富士通のタッチ対応Chromebookが4万9800円! キーボードの仕上がりがいいFMV Chromebook WM1/F3がアマゾンでセール中

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)レビュー

セールは終了

この記事で紹介しているセールはすでに終了しました。最新のセール情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしています。
ツイッターでこまめブログをフォローする

初売りセール開催中のアマゾンで、富士通の「FMV Chromebook WM1/F3」が特選タイムセール中です。対象モデルはCeleron搭載のタッチ対応モデル。通常価格5万4800円のところ、5000円オフの4万9800円で販売されています。

FMV Chromebook WM1/F3 外観

FMV Chromebook WM1/F3

対象モデルのスペック

OS Chrome OS
ディスプレイ 14インチ、1920×1080、光沢、タッチ対応
CPU Celeron 6305
メモリー 4GB
ストレージ 64GB eMMC
通信 Wi-Fi 6 + Bluetooth 5.1
キーボード 日本語配列
インターフェース USB 3.2 Gen2 Type-C×2、USB3.2 Gen2×2、microSDカードリーダー、HDMI、ヘッドホン端子
サイズ / 重量 幅323.8×奥行き216×高さ19.9mm / 約1.29kg
バッテリー 約10時間
自動更新ポリシー 2029年6月

注目ポイントは日本語キーボードの仕上がりに優れる点と、インターフェース類が充実している点です。

まずはキーボードについて。Chromebookに限らずノートPCの日本語キーボードにはたいてい不自然なキー配置があるものですが、FMV Chromebook WM1/F3にはまったく違和感がありません。いい意味で標準的なキー配列です。

FMV Chromebook WM1/F3 キーボード

ノートPCとしては理想的な日本語配列

またタイプ感もしっかりとしてしています。キーピッチは19mmでキーストロークは1.7mm。クリック感は軽いもののストロークが深いので、キーを押している感覚はしっかり感じられるでしょう。

FMV Chromebook WM1/F3 タイプ感

キートップ中央がややくぼんでいるので、キーに指がフィットしやすい点も特徴

インターフェースはUSB端子がType-C×2とフルサイズ×2の合計4ポート。すべてUSB 3.2 Gen2です。さらに映像出力としてHDMI端子やmicroSDカードスロットも用意されています。5万円切りの格安機種で、ここまで端子類が用意されているものはなかなかありません。

FMV Chromebook WM1/F3 インターフェース

インターフェースは十分な構成

CPUには格安ノートPC向けのCeleron 6305が使われています。メモリーは4GB&ストレージは64GB eMMCで、パフォーマンスはChromebook全体のなかではエントリー(入門)向け。もうちょっと細かく分類すると、「下の上」クラスといったところです。

ベンチマークスコアの比較

CPU CrXPRT 2 Performanceスコア
FMV Chromebook 14F (Core i3-1115G4)
141
Acer 712 C871T-A38N (Core i3-10110U)
110
HP x360 14b(Pentium N6000)
96
HP 14a(Pentium N5030)
70
Lenovo 14e Gen2(3015Ce)
70
FMV Chromebook WM1/F3(Celeron 6305)
69
HP x360 14b (Pentium N5000)
66
Acer Spin512 (Celeron N4100)
61
CB314(Celeron N4020)
59
IdeaPad Flex550i (Celeron 5205U)
55
Acer 512 C851T-H14N (Celeron N4000)
54
IdeaPad Flex 360 (MediaTek MT8183)
40
ASUS CM3 (MediaTek MT8183)
39
ASUS C223NA (Celeron N3350)
37

外観や使い勝手については、FMV Chromebook 14Fと同型のFMV Chromebook WM1/F3のレビューでご確認ください。ただしCore i3搭載モデルはディスプレイが非光沢で、今回セール対象のCeleronモデルは光沢タイプです。

FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)レビュー:丁寧に作られた日本向けChromebook
富士通の「FMV Chromebook WM1/F3(FMV Chromebook 14F)」は、14インチサイズのChrome O……

「Chromebookは動作が軽い」と言われますが、エントリークラスの機種はどんな処理でも快適というわけではありません。たとえば、ブラウザーで何十枚ページも開いてガッツリ情報収集するような使い方には不向きです。オフィスなどWindows向けソフトが使えないので、Windows PCが必要な人にも向いていません。

しかしブラザーを使った軽めの作業に限定するなら、同価格帯(5万円以下)のWindowsノートPCよりも普通に使えます。起動が早く、ページの表示 / 切り替えもスムーズ。写真の整理やちょっとした文書作成まで行なえるでしょう。

FMV Chromebook WM1/F3 明るさ

アプリを活用するなどのちょっとした工夫で、軽めのビジネス作業もこなせます

2~3万円台の激安機種でも、ごく軽めの作業なら問題ありません。しかしもうちょっとしっかり作業したい、特に長めの文書を入力したいのであれば、このあたりの機種を選ぶべきでしょう。大手国内ブランドの製品で安心感が高いという点でもおすすめです。

FMV Chromebook WM1/F3 感想

文章を入力する機会が多い人におすすめのエントリー機種

関連リンク

初売りセールポイントアップキャンペーン
Amazonプライムに登録する

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

アマゾンのセール記事一覧
年末年始セール記事一覧

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!