富士通 LIFEBOOK WA2/B3レビュー コンパクトでキーボードが使いやすい15.6型ノートPC

富士通 LIFEBOOK WA2/B3 レビュー

富士通のLIFEBOOK(ライフブック) WA2/B3は、15.6型の液晶ディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートパソコンです。比較的画面が大きいながらも、本体サイズがコンパクトなのが特徴。またキーボードが使いやすいので、仕事やプライベートでの作業にも向いています。

LIFEBOOK WA2/B3の外観

15.6型としてはコンパクトな本体と使いやすいキーボードが魅力のスタンダードノートPC

LIFEBOOK WA2/B3のポイント

ここがイイ! ここが残念

今回はメーカーからお借りした実機を使って、LIFEBOOK WA2/B3の本体デザインや使い勝手、実際の性能などをレビューします。

LIFEBOOK WA2/B3

LIFEBOOK WA2/B3

税込み10万円台から

※当サイト向けのシークレットクーポン「DAG217LSJ」適用で25%オフ

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

コンパクトで高級感のある本体


LIFEBOOK WA2/B3の本体デザイン

15.6型としては小さい

LIFEBOOK WA2/B3の接地面積は、幅361×奥行244mmです。B4サイズ(幅364✕奥行き257mm)よりもわずかに小さい程度。標準的な15.6型モデルよりもひと回り小さい点がポイントです。

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

B4サイズとの比較

B4サイズ(B5ノートの見開き)よりもわずかに小さめ

標準的な15.6型とのサイズ比較

NECのLAVIE Direct NS(B)と比べると、LIFEBOOK WA2/B3はだいぶ小さいことがわかります

高さは公称27.1mmで、実測値は29mmでした。やや厚みがありますが、据え置き用のパソコンですので、特に問題はないでしょう。

本体の高さ

ゴム足を含めた高さは実測29mm。ちょっと厚めです

4色のカラバリを用意

本体カラーとしてはブライトブラックとプレミアムホワイト、ガーネットレッド、メタリックブルーの4色が用意されています。今回試用したのはブライトブラックのモデルですが、のっぺりとした黒ではなく、ややメタリックな塗装が施されていました。明るい場所ではガンメタリックのように見えます。

ブライトブラックの本体カラー

ブライトブラックの本体カラー

天板(液晶ディスプレイの裏側)は光沢仕上げです。ツルツル&テカテカしており、映り込みやホコリがやや目立ちます。

表面はグレア仕上げ

天板の表面は光沢仕上げでなので光が映り込みますが、作業には影響しません

キーボード面のデザイン

キーボード面の色は天板と同じですが、こちらは非光沢でサラサラとした手触り

底面部のデザイン

底面部のカラーはブラウン

レザー調テクスチャー

レザーのような凹凸があり、高級感が感じられます

液晶ディスプレイの最大角度

液晶ディスプレイの最大角度

据え置き利用中心のモデル

LIFEBOOK WA2/B3の重量は、カタログ上の公称値で約2.3kgです。実際の重さを測ったところ、2.195kgでした。日常的に持ち歩くには厳しい重さですが、デスクに据え置きで利用するモデルですので問題はないはず。自宅や職場で設置場所を変える程度なら、十分持ち歩けます。

重量の実測値

実際の重さはカタログ値よりも若干軽い2.195kgでした

電源アダプター込みの重さ

電源アダプター込みでは、2.485kgです

高精細で作業しやすい画面


LIFEBOOK WA2/B3の液晶ディスプレイ

高精細&狭額デザイン

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920✕1080ドットです。1366✕768ドットの画面に比べて写真が鮮明に表示されるほか、より多くの文章が表示されるので作業効率が大きくアップするでしょう。

液晶ディスプレイのサイズと解像度

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920✕1080ドットのフルHDです

液晶ディスプレイのベゼル(枠)幅は左右7.8mmで、上部が実測15.5mmでした。余計な枠が見えないぶん液晶ディスプレイ周りのデザインがとてもスッキリしています。またベゼル幅が狭いと画面に集中しやすいと言われており、作業効率アップを期待できそうです。

ベゼル幅

ベゼル幅は公称7.8mm。実際に測ってみたところベゼルそのものは約7mmで、非表示領域を含めると8mm弱でした

映像の色合いは申しぶんなし

液晶ディスプレイの映像を確認したところ、自然な発色かつ色鮮やかに表示されました。公式スペックには記載されていませんが、IPS相当の映像だと思います。画面はごくわずかに暗く感じますが、特に気にならないレベルです。

LIFEBOOK WA2/B3の写真の写り具合

映像は比較的自然な色合い。やや暗く感じましたが、作業には十分な明るさです

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。色のバランスは良好で、斜め45度の理想的な直線を描いています

光の映り込みが目立つ

液晶ディスプレイの表面は光沢ありのグレア仕上げであるため、光の映り込みが目立つ場合があります。そのような場合には、光が映り込まないよう液晶ディスプレイの角度を変えるといいでしょう。

光の映り込み

光沢ありのグレアディスプレイで、光の映り込みが目立ちます

視野角

写真ではやや暗く写っていますが、映像を斜めから見てもコントラストはあまり変わりません。十分な視野角です

キーのタイプ感と静音性に優れる

LIFEBOOK WA2/B3のキーボード

キーはやや小さめ

キーボードはエクセルなどで数値入力に便利なテンキー付きです。キーピッチ(キーとキーの間隔)は理想とされる19mmよりもやや短い18.4mm。キーそのものの大きさも14mmとやや小さく、実際に使っていて少しだけ窮屈に感じました。

LIFEBOOK WA2/B3のキーボード

LIFEBOOK WA2/B3のキーボード

ただしキー配列はいい意味で標準的で、変則な箇所はまったくありません。カーソルキーが1段低い場所に配置されているため、使いやすいのにも好感が持てます。

また液晶ディスプレイを開くと、本体の奥がわずかに持ち上がります。これによりキーボードが斜めに傾斜し、手首を自然な角度でキープできるようになるのです。

リフトアップキーボード

液晶ディスプレイを開くとキーボードの奥が持ち上がるので、自然な角度で入力できます

疲れにくい&タイプ音が静か

キーストローク(キーを押し込む深さ)は2.5mmで、ノートパソコンの標準である1.5mmよりもかなりの深さがあります。キーストロークは深いほどタイプ感に優れると言われていますが、確かにほどよい手応えがありました。

キーの打ち心地

キーストロークは約2.5mm。ノートPCの平均は1.5mmですので、非常に深めです

入力時のクリック感は弱いのですが、ストロークが深いのでキーを入力したことを確実に感じられます。底打ち感(入力時に指へ返ってくる反発力)はまったく感じられませんでした。もしかすると、ストロークの深さがクッションのような役割を果たしているのかもしれません、たわみもなく、長時間使っても疲れにくいキーボードだと思います。

タイプ音はかなり静かです。筆者はタイプが強いほうなのですが、いつもの調子で入力しても「チャクチャクチャク」という感じで控えめなタイプ音でした。タッチが軽ければ、音はほとんど気にならないでしょう。ただしEnterキーを押したときにだけ、「チャキッ」という音が響きます。

キーボードの静音性

キーのタイプ音はとても静か。軽いタッチで入力すれば、音はほとんど気になりません

便利なワンタッチボタン

キーボード上部には、「ワンタッチボタン」と呼ばれる3つのタッチ式ボタンが配置されています。それぞれのボタンに軽く触れるだけで、富士通特製のユーティリティーが起動。なにか困ったりわからないことがあったら、まずはこのボタンを使ってみるといいでしょう。

ワンタッチボタン

キーボードの中央のワンタッチボタンからは、登録済みのソフトをスグに起動できます

ワンタッチボタンの設定

ワンタッチボタンから起動するソフトは、標準収録のユーティリティーで変えられます

電源ボタンの位置

電源ボタンはテンキーの左上

誤操作の少ないタッチパッド

タッチパッド(富士通製ノートPCでは正式名称は「フラットポイント」)はやや小ぶりでした。しかし操作しやすさについては問題ありません。

ポイントはボタンとパッド部分が分離しているのと、ボタンとパッドのあいだに仕切り線が用意されている点のふたつ。両方とも、誤操作を防ぐ役割を持つ仕様です。ボタンのクリックがやや固めなのも、意図しないクリックを防ぐ目的があるのでしょう。

タッチパッド

誤操作の少ないボタン分離型。パッドとボタンのあいだには、仕切り線が設けられています

拡張性は高め


LIFEBOOK WA2/B3のインターフェース

15.6型としては十分な構成

周辺機器接続用の端子(インターフェース)は、 USB3.0×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、USB2.0✕1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力の構成です。VGA(アナログRGB)は非対応ですが、十分な構成といえるでしょう。

左側面

左側面には電源コネクター、有線LAN、HDMI、USB3.0✕2、USB3.1 Gen1 Type-C、ヘッドホン出力

右側面

右側面はSDメモリーカードスロット、USB2.0、光学ドライブ

光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブ

Webカメラ

Webカメラは92万画素

スピーカーはONKYOとの共同開発

スピーカーはキーボード上部に配置されています。オーディオ機器メーカーONKYOとの共同開発によるものとのこと。なおLIFEBOOK WA2/B3ではハイレゾ音源の再生には対応していません(上位モデルでは対応)。

キーボード上部のスピーカー

キーボード上部のスピーカー

ONKYOとの共同開発

スピーカーはONKYOとの共同開発によるもの

サウンドのクオリティーは、ノートパソコンとしては非常に高めです。個々の音がとてもクリアーに聞こえる上に、音に広がりを感じます。外付けの高級スピーカーにはさすがにかないませんが、ノートパソコンとしてはかなり上質な部類でしょう。標準収録のユーティリティーを使えば、より好みのサウンドに近づけることができます。

WAVES MaxxAudio

標準収録のWAVES MaxxAudioユーティリティー

メモリー増設やストレージの換装は簡単

底面部には、パーツ交換用のカバーが用意されています。ネジを外してカバーを取り外すことで、簡単にパーツを交換可能です。ただし自分でパーツを交換すると、メーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

LIFEBOOK WA2/B3の底面部

LIFEBOOK WA2/B3の底面部

カバーを取り外した状態

ネジを外してカバーを開ければ、パーツを交換できます

ストレージ用のスロット

M.2スロットと2.5インチストレージ用のスロットを利用可能

メモリースロット

メモリースロットは2ポート。最大容量は16GBです

ネットや文書作成には十分な性能


LIFEBOOK WA2/B3のスペックとパフォーマンス

LIFEBOOK WA2/B3のスペック

今回取り上げているLIFEBOOK WA2/B3は、CPUがCore i3のモデルです。Core i5/i7を搭載したモデルは「LIFEBOOK WA3/B3」となる点に注意してください。基本的な機能はLIFEBOOK WA2/B3と変わりませんが、キーボードのデザインやスピーカーの機能などが異なります。

OS Windows 10 Home
CPU Core i3-7130U
メモリー 4/8/16GB
ストレージ 500GB/1TB HDDまたは128GB SSD+1TB HDD/256GB SSD+1TB HDD
グラフィックス Intel HD Graphics 620
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ または ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6型、1920×1080ドット、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、USB2.0✕1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅361×奥行244×高さ27.1mm/約2.3kg
バッテリー駆動時間 7.5時間

LIFEBOOK WA2/B3のベンチマーク結果

今回のテストで使った試用機のスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミングなどによって大きく変わることがあります。

試用機のスペック

CPU Core i3-7130U
メモリー 4GB
ストレージ 500GB HDD

CrystalDiskMark

500GB HDDのアクセス速度。HDDとしては標準的な結果です

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果。最新版Core i7の半分程度のスコアですが、低価格PC向けのCeleronよりも1.8~2倍程度高性能です

PassMark PerfomanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerfomanceTest 9.0」結果。CPU性能はそれほど悪くありませんが、ストレージ性能がかなり低めです

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果。クリエイティブ性能はやや控えめですが、基本性能や生産性については悪くありません

3DMark

3D性能を計測する「3DMark」の結果。ゲーム性能は控えめですが、ごく軽めの3Dゲームや2D主体のゲームであれば問題なくプレーできます

試用機はメモリーが4GBでストレージが500GB HDDということもあり、ベンチマーク結果は全体的にやや控えめです。実際にはややもたつきを感じるものの、ネットや動画視聴、文書作成程度なら普通に使えました。

ただし起動直後に動きがかなり遅くなる場面があります。おそらくWindows Updateやソフトの更新が行なわれているためでしょう。このような場合は、更新が終わるまで待つ必要があります。より快適に使いたいならストレージを高速なSSDに変えたり、メモリー容量を8GB以上に増やすのがおすすめです。

本体の熱は控えめ

ベンチマーク中のCPU温度を確認したところ、最大でも60度でした。この程度の熱なら気にする必要はありません。

CPU最大温度

ベンチマーク中のCPU最大温度

キーボード面の温度も低く、室温20度程度の部屋で常時30度前後でした。高い負荷の処理でも、キーボードが熱くなることはないでしょう。

キーボード面の表面温度

通常時(左)と高負荷時(右)における、キーボード面の表面温度

通常利用時は音は気にならない

簡易騒音計で利用中の駆動音を計測したところ、ネットや文書作成、動画視聴時はごく小さな音が聞こえるものの、気になるほどではありませんでした。3Dゲームや動画編集など負荷の高い処理では排気音が目立ちますが、そもそもスペックが低めですので、高い負荷がかかる場面は少ないと思われます。

駆動音の計測結果(室温20度前後)

電源オフ時 36.8dBA
通常時 37.5dBA 低くて小さな駆動音がわずかに聞こえる
YouTube動画再生時(スピーカーオフ) 37.7dBA 駆動音が少し聞こえる。音が再生されていれば気がつかない
FF14ベンチ実行時 53.9dBA 排気音がけっこう目立つ

総合的に見ればコスパは悪くない

ということで、今回はLIFEBOOK WA2/B3のレビューをお届けしました。

全体的に使いやすさへの配慮が行き届いており、さすがは富士通製といったところです。特にキーボードが使いやすく、また本体デザインが以前のモデルに比べて格段に良くなっています。大手国内ブランドということで、安心感もありますね。

LIFEBOOK WA2/B3まとめ

本体がコンパクトでキーボードの使い勝手に優れるモデル

ただ、他社製品と比べると割高感は否めません。海外メーカーのモデルなら、同じ価格でCore i5/i7+8GBメモリーが搭載されている場合もあります。

しかしLIFEBOOK WA2/B3は、かならずしもコストパフォーマンスが低いわけではありません。たとえば直販サイトで購入すれば通常は1年間のメーカー保証を3年間に延長できたり、セキュリティ対策ソフトの3年版が標準で付属するなどお得な面もあります。

また当サイト向けのシークレットクーポン「DAG217LSJ」を利用すれば、通常よりもお得な割引き価格で購入できます。マイクロソフトのOffice製品も大幅に値引きされるので、非常にお得です。

クーポン利用

注文画面でシークレットクーポン「DAG217LSJ」を入力してください

そしてなにより、使いやすさと大手国内ブランドの安心感&サポートサービスを考えれば、購入を検討する価値があると言えるでしょう。LIFEBOOK WA2/B3は、パソコンを長期間安心して使いたい人におすすめのモデルです。

LIFEBOOK WA2/B3のまとめ

  • 15.6型なのにコンパクト
  • キーのタイプ感に優れる
  • 狭額デザイン&映像が高精細
  • スピーカーの音質がイイ
  • 3年間のサポート&セキュリティ対策
  • 安心の国内ブランド
  • 液晶ディスプレイの光沢
  • 値段がやや高い

LIFEBOOK WA2/B3

LIFEBOOK WA2/B3

税込み10万円台から

※当サイト向けのシークレットクーポン「DAG217LSJ」適用で25%オフ

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!
コメントの入力は終了しました。