【OCR対応】ワードやパワポに出力できるMS製スキャナアプリ「Office Lens」が便利

01

マイクロソフトのiOS/Android向けアプリ「Office Lens(オフィスレンズ)」は、スマホやタブレットで撮影した書類を、さまざまな形式の文書に記録できるスキャナアプリです。取り込んだ文書からテキストデータを抽出する「OCR機能」に対応しているほか、ワードやパワーポイントの文書に変換することができます。今回は4月2日に公開されたiOS版のアプリを使って、特徴や使い方を紹介します。

スポンサーリンク




書類や名刺を取り込める無料のスキャナアプリ

「Office Lens」では、スマホやタブレットのカメラ機能を使って撮影した写真を文書として読みやすく加工したり、クラウドに保存してほかの機器から開いたりすることができます。

アプリ自体は2014年3月に公開されたWindows Phone版とほぼ同じ。現在はiPhone/iPad向けのiOS版が公開されていますが、Android版については正式版ではなく公開前のプレビュー版となっています(アプリの試用にはコミュニティへの参加が必要)。

iOS版

Office Lens
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

Android向けプレビュー版のコミュニティ

作業は簡単で取り込みが早い!

ではさっそく、「Office Lens」を使ってみましょう。

アプリを起動すると、いきなりカメラモードから始まります(初回起動時はアクセスの許可が必要)。この状態から、文書を撮影します。

文書全体がカメラに収まるように調整してから、オレンジの丸をタップする

文書全体がカメラに収まるように調整してから、オレンジの丸をタップする

自動的にトリミングや明るさの調整が行なわれ、読みやすい状態に加工されます。

斜めから撮影しても、角度が自動的に調整され、文書本来の形になる

斜めから撮影しても、角度が自動的に調整され、文書本来の形になる

「完了」をタップすると、出力先の選択画面が表示されます。このなから保存したい場所を選べば、一連の作業は完了です。

ファイルの保存先として用意されている項目

ファイルの保存先として用意されている項目

撮影から出力までわずか3ステップで、とても手軽に文書をスキャンできます。今回はiPhone 6 Plusでアプリを利用したのですが、動作はかなりサクサクでした。

ワードやパワポのファイルに出力できる!

「Office Lens」は、取り込んだ文書をJPEG形式の画像やPDFのほか、ワードの文書(拡張子docx)やパワーポイントの文書(拡張子pptx)として保存できます。

書類を撮影後、「エクスポート先」を選択。今回は「PowerPoint」を選んだ

書類を撮影後、「エクスポート先」を選択。今回は「PowerPoint」を選んだ

マイクロソフトアカウントでサインインする

マイクロソフトアカウントでサインインする

エクスポートが終わったら、ファイルをタップ

エクスポートが終わったら、ファイルをタップ

iOS版の「PowerPoint」がインストールされていれば、取り込んだ書類をアプリで確認できる

iOS版の「PowerPoint」がインストールされていれば、取り込んだ書類をアプリで確認できる

ワードやパワーポイント向けに保存した文書は、OneDrvieの「書類\Office Lens」フォルダーに保存されています。パソコンやほかの端末からファイルを参照可能です。

出力した文書は、マイクロソフトのクラウドストレージ「OneDrive」に保存される

出力した文書は、マイクロソフトのクラウドストレージ「OneDrive」に保存される

なおエクスポート先によって、保存されるファイル形式と保存場所が異なります。

出力時のファイル形式と保存先
エクスポート先 ファイル形式 ファイルの保存先
OneNote OneDriveのノート 指定したノートブック
OneDrive JPEGファイル OneDriveの「画像」フォルダー
Word DOCXファイル OneDriveの「文書\Office Lens」フォルダー
PowerPoint PPTXファイル OneDriveの「文書\Office Lens」フォルダー
PDF PDFファイル OneDriveの「文書\Office Lens」フォルダー
メール JPEGファイル メールとして送信する
写真ライブラリ JPEGファイル カメラロール

また、エクスポート先設定画面で右下のアイコンをタップすると、EvernoteやDropboxなどほかのアプリと連携することもできます。

取り込んだ文書をEvernoteやDropboxへ保存できる(要設定)

取り込んだ文書をEvernoteやDropboxへ保存できる(要設定)

出力されたワード/パワーポイントのファイルの中身は?

「Office Lens」からOneDriveへ出力した文書を、PCで開いてみました。ワード文書にはOCRで認識されたテキストと、元の写真が組み込まれています。OCRの精度はけっこう高めですが、小さい文字や特殊な書体だと誤認識が多くなるようです。

出力したワード文書には、OCRで認識されたテキストが組み込まれている

出力したワード文書には、OCRで認識されたテキストが組み込まれている

パワーポイントのファイルには、元の写真と背景を削除した写真、線をベクターオブジェクト化した3種類のスライドが組み込まれていました。OCRによるテキストは組み込まれていません。イラストや図版をベクター化するのに利用する感じでしょうか。

パワーポイント文書にはテキストデータはなく、代わりに文書をベクターオブジェクト化したスライドが組み込まれている

パワーポイント文書にはテキストデータはなく、代わりに文書をベクターオブジェクト化したスライドが組み込まれている

ベクターデータなので、頂点の位置や線の太さ、色などを変えられる。図版やイラストの取り込み向けか

ベクターデータなので、頂点の位置や線の太さ、色などを変えられる。図版やイラストの取り込み向けか

PDFにはOCRで認識したテキストが埋め込まれていますが、一度コピーしてからほかのソフトに貼り付けないと認識結果を確認できません。レイアウトまで似せてくるワード出力のほうが使いやすいかもしれません。

テキストが埋め込まれたPDF。テキスト部分を選択してからコピーし、ほかのアプリへ貼り付ける必要がある

テキストが埋め込まれたPDF。テキスト部分を選択してからコピーし、ほかのアプリへ貼り付ける必要がある

OCRの精度はなかなか良好

OCRがどれだけ正しき文字を認識できるのかをチェックするために、まずは小説の文庫本をスキャンしてみました。古い本で紙がかなり黄ばんでいるにも関わらず、満足できるレベルで認識されています。

小説の文庫を1ページ取り込み

小説の文庫を1ページ取り込み

折れ目や黄ばみがだいぶ補正された

折れ目や黄ばみがだいぶ補正された

OCRによる認識結果。縦書きの文章でも正しく認識されている ※クリックで拡大

OCRによる認識結果。縦書きの文章でも正しく認識されている ※クリックで拡大

文字の背景に色があったり、文字が斜体になっていると、認識精度は落ちるようです。また黄色などの明るすぎる色で書かれた文字は認識されませんでした。複雑なレイアウトの文書は、何度かに分けて部分的に取り込んだほうがいいかもしれません。ちなみにロゴや図版まで取り込まれていたのにはちょっと驚きました。

取り込んだほぼA4サイズの文書

取り込んだほぼA4サイズの文書

OCRの認識結果 ※クリックで拡大

OCRの認識結果 ※クリックで拡大

iPhone/iPad向けの定番アプリになるかも!

実際にアプリを使ってみましたが、レスポンスは早く操作も簡単で、ストレスを感じる場面はありませんでした。使用感は「CamScanner」よりも上を行っていると思います。アプリは無料で広告も表示されませんし、なんと言っても天下のマイクロソフト製ですから安心感があり、かなりオススメです。今後の定番スキャナアプリとなるのは、間違いないでしょう。

iOS版

Android向けプレビュー版のコミュニティ

取り込んだ文書をiPhoneやiPadで編集するには

「Office Lens」で作成したワードやパワーポイントの文書をiPhone/iPadで編集するには、 iOS版のワード/パワーポイントに加えて、Office 365のライセンスが必要となります。オフィスを購入しようとしている人は、アプリ版のオフィスで文書が編集可能となる「Office 365 Solo」を検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

スポンサーリンク
rect-big
rect-big
 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定6000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!