格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種【2021年】

格安・激安!新品で2~4万円台の安いノートパソコンおすすめ機種

税込 & 送料込で2~4万円台の超激安ノートPCを紹介! 少しでも安く買いたい人、ノートPCの選び方がわからない人はぜひ参考にしてください。

なお取り上げる機種は、以下の条件で選んでいます。

タイミングによっては価格やスペックが変わることがあります。あらかじめご了承ください。

※ツイッターでは期間限定のセール情報やお買い得品の在庫状況などを配信しています。PCを安く買いたい方は、ぜひ当サイトツイッターアカウントのフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

【超厳選】おすすめノートPCを1機種のみ紹介! 【2021年3月版】
本当におすすめのノートPCを1機種のみピックアップ! あれこれ選びたくない人に最適な1台を紹介します。2020年12月時点でおすすめの機種はデルのInspiron 15 5000(5505)。5万円台半ばと手頃な価格ながら、性能は10万円オーバーの高級機並みです。また安いのにデザインもよく、映像がキレイな点もポイント!

安いノートPCを選ぶときの注意点

2~4万円台の格安ノートPCは性能が低いものの、パーツ (部品)の組み合わせや利用時のコツによっては意外と普通に使えます。

ただしどのような使い方をするのかによって、用途に適した大きさやパーツ構成を選ばなければなりません。

そこでまずは格安ノートPCの傾向と、どんなモデルを選ぶべきかについて解説します。

【2021年 初心者向け】パソコンの"遅い"や"重い"を少しでも改善する方法
パソコンの処理が遅い (動作が重い)のは、性能が低いことが主な原因です。買った当時は高性能でも、年数がたつにつれて性能面で時代遅れと……

OSについて

OSについて

多くのノートPCでは、OSとしてWindows 10 HomeまたはWindows 10 Proが使われています。一般的なWindows用ソフトを利用するなら、このOSが使われているPCを選んでください。

一部のノートPCでは、ソフトの動作を制限した「Sモード」が使われている場合があります。Sモードではデスクトップ用アプリが使えませんが、UWPアプリ(Windows 10用アプリ)は利用可能です。またSモードを無料で解除すれば、普通のWindows 10として使えます。

さらに3~4万円台の格安なノートPCとして、「Chromebook (クロームブック)」と呼ばれる製品が販売されています。これはOSに「Chrome OS」を搭載したノートPCで、一般的に使われるWindows 10とは大きく異なるので注意してください。

OSについて

Windows 10(左)とChrome OS(右)

ChromebookはOSの動作が速く、Windows搭載PCよりも手軽に使える点が魅力です。しかしWindows用ソフトは利用できず、操作方法や設定内容も従来のPCとは若干異なるので注意してください。価格が安いので、ネットやメール、動画視聴が中心の人に向いています。

格安ノートPCのOS

OS 概要
Windows 10 一般的によく使われているOS
Windows 10 Sモード Windows 10の機能制限版。デスクトップ用アプリを利用できない代わりに安くて速い
Chrome OS Google製のネット端末用OS。Androidアプリを利用できる(一部非対応の場合あり)

CPU性能について

Pentium Silver N5000ベンチマーク結果

CPUは、ノートPCの総合的な性能を左右する重要な要素です。CPUの性能が高いほど処理にかかる時間が短くなり、作業をストレスなく進められます。

以前は性能の低いCPUばかり使われていましたが、最近では驚くほど高性能なCPUが使われるようになりました。たとえば10万円クラスのノートPCではCore i7-1065G7という上位CPUが使われていますが、それを上回る性能のCPUが4万円台の機種で使われています。

格安ノートPC向けCPUの性能比較

CPU PassMark CPU Markスコア
Ryzen 5 4500U
12892
Core i7-1065G7 ※参考
12016
Ryzen 3 4300U
9154
Ryzen 5 3500U
8398
Core i3-10110U
5553
Athlon 300
4703
Ryzen 3 3200U
4609
Athlon Silver 3050U
3851
Celeron N4120
2771
Celeron N4100
2569
Celeron 4205U
2021
Celeron 3865U
2016
Celeron N4020
1665
Celeron N4000
1550
Celeron N3350
1254

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

おすすめはAMDの「Ryzen」や「Athlon」シリーズを搭載したノートPCです。インテルの「Celeron」は、どうしても予算を3万円前後に収めなければならないときに選ぶといいでしょう。「Atom」と呼ばれるCPUが使われている機種は買うべきではありません

メモリーについて

格安ノートPC 8GBメモリーモデル

格安ノートPCでは、ほとんどの機種で4GBのメモリーが使われています。いまの基準では少々物足りないのですが、多少の待ち時間をガマンすれば問題なく利用可能です。普段の作業で快適に使いたいなら、8GB以上のメモリーを搭載したモデルをおすすめします。

最近はメモリーモジュール単体の値段が安くなってきたので、自分で増設するという手もあります。ただし交換には手間がかかる上に、メーカー保証のサポート外となってしまう点に注意してください。あくまでも自己責任で作業できる方向けです。

Inspiron 15 5000 (5505)メモリースロット

本体を分解すれば、自分でメモリーを増設できる機種もあります

ストレージについて

格安ノートPC SSD

PCはCPUの性能だけでなく、メモリー容量やストレージ (ファイルの保管場所)の性能によっても大きく変わります。特に最近大きく影響するのは、ストレージの種類です。

結論から言うと、おすすめはSSD搭載モデルです。HDDは安くて容量が大きいものの、ファイルの移動やコピー、ウィンドウズの起動に時間がかかります。HDDより高速なSSDであれば処理も速く、ウィンドウズやアプリの起動に時間がかかりません。

ストレージのアクセス速度

現在の主流はSSDで、ごく安い機種では低速なeMMCが使われていることがあります。eMMCは割り切って使うならアリですが、HDD搭載機種はおすすめしません。自分でパソコンを改造できる人以外は避けたほうが無難です。普通に使うなら、SSD搭載機種を選んだほうがいいでしょう。

ただしSSDは容量が小さいという欠点があります。容量が128GBあたりだと実際に使える空き容量は70~80GB程度で、多くの写真や動画を溜め込められません。容量が少ない場合はSDカードや外付けHDD / SSD、クラウドストレージサービスなどを合わせて使うことをおすすめします。

SSDのメリットとデメリット

メリット デメリット
ウィンドウズの起動時間が速い
ファイル関連の処理時間が速い
衝撃に強い (HDDよりは)
×容量が少ない
×容量が大きいと値段が高い

ディスプレイについて

HP 14s-dk0000 映像品質

液晶ディスプレイの解像度は、画面のきめ細かさを表わす指針です。一般的には1366×768ドットのHD解像度と1920×1080ドットのフルHD解像度の2種類がありますが、格安ノートPCはHDが主流です。しかしフルHDのモデルもいくつかあり、それらのほうがデスクトップを広く使えるぶん作業効率が大きくアップします。

フルHDとHDの違い

フルHD (左)とHD (右)の見え方の違い。フルHDのほうがHDよりも情報が多く表示されています

フルHDのモデルを選ぶ際は、液晶パネルの種類に注意してください。安いモデルで使われているTNパネルだと映像が青みがかる上に、文字が薄くかすれているように見えることがあります。自然な色合いのIPSパネルなら文字がクッキリと映し出されるので、読みづらく感じることはありません。

TNパネルとIPSパネルの違い

TNパネルとIPSパネルの色合いの違い

バッテリー駆動時間について

IdeaPad Slim 350 17 電源アダプター

バッテリーの駆動時間が長ければ電源アダプターを繋がなくても作業したり、外出先で作業したりできます。ただしスペックとして公開されている駆動時間までちゃんと動作することをまずないと考えてください。公開されているのはバッテリー消費量をグッと抑えた状態のテスト結果で、実際の利用とは大きく異なります。

実際の駆動時間は機種によって異なりますが、公開スペック(公称値)の6~8割程度と考えたほうがいいでしょう。カタログスペックで10時間であれば、概ね6~8時間は動作します。格安ノートPCでは省電力性能の高いCPUが使われているため駆動時間は長めですが、そのぶん処理性能が低い点に注意してください。

重さについて

HP 15s-eq1000 重さ

軽いノートPCなら、気軽に持ち運べます。目安は人によって異なりますが、1.2kg以下であれば軽々と持ち運べるでしょう。1.5kgを超えると、日常的に持ち歩くのは厳しいかもしれません。外出先に持ち歩くことを考えるなら、1.4kg未満の機種をおすすめします。

ただし格安ノートPCは強度が高くありません。ケースなどでしっかり保護しないと傷や破損、故障を招く恐れがあるので注意してください。

インターフェースについて

CB311-9H-A14P インターフェース

インターフェースとは、周辺機器/メディアを利用するための端子類のことです。格安ノートPCでは、インターフェースの数と種類が少なめ。メモリーカードスロットや映像出力用のHDMIがない場合があるので、構成を事前にチェックしてください。最近はUSB Type-C対応の機種が増えてきましたが、データ通信のみでUSB PD充電や映像出力に対応していない場合があります。

キーボードについて

IdeaPad S540 (15) キーボード

液晶サイズが15.6インチ以上であれば、テンキーがついています。14インチ以下の場合は、テンキーはありません。数値入力の機会が多いなら、15.6インチ以上の機種を選ぶといいでしょう。テンキーは4列構成が一般的ですが、3列構成の場合もあります。

raytrek VF-HEW 配列

3列構成のテンキー

国内向けの格安ノートPCでは、日本語配列のキーボードが使われています。ただし一部のキーが小さかったり、配置が特殊な場合があるので注意してください。

格安・激安ノートPCのおすすめメーカー

激安ノートPCを発売しているメーカーはいくつかありますが、なかでも特に注目したいのは「レノボ」と「デル」、そして「日本HP」の3社です。安さにこだわりたいなら、まずはこのメーカーから検討してみてはいかがでしょうか。この記事では取り上げなかった機種もあるので、そのほかのモデルもチェックしてみることをおすすめします。

レノボ

3~4万円台のモデルを一番多く取り揃えているのがレノボです。単に安いだけでなく、最近は本体がスリムな上に画面が高精細で、しかもバッテリー駆動時間がかなり長くなりました。コスパを重視するなら、まずはレノボの製品からチェックしてみてください。

レノボのおすすめノートPC【2021年】:業界最安クラスのお買い得ノートPCを一挙紹介!
抜群のコスパで人気の高いレノボ製ノートPCのおすすめ機種を紹介します。 レノボのノートPCの魅力は、なんといっても価格……

デル

15インチで光学ドライブ付きのモデルが安いのが特徴です。ごくまれにとんでもなく安い値段で販売されていることがあるので、ここも定期的なチェックをおすすめします。

デルのノートPC「Inspiron」シリーズおすすめ機種&セール情報まとめ
コスパの高さで人気のデル製ノートPCのなかから、おすすめモデルを紹介します。最安モデルは3万円台から! さらにGPU搭載の高性能モデルからCore i5 + 8GBメモリー + 256GB SSD搭載の鉄板構成モデルまで、各種人気モデルの特徴と最新価格がまるわかり!

日本HP

日本HPのモデルは、安くてもデザインに優れている点が魅力。ただし最近は格安モデルの種類が減りつつあり、ハイスペックモデルを安く販売する方針へ切り替わりつつあるようです。

日本HPのノートパソコンのおすすめ & 割引クーポンを一挙紹介!  安くてカッコいい人気モデルはコレ!!
日本HPの直販サイト「HP Directplus」で販売されているノートパソコンのなかから、おすすめの機種を紹介します。タイミングに……

超激安目玉モデル

普通ならありえない価格で販売されている超お買得のモデル。短期間で売り切れる可能性が高いので、早めのチェックをおすすめします。

デル Inspiron 15 3000 (3583) オフィス付き

 Inspiron 15 3000 (3583)
15.6型
非光沢

税込4万0153円

  • CPU:Celeron 4205U
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:1TB HDD
  • 解像度:1366×768(TN)
  • 重量:2.03kg
  • バッテリー:42WHr
  • オフィス:Home & Business 2019

普段はHDD搭載の低スペック機種は取り上げないのですが、これはあまりにも安いのでピックアップしました。性能的には超遅いのですが、自分でメモリーやSSDを追加すれば多少は速く動くようになるでしょう。品質もイマイチながら、Office Home & Business 2019付きでこれだけ安いのは魅力です。ただし初心者にはおすすめしません。自己責任で改造できる中上級者向けです。

※在庫なしでも後日復活する場合があります

厳選!おすすめモデル

5万円未満で買える格安ノートPCのなかから、特に特徴的な機種を紹介します。

レノボ IdeaPad Slim 350 14 Ryzen 5モデル

IdeaPad Slim 350 14
14型
非光沢

税込4万8576円

  • CPU:Ryzen 5 4500U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD (TN)
  • 重量:1.5kg~
  • バッテリー:9時間

5万円以下の機種としては、CPU(APU)がもっとも高性能。そのパフォーマンスはインテルのCore i5やCore i7を上回ります。画面はやや青みがかったTNパネルで本体はやや大きいものの、ノートPCとしては普通に使えるレベルです。性能面だけで見れば、いちばん高コスパ。

※在庫なしでも後日復活する場合があります

HP 15s-eq エントリープラスモデル

HP 15s-eq1000
15.6型
非光沢

税込4万4000円

  • CPU:Athlon Silver 3050U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 画面:フルHD (IPS)
  • 光学ドライブ:なし
  • 重量:約2kg
  • バッテリー:8時間

15.6インチのフルHDディスプレイを搭載したスタンダードタイプのノートPC。光学ドライブは非搭載ですがその代わり本体がスリムで、映像もより自然な色合いです。さらにストレージは高速なSSDで、メモリー容量も8GBと十分。CPU性能は高くはないものの、普段使いには問題ありません。非常に高コスパ!

レノボ IdeaPad Slim 550 14 Ryzen 3モデル

IdeaPad Slim 550 14
14型
非光沢

税込4万5496円

  • CPU:Ryzen 3 4300U
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:128GB SSD
  • 解像度:1920×1080 (IPS)
  • 重量:1.45kg
  • バッテリー:12時間

14インチのフルディスプレイを搭載するスタンダードタイプのノートPC。ディスプレイは見やすい非光沢のIPSパネルで、アルミ素材を使った天板の質感が高い点もポイントです。現在入手可能な5万円以下の機種のなかでは、もっとも高性能なCPUが使われています。ただしSSDの容量が128GBと少ない点に注意。外付けストレージやSDカードの利用をおすすめします。

ページが表示されないときはコチラ

ASUS VivoBook 14 M413DA

4万円台でしっかり使える

VivoBook 14 M413DA
14型
非光沢

税込4万6800円

  • OS:Windows 10 Home Sモード
  • CPU:Ryzen 3 3250U
  • メモリー:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 解像度:フルHD(TN)
  • 重量:1.45kg
  • バッテリー:10.1時間

8GBメモリーと256GB SSDに、フルHDディスプレイを搭載した14インチタイプのスタンダードノートPC。CPUとして使われているRyzen 3 3250Uはあまり性能が高くはありませんが、普段使いや軽めのビジネスには問題なく使えます。Windows 10のSモードを無料で解除すれば、普通にデスクトップ向けアプリを利用可能。画面は視野角の狭いTNパネルである点は残念ですが、全体的には高コスパなモデルです。

軽快動作のChromebook

Chrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」は、スペックが低くてもWindows 10より軽快に動作します。ネットやメール、動画視聴などごく軽い作業だけなら、問題なく利用可能です。またAndroidアプリを使える点もポイント(機種によって非対応の場合あり)。

ただしオフィスなどのWindows 10向けソフトは利用できない点に注意してください。スマホよりちょっと作業が楽なデバイスと考えたほうがいいでしょう。

レノボ IdeaPad Duet Chromebook

IdeaPad Duet Chromebook
10.1型
光沢
2in1

税込2万7941円

  • OS:Chrome OS
  • CPU:MediaTek Helio P60T
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • キーボード:日本語配列
  • 解像度:1920×12000 (IPS)
  • 重量:約920g
  • バッテリー:10時間
  • 自動更新ポリシー:2028年6月

10.1インチのChrome OS搭載タブレット。キーボードとカバーが標準付属で、どこにでも気軽に持ち歩けます。いま一番人気のChromebookと言えばコレ。販売ページの表示価格は3万7841円ですが、9900円オフクーポン「NEWLIFE0509」適用で2万7941円で購入できます。

HP Chromebook 14a

HP Chromebook 14a
14型
光沢
タッチ

税込3万5000円前後

  • CPU:Celeron N4030
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • キーボード:日本語配列
  • 解像度:フルHD (IPS)
  • 重量:1.33kg
  • バッテリー:10時間
  • 自動更新ポリシー:2026年6月

14インチのクラムシェル型ノートPC。変形しないもののタッチ操作に対応しているので、Androidアプリも普通に操作できます。フルHDのIPSパネル搭載で、価格が安いわりにディスプレイの映像品質が優れている点が魅力。PCとしての利用が中心なら、これがおすすめ。

Acer Spin 311

Acer Spin 311
11.6型
光沢
2in1

税込3万5000円前後

  • CPU:MediaTek M8183C
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:32GB eMMC
  • キーボード:日本語配列
  • 解像度:1366×768(IPS)
  • グラフィックス:Mali-G72 MP3
  • 重量:1.05kg
  • バッテリー:約15時間
  • 自動更新ポリシー:2028年6月

軽量コンパクトな11.6インチノートPC。液晶ディスプレイを回転させることで、さまざまなスタイルに変更できる2-in-1タイプです。タブレットスタイルなら、Androidアプリの利用に向いています。

激安!2万円台のモデル

送料込 & 税込でも3万円未満の超激安モデルを紹介します。性能は低いものの、割り切った使い方には問題ありません。2台目以降のサブPCとして利用するのもいいでしょう。

レノボ IdeaPad Slim 350 14 3020eモデル

IdeaPad Slim 350 14
14型
非光沢

税込2万6400円

  • CPU:AMD 3020e
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:128GB SSD
  • 解像度:1366×768 (TN)
  • 重量:1.5kg~
  • バッテリー:9時間

SSD搭載機種としては最安クラス。APU(CPU)として使われている3020eの性能は低いものの、ほかの機種で使われているCeleronよりは高性能です。2万円台の機種のなかでは画面が大きい点もポイント。

ラインナップ

プラチナグレー 81W000JMJP
AMD 3020e 4GBメモリー 128GB SSD 2万6400円
プラチナグレー – マイクロソフトオフィス付き 81W000JNJP
AMD 3020e 4GBメモリー 128GB SSD Office Home and Business 4万4880円

※在庫なしでも後日復活する場合があります

Ideapad Slim 150

Ideapad Slim 150
11.6型
非光沢

税込2万8831円

※4400円オフクーポン適用時

■スペック

  • CPU:A4-9120E
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:128GB SSD
  • 解像度:1366×768 (TN)
  • 重量:1.2kg
  • バッテリー:9.9時間

詳細スペック

11.6インチの液晶ディスプレイを搭載したコンパクトなモデル。CPU性能は低めですが、SSD搭載モデルとしては非常に安い点が魅力です。格安モデルとしては、バッテリーも長持ち。ただし性能はごく控えめ。ネットや動画視聴向けに利用するならアリですが、ウィンドウズの高速化設定を行なうことをおすすめします。※クーポンコード「NEWLIFE0509」入力で4400円引き(5/9まで)

HP Stream 11-ak0000

HP Stream 11-ak0000
11.6型
非光沢

税込2万9800円前後

  • CPU:Celeron N4020
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • 解像度:HD (TN)
  • 重量:約1kg
  • バッテリー:最大13時間30分

清潔感のあるホワイトのカラーが特徴の激安モデル。税込で3万円を切る安さでありながらも、キーボードやボディやキーボードがしっかり作られています。ほぼ1kgと軽量でバッテリー駆動時間が長い点も魅力。

最安モデルはOSがWindows 10 HomeのSモードで、そのままでは通常のデスクトップアプリを利用できません。処理が軽くセキュリティー的にも安心感が高いのでそのまま使い続けるのもアリですが、通常のソフトを利用したい場合はSモードを解除するといいでしょう。

TENKU ComfortBook S11

TENKU ComfortBook S11
11.6型
非光沢

税込2万7800円前後

■スペック

  • CPU:Celeron N3350
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • 解像度:1920×1080 (IPS)
  • 重量:990g
  • バッテリー:約6~8時間

1kgを切る軽量コンパクトな11.6インチノートPC。これだけ安いにも関わらず、OSとしてWindows 10 Proを搭載している点がポイントです。ただしボディの品質や性能面はかなりイマイチで、キーボードが英字配列をベースにした特殊な日本語配列である点に注意。PC中上級者が割り切って使う用です。

3万円台の高コスパモデル

3万円台のノートPCは、基本的にはCPUが非力です。しかしなかにはアルミ製のボディやフルHDのIPSパネルを採用した高品質なモデルもあります。

ASUS E210MA

ASUS E203MA
11.6型
光沢
軽量

税込2万5000円前後

  • CPU:Celeron N4020
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • 解像度:HD
  • 重量:1.08kg
  • バッテリー:12.7時間

テンキー代わりに使えるタッチパッドや遊び心のある斬新なデザインなど、2万円台の機種としては外観や機能面の仕上がりが優れています。性能は値段相応ですが、軽い作業専用と割り切って使うならアリ。Windows 10 HomeのSモード搭載です(無料で解除可能)。

TSUKUMO TSNB14UP1

TSNB14UP1
14.1型
非光沢
IPS

税込3万0580円

■スペック

  • CPU:Celeron 3867U
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB M.2 SATA SSD
  • 解像度:1920×1080 (IPS)
  • 重量:1.5kg
  • バッテリー:7.5時間

詳細スペック

税込でほぼ3万円の低価格でありながら、フルHDのIPSディスプレイを搭載した驚きのコスパが魅力。ストレージ容量が少なくCPU性能は控えめではあるものの、自分で大容量のSSDに交換すれば普通に利用できるでしょう。

ドスパラ VF-AD4

Altair VH-AD3S
14.1型
非光沢
IPS

税込3万6278円

  • CPU:Celeron N4000
  • メモリー:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • 解像度:1920×1080 (IPS)
  • 重量:1.28kg
  • バッテリー:8.6時間

14インチのフルHDディスプレイを搭載したノートPC。アルミを使った高品質なボディで、3万円台のモデルとは思えない仕上がりです。底面部のカバーから手軽にSSDを追加できる点もポイント。ただしCPU性能はごく控えめなので、使いこなすにはコツが必要です。

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!

お買い得情報

おすすめノートPC

おすすめノートPCまとめ

おすすめのノートパソコンを目的別に紹介。はじめて買うならコレ!
thum300px

ThinkPad最新セール情報

最新モデルが激安販売中! 人気のハイエンドモデルを安く入手しよう
Dell XPS 13

デルのセール情報

高性能モバイルノートPCから3万円台の格安モデルまで、人気モデルが安い!
NECおすすめPC

実は安いNECパソコン

直販サイトでクーポンを使えば、最新モデルでもお得に買えるって知ってた?
Surfaceシリーズ

Surfaceシリーズまとめ

人気のSurfaceシリーズを比較! お得なキャンペーン情報もまとめました