Zen3 Ryzen+GTX 1650搭載IdeaPad Slim 560 Pro(16)がアマゾンで特選タイムセール中!

IdeaPad Slim 560 Pro(16)
アマゾンのブラックフライデーセールで、レノボのIdeaPad Slim 560 Pro(16) ゲーミングエディションRyzen 5モデルが特選タイムセール中です。スペックはRyzen 5 5600H / 16GBメモリー / 512GB SSD / GTX 1650。在庫ありの短納期で、注文後比較的早く届きます。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

IdeaPad Slim 560 Pro(16)

特選タイムセール対象モデル

スペック 販売価格
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / GTX1650 9万9800円
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / GTX1650 / Office H&B 10万4800円

※12/2まで

CPUとして使われているRyzen 5 5600Hは、Zen3世代の6コア12スレッドで非常に高性能です。メモリーも16GBと十分な容量。ただしグラフィックス機能についてはひと世代前のエントリー向けで、3Dベンチマークのスコアはあまり高くはありません。とは言え中規模クラスのゲームであれば、画質を変更することで普通にプレーできる性能です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8262
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5166
GTX 1650 Ti
3686
IdeaPad Slim 560 Pro (GTX 1650)
3306
GTX 1650
3178
Iris Xe (Core i7)
1250
Radeon (Ryzen 7)
1000

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

フォートナイト (ちょっと重い / DX12)

フォートナイト
1920×1200ドットフルスクリーンの結果。画質を調整すれば快適にプレー可能。

FPS計測結果

画質設定 平均FPS
最高 41.7 FPS
58.6 FPS
139.5 FPS
192.2 FPS

※平均60 FPS以上が快適に遊べる目安

しかしディスプレイのリフレッシュレートが一般的な60Hzで、ゲーム用に特化したものではありません。普通にプレーは可能ですが、ゲーミングノートPCのようになめらかな動きではないので注意してください。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  天板

ボディはアルミ製。高性能CPU&GPU搭載とは思えないほどスリム

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  ベゼル

ベゼルの細い狭額縁デザイン。2560×1600ドットのディスプレイは映像が高精細で色合いも自然です

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  キーボード

テンキー付きのキーボード。Enterキー周辺がやや特殊

IdeaPad Slim 560 Pro(16) ゲーミングエディションのスペック

OS Windows 10 Home
画面サイズ 16インチ 60Hz
解像度 2560×1600
CPU ・Ryzen 5 5600H
・Ryzen 7 5800H
メモリー 16GB ※オンボード、DDR4 3200
SSD 512GB
グラフィックス GeForce GTX 1650(4GB)
通信 Wi-Fi 6+Bluetooth 5.1
色域 / 輝度 100% sRGB / 350nit
インターフェース USB3.0×2、USB2.0 Type-C×1、USB3.1 Type-C×1、HDMI、SDカードスロット、ヘッドホン端子
生体認証 顔認証用IRカメラ
サイズ / 重さ 幅356×奥行き251×高さ16.9mm / 約1.89kg
バッテリー 約14時間

IdeaPad Slim 560 Pro(16)の詳細については、レビュー記事でご確認ください。

レノボIdeaPad Slim 560 Pro(16) レビュー:Zen3搭載&GTX1650対応の15.6インチスタンダードノートPC
レノボのIdeaPad Slim 560 Pro(16)は、Zen3世代のRyzen 5000シリーズを搭載する15.6インチタイプ……

高精細でsRGB 100%のディスプレイは、ゲームよりもクリエイティブワーク向きです。プロレベルの動画編集にはやや厳しいものの、フルHDクラスの小規模作品なら問題なく活用できるでしょう。あるいは外付けディスプレイを接続して、ゲームや本格的な写真 / 画像加工に使うのもアリです。

IdeaPad Slim 560 Pro(16)  感想

高性能CPU搭載なのにスリムな外観がポイント

関連リンク

ブラックフライデー ポイントアップキャンペーン
Amazonプライムに登録する

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報は当サイトのtwitterアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いいたします。

関連記事

ブラックフライデーセール記事一覧
ThinkPadセール情報まとめ
レノボのおすすめノートPC

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!