Inspiron 15 5000 ゲーミング レビュー!AMD A10-9630P & Radeon RX 460搭載の8万円台ゲーミングノートPCは買いなのか!? – こまめブログ

Inspiron 15 5000 ゲーミング レビュー!AMD A10-9630P & Radeon RX 460搭載の8万円台ゲーミングノートPCは買いなのか!?

Inspiron 15 5000 ゲーミング

税込み8万円台で買える格安ゲーミングノートPCを検証!

自称、”格安PCウオッチャー”のこまめブログ管理人(@littlebeansinfo)です。普段は2~5万円程度の格安モデルを自腹で購入して検証しているのですが、今回紹介するのは税込み8~9万円台半ばのモデル。デルの「Inspiron 15 5000 ゲーミング」を取り上げます。もちろん、自腹購入品です。

Inspiron 15 5000 ゲーミング

デルの「Inspiron 15 5000 ゲーミング」

8~9万円も出せば普通のノートパソコンならCore i5  + 8GBメモリー + 256GB SSD搭載の準ハイスペックモデルをゲットできます。しかしゲーム用のノートパソコン、いわゆる”ゲーミングノートPC”となると、15万円前後が標準的。11~12万円台で格安と言っていいレベルです。

Inspiron 15 7000 ゲーミング

11~12万円台で買えるCore i+GeForce GTX 1050 Ti搭載の「Inspiron 15 7000 ゲーミング」

ですが、今回取り上げるInspiron 15 5000 ゲーミングは、価格の安い下位モデルなら税込み8~9万円台で購入可能。15万円あたりが相場のGeForce GTX 1000シリーズ搭載最新モデルと比べれば、超激安と言えるわけです。そんなわけで実際の使い勝手を検証するために、人柱として自腹で購入しました。

で、実際の性能はどうなんだという話ですが、先に結論から言ってしまうとドラクエ10やFF14ならフルHDで快適に遊べるレベルでした。海外の大作ゲームはちょっと厳しいのですが、国内で人気のタイトルならまず問題なく楽しめます。中規模クラスのゲームを楽しむにはちょうどいいスペック。GTX 1000シリーズ搭載で10万円超えのゲーミングノートPCが多いなか、エントリー向けに価格を抑えた戦略的なモデルと言えるのではないでしょうか。

前置きが長くなってしまいましたが、今回はこのInspiron 15 5000ゲーミングについて、ゲーム系ベンチマークやFPS計測結果を中心にレビューをお届けします。

Inspiron 15 5000ゲーミング

Inspiron 15 5000 ゲーミング

税込8~9万円台

Inspiron 15 5000ゲーミングのスペック

Inspiron 15 5000ゲーミングにはCPUにAMDの「AMD A-10 9630P」を搭載したプレミアムモデルと、上位CPUの「AMD FX 9830P」を搭載したプラチナモデルの2種類が用意されています。それぞれの違いは、以下の表のとおりです。

CPU プレミアム (下位モデル) プラチナ (上位モデル)
CPU AMD A-10 9630P AMD FX 9830P
グラフィックス AMD Radeon RX460(4GB)
メモリー DDR4 PC4-19200(2400MHz) 8GB(最大32GB)
ストレージ 1TB HDD 256GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、非光沢
無線機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN(11ac時最大867Mbps)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.0×3、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー 74Whr
サイズ/重量 幅383×奥行き265×高さ25.3mm/約2.47kg~
実売価格 8~9万円台 9万円台

このモデルのポイントは、CPUとdGPU(外部グラフィックス機能)にAMDの製品を使っている点です。AMD製品はコストパフォーマンスが高い点が特徴で、最近ではデスクトップPC向けのCPU「Ryzen」シリーズをリリースしました。ゲーミングノートPCではIntel+NVIDIAの組み合わせがスタンダードというか9割がたを占めているので、かなり珍しいモデルです。

CPU-Z

AMD A10-9630Pの詳細情報

GPU-Z

dGPUのRadeon RX 460(左)と、iGPU(内蔵グラフィックス機能)のRadeon R5(右)

ちなみにグラフィックス機能を内蔵するAMD製品は「CPU」ではなく「APU」が正式名称ですが、わかりづらくて面倒なので、この記事ではCPUと表記します。

メモリー容量は、ゲーミングノートPCとしては最低限の8GBです。本体底面のカバーを開くと、メモリースロットが2ポート用意されていました。とりあえず手持ちの8GB×2を挿してみたところ、すんなりと認識。メモリーの増設は簡単です。

開腹

底面カバーを開いた様子。ネジを1本外す程度で、簡単に開けられました

メモリーの増設

メモリーの最大容量は32GB。規格はDDR4 PC4-19200(2400MHz)です

ストレージは下位モデルが1TB HDD、上位モデルが256GB SSDです。ゲームを何本もインストールするなら容量が大きい方が有利ですが、HDDはアクセス速度が遅いというデメリットがあります。上位モデルのSSDも容量が256GBで、個人的にはちょっと足りない感じ。500GB以上のSSDに交換したい衝動にかられます。ストレージ用のM.2スロットがあればいいんですけどねえ。

今回筆者が購入したのはプレミアムモデルで、性能が低いほうです。価格は安いのですが、上位モデルと数千円しか変わりませんので、より性能の高いプラチナモデルをおすすめします。

じゃあなんで下位モデルを買ったのかですって? そりゃ、安いモデルでどこまで動くのかを調べるほうが楽しいじゃないですか。

ベンチマーク結果について

筆者がInspiron 15 5000ゲーミングを検討している際に困ったのが、AMD A-10 9630P(またはAMD FX 9830P)とRadeon RX460でどこまでのパフォーマンスが出るのかまったくわからなかった点です。特にRadeon RX460はデスクトップPC版の情報は見つかるのですが、モバイル(ノートPC)版のベンチマーク結果は海外のサイトでも見つけられませんでした。

そのため今回のベンチマーク結果は数少ない貴重なデータだと言えるわけですが、結果はパーツ構成や環境、タイミングによって大きく変わることがありますので、あくまでも参考程度にとらえてください。

AMD A-10 9630Pの性能について

CINEBENCH R15

CPUの計算性能を計測する「CINEBENCH R15」では、マルチコア性能を表わす「CPU」が「265」でした。このスコアがどれくらいのものなのか、当サイトでの計測結果を参照してみたところ……、

名称 開発コード コア数 CINEBENCH R15スコア(平均値)
Core i5-6200U Skylake 2/4
283
Core i3-6100U Skylake 2/4
248
Core i3-7100U Kaby Lake 2/4
233

Skylake世代のCore i3-6100Uよりもちょっといい程度(涙)

参考記事

ノートPC向けCPUのベンチマーク結果比較表
実機によるCPUベンチマーク結果を比較 当サイトで実際に計測したCPU性能のベンチマーク結果(「CINEBENCH R15」の「CPU……

きっとバックグラウンドでなにかほかのプログラムが走っていたんだろうと思ってタイミングを変えて何度か計測し直してみましたが、いずれもほぼ同じような結果でした。ゲーミングノートPCとしては、性能低すぎじゃないですか?

標準的なゲーミングノートPCではCore i5/i7のHQシリーズが使われており、CPU性能はそこそこ高めです。dGPUの性能を活かすには高クロックのCPUが有利なはずなのですが、まさかCore i Uシリーズ程度だとは……。

ちなみにWindows 10の電源プランは「高パフォーマンス」に設定していますが、もしかするとほかにパフォーマンスを向上させる設定があるのかもしれません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、twitterなどでご指摘いただけると助かります。

1TB HDDのアクセス速度

CrystalDiskMark

HDDのアクセス速度は標準(100MB/秒前後)よりもちょっといい程度です。特筆するべき結果でもありません。速度的にはSSDのほうが有利ですね。手元にSSDがいくつか余っているので、いずれ換装して再計測してみようと思っています。

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

ちなみにゲーミングPCでSSDを使うとWindows 10のレスポンスやアプリの起動が早くなる上に、データのロード時間が短縮されるという効果もあります。ただし大作ゲームともなると容量が50GBくらいあったりするので、これからは大容量SSD搭載モデルが増えてくるかもしれません。

パソコンとしての総合性能

パソコンでの作業の快適さを計測する「PCMark 8」の結果は以下のとおりです。このテストではdGPUではなくiGPUが使われてしまったため、スコアはそれほど高くありません。筆者がこれまで計測したデータを参照すると、やはりCore i3+HDD搭載ノートパソコンと同程度でした。作業用のノートパソコンとしては標準レベルですが、ゲーミングPCとしては性能が低めです。

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Home accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

「PCMark 8」の「Creative accelerated」ベンチマーク結果

3Dベンチマーク結果について

続いては、ゲームの快適さに大きく影響する3D性能についてのベンチマーク結果を紹介します。基本性能のベンチマーク結果がかなり低かったので不安を感じますが、この結果が良ければゲームはそこそこ快適に楽しめるはずです。

3DMarkベンチマーク結果

総合的な3D性能を計測する「3DMark」の結果は以下のとおり。Inspiron 15 5000ゲーミングを始めとするAMD製APU+dGPU搭載ノートパソコンでは負荷の高さによってGPUが自動的に選択されるのですが(「グローバル設定」で大まかな設定は可能)、このテストではちゃんとdGPUのRadeon RX460が使われていました。

3DMarkベンチマーク結果
3dmark-001-timespyTime Spy(DX12) 1,455
3dmark firestrikeFire Strike(DX11,FHD) 3,833
3dmark skydiverSky Diver(DX10) 10,214
3dmark cloudgateCloud Gate(DX10) 9,006
3dmark icestormIce Storm(DX9) 51,721

Fire Strikeのスコアが「3833」ということですが、過去の計測データと見比べたところ、ひと世代前のGTX 960Mとほぼ同程度かやや下というレベルです。

当サイトでの計測結果

GPU Fire Strikeスコア(平均値)
GeForce GTX 1050 Ti
6451
GeForce GTX 965M
5209
GeForce GTX 960M
3995
Intel HD Graphics 620
712

GTX 960Mはひと世代前のdGPUですので、最近はこのdGPUを搭載するゲーミングノートPCは少なくなりました。しかしそれでも、まだ11~12万円で販売されていることもあります。その点を考えると、8~9万円台で買えるInspiron 15 5000ゲーミングはコスパが高いと言えるでしょう。

ゲーム系ベンチマーク結果(国内タイトル)

国内で人気の高いオンラインゲームのベンチマークを試してみたところ、どのテストでもフルHD(1920×1080ドット)で「快適」という評価となりました。ただしタイトルによっては、画質の調整が必要です。

FF14ベンチマーク結果 ファイナルファンタジーXIV:紅蓮の解放者 ベンチマーク
5322(とても快適) ※平均39.9FPS 1920×1080ドット、標準品質、DirectX 11
FF14ベンチマーク結果 ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク
7483(非常に快適) ※平均65.4FPS 1920×1080ドット、最高品質、DirectX 9
ドラクエ10ベンチマーク結果 ドラゴンクエストXベンチマークソフト
6424(快適) 1920×1080ドット、最高品質
06 ドラゴンズドクマオンライン ベンチマークソフト
3656(快適) 1920×1080ドット、最高品質
07 PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4
7374 1920×1080ドット、簡易描画設定3(標準画質) ※快適に遊べる目安は5000以上

FF14ベンチの「蒼天のイシュガルド」ではDirectX 9で動作できたものの、新バージョン「紅蓮の解放者」では強制的に負荷の高いDirectX 11で動作するようです。実際のゲームでDirectX 9モードを利用できるなら多少スコアは改善されるでしょう。

ベンチマークテストで「快適」という評価が出ても、実際には画面がカクつくことがあります。しかし上記の結果であれば、解像度や画質を調整することで問題なくプレーできるはずです。

ゲーム系ベンチマーク結果(海外タイトル)

「AAA(トリプルエー)タイトル」と呼ばれる海外の大作ゲームでゲーム内ベンチマークを試したところ、1280×720ドットの最低画質でも理想とされる平均60FPS以上に届かないという結果となりました。

グラフィックス品質の高い大作ゲームですので一瞬「こんなもんかな」と思ったのですが、よく考えるといくらなんでもスコアが悪すぎます。

ROTTR Rise of the Tomb Raider
48.3FPS 1280×720ドット、最低画質
The Division Tom Clancy’s The Division
43.7FPS 1280×720ドット、低画質
FarCry Primal Far Cry Primal
40FPS 1280×720ドット、低画質、HDテクスチャーオフ

Rise of the Tomb Raiderで解像度と画質を変えながらテストしてみたところ、低画質だと解像度を変えてもFPSが変わらないという、よくわからない結果が出ました。普通は画質はそのままで解像度を下げれば、FPSは上がるはずなんですけど。

最高 最低
1920 × 1080ドット 5.24 23.75 29.8 41.22 49.73
1600 × 900ドット 6.18 26.05 31.62 40.39 47.63
1280 × 720ドット  5.97 32.16 34.16 41.86 48.94

ゲームの設定やRadeon設定でFPSを制限しているわけではないのですが、なぜ低画質にFPSが伸びないのかは不明です。もしかするとなにか特別な設定があるのかもしれませんし、テスト機がなにか問題を抱えているのかもしれません。

いずれにせよ、グラフィックス重視の大作ゲームについては画質や解像度を落としても平均60FPS以上にできませんでした。ただし軽めのゲームであれば、画質を落とすことでフルHDでも平均60FPS以上で動きます。そのほかのゲームについては、随時動作確認状況を更新していくつもりです。

エントリー向けのゲーミングPCにピッタリ

ということで、今回はInspiron 15 5000 ゲーミングについてレビューしました。海外の大作ゲームでは挙動不審な部分はありましたが、国内向けの人気ゲームについては問題なくプレーできそうです。特にドラクエ10やPSO2など、中規模クラスのなかでも軽めのタイトルに向いています。FF14も設定しだいでイケそうですね。マインクラフトも影MODでイケるかも。このあたりはいろいろ試して、随時更新するつもりです。

Inspiron 15 5000 ゲーミングは、PCゲームを始めたいけど予算が少ない人におすすめです。普通のノートパソコンとしても使えますので(CPU性能はCore i3程度ですが)、はじめてのゲーミングPCとして購入を検討してもいいかもしれません。

ただ2~3万円プラスすればCore i5+GTX 1050 Ti搭載の「Inspiron 15 7000ゲーミング」に手が届きますので、予算に余裕がある人にはそちらをおすすめします。

Inspiron 15 5000ゲーミング

Inspiron 15 5000 ゲーミング

税込8~9万円台

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!