レノボ ideapad 520 レビュー! 第8世代&フルHDのIPSなのに6万円台からの高コスパノートPC

ideapad 520

Core i5/i7&フルHDのIPS搭載で6万円台から!

レノボの「ideapad 520」は、実用性と性能の高さが魅力のノートパソコンです。IPSパネルを使った見やすくて大きい液晶ディスプレイと、高性能な最新CPUを搭載している点がポイント。同価格帯の他社製品と比べて、コストパフォーマンスの面で大きく上回っています。

■ideapad 520のポイント

ここがイイ! ここが残念

今回は筆者が購入したideapad 520 Core i7モデル(81BF000MJP)を使って、実際の性能や本体デザイン、各部の使い勝手などをレビューします。

ideapad 520

ideapad 520

税込6万円台半ばから

第8世代のCore i5/i7搭載!

第8世代インテルCoreプロセッサー

ideapad 520は、最新の第8世代インテルCoreプロセッサー(開発コード「Kaby Lake R」)を搭載しています。2017年10月上旬時点では最新のCPUで、このCPUを搭載したモデルはまだそれほど出回っていません。

インテルによると、第8世代のCPUは第7世代に比べてパフォーマンスが40%向上しているとのこと。これは、CPUのコア数が従来のデュアルコア(2コア)からクアッドコア(4コア)にアップグレードしたためです。

Core i7-8550UとCore i7-7500U

第8世代Core i7-8550Uと第7世代Core i7-75000Uの違い

Core i5-8250UとCore i5-72000Uの違い

第8世代Core i5-8250Uと第7世代Core i5-72000Uの違い

第7世代のCPUを搭載したモデルは、まだ現行機種として販売されています。しかしより高いパフォーマンスを求めるなら、最新の第8世代搭載モデルを選ぶべきでしょう。

注意:ideapad 520では、現時点(10月上旬)でCPUの動作が安定しない症状が見られます。詳しくは後述の「CPUの動作が不安定?」をご覧ください。

リーズナブルでもデザインはマル

本体のカラバリは2種類

ideapad 520は本体カラーとして、”アイアングレー”と”ゴールデン”の2種類が用意されています。今回筆者はアイアングレーのモデルを購入しましたが、ビジネスシーンでも違和感がないとても落ち着いたデザインでした。ideapad 520はどちらかと言うとリーズナブルなモデルですが、高級感のあるデザインです。

アイアングレーの本体カラー

筆者が購入したアイアングレーのモデル

暗い場所ではブラックに見える

光の当たり方によっては、ダークグレーにも見えます

天板のロゴ

天板には鏡面仕上げのロゴ

180度開閉可能

液晶ディスプレイは、ほぼ180度まで開きます

ちなみにゴールデンの本体カラーは、こんな感じ。

※クリックで公式サイトが開きます

本体の素材はパームレストが金属素材で、底面部が樹脂(プラスチック)です。天板(液晶ディスプレイ背面)は質感的に樹脂のように見えますが、エッジにダイヤモンドカット加工が施されているので、もしかすると金属素材なのかもしれません。

パームレストのデザイン

パームレストには金属素材が使われています。エッジのダイヤモンドカット加工により、落ち着いたカラーでありながらも、きらびやかさを感じました

底面部のデザイン

底面部(ボトムケース)には、ノートパソコンでよく見られる樹脂素材(プラスチック)が使われています。塗装の効果によって、メタリックな雰囲気です

ダイヤモンドカット加工

天板(トップカバー)のエッジにも、ダイヤモンドカット加工が施されています

大きさはB4相当

本体サイズは、幅378×奥行き260×高さ22mmです。B4サイズ(幅364×奥行き257mm)をよりちょっと大きいと考えれば、サイズ感をイメージしやすいでしょう。比較的大型ですが15.6型としては標準的で、もっとも人気の高いスタンダードなサイズです。

フットプリント

設置面積は幅784×奥行き257mm

サイズ比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

ほぼB4サイズ

B5ノートを見開きにした大きさ(B4サイズ)よりも、ちょっとだけ大きめ

ideapad 520の厚さ

高さは22mmで、15.6型としては薄い部類に入ります。実際に使っていても、厚さが気になる場面はありませんでした

重量は2kgで持ち歩きには厳しい

idezapad 520の重量は、公称値で2.2kgとされています。実際の重さを測ってみたところ、公称値よりも若干軽い2.084kgでした。ただし2kg超は、モバイル用途としては厳しい重さです。

重量の実測値

重量は実測で2.084kgでした

電源アダプター込みの重さ

電源アダプター込みだと、実測2.287kg

電源アダプター

付属の電源アダプター

電源アダプターの大きさ

電源アダプターは75Wh(73.62Wh)用で、けっこう大きめ

作業に適したIPSのフルHDディスプレイ

15.6型のフルHDディスプレイ

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920×1080ドットのフルHDです。リーズナブルなモデルでは解像度が1366×768ドットのものが多いのですが、フルHDならデスクトップが広いのでより快適に作業をこなせます

液晶ディスプレイのスペック

15.6型で解像度は1920×1080ドット

1920×1080ドットと1366×768ドットの違い

1920×1080ドット(左)のほうが1366×768ドット(右)よりもデスクトップが広いので、より多くの情報を表示できます ※クリックで拡大

フルHDには見やすいIPSパネルがおすすめ!

液晶ディスプレイには、自然な発色と高いコントラストが特徴のIPSパネルが使われています。同価格帯の他社製品で使われているTNパネルと比べると、映像品質の差は歴然。写真や動画を自然な色合いで楽しめるだけでなく、文字色にメリハリがあるのでWebページや資料を読みやすいというメリットもあります。

IPSパネル

IPSパネルを使った液晶ディスプレイは見やすくてキレイ!

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い ※写真はThinkPad X260/270によるもの

視野角

視野角は広く、液晶ディスプレイの角度を変えても映像が見づらくなることはありません

ガンマ補正曲線

液晶ディスプレイのガンマカーブ。青がやや弱く緑が若干強めですが、比較的バランスのいい色合いです

ノングレアディスプレイ

表面は光沢なしのノングレア仕上げ。光の映り込みが抑えられるので、眼が疲れにくいメリットがあります

キーボードはややクセあり?

数値入力に便利なテンキー付き

ideapad 520のキーボードは全84キー。エクセルなどで数値入力に便利なテンキーに対応しています。キーピッチ(キーとキーの間隔)は理想とされる19mmですが、Enterキーと「む」キーが隣接している点がちょっと残念です。

キーボード

標準的な配列のキーボード。キーピッチは実測19mmです。キートップは15.5mmで比較的大きく、窮屈さは感じませんでした

キー配列で残念なポイント

Enterキーと「む」キーが隣接しているのと、カーソルキーの上下がちょっと小さいのが残念

キータッチがとても軽い

キーストローク(キーを押し込む深さ)は実測で1.5mm程度でした。キーストロークは深いほどタイプ感に優れると言われていますが、ideapad 520のキーストロークはノートパソコンとしては標準的です。

ただしキーを押す力が非常に軽く、十分な手応えを感じられませんでした。入力時に若干のたわみも感じます。タイプ音は比較的静かでしたが(強く打てばそれなりに響きます)、キーが振動するようなカチャカチャとした音が聞こえるのがちょっと残念です。

キーストローク

キーストロークは実測で1.5mm程度。押下圧が非常に軽く、手応えがありません

キーボードのサイズ的には十分なのですが、個人的にはタイプ感がもうちょっと良ければというところ。長時間使っても疲れにくいかもしれませんが、軽快に入力するならキーを押したときのクリック感がある程度必要だと思います。

なお同じ15.6型でキーボードの打ち心地にこだわるなら、ThinkPad E570をおすすめします。

見た目のいいタッチパッド

マウス代わりに使うタッチパッドは、デザイン性に優れるボタン/パッドの一体型です。分離型のほうが誤操作が少ないと言われていますが、このあたりは個人の好みによるでしょう。ジェスチャー対応でカーソルの動きも速いのですが、動きはそれほどなめらかではありませんでした。

タッチパッド

ボタン一体型のタッチパッド。エッジにはダイヤモンドカット加工が施されています

タッチパッドの大きさ

15.6型としてはややこぶりながら、普通に使えるサイズです

標準的なインターフェースと拡張性

端子類は標準的な構成

周辺機器・各種メディア用のインターフェース(端子類)としては、USB3.0 Type-A×2、USB3.0 Type-C×1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力が用意されています。古い液晶ディスプレイやプロジェクターなどで使われるVGA(D-Sub15ピン)には対応していません。15.6型としては標準的な構成です。

左側面

左側面には電源コネクター、有線LAN、HDMI、USB3.0 Type-A×2、ヘッドホン出力、USB3.0 Type-C、メモリーカードスロット

右側面

右側面には光学ドライブとセキュリティースロットが用意されています

光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部のWebカメラは92万画素

インターフェースが左側に集中している

写真を見るとおわかりのように、ideapad 520では端子類のほとんどが左側面に集まっています。これは、右側に光学ドライブがあるため。しかし利き腕やケーブル・USB機器の取り回しを考えれば、右側面にもUSB端子が欲しいところです。

なお左側面にあるふたつのUSB3.0 Type-Aは、間隔がやや狭くなっています。USBメモリーなど端子付近の場所を取る機器を使う場合、スペースが足りない可能性がある点に注意してください。

Harman製ステレオスピーカーとDolby Audioによるサウンド

ideapad 520のスピーカーは有名オーディオブランド「Harman」製で、底面部に設置されています。小型でありながら音質はなかなかのもの。さらに音声補正技術「Dolby Audio」の効果により、クリアーなサウンドを実現しています。

ステレオスピーカー

底面部左右に取り付けられたステレオスピーカー

スーピーカーの大きさ

スーピーカーのパーツ自体はとてもコンパクトです

実際に音楽を聴いてみましたが個々の音が非常にクリアーで、音のきしみやノイズは感じられませんでした。ただ、低音部が若干弱いような気がします。どちらかと言うと、クラシックよりもポップス向きでした。BGMとして音楽を再生したり、ビデオチャットを利用するには十分なクオリティです。

メモリー増設やストレージ交換も可能

パーツ接続用のスロットとしては、ストレージ用の2.5インチ向けSATAスロットとメモリースロットを利用できます。メモリースロットは1ポートのみ。公式には最大メモリー容量は8GBとされていますが、12GBでも認識されました。

底面部

ideapad 520の底面部。増設用のカバーは用意されていないので、底面部全体を取り外します

開腹した様子

底面カバーを外した状態

ストレージ

2.5インチのストレージ

メモリー

メモリーはカバーに覆われていました

メモリースロット

メモリースロットは1ポートのみ。オンボードで4GB搭載されおり、スロットには4GBのメモリーが挿されています

なおメモリーやストレージを交換すると、メーカー保証のサポート外となってしまう点に注意してください。あくまでも自己責任の上で改造するか、パーツカスタマイズ対応モデルを選ぶといいでしょう。

クアッドコアCPUを搭載!!

ここからは、ideapad 520のパフォーマンスについて紹介します。なおテスト機の主なスペックは以下の表のとおりです。

■テスト機の主なスペック

CPU Core i7-8550U
メモリー 8GB
グラフィックス GeForce MX150
ストレージ 256GB SSD

Windows 10の快適さ

Windows 10の快適さを計測する「Windowsエクスペリエンスインデックス」では、以下の表の結果となりました。各スコアの最大値は「9.9」ですので、なかなか優れた結果だといえます。

Windowsエクスペリエンスインデックス(システム評価ツールの結果)
プロセッサ 7.7
メモリ 8.2
グラフィックス 7.7
プライマリハードディスク 8.2

CPUの動作が不安定?

CPU性能を計測するベンチマークを試したところ、前世代のCore i7-7500Uよりもちょっと上の結果が出ました。CPUがデュアルコアからクアッドコアにアップグレードしていることを考えれば、納得のいかない結果です。

CINEBENCH R15

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」ベンチマーク結果

PassMark PerformanceTest

CPU性能を表わす「PassMark PerformanceTest 9.0」の「CPU Mark」

Core i7-7500Uのベンチマーク

当サイトで過去に計測したCore i7-7500U搭載機のベンチマーク結果

なんどか電源を入れ直しながらテストを繰り返したところ、数回に1回はCPUのパフォーマンスが上がることがありました。はっきりとした原因は不明ですが、動作が不安定なのかもしれません。ドライバーソフトやBIOSのアップデートにより症状が改善されたら、随時報告します。

なお調子がいいときのベンチマーク結果は、以下のとおりです。旧世代のCore i7-7500Uよりも40~50%程度スコアが上昇していることがわかります。

CINEBENCH R15

調子がいいときのCINEBENCH R15ベンチマーク結果

PassMark PerformanceTest 9.0

調子がいいときの「PassMark PerformanceTest 9.0」の「CPU Mark」ベンチマーク結果

不安定さが改善されれば、上記のスコアは変わる可能性があります。仮にこのスコアが本来の性能だとすると、前世代のCore i7-6700HQ(4コア/8スレッド)よりもやや低い程度です。クアッドコアによって、従来のノートパソコンよりもパフォーマンスが大きく改善されると考えていいでしょう。一刻も早く、ideapad 520の症状が解決されることを望みます。

ストレージのアクセス速度

256GB SSDのアクセス速度は、以下のとおりです。SATA接続のSSDとしては、標準的な早さと言えます。とは言うもののHDDよりも5倍程度高速で、ファイルアクセスはもちろんシステムやアプリの起動が早く、全体的にキビキビと動作しました。

CrystalDiskMark

「CrystalDiskMark」によるSSDのアクセス速度計測結果

なおideapad 520では、モデルによってストレージにHDDが使われている場合があります。HDDは容量が大きいのがメリットですが、アクセス速度が遅い点が欠点。使い続けるうちに、だんだんWindows 10の起動やレスポンスが遅くなってくるでしょう。

総合的なパフォーマンス

パソコン利用時の総合的なパフォーマンスを計測する「PCMark 8」および「PCMark 10」の結果は、以下のとおりです。ノートパソコンとしては、なかなか優秀な結果となりました。

「PCMark 8」の「Creative accelerated

「PCMark 8」の「Creative accelerated」結果

PCMark 10 Extended

「PCMark 10 Extended」の結果 ※クリックで拡大

ドラクエ10やFF14も楽しめる3D性能

ideapad 520のCore i7モデルには、専用グラフィックス機能としてGeForce MX150が使われています。本来はゲーム向けのGPUではないものの、国内で人気のドラクエ10やFF14であれば1920×1080ドットのフルHDでも快適に遊ぶことが可能です。

3DMarkベンチマーク結果
3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 1,070
3dmark firestrikeFire Strike(DX11) 3,051
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 9,716
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 10,410
3dmark icestormIce Storm(DX9) 45,303

FF14ベンチ

FF14 紅蓮のリベレーターでは、フルHDの標準画質で最高評価が出ました

GeForce MXでゲームをどこまで快適に楽しめるかについては、別の記事で検証しています。詳しくは関連記事をご覧ください。

ideapad 520のスペックとモデル構成

ideapad 520のスペック

OS Windows 10 Home
CPU Core i5-8250U/Core i7-8550U
グラフィックス Intel HD Grapics 620(CPU内蔵)/ GeForce MX 150(2GB)
メモリー 8GB(公称は最大8GB)※オンボード4GB
ストレージ 256GB SSD(SATA)または1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、IPS、非光沢
通信機能 1000BASE-T対応有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.0(Type-A)×2、USB3.0(Type-C)×1、HDMI、、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅378×奥行き260×高さ22mm/約2.2kg
バッテリー駆動時間 約6時間

パーツ構成の異なる3種類のモデルを用意

ideapad 520には複数のモデルが用意されていますが、ベースとなるのは以下の4種類です。それぞれCPUやグラフィックス、ストレージが異なり、さらにそれぞれ本体カラーの異なるモデルやオフィス付きのモデルが用意されています。

■ideapad 520の基本モデル

Core i5+1TB HDDモデル
Core i5 8GBメモリー  1TB HDD 6万4800円
Core i5+256GB SSDモデル
Core i5 8GBメモリー  256GB SSD 8万1281円
Core i5+256GB SSD+dGPUモデル
Core i5 8GBメモリー  256GB SSD  GeForce MX150 8万7480円
Core i7モデル
Core i7 8GBメモリー  256GB SSD GeForce MX150 10万0127円

安いのはCore i5+1TB HDDのモデルですが、快適さではSSD搭載モデルのほうが格段に上です。またゲームを楽しんだり画像加工・動画編集などを行なうつもりなら、GeForce MX150搭載モデルを選ぶといいでしょう。

高い性能を期待できるけどしばらく様子見

ということで、今回は第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載したideapad 520のレビューをお届けしました。ベンチマーク結果からわかるように、クアッドコアのCore i5-8250U/Core i7-8550Uは高いポテンシャルを持っているようですが、いかんせん動作が不安定なのでいまはまだおすすめできません。ドライバーソフトやBIOSがアップデートされ、動作が安定した段階で購入するほうがいいでしょう。

ただし、それほど高いCPU性能は必要ないけど、ゲームと仕事を両方こなせる15.6型ノートパソコンが欲しいという人ならGeForce MX150搭載モデルを選ぶのはアリです。3D性能的には前世代のGeForce GTX 950M相当ですので、中規模クラスのゲームなら問題なく楽しめるでしょう。Core i5+dGPUモデルで8万円台であれば、納得できる価格ではないでしょうか。

ideapad 520

仕事とゲームに使いたい人には、GeForce MX150搭載モデルがおすすめ

なおideapad 520は、レノボ・ジャパンの直販サイト限定販売のモデルです。購入を検討している方や支払い方法や納期などについて知りたい方は、公式サイトの販売ページでご確認ください。

ideapad 520

ideapad 520

税込6万円台半ばから

ほかのモデルも検討してみたいという方は、こちらのレビュー記事を参考にしてください。

■そのほかの15.6型ノートパソコン

ThinkPad E570 HP Pavilion Power 15 Inspiron 15 5000
最強の15.6型! GTX1050搭載 おまけソフトが多い
レビュー レビュー レビュー

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!