8コアRyzen 7 5800H+RTX3050で12万円台から! Dell G15 Ryzen Edition(5515)が高コスパでお得

Dell G15 5515 Ryzen Edition

デルから15.6インチサイズのゲーミングノートPC「Dell G15 Ryzen Edition」がお買い得価格で販売されています。CPU(APU)はZen3のRyzen 5 5600HまたはRyzen 7 5800Hで、GPUはRTX 3050 / 3050 Ti / 3060。エントリー~ミドルレンジクラスの機種で、価格は11万円台から。

Dell G15 Ryzen Edition

Dell G15 Ryzen Edition

主なラインナップ

スペック 価格
Ryzen 5 5600H / 16GB / 512GB SSD / RTX3050 /120Hz 11万4384円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / RTX3050 /120Hz 12万4784円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / RTX3050 Ti /120Hz 13万1984円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / RTX3060 /120Hz 14万7184円
Ryzen 7 5800H / 16GB / 512GB SSD / RTX3060 /165Hz 15万2784円

※2021年7月30日時点

なかでも特に注目したいのが、12万4784円のRyzen 7 5800H + RTX 3050搭載モデル。Zen3の非常に高性能なRyzen 7 5800Hと専用グラフィックス(dGPU)の組み合わせでは、現時点で最安です。

当サイトではまだRyzen 7 5800Hを検証していないため、実際のパフォーマンスについては不明です。しかし仮にワンランク上のRyzen 9 5900HXと前世代のRyzen 7 4800Hの中間くらいと考えたとすると、非常に高性能だと予想できます。

CPUの性能差(マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
5060
Ryzen 7 4800H
4307
Ryzen 9 4900HS
4266
Core i7-10875H
3551
Core i9-10885H
3504
Ryzen 5 4600H
3293
Core i7-10750H
2825
Core i5-10300H
2249

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

またRTX 3050 Tiは、前世代のGTX 1650 / 1650Tiよりもパフォーマンスが向上しています。RTX 3050については不明ですが、GTX 1650は確実に上回るでしょう。RTX 3050 Tiであれば、重いゲームでも画質調整で快適にプレー可能です。

GPUの性能 (DirectX 12、WQHD)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
RTX 3080
11914
RTX 2080
9599
RTX 3070
8831
RTX 3060
8262
RTX 2070
7660
RTX 2060
5860
GTX 1660 Ti
5626
RTX 3050 Ti
5166
GTX 1650 Ti
3686
GTX 1650
3178

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 2080
25078
RTX 3070
24153
RTX 3060
21620
RTX 2070
20037
RTX 2060
15685
GTX 1660 Ti
14451
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650 Ti
10123
GTX 1650
8758

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

RTX 3050であれば12万円台、RTX 3050 Tiであれば13万円台。ゲーミング性能としてはエントリー(前世代のミドルレンジ相当)ではあるものの、超高性能なRyzen 7 5800Hを搭載していることを考えれば非常にお買い得です。ゲームはもちろんのこと、RAW現像や画像の加工、ちょっとした動画編集でも活用できるでしょう。むしろ、そっち方面での利用を考えるべきかもしれません。

ただ公式スペックによると、リフレッシュレートが120Hzのモデルは色域が狭い(45% NTSC)ので、クリエイティブワークには向いていません。色味を重視する作業には、広色域の外付けディスプレイを使ったほうがよさそうです。ちなみに165Hzモデルは100% sRGBとのこと。

Dell G15 Ryzen Edition

筐体はややゴツい印象

Dell G15 Ryzen Editionは位置付け的にはゲーミングノートPCですが、Ryzen 7 5800Hの性能を活かした高度な処理にもおすすめです。とにかくCPUパワーが必要な方は、検討してみてはいかがでしょうか。

Dell G15 5515 Ryzen Edition

12~13万円台で圧倒的なCPU性能が手に入る高コスパ機種

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

ゲーミングノートPC関連記事
デル関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!