左右のボタンが一体となったタイプ。部品が少ないので、見た目はスタイリッシュです。ただし人によってはパッド操作時に力が入りすぎて、クリックしたと認識されてしまうかもしれません。このあたりは好みによりますが、一般的にボタン分離型のほうが誤操作が少ないと言われています。

タッチパッド

タッチパッドはボタン一体型タイプ

誤操作を防ぐためか、クリックボタンはやや固めに仕上げられています。カーソルの反応は問題なく、マルチタッチジェスチャーもサクサク動きました。ただしスペックが低いためか、操作時に一瞬の間を感じるときがあります。

インターフェースをチェック

必要十分なインターフェース構成

周辺機器/各種メディア接続用のインターフェース(端子類)としては、USB3.0×1、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SDサイズのメモリーカードスロット、ヘッドホン出力が用意されています。一般的な15.6型ノートパソコンと比べるとUSB端子の数がちょっと少ないのですが、普通に使える構成です。

USB端子は左側に2ポートあり、右側にはまったくありません。右側にも1ポートあるほうがケーブルや端子の取り回しが便利なのですが、価格が安いことを考えれば仕方がないでしょう。

ちなみにUSB端子を見てもどちらがUSB3.0なのかわからなかったのでUSBメモリーを使って転送速度を計測したところ、左側がUSB3.0で右側がUSB2.0でした。

左側面のインターフェース

左側面には電源コネクター、有線LAN、HDMI、USB3.0、USB2.0、ヘッドホン出力、SDメモリーカードスロット

有線LNA端子が用意されているので、無線LAN環境のない場所でも利用可能です。ただし有線LANの転送速度は最大100Mbpsで、電波状況によっては無線LANのほうが速いかもしれません(11ac利用時は最大433Mbps)。

右側面には光学ドライブしかありません。USB端子がひとつでもあると機器の取り回しやすくなるのですが……

光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能ならDDVDスーパーマルチドライブ

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部には92万画素のWebカメラ

格安モデルとしては高品質なサウンド

スピーカーは、底面部の左右に配置されていました。下向きに設置されたスピーカーからの音が接地面で反響することで、格安モデルのなかではワンランク上の音の厚みを実現しています。

スピーカー

スピーカーは底面部の左右に配置されています

スピーカーのパーツ

スピーカーは格安モデルでよく使われる小型タイプです

音質がいいとは言っても、タブレットよりはマシというレベルです。BGMとして再生したりネット動画を視聴する程度なら問題ありませんが、迫力のあるサウンドを楽しみたいならヘッドセットや外付けスピーカーの利用をおすすめします。

パーツ交換はいちおう可能

idepad 320にはパーツ交換用のカバーは用意されていませんが、底面部のカバーを丸ごと取り外すことでパーツの交換が可能です。

ボトムケース

ideapad 320の底面部。カバーを外すには全部で13本のネジを取り外す必要があります

ideapad 320 開腹

カバーを取り外した状態

メモリースロットは1ポートです。メーカー公表のスペックでは最大メモリーが4GBとなっていますが、上位モデルのideapad 520では8GBのメモリーを認識できたので、もしかすると8GBで動作させられるかもしれません。

メモリースロット

メモリースロットは左のカバーの下に1ポートのみ

ストレージは2.5インチのみで、M.2スロットは見当たりませんでした。500GBのHDDをSSDに交換すれば、より快適に利用できるでしょう。

ストレージ

2.5インチのHDD

ただしパーツ換装用に8GBメモリーとSATA接続のSSDを別途購入すると、それだけで2万円前後かかってしまいます。本体と合計で6万円近くかかってしまうなら、Core i3やCore i5搭載モデルを購入したほうがいいかもしれません。予算をちょっと足して6~7万円台を視野に入れれば、だいぶ快適に使えるようになります。

パフォーマンスをチェック

ideapad 320のスペック

ideapad 320はスペック固定で、パーツのアップグレードには対応していません。またラインナップとしてはオフィス付きとオフィスなしの2種類が用意されていますが、オフィスの有無以外はまったく同じです。

■ideapad 320のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Celeron N3350
グラフィックス Intel HD Graphics 500(CPU内蔵)
メモリー 4(最大4GB)
ストレージ 500GB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、非光沢
通信機能 100BASE-TX対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.0(Type-A)×1、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅378×奥行き260×高さ22.9mm/約2.2kg
バッテリー駆動時間 5時間

システム情報

テスト機のシステム情報

ideapad 320とHP 15-bw000ベーシックモデルを比較

日本HPから、同じ15.6型フルHDで3万円台の「HP 15-bw000」ベーシックモデルが販売されています。どちらを購入するか迷っている人のために、ideapad 320とHP 15-bw000ベーシックモデルのベンチマーク結果を比較しました。ぜひ参考にしてください。

HP 15-bw000

15.6型1920×1080ドットで3万円台の「HP 15-bw000」ベーシックモデル

Windowsシステム評価ツールの結果

Windows 10の快適さを表わすWindowsエクスペリエンスインデックス

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」では、ideapad 320のほうがCPUの計算性能は高い結果に

CrystalDiskMark

500GB HDDのアクセス速度計測結果。左がideapad 320で右がHP 15-bw000。どちらも同程度の結果です

PCMark 10

基本性能を計測する「PCMark 10 Express」では基本性能ではideapad 320のほうが優れているものの、オフィスソフトの快適さではHP 15-bw000のほうが上でした

PassMark PerformanceText 9.0

総合性能を計測する「PassMark PerformanceText 9.0」ベンチマーク結果。評価方法が異なるため、このテストではHP 15-bw000のほうで優れた結果が出ています

3D性能を計測する「3DMark」の結果。高負荷のテストではHP 15-bw000、低負荷のテストではideapad 320のほうが優れた結果となりました

かろうじて普通に使えるレベル

ideapad 320とHP 15-bw000のベンチマーク結果を比べたところ、以下のことがわかりました。

  • CPU性能はideapad 320のほうが高い
  • 3Dグラフィックス性能はHP 15-bw000が高いが、ゲームを遊べるほどではない
  • 画像処理などはideapad 320のほうが若干有利

とは言うものの、ideapad 320もHP 15-bw000ベーシックモデルもどちらも性能的にはかなり低い部類です。3万円台という価格を考えれば、当然ではありますが。

PC全体と比較した性能

「PCMark 8」の「Home accelerated」を計測したPCのなかでは、下位6%に属する結果

ただし個人的には、ネットや文書作成、動画視聴であればなんとか普通に使えるレベルだと思います。操作していると多少の間を感じるものの、3万円台という安さを考えれば納得できる範囲です。

ちなみにHP 15-bw000ベーシックモデルでは非常に遅く感じましたが、ideapad 320はそれほど遅くはありませんでした。起動直後は重くなる場面はあるものの、HP 15-bw000ベーシックモデルのようにほぼ動かなくなるようなことはありません。3万円台のフルHDモデルとして考えれば、HP 15-bw000ベーシックモデルよりもideapad 320をおすすめします。

なおideapad 320を少しでも快適に使うなら、以下の作業・設定をおすすめします。

  • 電源プランを「高パフォーマンス」に設定
  • 不要なスタートアップを無効化
  • 不要なアプリを削除
  • 負荷の軽いソフトを優先して使う
  • 起動直後は10~30分程度待つ
  • Windows Updateをこまめに実施

安さとフルHDにこだわりたい人向け

ということで、今回は3万円台後半の格安価格で買える15.6型のフルHDノートパソコン「ideapad 320」のレビューをお届けしました。

価格の安さは確かに魅力ですが、CPU性能やインターフェース構成など気になる点もあります。パソコンとしての快適さを求めるなら、ストレージにSSDや64GB以上のeMMCを搭載したモデルのほうがおすすめです。解像度は1366×768ドットが中心ですが、HDD搭載のideapad 320よりもサクサク動作するでしょう。

ideapad 320は、「3万円台でフルHD」にこだわりたい人向けです。ネットや資料の閲覧が中心で処理の重いソフトを使わないなら、コスパの高さはバツグン。仕事のしやすさでは、1366×768ドットのモデルを大きく上回ります。

ideapad 320

価格とフルHDにこだわるなら選ぶ価値は大いにアリ

ideapad 320は、レノボの直販サイトで販売されています。支払い方法や納期などについては、公式サイトでご確認ください。

ideapad 320

ideapad 320

税込3万円台後半から

なおパソコン初心者には3万円台の格安モデルよりも、もう少し高いモデルがおすすめです。CPUがCore i5でメモリーは8GB、ストレージはできればSSDであれば、処理が遅くてイライラしたり、設定などで余計な手間をかける必要がありません。

■高性能な15.6型ノートパソコン

ThinkPad E570 HP Pavilion Power 15 Inspiron 15 5000
最強の15.6型! GTX1050搭載 おまけソフトが多い
レビュー レビュー レビュー
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!