HP Spectre x2 展示機レビュー Surface Proよりもコスパが高い2-in-1タブレット!

HP Spectre x2

ラグジュアリーな2-in-1タブレットが登場!

日本HPから2017年夏の新モデルとして、12.3型の液晶ディスプレイを搭載する「HP Spectre x2」が発売されました。価格はCore i5モデルが税別15万9800円(税込み&送料込み17万5824円)で、Core i7モデルが税別19万9800円(税込み21万9024円)から。直販サイト「HP Directplus」ではすでに販売が開始されており、いまなら販売開始記念特典キャンペーンとして、Office Home and Business Premiumもしくは3年間引取修理サービスが無料となっています。

icon
iconHP Spectre x2

実は先日、HP Spectre x2の実機に触れていろいろチェックしてきました。今回はその内容を元に、スペックや外観面のレビューをお届けします。なお会場の照明の関係で写真は若干暖色系ですが、実物は上のような深みのあるアッシュブラックですので、あらかじめご了承ください。

HP Spectre x2

HP Spectre x2

税込み17万5824円から

HP Spectre x2のスペック

HP Spectre x2にはCPUにCore i5を搭載した「スタンダードモデル」とCore i7を搭載した「パフォーマンスモデル」の2種類が用意されています。それぞれの主な仕様は、以下の表のとおり。CPUだけでなく、メモリー容量やストレージ容量も異なります。

■HP Spectre x2のスペック

モデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル
OS Windows 10 Pro
CPU Core i5-7260U(2.20GHz) Core i7-7560U(2.40GHz)
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 640
メモリー 8GB 16GB
ストレージ 512GB SSD(PCIe NVMe) 1TB SSD(PCIe NVMe)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 12.3型、3000×2000ドット(アスペクト比3:2)、IPS、光沢、輝度450nit
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2
カメラ フロント:500万画素+IRカメラ(Windows Hello対応)/ リア:1300万画素
インターフェース USB3.1 Type-C Gen.1×2、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー 8時間
サイズ 幅294×奥行き207×高さ8mm(タブレット時)/幅294×奥行き213×高さ13.2mm(キーボードドック接続時)
重量 約775g(タブレット時)/約1.14kg(キーボードドック接続時)
付属品 キーボード、アクティブペン、専用ケース、USB Type-C to USB A変換アダプターなど

※2017年7月13日時点のスペック。時期によって変わる場合があります

注目したいのは、全体的にスペックが非常に高い点です。Core i5搭載の下位モデルでもストレージは512GB SSDで、他社製品の上位モデルに相当します。上位モデルにもなるとメモリー容量は16GB、ストレージは1TB SSDで、作業をストレスなく快適にこなせるでしょう。

またCPUが一般的なCore i5-7200U/Core i7-7500Uではなく、上位版のCore i5-7260U/Core i7-7560Uである点もポイント。内蔵グラフィックス機能も、Intel HD Grapghics 620よりパワフルなIntel Iris Plus Graphics 640が使われています。標準的なモバイルノートパソコンよりも高いパフォーマンスを期待できそうですが、内部の熱を抑えるためにパフォーマンスを調整することがあるので、実際の性能についてはベンチマークテストを行なってみないとわかりません。

CPU

展示機ではCore i5-7260Uが使われていました。またOSは全モデル共通でWindows 10 Proです

ストレージ

展示機ではストレージにサムスン製の「PM961(MZVLW512HMJP)」512GBモデルが使われていました。シーケンシャルリードが2800MB/秒の爆速SSDです。ただし出荷タイミングによっては、別のSSDが使われている可能性があります

本体デザインについて

HP Spectre x2は従来のHP Spectre 13やHP Spectre x360の流れを組む、ラグジュアリーデザインのタブレットです。本体カラーはシックなアッシュブラックで、アクセントとしてゴールドが使われています。実物を見ると、スタイリッシュかつゴージャスな雰囲気が感じられるでしょう。

ラグジュアリーデザイン

ラグジュアリー(ぜいたくで豪華)なデザインのHP Spectre x2

HP Spectre 13

既存モデルのHP Spectre 13。ヒンジ部分はブロンズゴールドで、ゴージャンス感はHP Spectre x2のほうが上

本体の素材にはアルミニウムとマグネシウム合金が使われており、非常に高い質感を実現しています。と言っても、冷たく硬いメタリックな印象ではありません。表面には梨地処理が施されていて、滑らかな手触りです。

PCリサイクルマーク

各種マーク類は目立たないよう、側面にプリントされていました

背面にあるゴールドのキックスタンドを操作することで、本体の自立角度を無段階で調整できます。チルト角度は最大165度。素材には強度の高いステンレスが使われており、操作時に歪むようなことはありませんでした。

キックスタンド

ステンレス製のキックスタンドは鏡面仕上げのゴールド

チルト角度は最大165度

キックスタンドを最大角度まで開いた状態

実際に使ってみて感心したのは、本体を最大角度まで寝かせてもたわみが少ない点です。強く押せばそれなりにたわみますが、Surface Proほどではありませんでした。この程度のたわみなら、ペン入力時に画面がグラつくことはないでしょう。

本体サイズは幅294×奥行き207×高さ8mmです。A4用紙(幅297×奥行き210mm)より若干小さいのですが、ほぼ「ジャストA4サイズ」と言っていいでしょう。タブレット単体だと非常にスリムなのですが、個人的には排熱がうまく行なわれるのかちょっと気になります。

大きさ

大きさはA4用紙とほぼ同じ

冷却用の通気口

本体上部には、冷却用の通気口が設けられていました

液晶ディスプレイについて

液晶ディスプレイのサイズは12.3型で、解像度は3000×2000ドットです。いわゆる「3K2K」と呼ばれるタイプですね。アスペクト比は3:2で、実際の紙に近い比率です。サイズとアスペクト比は新しいSurface Proと同じなのですが、Surface Proは解像度は2736×1824ドットですので、HP Spectre x2のほうが高精細に表示されます。

解像度が高いだけあって、文字のギザギザ感はほとんど目立ちません。また液晶ディスプレイの映像はかなり明るく感じます。HP Spectre x2の輝度は450nit(ニト、明るさを表わす単位)で、タブレットとしてはかなり明るめ。iPad Pro(12.9インチ)の600nitよりは劣るものの、新型Surface Pro(396nit)よりは上です。

液晶ディスプレイ

12.3インチで解像度3000×2000ドットの液晶ディスプレイ。輝度が高く視野角も広いので、斜めから見ても映像をハッキリと確認できます

画素密度

画素密度は293ppi。液晶ディスプレイを近づいて見ても、文字のドット感がほとんど目立ちません

ステレオスピーカー

液晶ディスプレイの左右には、ステレオスピーカーが配置されています

Webカメラ

液晶ディスプレイ上部には有効画素数500万画素のWebカメラと、Windows Helloの顔認証サインイン対応IRカメラ

キーボードについて

HP Spectre x2には、カバーとしても使えるキーボードが付属しています。Surface Proシリーズのタイプカバーをイメージすると、わかりやすいでしょう。キーピッチは18.7mmで、キーストロークは約1.5mmです。理想とされる19mmのキーピッチよりは若干狭いのですが、特に問題なく普通に使えました。

HP Spectre x2のキーボード

HP Spectre x2のキーボード

キーピッチは18.7mm

キーピッチは18.7mmで、キーストロークは約1.5mm。標準的なノートパソコンと変わらない使い勝手です

キーボードバックライト搭載

キーボードバックライト搭載

個人的に気になるのは、キーボードの右側面にペンホルダーの布が付いている点です。ペンの持ち歩くときには便利ではありますが、せっかくデザインがスタイリッシュなのに、このピラピラした布の部分に違和感を感じました。

ペンホルダー

ペンホルダーとして利用する、キーボード側面の布。そういえば、Surface Pro 2のペンホルダーもこんな感じでした

また、標準的なノートパソコンよりもキーボードのたわみが気になります。特にキーボードのマグネット部分を液晶ディスプレイに付けるとキーボードと接地面とのあいだにすき間が生じるため、タイプ音が大きく聞こえました。このあたりは構造上、仕方がないことかもしれません。ただSurface Proのタイプカバーよりは底面部が固く、たわみが少ないように感じます。

キーボード

キーボードを液晶ディスプレイ側に付けて傾斜させると、下にすき間が生じます

ペン入力について

HP Spectre x2には、ペン入力用のアクティブペンが付属します。筆圧感知は1024段階で、傾き検知には非対応。ペンはSurface Proと同じN-Trig製とのことでした。

アクティブペン

HP Spectre x2に付属のアクティブペン

アクティブペンのペン先

アクティブペンのペン先

ペンの追従性については良好で、とてもスムーズに描くことができました。ペン先との摩擦は小さく、ツルツルとした描き心地です。最近は紙のような摩擦を再現するモデルもありますが、個人的にはこの描き心地のほうが好み。

ペンの追従性

ペンの追従性は問題なし

イラスト制作にはより精度の高い筆圧感知や遅延の短縮、傾き検知などが求められますが、ビジネスシーンでのメモ書き程度なら問題なく利用できるでしょう。

インターフェースについて

HP Spectre x2はインターフェースとしてUSB3.1 Type-C ×2、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力を用意しています。どちらかと言うと、端子の数と種類は少なめです。個人的には、フルサイズのUSB端子がないのが残念。とは言うものの、USB Type-C→Type-Aの変換アダプターが付属しているので、従来のUSB機器も使えることは使えます。

左側面

左側面にはヘッドホン出力とmicroSDメモリーカードスロット(トレイ式)、USB3.1

右側面

右側面はUSB3.1、音量調節ボタン

専用の映像出力端子は用意されていませんが、USB3.1 Type-CをDisplayPort (1.2) として利用できます。この場合、別途変換ケーブルが必要になる点に注意してください。

Surface Proとの違いについて

HP Spectre x2は見た目といいスペックといい、明らかにマイクロソフトのSurface Proを意識しています。HP Spectre x2とSurface Proのどちらを購入しようか迷っている人もいるかもしれません。

New Surface Pro 2017

マイクロソフトの新型Surface Pro

関連記事

新型Surface Pro (2017)レビュー! 間違いなく最高品質のWindowsタブレット
マイクロソフトから「Surface Pro 4」の後継モデルとして、新しい「Surface Pro」が発売されました。見た目……

スペック面で見ると、中~上位モデルはどちらも同等レベルです。ただしSurface Proではパーツ構成の異なる全6モデルが用意されているのに対し、HP Spectre x2では2モデルしか用意されていません。もっとも、高性能なモデルが欲しい人にはSurface ProのCore m3モデルやメモリー容量が4GBのCore i5モデルは不要かもしれませんが。

■HP Spectre x2とSurface Proのスペック

HP Spectre x2 Surface Pro
モデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル Core i5 モデル Core i7 モデル
OS Windows 10 Pro
CPU Core i5-7260U Core i7-7560U Core i5-7300U Core i7-7660U
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 640 Intel HD Graphics 620 Intel Iris Pro Graphics 640
メモリー 8GB 16GB 4/8GB 8/16GB
ストレージ 512GB SSD 1TB SSD 128/256GB SSD 256GB/512GB/1TB SSD
ディスプレイ 12.3型、3000×2000ドット(293 PPI)、輝度450nit 12.3型、2736×1824ドット(267 PPI)、輝度396nit
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.2 IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1
インターフェース USB3.1 Type-C Gen.1×2、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力 USB3.0×1、Mini DisplayPort、Surface Connect、microSD/SDHC/SDXC対応メモリーカードスロット、ヘッドホン出力
バッテリー 8時間 最大13.5時間(動画再生時)
サイズ(タブレット時) 幅294×奥行き207×高さ8mm 幅292×奥行き201×高さ8.5mm
重量(タブレット時) 775g 770g 782g
オフィス オプション ※現在は無料キャンペーン中 Office Home and Business Premium
税込み価格 17万5824円 21万9024円 15万8544円(8GB+256GB) 20万6064円(8GB+256GB) / 28万0584円(16GB+512GB) / 34万1064円(16GB+1TB)

※Surface ProのCore m3モデルは省略しました

HP Spectre x2側の視点から見ると、Surface Proとの違いは以下のとおりです。

HP Spectre x2のほうが優れている点

  • Core i5モデルのCPU性能が高い
  • Core i5モデルのグラフィックス性能が高い
  • Core i5モデルのSSD容量が大きい
  • 液晶ディスプレイが高精細で明るい
  • 薄い
  • Core i7モデルが軽い
  • ペンとキーボードが付属

HP Spectre x2のほうが劣っている点

  • Core i7モデルのCPU性能は低い
  • フルサイズのUSB端子がない
  • 映像出力とUSBが共用
  • バッテリー駆動時間が短い
  • サイズがやや大きい
  • Core i5モデルが重い
  • オフィス追加に料金がかかる
  • vPro非対応

もっとも気になる価格については、HP Spectre x2のほうが圧倒的に有利です。Core i5モデルではSurface Proのほうが安いのですが、タイプカバーとSurfaceペンが別売りである点に注意してください。キーボードとペンを購入するとさらに2~3万円程度かかりますので、トータルではやはりHP Spectre x2のほうが安くすみます。またHP Spectre x2のパフォーマンスモデルとSurface Proの上位モデルでは、トータルコストで15万円以上変わることを考えれば、コストパフォーマンスはHP Spectre x2のほうが高いと言えるでしょう。

ただし人によって求めるものが異なりますので、一概にHP Spectre x2のほうが優れているというわけではありません。価格やデザイン、性能、使い勝手などから、総合的に検討されることをおすすめします。

コスパの高いビジネス向けタブレット

ということで、今回はHP Spectre x2の外観やスペック、Surface Proとの違いなどについてお届けしました。実際に使い込んだわけではないので真価はまだ未知数ですが、価格とスペックのバランスを考えると、けっこう良いような気がします。特にWindows 10 Pro対応でSSDの容量が大きく、CPUもパワフルですので、ビジネスシーンでおおいに活用できるでしょう。いまならキャンペーンでOffice Home and Business Premiumが無料でもらえるのでお得です。ラグジュアリーなデザインでほかの人と差を付けたい人、コスパを重視したい人におすすめします。

HP Spectre x2

HP Spectre x2

税込み17万5824円から

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年の最新モデルが最大42%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!