Echo Budsが8480円! ANC対応の完全ワイヤレスイヤホンが特選タイムセール中

Echo Buds
アマゾンのタイムセール祭りで、ワイヤレスイヤホン「Echo Buds」が特選タイムセール中です。セール期間は9/27(火)まで。販売価格は8480円からですが、ワイヤレス充電対応ケースやワイヤレス充電パッドのセットも用意されています。

Echo Buds

アクティブノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホン「Echo Buds」

Echo Buds

ワイヤレス充電パッド(左)とワイヤレス充電ケース付きのEcho Buds(右)

価格

付属品 通常価格 セール価格
充電ケース付き 1万2980円 8480円
ワイヤレス充電ケース付き 1万4980円 9980円
ワイヤレス充電ケース+充電パッド 1万6960円 1万0960円

※2022年9月27日まで

Echo Budsはカナル型のイヤホンで、耳にグッと押し込むようにして装着します。さまざまなサイズのイヤーチップやウイングチップが用意されているので、自分に合ったサイズで利用可能です。ただカナル型ならではの圧迫感(もしくは異物感)はあるでしょう。

Echo Buds

耳の穴用のイヤーチップと、外耳用のウイングチップがそれぞれ3種類用意されています。左がウイングチップ使用時で、右が未使用時

さらにEcho Budsは、音声アシスタントの「アレクサ(Alexa)」を利用できる点がメリットとされています。しかし単体ではアレクサを利用できません。ペアリング先の端末でアレクサアプリもしくはAmazon musicのアプリが起動している必要があります。

Echo Buds

アレクサアプリを利用可能なスマホやタブレットが必要

筆者としてはカナル型特有の圧迫感が気になりました。とは言え、イヤホンに慣れている人なら問題ないかもしれません。

Echo Buds

それなりに大きいので、耳へグッと押し込める際に異物感があります

音質は「まあ、いいんじゃないでしょうか」というレベル。感じ方には個人差があるはずですが、個人的には許容範囲だと思います。あえて言うなら低音は強調されているもののやや人工的な印象で、中音域から高音域にかけてはややこもったように聞こえました。

音の遅延は多少あります。対応するコーデックはSBCとAAC(所有のAndroidスマホで確認)の2種類。動画を再生したところ、遅延が気になる場面もあれば気にならない場面もありました。ゲームでは気になるかもしれません。

またタップ操作時の反応が気になります。たとえば再生 / 停止の操作が反映されるまでに、1秒程度の間がありました。外出先で「アレクサ、〇〇して」と声で指示するのも、なんとなく抵抗があります。

Echo Buds

イヤホンのタップで再生/停止や曲送りなどを操作できるのは便利

ノイズキャンセリングについては、ほどほどのという程度です。確かに静かにはなりますが、メチャメチャ効いているというほどではありません。またアンビエントサウンド(外音取り込み)を有効にするとホワイトノイズが気になります。周囲の音をシャットアウトする目的での利用には向いていないかもしれません。

全体的に高級ワイヤレスイヤホンほどではないものの、機能を考えればまあ悪くないかなというレベルです。アレクサをよく利用する人なら、アリではないでしょうか。

Echo Buds

アマゾン製の安心感とアレクサ連携がポイント

関連リンク

ポイントアップキャンペーン
Amazonギフト券をチャージ
Amazonプライムに登録する

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

アマゾンのセール記事一覧
パソコンお買い得情報一覧

HP割引クーポンまとめ HPレビューまとめ

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!