Ryzen 7 5800H+RTX 3050 Tiで12万円台! HP週末セールでエントリー向けゲーミングノートPCがお得

HP Pavilion Gaming 15-ec2000

セールは終了

この記事で紹介しているセールはすでに終了しました。最新のセール情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしています。
ツイッターでこまめブログをフォローする

9/12(日)まで行なわれているHP公式サイトの週末限定セールで、Zen3 Ryzen搭載ゲーミングノートPCが割引販売されています。

HP Pavilion Gaming 15-ec2000

HP Pavilion Gaming 15(AMD)

ラインナップはRyzen 5 + GTX 1650の下位モデルと、Ryzen 7 5800H + RTX 3050 Ti搭載の上位モデル。上位モデルは7%オフクーポンを利用することで、12万5364円で購入できます。

ラインナップ

スタンダード パフォーマンス
Ryzen 5 5600H Ryzen 7 5800H
8GBメモリー 16GBメモリー
512GB SSD 1TB SSD
15.6インチ、1920×1080、IPS、非光沢、144Hz
GTX 1650 RTX 3050 Ti
9万2800円 13万4800円
7%オフクーポン適用で
12万5364円

※価格は9/12まで

特別クーポンで値引き!

11万円以上のPCを購入する際は、特別割引クーポンがお得!。クーポン入手後はこのページに戻り、購入したいモデルを選んでください。

11万円以上で5%オフクーポンicon
13万2000円以上で7%オフクーポン

※クーポンはタイミングによって利用できない場合があります

⬇ 詳細はコチラ ⬇

おすすめはRyzen 7 5800H + RTX 3050 Ti搭載の上位モデルです。グラフィックス機能として使われているGTX 1650とRTX 3050Tiはどちらもエントリー向けのGPUですが、ゲームのフレームレートが向上する「DLSS」対応のRTX 3050 Tiのほうが高性能。重量級のタイトルでも、画質を調整すれば問題なく楽しめます。

GPUの性能 (DirectX 11、フルHD)

GPU 3DMark Fire Strike Graphicsスコア
RTX 3080
28566
RTX 3070
24153
RTX 3060
21620
Pavilion Gaming(RTX 3050 Ti)
13527
RTX 3050 Ti
13385
GTX 1650
8758
Iris Xe (Core i7)
4486

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

またCPU(APU)として使われているRyzen 7 5800Hは、非常にパワフルです。動画編集や高度なデータ処理など、負荷の高い処理にも向いています。

CPUの性能差 (マルチコア性能)

CPU CINEBENCH R20 CPUスコア
Ryzen 9 5900HX
5262
Core i7-11800H
5060
Pavilion Gaming(Ryzen 7 5800H)
4732
Core i9-11900H
4210
Core i7-10870H
3679
Core i7-10875H
3551
Core i7-10750H
2825
Core i5-10300H
2249

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

これだけの性能で12万円台は、かなりの安さです。インテル製CPU搭載モデルであれば、15万円以上はするでしょう。機能も十分で、エントリークラスながら多くのゲームを快適に楽しめます。

HP Pavilion Gaming 15-ec2000

インターフェース構成

HP Pavilion Gaming 15-ec2000

キーボード

ゲームのリアルタイムレイトレーシングを楽しむにはパワー不足ですが、初心者~中級者がゲームをカジュアルに楽しむには十分な性能です。手頃なゲーミングノートPCを探している人におすすめします。

HP Pavilion Gaming 15-ec2000

12万円台の上位モデルがおすすめ


⬇ 詳細はコチラ ⬇

当サイトでは2~3万円台の格安ノートPCから高性能ノートPCまで、さまざまな最新モデルを検証・解説しています。記事の更新情報やお買い得情報を当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

日本HP関連記事
ゲーミングノートPC関連記事

記事が役に立ったと感じたらシェアをお願いします!

フォローもよろしくお願いします!