VAIO ZのSSDはリード2000MB/秒のSamsung SM951 NVMe版

IMG_3272

VAIO株式会社から発表された新しい「VAIO Z」は、SSDにPCI Express x4(Gen3)接続のNVMe版を採用しています。なにが使われているかは予測できたものの、実機で確認してきました。予想どおり、サムスン製の「Samsung SM951」です。

リード2000MB/秒のSM 951を採用

証拠の写真はこちら。これはVAIO Zのイベント展示機を撮影したもので、コントロールパネルから「ディスクドライブ」を確認すると「NVMe SAMSUNG MZVPV512」とあります。「MZVPV512」はSM951 512GBモデルの型番です。

コントロールパネルでSM951の型番を確認

コントロールパネルでSM951の型番を確認

もっとも、VAIOの公式サイトではNVMeの高速なSSDを搭載しているという表記があったので、ある程度は予測できたことでした。そのあたりのことについては、別の記事で解説していますので、そちらをご覧ください。

SSDの容量は256GB以上がおすすめ

SSDは容量が大きくなるほど、アクセス速度が高速化するという特性があります。SM951には128/256/512GBのモデルが用意されていますが、それぞれの公称アクセス速度は以下の表のとおりです。

Samsung SM951の公称アクセス速度(PCIe Gen3接続時)
シーケンシャルリード シーケンシャルライト
SM951 128GBモデル 2000MB/秒 600MB/秒
SM951 256GBモデル 2150MB/秒 1200MB/秒
SM951 512GBモデル 2150MB/秒 1550MB/秒

リードはすべて2000MB/秒以上で超高速なのですが、128GBモデルではライトが600MB/秒で、SATA接続のSSDとあまり変わりません。NVMeの恩恵を十分に得るなら、256GB以上のモデルをおすすめします。

ということでVAIO ZではサムスンのNVMe版SM951が使われていることがわかったのですが、出荷されるモデルでほかのSSDが搭載されている可能性もないわけではありません。あまり考えられないのですが、「絶対にない」という確証もありませんので、そのあたりはひとつご了承願います。

リンク

スポンサーリンク
rect-big
rect-big

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

 

お買い得情報

thum300px

ThinkPad最新セール情報

2017年モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました
thinkpad x260

特選!おすすめモバイルPC

実際に検証したモバイルPCおすすめモデルを一挙大紹介!!