Surface LaptopのオフィスはUWP版だけど通常版とまったく同じ?

Surface Laptop Office

Surface Laptopはオフィスを標準収録

マイクロソフトの13.5型ノートパソコン「Surface Laptop」には、オフィスが標準で収録されています。エディションは「Office Home & Business 2016」で、利用できるアプリケーションは以下のとおりです。

Surface Lapotop付属のオフィスのソフト構成

  • Excel 2016(エクセル2016)
  • Word 2016(ワード2016)
  • PowerPoint 2016(パワーポイント2016)
  • Outlook 2016(アウトルック2016)
  • OneNote(ワンノート)

Office Home & Business 2016が付属

Surface Laptop標準付属のOffice Home & Business 2016

UWP版と通常版の違いは?

Surface Laptopに付属のプロダクトキーを利用するとWindows 10用アプリ、いわゆる「UWP版」のオフィスをWindowsストアアプリからインストールすることになります。

Windowsストア

Windowsストアで配信されているOffice Home & Business 2016

UWP版と言っても、通常のExcelやWordと変わりません。試しにOffice 365 Soloでインストールしたデスクトップ版とバージョン番号やインターフェースを見比べてみましたが、違いを見つけられませんでした。

オフィスのバージョン

UWP版のオフィスのバージョン番号は、通常版(デスクトップ版)とまったく同じ

ただしOneNoteだけはほかのエディションで使われている「OneNote 2016」ではなく、以前からストアアプリとして配信されていたUWP版の「OneNote」です。インターフェースは若干異なるものの、基本的な使い方はほぼ同じなので、特に問題はないでしょう。

UWP版「OneNote」

Surface Laptopで使用するUWP版「OneNote」

OneNote 2016

Office 365やOffice Premiumで使用する「OneNote 2016」

アップグレードやOffice 365サービスには非対応

パソコンにプリインストールされているOffice Premiumシリーズ(Office Personal Premium、Office Home & Businee Premium)は、そのパソコンを使い続ける限り常に最新版にアップグレードできます。たとえば将来「Office 2019」という次期バージョンが出るとしたとき、Office Premiumなら2016から2019に無料でアップグレード可能。月額/年額ライセンスのOffice 365 SoloやOffice 365についても同様です。

しかしSurface Laptopに付属するOffice Home & Business 2016はこのバージョンのみ有効で、最新版にアップグレードするならオフィス製品を別途購入しなければなりません。

またOffice PremiumやOffice 365 Soloでは1TBのOneDrive容量や60分間/月のSkype無料通話を利用できますが(Office Premiumは1年ごとの更新が必要)、Surface LaptopのOffice Home & Business 2016では利用できません(マイクロソフトアカウントの登録で利用できる5GBの容量はOK)。

OneDrive

OneDriveは無料で使える基本の5GBの容量を利用可能

Surface Laptop付属のオフィスの注意点

  • OneNoteがOneNote 2016ではなく従来のUWP版
  • OneDrive 1TBの容量、Skype無料通話などの特典はナシ
  • 次期バージョンへのアップグレードには非対応

Surface Laptopでのオフィスインストール方法

Surface Laptopにオフィスをインストールする際には、まずプロダクトキーを登録しなければなりません。ブラウザーで登録ページを開き、画面の指示に従って作業を進めてください。

Office.comにサインイン

オフィスの登録ページを開き、マイクロソフトアカウントでサインインします

プロダクトキーを入力

Office.comにサインイン後、プロダクトキーを入力します

プロダクトキーの確認

プロダクトキーの確認が終わったら、「次へ」をクリック

エディションの選択

利用できるオフィスのエディションが表示されるので、「Microsoft Office Home & Business 2016」の「インストール」をクリック

Windowsストア

Windowsストアアプリが起動したら、「インストール」をクリック

オフィスの利用開始

インストールが終了すれば、オフィスを使えるようになります

Office 2016のサポート終了は2025年

公式サイトによると、Office 2016はメインストリームサポートが2020年10月13日まで、延長サポートが2025年10月14日までとなっています。メインストリームサポートとは新機能や仕様変更、セキュリティーアップデートを含めた更新で、延長サポートとはセキュリティーアップデートのみの更新ことです。まだだいぶ期間がありますので、オフィスのサポート切れを心配する必要はないでしょう。

インストール作業は簡単

ということで、今回はSurface Laptopに付属のオフィスとそのインストール方法について紹介しました。標準付属とは言ってもあらかじめインストールされているわけではなく、自分でインストールする必要があるので注意してください。と言っても作業は簡単ですので、初心者でも問題なくインストールできるはずです。

ちなみにSurface Laptopの値段は13万6944円からなのですが、オフィス付きのモバイルノートパソコンとしてはかなり格安であるように思います。軽量コンパクトで高品質なモバイル向けモデルであれば、Office Home & Business付きで15万円を軽く超えるものがほとんどです。持ち運べるオフィス付きノートパソコンを探しているなら、Surface Laptopをおすすめします。

Surface Laptopについては以下の記事で詳しくレビューしていますので、ぜひ参考にしてください。

関連記事

Surface Laptop購入レビュー 使ってわかったイイところと残念なところ
Surface Laptop(サーフェス・ラップトップ)のデザインや使い勝手を徹底レビュー!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが最大50%オフで激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
lavie-ns-300px

NECのアウトレットPC

15.6型ノートPCが4万円台から!期間限定4000円オフでお得なアウトレット品がさらに安い!
Dell XPS 13

デルのセール情報

最新モデルが激安販売中! ハイスペックなモバイルノートPCからゲーミングPC、3万円台の格安モデルまで
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

格安モデルから最軽、最速モデルまで!実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!