富士通 LIFEBOOK WA3/B3 レビュー:使いやすさと安心感が魅力

富士通 LIFEBOOK WA3/B3レビュー

富士通のLIFEBOOK(ライフブック) WA3/B3は、スタンダードサイズのノートPCです。15.6インチの画面は大きくて見やすく、またキーボードが使いやすい点もポイント。普段使いからビジネスまで、幅広い用途で活用できます。

LIFEBOOK WA3/B3の外観

【主なスペック】CPU:第8世代Core i5/i7 / メモリー:4~16GB / ストレージ :SSD/HDD(デュアル可)/液晶ディスプレイ:15.6型 フルHD

今回は実機を使って、LIFEBOOK WA3/B3の本体デザインや使い勝手、実際の性能などをレビューします。

LIFEBOOK WA3/B3

LIFEBOOK WA3/B3

税込み10万円台から

シークレットクーポン「UAZ217LSJ」利用で28%オフ

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

スペックとラインナップ

LIFEBOOK WA3/B3のスペック

LIFEBOOK WA3/B3は、CPUに第8世代のCore i5/i7を搭載したモデルです。第7世代のCore i3を搭載したモデルは「LIFEBOOK WA2/B3」という別のモデルである点に注意してください。主な違いはCPUの種類ですが、デザインやサウンド面が微妙に異なります(後述)。

富士通 LIFEBOOK WA2/B3レビュー コンパクトでキーボードが使いやすい15.6型ノートPC
富士通の15.6型ノートPC「LIFEBOOK WA2/B3」をレビュー。本体サイズがコンパクトで、キーボードが使いやすいモデルです

LIFEBOOK WA3/B3のスペック

OS Windows 10 Home / Pro
CPU Core i5-8250U / Core i7-8550U
メモリー 4 / 8 / 16GB
ストレージ 512GB  SSD / 500GB HDD / 1TB HDD / 256GB SSD+1TB HDD / 128GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス Intel UHD Graphics 620
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ / ブルーレイディスクドライブ
ディスプレイ 15.6インチ、1920×1080ドット、光沢、タッチ非対応
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1、1000BASE-T対応有線LAN
インターフェース USB3.0(フルサイズ)×2、USB3.1 Gen1 (Type-C)✕1、USB2.0×1、HDMI、有線LAN、SDメモリーカードスロット、ヘッドホン出力
セキュリティ機能 TPM 2.0、指紋センサー(※)、セキュリティースロット ※青色(メタリックブルー選択時のみ指紋センサー搭載)
カメラ 92万画素
サイズ/重量 幅361×奥行き244×高さ27.1mm/約2.3kg
バッテリー駆動時間 7.5時間

※2018年3月29日時点。構成や価格は変更される場合があります

おすすめカスタマイズ例

LIFEBOOK WA3/B3は購入時にCPUの種類やメモリー、ストレージの容量などを選択できます。以下におすすめの構成例をピックアップしたので、選び方がよくわからない人は参考にしてください。

構成例と価格の目安

Core i5 スタンダード構成
Core i5 8GBメモリー 128GB SSD 1TB HDD 税込13万円台前半
Core i7 スタンダード構成
Core i7 8GBメモリー 256GB SSD 1TB HDD 税込14万円台半ば
Core i7 ハイスペック構成
Core i7 16GBメモリー 512GB SSD ブルーレイディスクドライブ 税込16万円台前半
Core i5 最安構成
Core i5 4GBメモリー 500GB HDD 税込10万円台後半

※2018年3月29日時点。シークレットクーポン適用時

なおCPUにCore i7を選ぶとスピーカーがハイレゾ音源対応となり、キーボードのデザインも若干変わります。

コンパクトで高級感のある本体


LIFEBOOK WA3/B3の本体デザイン

本体カラーは4色

ボディのカラーバリエーションは、プレミアムホワイトとガーネットレッド、メタリックブルー、ブライトブラックの4色です。どのモデルも天板は光沢仕上げで、色合いが鮮やかではあるものの映り込みも見られます。

本体カラー

メタリックブルーの本体カラー

ブライトブラックの本体カラー

ブライトブラックの本体カラー(写真はLIFEBOOK WA2/B3)

キーボード面のデザイン

キーボード面のデザイン

パームレストのデザイン

パームレストにはヘアライン加工が施されており、安っぽさを感じさせません

底面部のデザイン

底面部のカラーはブラウン

レザー調テクスチャー

レザーのような凹凸があり、高級感があります

15.6インチとしてはコンパクト

LIFEBOOK WA3/B3の接地面積幅361×奥行244mm。B4サイズ(幅364✕奥行き257mm)よりもわずかに小さく、標準的な15.6インチタイプのノートPCよりもコンパクトです。ただし高さは若干厚みがあります。

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

A4用紙とB5ノートとの大きさ比較

B4サイズとの比較

B4サイズ(B5ノートの見開き)よりもわずかに小さめ

高さの実測

高さの公称値は27.1mmですが、ゴム足を含めた高さは実測29mmでした

持ち歩きには厳しい重さ

重量の公称値は約2.3kgで、実際の重さは2.257kgでした。15.6インチタイプとしては標準的な重さです。持ち歩けない重さではありませんが、モバイル用途で日常的に使うにはちょっと厳しいでしょう。据え置きでの利用をおすすめします。

重量の実測値

重量は実測で2.257kg

アクセサリー類の重さ(実測値)

電源アダプター 290g

発色がよく高精細な画面


LIFEBOOK WA2/B3の液晶ディスプレイ

作業がはかどるフルHD&狭額デザイン

画面の大きさは、ノートPCとしてはもっとも人気の高い15.6インチです。モバイルノートPCに比べて画面が大きく、文字が見やすいのがメリット。解像度は1920×1080ドットのフルHDで、写真や動画が高精細に表示されます。また1366×768ドットよりも一度に表示される文章が多いため、ウィンドウの切り替えやスクロールなどの操作が少なくてすみます。

液晶ディスプレイのサイズと解像度

液晶ディスプレイのサイズは15.6型で、解像度は1920✕1080ドットのフルHD

LIFEBOOK WA3/B3では、液晶ディスプレイのベゼル(枠)が狭い「挟額デザイン」を採用しています。余計な部分が目に入らないので、集中して作業できるでしょう。

ベゼル幅

ベゼル幅は公称7.8mm。実際に測ってみたところベゼルそのものは約7mmで、非表示領域を含めると8mm弱でした

映像は明るくて自然な発色

画面に写真を表示してみたところ、違和感のない自然な色合いで映し出されました。明るさも十分で、美しい映像です。

LIFEBOOK WA3/B3の写真の写り具合

写真は自然な色合いで表示されます

ガンマカーブ

液晶ディスプレイのガンマカーブ。色のバランスは良好

映り込みが目立つグレアディスプレイ

液晶ディスプレイの表面は、光沢のあるグレア仕上げ。照明の位置や画面の角度によっては、光や物の映り込みが目立ちます。映り込みは眼精疲労や集中力低下の原因になると言われているので、気になる人は別途低反射フィルムなどを利用するといいでしょう。ただしグレア仕上げは、光沢なしのノングレア仕上げに比べて色にメリハリがあり鮮やかな点がメリットです。

映り込み

光沢ありのグレアディスプレイで、光の映り込みが目立ちます

使い勝手のいいキーボード

LIFEBOOK WA3/B3のキーボード

キーがやや窮屈

キーボードは標準的な日本語配列で、特殊な配置は見当たりません。いい意味で標準的なキーボードです。

ただしキーピッチ(キーとキーの間隔)が18.4mmと小さめ。筆者は理想とされる19mmに慣れているため、ちょっと窮屈に感じました。

LIFEBOOK WA3/B3のキーボード

LIFEBOOK WA3/B3のキーボード

CPUにCore i7を選ぶと、キーの側面が透明な「プリズムクリアキー」に変更されます。通常のキーではキーの境目がわかりづらいのですが、プリズムクリアキー採用のキーボードでは個々のキーをハッキリと識別可能です。

通常のキー

通常はキーの上面と側面が同じ色

プリズムクリアキー

プリズムクリアキーでは側面がガラスのように透明で、個々のキーを識別しやすいのが特徴です

打ち心地がいい&タイプ音が静か

キーストローク(キーを押し込む深さ)は、標準の1.5mmよりもだいぶ深い2.5mmです。実際に入力してみましたが、確かにほかのノートPCに比べてキーを押し込む深さが違いました。そのぶん指の移動距離は長くなりますが、タイプ感が軽めなので疲れることはありません。むしろ、個人的には好みのタイプ感です。

キーの打ち心地

キーストロークは2.5mm。Core i7モデルでは側面が透明な「プリズムクリアキー」を採用しています

タイプ音が静かな点もポイント。まったく聞こえないわけではありませんが、控えめで気になりません。軽めのタッチだと「チャクチャク」という感じで、打ち下ろすような強めのタッチだと「カツカツ」という感じ。軸のブレや反響がなく、耳障りな音は聞こえませんでした。

タイプ音

キーのタイプ音は静か。わずかに音は聞こえますが、気になるほどではなりません

便利なワンタッチボタン

キーボード上部には、触れるだけアプリを起動できる「ワンタッチボタン」が用意されています。標準ではマイクラウド(富士通のクラウドサービス)アプリやサポートアプリなどが設定されているので、よく使うものに変更するといいでしょう。

ワンタッチボタン

登録済みのアプリを瞬時に起動できるワンタッチボタン

ワンタッチボタンの設定

ワンタッチボタンから起動するソフトは、標準収録のユーティリティーで変えられます

シームレスなデザインのタッチパッド

タッチパッド(富士通製ノートPCでは正式名称は「フラットポイント」)は、パームレストとの段差がないフラットなデザインです。パッド部分はザラついているので操作できる領域はわかるのですが、シームレスで斬新なデザインですね。

ボタンはパッド部分から独立しているので、間違えてクリックしてしまうことがありません。クリックは軽めで音も控えめです。

パッド部分

パッド部分とパームレストに段差がない独特のデザイン

豊富な機能とインターフェース


LIFEBOOK WA3/B3のインターフェース

端子は十分な数と種類を用意

用意されているインターフェース(端子類)は、 USB3.0×2、USB3.1 Gen1(Type-C)×1、USB2.0✕1、HDMI、有線LAN、SD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力など。VGA(D-sub15ピン)は非対応ですが、十分な構成です。

左側面

左側面のインターフェース

  • ① 電源コネクター
  • ② 1000BASE-T対応有線LAN
  • ③ HDMI
  • ④ USB3.0
  • ⑤ USB3.1 Gen1 Type-C
  • ⑥ ヘッドホン出力

右側面

左側面のインターフェース

  • ⑦ SDメモリーカードスロット
  • ⑧ USB2.0
  • ⑨ 光学ドライブ
  • ⑩ セキュリティースロット

光学ドライブ

DVDの再生と書き込みが可能なDVDスーパーマルチドライブを標準搭載。ブルーレイディスクドライブにアップグレードも可能

指紋センサーに対応

購入時にメタリックブルーの本体カラーを選ぶと、パームレスト右下にタッチ式の指紋センサーが配置されます。あらかじめ指紋を登録しておけば、指で触れるだけで簡単にサインインできるので非常に便利です。

指紋センサー

キーボード右下にタッチ式の指紋センサー ※青色(メタリックブルー)選択時のみ指紋センサー搭載

高音質なハイレゾスピーカー搭載

キーボード上部のスピーカーは、オーディオ機器メーカーONKYOとの共同開発によるもの。CPUにCore i7を選ぶと、自動的にスピーカーがハイレゾ音源(通常よりもはるかに高音質な音声や音楽)対応となります。

スピーカー

スピーカーはキーボード上部

ノートPC内蔵のスピーカーでハイレゾ音源の音質を実感できるのか不安だったのですが、実際に聞いてみたところハイレゾと非ハイレゾの違いがはっきりとわかりました。標準的な圧縮音楽ではサウンドが平面的に押し出されてくる印象なのですが、ハイレゾ音源は録音スタジオの空気や演奏者の位置まで感じられます。個々の音の解像感が非常に高く、一般的なノートPCのスピーカーとは段違いのクオリティーです。

WAVES MaxxAudio

標準収録のWAVES MaxxAudioユーティリティー

とは言うものの、やはり内蔵スピーカーを使っているだけあって、音の厚みの点では限界があります。またハイレゾ対応でも、曲によっては場の空気がわかるほどの解像感が得られないものも多くありました。ハイレゾ音源を堪能するのであれば、外付けスピーカーやヘッドセットの利用をおすすめします。

バッテリーやメモリー、ストレージの交換は簡単

底面部のカバーを外すことで、バッテリーやメモリー、ストレージなどを交換できます。単にパーツを取り替えるだけなどで、それほど難しくはないでしょう。ただし自分でパーツを交換するとメーカー保証のサポート外となる点に注意してください。

LIFEBOOK WA3/B3の底面部

LIFEBOOK WA3/B3の底面部

バッテリーの交換

底面部のカバーを開けることでバッテリーを取り外せます

メモリースロット

メモリースロットは2ポートで最大容量は16GB

ストレージ用スロット

2.5インチ用とM.2用スロットを用意

音声アシスタント搭載

LIFEBOOK WA3/B3には、富士通の音声アシスタント「ふくまろ」が標準で収録されています。いま話題のスマートスピーカーほどお手軽ではありませんが、ノートPCの画面やカメラを使った機能はなかなかユニークです。

音声アシスタント「ふくまろ」

富士通の音声アシスタント「ふくまろ」

「ふくまろ」でできること

  • ・カメラで部屋を監視
  • ・声で写真や動画を表示
  • ・ちょっとした調べ物
  • ・家電の操作(要IRコマンダー)

ベンチマーク・検証結果


LIFEBOOK WA3/B3のパフォーマンス

ベンチマーク結果

今回のテストで使った試用機のスペックは以下のとおりです。なおベンチマーク結果はパーツ構成や個体差、環境、タイミングなどによって大きく変わることがあります。

試用機のスペック

CPU Core i7-8550U
メモリー 16GB
ストレージ 128GB SSD + 1TB HDD

CrystalDiskMark

128GB SSDのアクセス速度

ストレージ別アクセス速度の目安

ストレージ別アクセス速度の目安

CINEBENCH R15

CPU性能を計測する「CINEBENCH R15」の結果

(参考)CPUの性能比較(当サイト計測値の平均)

CINEBENCH R15のCPUスコア
Core i7-8550U
561
Core i5-8250U
523
Core i7-7500U
342
Core i5-7200U
311
Core i3-7130U
289

※ベンチマーク結果は機種やパーツ構成、タイミングなどにより大きく変わります

PassMark PerformanceTest 9.0

パーツごとの性能を計測する「PassMark PerformanceTest 9.0」結果

PCMark 10

作業の快適さを計測する「PCMark 10」の結果

3DMark

3D性能を計測する「3DMark」の結果

15インチとしてはバッテリー性能がいい

当サイトでの計測方法でバッテリー駆動時間のテストを行なったところ、以下の結果となりました。PCMark 8のテストは電力消費が大きいので時間は短いのですが、一般的な15.6インチノートPCよりも優秀です。

バッテリー駆動時間のテスト結果

BBenchによる計測 7時間34分
PCMark 8による計測 3時間51分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

本体の熱は控えめ

ベンチマーク中のCPU温度を確認したところ、最大でも79度でした。ちょっと温度が高いのですが、ほかのパーツに影響を及ぼすほどではないでしょう。

CPU最大温度

ベンチマーク中のCPU最大温度は79度

キーボード面の温度は低く、熱を感じさせません。負荷の高い作業でも、キーボードが熱くなりすぎることはなさそうです。

キーボード面の表面温度

キーボード面の表面温度

※本体温度の計測方法はコチラ

高負荷時の駆動音は大きい

駆動音(ファンの回転音や排気音)を計測したところ、軽めの作業であれば気にならないレベルでした。ただし動画変換などの負荷の高い作業では、排気音が大きく聞こえます。

駆動音の計測結果(室温20度前後)

電源オフ時 36.6dBA
待機中 37.8dBA ファンの回転音が少し聞こえる
動画視聴 38.2dBA 同上
動画変換 50.8dBA 排気音と回転音がけっこう大きい
3Dゲーム 51.2dBA 同上

※駆動音の計測方法はコチラ

起動時間はかなり早い

起動時間(電源ボタンを押してからデスクトップが表示されるまで)の平均は11.4秒。試用機ではシステムストレージにSSDを使っているので、起動が高速です。HDDだとだいぶ時間がかかるので、SSDの利用をおすすめします。

起動時間の計測結果(手動による計測)

1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 平均
11.7秒 11.3秒 11.3秒 11.3秒 11.4秒 11.4秒

省電力性能が高い

15.6インチで高性能なCore i7を搭載しているわりには、消費電力はそれほど高くありません。スタンダードノートPCとしては省電力性能が優秀です。

1分間の平均消費電力(REX-BTWATTCH1による計測)

待機中 動画視聴 動画変換 3Dゲーム
10.8W 12.6W 28.8W 30.0W

※消費電力の計測方法はコチラ

高い安さと安心感が魅力

液晶ディスプレイの映像品質やキーボードの使いやすさ、充実したインターフェースや機能など、ユーザーへの配慮が行き届いた仕上がりはさすが富士通製といったところ。国内大手ブランドの安心感もあり、サポート体制がしっかりしている点も大きな魅力です。コスパ重視ではなく、安心感重視の人におすすめです。

LIFEBOOK WA2/B3まとめ

コスパよりも安心感を重視したい人におすすめ

他社製品と比べると値段は若干高めですが、直販サイトで購入すれば通常は1年間のメーカー保証を3年間に延長できたり、セキュリティ対策ソフトの3年版が標準で付属するなどお得な面もあります。総合的に見て、コスパは悪くありません。

LIFEBOOK WA3/B3のまとめ

  • 15.6型なのにコンパクト
  • 使いやすいキーボード
  • スピーカーの音質がイイ
  • 液晶ディスプレイの光沢

シークレットクーポンで特別割引!

購入時に当サイト向けのシークレットクーポンを入力すると、LIFEBOOK WA3/B3を通常よりもお得な価格で購入できます。ぜひご利用ください。

クーポンの入力

注文画面で当サイト向けのシークレットクーポン(28%オフ)を入力し、「適用」をクリック

当サイト向けシークレットクーポン

  • UAZ217LSJ

LIFEBOOK WA3/B3

LIFEBOOK WA3/B3

税込み10万円台から

シークレットクーポン「UAZ217LSJ」利用で28%オフ

富士通パソコン LIFEBOOK/ESPRIMOシリーズまとめ【特別割引クーポンあり】
国内大手PCメーカーの富士通(富士通クライアントコンピューティング)から発売されているノートPC「LIFEBOOK(ライフブック)」……

※記事中の価格や構成は、2018年3月29日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、あらかじめご了承ください。

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!