デル Inspiron 17 5000(5770)レビュー 大画面で見やすい17.3型ノートPC

デル Inspiron 17 5000 レビュー

デルの「Inspiron 17 5000(5770)」は、17.3型で解像度1920✕1080ドットの液晶ディスプレイを搭載したノートパソコンです。一般的な15.6型モデルに比べて画面がひと回り大きく、文字が見やすいのがポイント。自宅や職場でじっくり作業したい人におすすめします。

17.3型の大画面ディスプレイ搭載

17.3型の大画面液晶ディスプレイを搭載した「Inspiron 17 5000」

大きな画面を搭載しているだけあって、重量は約2.79kgとやや重めです。とは言うものの、デスクに据え置きで使うには問題ありません。むしろ画面が大きいので作業しやすく、動画視聴の迫力も十分味わえるメリットがあります。端子の種類や数も豊富なので、ビジネスシーンでも活用できるでしょう。

光学ドライブ搭載

光学ドライブ搭載で、DVDの再生や書き込みにも対応

Inspiron 17 5000のポイント

ここがイイ! ここが残念

今回はメーカーからお借りした実機を使って、Inspiron 17 5000(2017年秋発売モデル)の本体デザインや使い勝手、実際の性能などをレビューします。

Inspiron 17 5000

Inspiron 17 5000(5770)

税込み9~10万円台から

17.3インチノートPCおすすめモデル
「写真や動画を大きな画面で楽しみたい」あるいは「画面の字が小さいと読みづらい」という人には、17.3インチの大型液晶ディスプレイを搭……
デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
デルのおすすめノートPCとお買い得情報をお届け!

スタンダードな本体デザイン


Inspiron 17 5000の本体デザイン

本体サイズが大きい

Inspiron 17 5000の本体サイズは、幅415.4✕奥行き279.2✕高さ25mm。ノートパソコンとしてはもっともスタンダードな15.6型よりも、ひと回り大きめです。実際に手に持ってみると、かなり大きく感じました。

15.6型とのサイズ比較

15.6型ノートパソコン「NEC LAVIE Direct NS(B)」 とのサイズ比較

Inspiron 17 5000のサイズ比較

A4用紙とB5ノートとのサイズ比較

B4サイズとの比較

B4サイズ(B5ノートの見開き)よりもふた回り以上大きめです

高さの実測値

高さは公称値で25mm。ゴム足を含めた実際の高さは29mmでした

実際の印象

接地面積が広いので、実際の数値ほど熱くは感じません。ただやはり、本体がかなり大きく感じます

ノートPCらしい無難なデザイン

本体デザインは、良くも悪くも標準的です。本体カラーはシルバーとブラックの2色が用意されており、ボディの材質はプラスチック。エッジ部分はやや丸みを帯びています。表面にはややザラつきのあるツヤ消し加工が施されていました。ノートパソコンとしてはスタンダードなデザインですが、外観からは安っぽさは感じられません。

Inspiron 17 5000の本体カラー

本体カラーはシルバーとブラックの2色 ※写真はシルバー

天板のデザイン

天板部分にはプラスチック(樹脂)素材が使われていますが、ツヤ消しのメタリック風塗装の影響により、安っぽさは感じられませんでした

ヒンジ部分

ヒンジ部分はこんな感じ

キーボード面のデザイン

キーボード面のデザイン

パームレストのデザイン

写真ではわかりづらいのですが、キーボード面には薄っすらと細かな線が入っています

重量は約2.8kg

カタログ上の公称値では、重量は2.79kgです。実際に重さを測ってみたところ、2.754kgでした。電源アダプター込みだと、3kgをオーバーします。日常的に持ち歩くのには向いていませんが、自宅やオフィス内で場所を変える程度なら問題ない重さです。

重量の実測値

重量は実測で2.754kgでした

電源アダプターの重さ

電源アダプターの重さは実測334g。本体との合計重量は3.088kgです

大きな画面で文字が読みやすい


Inspiron 17 5000の液晶ディスプレイ

17.3型の大画面

Inspiron 17 5000では、ノートパソコンとしては大きめの17.3型液晶ディスプレイが使われています。一般的な15.6型の液晶ディスプレイと比べて、面積比では約1.23倍。同じ解像度(および拡大率)であれば、15.6型よりも文字やアイコンが大きく表示されます。

液晶ディスプレイのサイズと解像度

液晶ディスプレイのサイズは17.3型で、解像度は1920✕1080ドットのフルHDです

15.6型と17.3型の大きさ比較

15.6型と17.3型の大きさの違い

ベゼル幅

ベゼル幅は左右16mm、上部19mm

高精細で鮮やかな映像

液晶ディスプレイの映像は、色鮮やかです。試しに写真を表示したところ、自然な色合いで細部まで精細に映し出されました。また文字表示もメリハリが効いているので、見やすく感じます。映像の明るさはほどほどですが、ジッと見つめて作業するにはちょうどいい明るさです。

映像の色合い

写真は自然で色鮮やかに映し出されました

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。やや青が弱いのですが、色のバランスは悪くありません

視野角

視野角は広め。写真ではやや暗く写っていますが、映像を斜めから見ても色合いやコントラスがあまり変わりません

眼に優しいノングレアパネル

液晶ディスプレイの表面は、光沢なしのノングレア(アンチグレア)タイプです。ノングレアは映り込みがないので作業に集中しやすく、また目が疲れにくとも言われています。長時間作業する人に適した仕様です。

ノングレアディスプレイのメリット

光沢なしのノングレア。光の映り込みが気にならないので、集中して作業できます

キーボードはやや小ぶり


Inspiron 17 5000のキーボード

キーはモバイルノートPC並みの大きさ

キーボードは数値入力に便利なテンキー付きで、キーピッチ(キーとキーの間隔)は理想とされる19mmです。キーの間隔は十分なのですが、キーそのものの大きさが14mmとやや小さめ。モバイル向けノートパソコン程度の大きさです。タッチタイピングをマスターしているなら問題ないのですが、キーボードをあまり使わない人だと少し窮屈に感じるかもしれません。

キーボード全体

テンキー付きのキーボード。キーピッチは実測19mmでした

またEnterキー周辺で、一部のキーが隣接しています。特にBackSpaceキーがほかより小さく、左側の「¥」キーを押し間違えてしまうことが何度かありました。この配列については、使い続けるうちに慣れてくるでしょう。

Enterキー周辺のキー配列

Enterキー周辺のキー配列

電源ボタンの位置

キーボード右上に電源ボタン

タイプ音はやや気になる

キーストローク(キーを押し込む深さ)は実測1.5mmで、標準的です。入力時にやや強めの「カクッ」としたクリック感があり、確かな手応えが感じられます。個人的にはある程度の手応えがあるほうが好みで、Inspiron 17 5000のキーボードはちょうどいいタイプ感でした。

キーのタイプ感

キーストロークは1.5mmと標準的ながらも、入力時にほどよいタイプ感を感じました

タイプ音は「タクタクタク」を控えめです。しかしキーボードのホームポジション(「F」キーと「J」キー)から離れるほど、「カチャカチャ」とした音が聞こえてきました。おそらくキーを支える構造物の影響だと思われます。

キーボードのタイプ音

キーボード中央のタイプ音は控えめです

またタッチが強いと、音が「ドスドスドス」と響きます。これは本体が大きいぶん、音が内部で反響しているのかもしれません。

タッチパッドはキビキビと動作

タッチパッドは比較的大きく、ダイナミックに操作できます。カーソルの追従性も高く、スムーズに操作できました。もちろんマルチジェスチャーも問題ありません。

表面はややザラついた手触りで、確かなグリップ感があります。ボタンはパッド部分と一体化されています。

タッチパッド

比較的大きく、スムーズに操作できるタッチパッド

端子の数は多い


Inspiron 17 5000のインターフェース

4ポートのUSB端子と有線LAN対応

端子類としてはUSB 3.1 Gen1(Type-A)、USB3.1 Gen1 (Type-C)✕1、USB2.0、HDMI、SDメモリーカードスロット、100BASE-TX対応有線LAN、ヘッドホン出力に対応しています。USB端子が4つもあれば、多くのUSB機器を接続できるので便利ですね。有線LANにも対応していますが、転送速度が最大100Mbpsである点に注意してください。

左側面

左側面には電源コネクター、USB3.1 (Type-C)、HDMI、有線LAN、USB3.1(Type-A)✕2、ヘッドホン出力

右側面

右側面にはSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、USB2.0、光学ドライブ

DVDスーパーマルチドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部のWebカメラは92万画素

スピーカーの音質は標準的

Inspiron 17 5000は本体が大きいので音質のいい大きめのスピーカーが使われているのではないかと期待したのですが、ほかのノートパソコンでも使われている標準的なスピーカーでした。

スピーカー

底面部のスピーカー

音質も、ノートパソコンとしては標準的です。低音はやや弱く、高音部ではシャカシャカとした薄い印象。スピーカーが底面部に配置されているので、音がややこもったようにも聞こえます。標準収録のWAVES MAXXAudio Proのユーティリティーを使えば多少は改善できますが、音質が劇的に改善するほどではありませんでした。

WAVES MAXXAudio Pro

標準収録のWAVES MAXXAudio Proのユーティリティー

とは言うものの、動画やビデオチャットには問題ないレベルです。ただし音楽を楽しみたいなら、ヘッドホンや外付けスピーカーの利用をおすすめします。

基本的にはパーツ交換非対応

Inspiron 17 5000は、ユーザー自身によるパーツ交換は推奨していません。自分でメモリーを増設、ストレージを換装したりすると、メーカー保証のサポート外となるので注意してください。

底面カバー

底面部には、メモリー増設用やストレージ交換用のカバーはありません

ただし、公式サイトではパーツの外し方や取り付け方法がまとめられています。底面カバーや光学ドライブを取り外し必要があるので少々面倒ですが、自前のパーツで性能をアップグレードさせたい人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

高性能で使いやすい


Inspiron 17 5000のスペックとパフォーマンス

Inspiron 17 5000のスペック

OS Windows 10 Home/Pro
CPU Core i5-8250U または Core i7-8550U
メモリー 8GB(最大16GB)
ストレージ 128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620 または Radeon 530(4GB)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ディスプレイ 17.3型、1920×1080ドット、非光沢
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.1 Gen1(Type-A)×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、USB2.0✕1、HDMI、100BASE-TX対応有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅415.4×奥行き279.2×高さ25mm/約2.79kg
バッテリー駆動時間 42WHr

Inspiron 17 5000のラインナップ

Inspiron 17 5000には全部で5種類のモデルが販売されていますが(2017年12月時点)、ベースとなるのは以下の2種類です。これらを基本として、オフィス付きモデルなどが用意されています。

Inspiron 15 7000の基本モデル

プレミアム
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD 税込み9~10万円台
プラチナ
Core i7 8GBメモリー  128GB SSD 1TB HDD Radeon 530 税込み11~12万円台

Inspiron 15 7000の価格は、そのとき実施されているキャンペーンによって大きく変動します。最新価格は以下のリンクから確認してください。

Inspiron 17 5000のベンチマーク結果

今回のテストでは、Core i7-8550U搭載の「プラチナ」モデルを試用しています。Core i5搭載の「プレミアム」モデルでは、ベンチマークの結果が低くなるので注意してください。またベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミングによって大きく変わることがあります。

CrystalDiskMark

128GB SSD(左)と1TB HDD(右)のアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果。ノートPC向けとしては、非常に高い性能です

PassMark PerfomanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerfomanceTest 9.0」結果。やはりCPU性能がかなり高め

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果。特にソフトの起動と表計算ソフト(エクセルなど)の処理、写真加工の快適さに優れています

3DMark

3D性能を計測する「3DMark」の結果。専用グラフィックスとしてRadeon 530を搭載していますが、性能はそれほど高くありません。軽めの3Dゲームなら問題なくプレーできるレベル

PCMark 8

「PCMark 8」による総合評価。デスクトップPCを含めたパソコン全体のなかでは、上位31%以内の性能です。ノートPCとしては非常に優秀

バッテリーは実働8時間半

Inspiron 17 5000のスペック表には、バッテリー駆動時間は記載されていません。そこでPCメーカー各社で実施されている標準的なテストと近い内容でテストを行なったところ、8時間30分でバッテリー切れとなりました。据え置き用のノートパソコンとしては十分すぎる結果です。

バッテリー駆動時間計測時のテスト条件

  • 電源モードは「バッテリー節約機能」
  • 液晶ディスプレイの明るさを40%に設定
  • 輝度(明るさ)の自動調節機能はオフ
  • 無線LANとBluetoothはオン
  • ボリュームは50%に調整
  • 「BBench」で10秒ごとのキー入力と60秒ごとのWebアクセスを有効化
  • 満充電の状態からテストを行ない、休止状態へ移行するまでの時間を計測

バッテリー残量の推移

バッテリー残量の推移

ただしこのテストはバッテリー消費量が少なめです。普通に利用するとおそらく2~3割程度短くなるでしょう。およそ6~7時間程度かもしれません。

熱はほとんど気にならない

ベンチマーク中のCPU温度を確認したところ、最大で98度にまで達していました。本体内部はかなりの高温です。

CPUの最大温度

ベンチマーク時におけるCPUの最大温度

しかし本体の外側は、それほど熱くはありませんでした。キーボード面の温度を計測したところ、高負荷時でも最大39.6度で少しぬるい程度です。特に処理が行なわれていないときは20~23度と低め。おそらく内部の熱が効果的に排出されているのでしょう。

通常時(左)と高負荷時(右)における、キーボード面の表面温度

通常時(左)と高負荷時(右)における、キーボード面の表面温度 ※室温20度

高負荷時のみ駆動音が目立つ

簡易騒音計を使って動作時の駆動音を計測したところ、通常時やYouTube視聴時ではまったく気になりませんでした。しかし3Dゲームや動画変換など負荷が非常に高い場合は、音が少し気になるかもしれません。

駆動音の計測結果(室温20度前後)

電源オフ時 36.8dBA
通常時 37.3dBA ほんのわずかにファンの駆動音が聞こえる
YouTube動画再生時(スピーカーオフ) 37.6dBA 通常時とほぼ変わらず。動画の音を再生していたら気が付かない
FF14ベンチ実行時 50.5dBA ファンの駆動音と排気口からの風切り音がけっこう目立つ

見やすい&パワフルで使いやすい

ということで、今回はInspiron 17 5000のレビューをお届けしました。

最大のポイントはやはり、画面が大きくて見やすい上に映像が美しい点です。性能も非常に高く、メインのパソコンとしても十分活用できます。デスクトップパソコンは大きすぎるけど、大きな画面で仕事をサクサクこなしたい人におすすめです。

Inspiron 17 5000のポイント

大きいながらも据え置き用としての実用性が高い!

Inspiron 17 5000のまとめ

  • 画面が大きくて映像がキレイ
  • 端子の数が多くて便利
  • SSD+HDDのデュアルストレージに標準対応
  • バッテリーが長持ち
  • キーボードのキーが小ぶり
  • 大きくて重い

Inspiron 17 5000は、デルの公式サイトで販売されています。購入される場合や支払い方法、納期について知りたい場合は、公式サイトの販売ページでご確認ください。

Inspiron 17 5000

Inspiron 17 5000(5770)

税込み9~10万円台から

17.3インチノートPCおすすめモデル
「写真や動画を大きな画面で楽しみたい」あるいは「画面の字が小さいと読みづらい」という人には、17.3インチの大型液晶ディスプレイを搭……
デルのノートPCおすすめ機種&セール情報まとめ
デルのおすすめノートPCとお買い得情報をお届け!

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!
コメントの入力は終了しました。